挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/68

第35話:逆転の作戦

「ここが国際試合の会場か……」

 オレたちは国際試合の会場に到着した。
 場所は東南アジアの大都市にある、サッカースタジアムである。
 いよいよ国際大会が始まるのだ。

「うわ、凄い熱気だ……暑いだけじゃなくて、熱い」

 試合前の競技場でのアップ練習。
 あまりのスタジアムの熱気に、オレは思わずひるんでしまう。
 スタジアムは満席であった。

 多くの熱狂的なサッカーファンが、試合前の歓声を上げていた。
 楽器を鳴らして、叫んでいた。
 知らない外国語だが、熱狂していることだけは肌で感じられた。

 これが国際試合の凄さなのか。
 正直なところ張り詰めた怖い空気であった。



 アップ練習から、一度ロッカールームに戻ってきた。

「今日の対戦相手は格上だと思って、全力でいけ!」
「「「はい!」」」

 U-15世代別日本代表の監督から、オレたち選手に激が飛んできた。
 これから対戦する相手はアジアのサッカー強国。だが今のところFIFA世界ランキングでは、日本の方が格上である。

 油断さえしなければ、楽に勝てる相手……という事前の予想であった。

(でも、相手には“凄い新選手”がいたんだよな……)

 オレはロッカールームで前世の記憶を思い出す。
 それによると今日の対戦相手には、かなり凄い選手が出場してくるのだ。

 その選手は今までは無名の15歳のアジアの選手。
 でも将来的にはその選手は、ヨーロッパのトップクラブでレギュラーとなる。
 そのぐらいに凄い選手のデビューが、運の悪いことに今日だったのだ。

(まさかの伏兵のデビューに、前世のU-15世代別日本代表は負けてしまう……か)

 この時代の日本代表はアジアでは決して弱くはない。だがアジアの中には、更にサッカーが盛んな国も多い。
 規格外の怪物選手が一人いるだけで、サッカーでは番狂わせもあるのだ。

(さて、オレとヒョウマ君はベンチスタートか? 仕方がないな)

 今日の試合のスターティングメンバーが発表されていた。
 まだ小学生5年生であるオレたちは、ベンチからのスタートなる。

 ヒョウマ君は世代別の練習試合でも、結果を出している。先発出場でもおかしくない選手だ。

 だが代表監督は小学生をU-15の国際試合に、先発として使いにくいのであろう。

『U-15ジャパンの監督。小学生を先発に使い敗北! 采配ミスか⁉』

 もしも負けたらマスコミには、そんな厳しい見出しがつくであろう。
 だから結果を出しているヒョウマ君を、監督はベンチスタートにしたのであろう。

 大人の世界はなかなか難しい。
 前世で社会人だったオレも、痛いほどよく分かる。

「さあ、いくぞ!」
「「「おー!」」」

 例の9番の人……キャプテンとなった人の掛け声と共に、オレたち選手は気合いを入れる。
 試合の開始時間となったのだ。

(さて、いよいよか……)

 オレたちU-15世代別日本代表はロッカールームを出発する。
 運命の国際試合が始まるのであった。



 45分後。
 前半戦が終わる。

「私から言えるのは以上だ。あとはお前たちが考えて答えをだせ!」

 ロッカールームに監督の厳しい声が響き渡る。監督はそのまま去っていく。

「…………」
「…………」

 残されたのは代表選手たち。下を向き暗い表情をしている。

(前半を終えて、0対2か……)

 日本代表は2点差で負けていた。
 世界ランキングでは下の相手に、一方的に押されていたのだ。
 代表デビューした相手のエースに、日本代表は翻弄ほんろうされてしまったのだ。

 まさに歴史通りに進んでいたのだ。

(でも、あの相手なら仕方がない。ヤバかったな……)

 オレはベンチから見ていた、前半の内容を思い出す。
 相手のエースは段違いに凄かった。

 さすがは将来、ヨーロッパの最高峰のチームに入団する人だ。
 今のU-15日本代表に、あの選手を止められる力は無かった。

(歴史通りなら、日本はこの試合は負ける。そして、これ以降は調子を崩して、泥沼の数年間を作ってしまうのだ……)

