挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/68

第34話:国際試合にむけて

“〇〇世代”

 サッカーでは、日本代表における活躍や期待から、世代名がつけられることがある。
 例としては黄金世代、谷間世代、新黄金世代、プラチナ世代など。

 ほとんどはマスコミが勝手つけたものだが、世間に広がっていくことが多い。
 名称の由来は高校生ユース時代や、オリンピックでの活躍によって決まるところが大きかった。



 U-15日本代表の2日間の合宿が終わっていた。
 学校に通うために、オレは地元に戻ってきた。

(そうか。あの世代は後に“どん底世代”と呼ばれる人たちだったな……)

 授業を受けながら、自分の前世の記憶を思い出していく。
 その記憶によれば、今15歳のあの人たちは、これから数年間、辛い代表人生を送っていく予定だ。

 世代別の世界選手権では、予選落ちを連発。アジア国際大会でも優勝することは、一度も出来なかった。

 くしくも彼らの前後の世代は、華々しい結果を出していく。超ゴールデン世代やダイヤモンド世代とも呼ばれ、世界大会でも優勝の経験を連発していく。

 だから今のU-15日本代表の人たちは、比較されて“どん底世代”と言われていたのだ。

(あの人たちも十分に上手いのに、“どん底世代”だなんて酷いな。でも、代表クラスになると、批判があるのも仕方がないのか……)

 サッカーは世界有数の熱気を誇るスポーツである。
 特に国際試合では、各国のプライドを賭けてぶつかり合う。

 大きな国際大会で勝てば、選手たちは英雄として扱われる。一気にビッグクラブに移籍して、栄誉と富を得ることも出来る。

 だが逆に負けが続くと、国賊のように一斉に叩かれてしまう。日本でもサッカー熱はこのように、かなり熱くなっていた。

(このまま歴史通りにいけば、再来週の国際試合は予選落ち……か)

 前世の記憶を辿っていく。
 U-15日本代表のスケジュールを確認すると、再来週の週末には東南アジアで試合がある。
 歴史では日本代表は予選で、敗退してしまう。
 格下と言われた国に連敗。帰国してから、マスコミに叩かれてしまうはずだ。

(たしか、その後の別の大会でも連敗だよな……)

 前世の記憶をどんどんさかのぼっていく。
 自慢ではないが、前世のオレは記憶力が良かった。
 特にサッカーに関しては、知識だけなら負けない自信があった。

 だから“どん底世代”の記録も、よく覚えている。

 これから5年間、彼らは暗黒の道を歩んでいく。負けの連鎖により、チームは泥沼状態になっていくのだ。

(できれば、なんとか助けてあげたい……)

 縁があって今世では、自分もチームに招集されていた。
 個人的な感情であるが、U-15日本代表の皆を助けてあげたい。

(でも、どうやって?)

 今の自分はU-15日本代表の候補の一人でしかない。
 再来週の国際試合で、ベンチ入り可能性も分からない。
 またベンチ入りしても、試合に出られる可能性は低いかもしれない。

(試合に出られても、オレは運命を変えるのか?)

 更に試合に出ても、運命を変えることは難しい。
 サッカーは11人でプレイする競技であり、一人が奮闘してもどうにもならないのだ。

(再来週の国際試合までに、何か策を考えないと……ん? 待て。その前にオレって……?)

 思考中に、とある大きいな問題に気が付く。
 運命を変えるところか、試合に行く権利すら無くなる大問題だった。

「あっ⁉ パスポートを持っていたっけ?」

 その問題に気が付く。思わず声が出てしまう。

 パスポートが無ければ、試合に行くことすら出来ないの。
 この時代では発行に、1ヶ月くらい期間が必要なのだ。どうしよう。

「どうしましたか、コータ君? 今は算数の授業ですよ?」
「あっ……先生、ごめんなさい。掛け算のことを考えて、思わず声に出ちゃいました!」

 先生に怒られてしまった。
 とっさに嘘をついて誤魔化しておく。

「パスポートだって? コータ君、変なの!」
「そうだね! はっはっは!」

 クラスの皆にも笑われてしまった。
 でもバレてはいないので一安心だ。

(とにかく家に帰ったら、親とコーチに相談してみよう!)

