挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/68

第33話:U-15代表合宿

 5年生の初秋の季節。
 オレはU-15日本代表の合宿に初参加する。

「ボクは野呂コータと申します。リベリーロ弘前ひろさきというチームに所属しています。どうぞよろしくお願いします!」

 合宿の顔合わせ会で、オレは自己紹介をする。
 小学生5年生らしく、元気よく低姿勢でみんなに挨拶をする。

 顔合わせの練習場にはU-15日本代表の選手と、コーチ陣が勢ぞろいしていた。

「久しぶりだな、野呂コータ君」
「あ! 先日のトレセンではありがとうございました!」

 U-15日本代表の例の9番の人が、挨拶に来てくれた。
 トレセンで対戦したオレのことを、覚えていたらしい。凄い、感動だ

「やっぱり、あの時の小学生5年生か……よろしくな」
「本当にU-15日本代表に招集されとは、大したもんだ。よろしくな」

 他の代表の人たちも、次々と挨拶に来てくれた。
 練習試合の時は殺気だっていたけど、今回は紳士的に接してくれる。

 やはりサッカーは紳士のスポーツ。代表の人たち頼りになるお兄さんの印象だ。

「澤村ヒョウマだ。同じくリベリーロ弘前から来た。よろしく」

 一緒にきたヒョウマ君も挨拶していた。
 相変わらずクールで、カッコイイ挨拶である。

「あの澤村ヒョウマか……よろしくな」
「ジュニア合宿以来だな。よろしく」

 ヒョウマ君の方にも、代表の人たちが挨拶をしていく。
 何人かの人とは面識があるみたいだ。

 やはりエリートコースを歩んできたヒョウマ君は、日本代表クラスでも知られているのであろう。
 相変わらず凄い人だ。

「えー、挨拶はそこまでだ。さっそく練習して、新メンバーと連携を確認するぞ。午後は練習試合だ」
「「「はい、コーチ!」」」

 ヘッドコーチの号令で、練習がスタートとなる。
 今日の合宿は午前中がチーム練習。
 午後が高校生との練習試合だという。

「あの高校と練習試合をするんですか?」

 対戦相手の高校名を聞いて、オレは驚く。
 相手は高校サッカー界でも強豪とし名高い。高校選手権の全国大会でも優勝したことがあるのだ。

「オレたちはU-15日本代表だ。だから高校生が相手なのさ」
「なるほど、そうか。ありがとうございます」

 練習中、9番の人に説明を受けて納得する。
 このチームは日本の中学生の最高メンバーである。つまり中学生相手では、互角の練習相手がいないのだ。

 だから練習試合は主に強豪高校生チームや、Jリーグチームの18歳以下のユースチームが相手。
 自分たちよりも年上の人たちとの練習試合で、代表チームの力を高めているのだ。

「でも、中学生と高校生だと、体格差がありすぎませんか?」
「海外のU-15代表は、日本の高校生以上にフィジカルが強い奴もいるからな。練習相手にはちょうどいい」

 なるほど、そういうことか。
 たしかに外国のサッカー選手のフィジカルは、想像を絶する強さだ。
 比較的小柄な選手が多い日本代表では、U-15の時から海外を意識して練習しているのであろう。

「それに小学生5年生のくせに、中学生3年と互角な凄い奴も日本にはいるからな」
「へっ?」
「さあ、練習に集中するぞ。ヘッドコーチは地獄耳だからな!」

 9番の人が最後に、何か言っていたような気がする。
 でも練習に集中しないといけない。

 なにしろオレは代表に特別枠で参加している。
 特別枠の意味は不明だが、おそらく試験運用される感じなのであろう。
 不真面目な練習態度をしていたら、速攻で帰国を命令されそうである。
 いつも以上に頑張って練習しないと。

(それにしても、U-15日本代表か……本当に勉強なるな!)

 練習をしながら感動にふける。
 想像以上に勉強になることが多いのだ。

(チーム練習と戦術の確認……チャンス場面での練習……なるほど、そういうことか)

 オレは練習しながら気づきを得ていく。
 この時代のU-15日本代表の合宿では、主にチームの連携を主に行っていた。
 代表としての戦術を、徹底的にチーム内に浸透させていく。
 全員の意識を一つにしていくのだ。

(個人練習は各自で課題を出して……かな?)