 日本代表とはいえ、彼らはまだ15歳の中学生である。
 一度崩れた多感な時期の精神は、中々回復していかない。

 更に日本に帰ってからは、マスコミによる攻撃が始まってしまうのだ。

『U-15日本代表、歴史的大敗。期待はずれの“どん底世代”か⁉』

 たしか帰国後は、そんな見出しがスポーツ新聞やネットに書かれるはずだ。
 そんな批判を見たら、普通の中学生は精神が崩れてしまうであろう。

 特にここにいるメンバーは、日本サッカー界のエリートたちである。
 彼らは小学生のころから各チームのエースであり、成功の道を歩んできた。
 今回のように格下相手に苦戦するのは、慣れていないのだ。

「おい、後半はどうすんだよ?」
「もっと、攻撃的に……」
「そしたら、またアイツに点を入れられるぞ!」
「お前たち守備陣が、もっと……」
「それを言うなら、お前たち攻撃陣が、もっと……」

 案の定、ロッカールームは混乱していた。
 監督から後半の試合展開の課題を出されていた。自分たちで打開策を考えないといけないのだ。

 だが日本代表の選手たちは、解決策を見つけ出せずにいた。
 それほどまでに、相手のエースは手が付けらない相手なのだ。

 このままでは混乱した日本代表は自滅してしまう。チーム内で疑心暗鬼が生まれて、泥沼状態に陥ってしまうのだ。

 こうなった『頑張っていこう!』とかの気合論では、どうにもならない。
 論理的に相手に勝つ作戦を、何か考えていかにといけないのだ。

 だが誰からも具体的な打開策は出てこない。
 ロッカールームを重い沈黙の空気が広がっていく。

 よし、今だ!

 そのタイミングを狙っていたオレは、立ち上がる。

「あの……みなさん、すみません」
「なんだ、野呂⁉」

 オレは挙手して発言を求める。
 みんなは殺気だっているが、こちらは冷静さを保つ。
 元社会人たる者として、この程度の修羅場の空気には慣れている。

「もしも作戦が無ければ、ボクのこの作戦を検討してください」

 オレは鞄から液晶型のタブレットを取り出す。父親から借りてきた私物である。

「後半はこの作戦でどうでしょうか? かなりリスクはありますが、上手くいけば打開できます」

 オレはプレゼントソフトを操作しながら、全員に説明をしていく。
 まずは選手のポジションと戦術を大幅に変更。相手のエースを抑えつつ、逆転するプランを提案していく。

 この作戦は日本にいた時に、オレが作成した資料であった。
 前世ではサラリーマンをしていたオレは、企画のプレゼンもしていた。

 今回は中学生相手にも分かるように、動くイラストをつかって分かり易く説明していく。
 構成もストーリー形式で、次のようにした。


――――◇――――

1.課題:問題提起からチームの課題を全員で共有
  ↓
2.解決策:具体的な解決策を提示
  ↓
3.メリット:選手のメリットを明示
  ↓
4.裏付け:メリットの裏付けをデータや事実で提示
  ↓
5.行動喚起:最後の選手たちのモチベーションを上げる。

――――◇――――


 こうして見る相手の心理を理解して、論理的に戦術変更をプレゼンするのだ。

「コータ! 試合中に、こんな大幅な戦術変更をできる訳がないだろう?」
「だが、おい、見て見ろ。たしかに、この作戦が上手くいけば、逆転は可能だぞ!」
「たしかに……そう言われみてば、そうだな」

 どうやらプレゼンは上手くいったようである。
 最初は疑っていたみんなも、次第に納得してきた。

 皆が混乱して意見が無くなった、そのタイミングをオレは見計らった。
 まずはオレの作戦①が成功したのである。

「だが、このポジショニングの変更は、どうする?」
「そうだな。今の代表のポジションと違うぞ?」
「たしかに、そうだな?」

 選手たちは作戦の大きな穴を見つける。
 それは作戦の肝である、“数人のポジションを変える”ことである。

 今までのU-15とはまるで違うポジションを、オレのプレゼンは指示していたのだ。

「これはボクの私見ですが、それは大丈夫だと思います。皆さんは、小学生の時に、そのポジションを経験していたはずです。だから、何とかなると思います!」

 これはオレの二つ目の策であった。
 このU-15世代別日本代表は、これから約5年間は“どん底世代”と不名誉な呼び名で呼ばれてしまう。
 かなり辛いサッカー人生であったに違いない。