 こうしてドキドキしながら、オレは授業を受けていくのであった。



 帰宅してから、速攻で母親に相談する。

「コータのパスポート? あら、ちゃんと、ここにあるわよ」
「あっ! 本当だ!」

 母親が棚からパスポートを出してきた。
 中身を確認すると、ちゃんとオレの顔写真が貼ってある。間違いなく自分用のパスポートである。

 でも、いつの間に誰が作っていたんだろう?

「前のナショナルトレセンの後に、お父さんが作ってくれたのよ。『コータは日本代表に招集されるかもな! はっはっは……』って言ってね」

 なんと自分の父親が事前に、パスポートを作成してくれていたのだ。
 しかも前のトレセンっていったら、U-15日本代表召集の噂もない時期である。

 たぶん父親が勢いで、パスポートを作ったのであろう。相変わらずマイペースな父だ。
 でも今回はその勢い任せな行動に、オレは助けられた形になる。

「再来週の国際試合の旅行の申請も、ママの方でちゃんとしているから。代表メンバーに選ばれても大丈夫よ、コータ」

 なんとパスポートだけではなく、海外遠征の準備も両親はしてくれていた。
 チームのコーチとヒョウマ君の両親に相談しながら、オレのために準備してくれていたのだ。

 特にヒョウマ君の父親はサッカー専門家であり、海外旅行にも慣れた達人。オレの母親も助けてもらったという。

「お母さん、ありがとう! それに夜にお父さんも、ありがとう、を言わないとね」
「コータはまだ小学生5年生なんだから、親に頼ってもいいのよ」
「うん、わかった。旅行の準備の方は、お母さんたちにお願いするね!」

 両親の心遣いに素直に感謝する。
 今世のオレはまだ小学生5年生。縛りのある未成年であり、経済的にも親に養ってもらっている。

 でも精神年齢だけは前世の31歳で、自分は大人のつもりでいた。その差が今回のオレのパスポートミスを生んでいた。

 よし。今度からは気を付けていこう。

「葵も、お兄ちゃんの試合を観に行きたい! 応援するの!」
「ありがとう、葵。でも、チームの地区大会があるだろう?」
「あっ、そうか! てへへ……危ない、危ない。留守は任せて、お兄ちゃん!」

 うっかり者の葵は、舌を出して照れ隠しする。
 でも葵が頼れる選手になってきたので、オレは安心して代表に行ける。
 本当に感謝している。

「その代わり葵には、可愛いお土産を買ってくるから」
「本当! ありがとう、お兄ちゃん!」

 お土産と聞いて葵が抱きついてきた。
 開催場所は東南アジアなので、カラフルで可愛いお土産がいいかな?

 お金は大丈夫であろう。
 何しろオレはこれまでのお年玉を、ほとんど使わずに貯金していた。貯めていたお小遣いも合わせて、結構な額になっているのだ。

 そういえばお金か……。
 海外遠征費用のことで、両親に負担をかけていないか心配になってきた。

「コータの遠征のお金は、協会の方から全額出るみたいだから、安心してね」
「そうだったんだね、お母さん」

 母親の話によると、世代別代表の選手の旅費、宿泊費、食費などは、サッカー協会が負担してくれるらしい。
 アマチュアであるために、オレたちには給料は出ない。
 でも遠征が無料になるので、普通の家庭の我が家には有りがたいことだった。

「よし、心配も解決したらか、練習に行ってきます!」
「あっ、待って、お兄ちゃん。葵も一緒に行く!」

 パスポートや遠征の問題は全て解決した。
 オレはいつも通り、放課後のチームの練習に向かう。

 世代別代表に選出されたとはいえ、平時はリベリーロ弘前の一員である。
 練習中はコーチに従って、練習をしていくのだ。



 それから日にちが経つ。

「じゃあ、母さん、父さん、葵、行ってきます!」

 いよいよアジア遠征に向けて、出発する朝がやってきた。

 家族と挨拶をして、家を出発する。
 そして地元の飛行場への直通バスに乗り込む。
 U-15日本代表の集合場所である、羽田空港に向かうためだ。

 そう……なんとオレは、U-15日本代表のベンチ入りすることが出来たのだ。
 オレより上手いヒョウマ君も、もちろん一緒だ。待ち合わせしたヒョウマ君は、今バスの隣の席に座っている。

「いよいよか……初めての世代別の日本代表の国際試合か……」

 バスの中で軽く深呼吸する。
 今回の遠征のスケジュールを見ていると、心臓が高鳴る。
 控えのメンバーとはいえ、世代別とはいえ、オレは日本代表のベンチ入りができたのだ。

 まだ夢のようで、頭がぼんやりしていた。
 あのサムライブルーのユニフォームを着て……日の丸つけて……オレは戦うことができるのだ。

「でも、オレ……本当に大丈夫かな……」

 日の丸のことを考えたら、急に不安になってきた。
 何しろ歴史通りならU-15日本代表は、この国際試合で予選敗退。帰国後はマスコミに叩かれてしまうのだ。

(何とか不幸な未来は回避しないと……でも……)

 予選で負けないために、オレはいくつかの作戦を用意してきた。
 だが自分が試合に出なければ、作戦は無意味になってしまう。

 出られたとしても作戦が上手くかないと予選で敗退してしまう。
 まさに未来を知っているオレだけの不安。重いプレッシャーが半端なく襲いかかってきた。

「おい、コータ。アレを見ろ」
「えっ、ヒョウマ君?」

 暗い表情をしていたオレに、隣のヒョウマ君が声をかけてくれた。
 バスの窓の外を指差していた。
 いったい何が見えるというのであろうか?

「あっ……あれは……」

 国道を走っているバスの向こうに、人影の集団があった。
 坂の上にいた集団に、オレは見覚えがあった。

「キャプテン……先輩たち……みんな……葵……それにコーチまで……」

 遠い坂の上にいたのは、チームの皆であった。
 今は早朝の朝練をしているはずの、チームメイトたちであった。

 全員がリベリーロ弘前のユニフォームに着替えていた、チーム旗を空にふっている。
 白い横断幕に手書きで文字を書いて、何かを叫んでいた。

 遠く国道を走るバス内には、みんなの声は届くはずはない。
 でも一生懸命に何かを叫び、はたを振っていた。

「ヒョウマ君……あれは……」
「ああ、そうだな。相変わらずバカで、熱い連中だな」
「うん……本当にそうだね。本当に熱いね……」

 皆の声はバスまでは聞こえていなかった。
 でも横断幕に書かれていた文字と、その表情でオレたちは察していた。

『最後の一蹴りまで諦めるな!』
『野呂コウタ! 澤村ヒョウマ! 頑張れ!』
『最後の一蹴りまで諦めるな!』

 皆のその声が心に響いていた。
 横断幕に書かれていたのは、チームのスローガン。
 そしてチームたちが叫んでいる、頼もしい応援の声であった。

 物理的には声は聞こえていない。でも想いは、オレとヒョウマ君に、ちゃんと届いていた。

「みんな……ありがとう」

 絶望の未来に諦めかけていた、オレは勇気を貰った。
 チームメイトたちは朝練を中断してまで、準備していたのだ。
 オレとヒョウマ君の乗ったバスを見送るために、声援を送ってくれたのだ。

「みんなの声、ちゃんと届いたから……」

 バスはそのまま走り去っていく。
 だが仲間たちの熱い声援は、いつまでも胸に響いていた。

「ボク、絶対に最後まで諦めないから……」

 自分に言い聞かせるように、もう一度だけつぶやく。

 仲間たちから最高の勇気を貰った。
 こうしてオレは運命の国際試合に挑むのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