 でも、転生したオレは知っていたのだ。
 彼らの多くが25才以降から、またサッカー街道で花開いていくことを。

 そのきっかけの多くは“大幅なポジションの変更&プレイスタイルの変更”であった。

 このU-15日本代表に選ばれた時に、多くの選手たちが違う型の枠に、ハメられてしまっていたのだ。
 本来の自分の長所を見失って、泥沼の人生を歩んでいたのだ。

 だから少し荒治療になるが、この試合中にポジションチェンジをオレは提案したのだ。
 今回の作戦②にである。
 これにより25歳以降に開くはずの、彼らの運命を10年間早める作戦なのだ。

「たしかに、オレは小学生の6年間は、そのポジションだったから、慣れてはいるが……」
「オレも、そうだ。当時は日本で一番上手いポジションだと、自負していたぜ……」
「オレもそうだったな……たしかに、今の代表のポジションには違和感があったが……」

 どうやらオレの2つ目の作戦は上手くいったようである。
 彼らは突然のポジションチェンジにも賛成してくれた。

 みんなもサッカー本能で気が付いていたのかもしれない。
 自分が花開くであろう、本来のプレイスタイルを直感で察したのだ。

「なるほど、コータ。戦術変更とポジションチェンジは理解した。だが、相手のあのエースは、どう抑える? アレは普通じゃないぞ?」

 9番のキャプテンが、最後の問題を確認してきた。
 今回の作戦の肝は、相手のエースを抑えることが前提である。
 あの圧倒的に場違いなくらい化け物を、抑えないと勝ち目はないのだ。

「あの選手はボクとヒョウマ君で止めます。絶対に後半は抑え込みます」

 オレとヒョウマ君で相手のエースを抑える。
 これが作戦③である。

 ここだけの話、相手の選手には、まだ知られていないプレイの癖と弱点があった。
 将来はそこを分析されて、ヨーロッパリーグでも不調になってしまうのだ。

 未来を知るオレなら、まだ15歳でデビューしたばかりの相手の弱点をつけるはずだ。
 身体能力的に追いつけない時も大丈夫。
 相手と同じく天才であるヒョウマ君に助けてもらう。

 そうすればほぼ100%の確率で、相手のエースを完封できるはずだ。

「なるほど。“毒を以て毒を制す”……“化け物には化け物たちをぶつける”か……了解した。監督にはオレから報告しておく」

 キャプテンはオレの全ての提案を受け入れてくれた。
 今回の試合は選手たちの考えが委任されていた。だから突然の戦術変更も大丈夫であろう。

 でも、こっちの“化け物たち”って、何のことだろう? 
 一人はヒョウマ君に間違いない。でも、もう一人は、一体誰にことかな?

「おい、コータ。オレ様が守備に回る作戦だと?」

 作戦を聞いていたヒョウマ君は、少しほおを膨らませていた。

 これも想定して反応。
 何故ならヒョウマ君のサッカー人生は、いつも点取り屋のエースだった。
 地味な守備での代表デビューに、プライド的に納得がいってないのであろう。

「小さい声で言うから、静かにきいてね、ヒョウマ君。キャプテンたちには言ってないけど、ボクとヒョウマ君で相手のエースから、ボールを奪って、こんな感じでゴールを狙うんだけど?」
「なるほど、そういう作戦か。それならオレ様に任せておけ」

 ヒョウマ君だけに秘密の作戦を伝えておく。
 彼は攻撃力だけではなく、守備力にも優れていた。
 オレも1対1で滅多に抜けないのは、このヒョウマ君ぐらいだ。

 そんな凄いけど、プライドの高いヒョウマ君はおだてておく。こうでも、しないと守備に専念してくれないからね。

 ちょっと仲間を騙した気がするが、『敵を騙すには、まずは味方から』という格言もある。今回は仕方がないね。

「よし、コータのお蔭で勝機が見えた! この試合、勝つぞ!」
「「「おー!!」」」

 キャプテンの号令でチームに活気が戻ってきた。
 勝利の道が見えて、全員に希望の気力が漲ってきたのだ。

(考えた策は全部打った。あとは勝つだけだ)

 0対2で圧倒的に不利な状況からの出場。

 こうしてオレの世代別日本代表のデビュー戦は、本番を迎えるのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