 一方で個人のスキル上げる練習は、ほとんど行わない。
 各自に課題を出しながら、自分のチームに戻ってから練習となるのだ。

 U-15日本代表の全員が集まる日数は、一年の中でもそれほど多くない。

 何しろ代表選手の本業は中学生。
 普段は義務教育の中学校に通って、勉強しなくてはいけないのだ。

 また放課後は所属チームで練習。
 週末や連休には、チームの大会にも参加しなければいけない。

 このような年代別代表クラスになると、ハードスケジュールが当たり前なのであろう。
 そのために限られた時間内で、チーム育成の方に活用しているのであろう。



「よし、時間だ。練習試合を始めるぞ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 午後になり、練習試合の時間となる。
 わざわざ来てくれた高校チームと対戦するのだ。

「うわ……みんな大きいな……それに筋肉がすごいな……」

 高校生たちを目の前にして、思わず言葉を失う。
 身長は大きい人だと180cmを越えている。

 U-15日本代表の中にも、身長だけなら大きい人はいる。
 でも高校生たちは全身の筋肉のつき方が、まるで違うのだ。
 足や首の太さが、中学生よりも一回り以上は大きい。更に胸板も分厚い。

 オレの所属するリベリーロ弘前のコーチも、背は高い方だ。
 だが、もう三十路のおじさんである。ビールっ腹も出ていれば、筋肉も衰えてきている。

 やはりこうした現役の高校生選手とは身体が違う。
 まだ小学生5年生のオレは、口を開けて見上げるしかなかった。

「代表コーチ、ちょっといいですか?」
「どうしました?」
「あの子たちは……小学生ですよね?」

 高校チームの監督が不思議そうな顔で、ヘッドコーチに尋ねる。
 “あの子たち”と指を刺した先にいるのは、オレとヒョウマ君のことだ。

「彼らは小学生5年生です。U-15は規定により、15歳以下であれば問題ないです」
「そ、そうですね……はっはっは……」

 ヘッドコーチは冷静に返答していた。 高校の監督さんは苦笑いしていた。

「おい、小学生5年生だって……」
「えっ、まじか?」
「オレたちの半分の年齢?」

 ヘッドコーチと監督のやり取りに、高校生たちはざわつく。
 この反応も昨日と同じなので、オレとヒョウマ君は慣れていた。

 彼らは18歳くらいで、オレはまだ10才。そういえば半分くらいの年齢。冷静に考える凄い年の差だ。

「こいつらを普通の小学生だと、思わない方がいいでよ」

 そんな高校生に対して、ひと言物申している人たちがいた。

「オレたちも先日のトレセンで、この二人に痛い目を会いました」
「ヘッドコーチが言うように、間違いなくU-15代表の二人」
「試合をしてみれば分かります」

 彼らはU-15代表の人たちだった。
 小学生を舐めていた高校生たちに、苦言を言っている。オレたちのことを守ってくれたのだ。

 それにヒョウマ君とオレのことを、凄く認めてくれている。
 オレの知らないところで、いったい何があったというのだ。

 ん? このやり取りも前にもあったような……。
 気のせいかもしれないけど。

「よーし、時間がない。練習試合を始めるぞ!」

 雑談はここまでだ。
 ヘッドコーチの合図で試合が開始される。

『U-15代表 VS 強豪高校チーム』

 今日の練習試合は国際ルールと同じでやるようだ。
 再来週にある国際大会に向けての調整らしい。

「選手はどんどん入れ替えていく。本場と同じようにいけ!」

 試合中もヘッドコーチから指示がでる。
 U-15日本代表は現在の30人いた。
 練習試合では交代に制限がないので、総入れ替え状態でいくらしい。全メンバーに出場の気かが必ずある。

 30人の中から更に国際試合では、ベンチ入りを決めていく必要がある。
 そのため、こうした練習試合はベンチ入りするための選抜試験も、密かに兼ねていたのだ。

「おお、すごい! おお、あのプレイもすごい!」

 まずはベンチスタートしたオレは、試合を見ながら歓声を上げていた。
 練習試合といえども、両チームとも気合が入っていた。

 高校チームは歳上としてのプライドを賭けて。
 こちらはU-15代表の日本代表としてのプライドを賭けていた。

 皆かなりのガチの本気でプレイをしている。

 ヘッドコーチの言葉にあった通り、再来週の国際試合に向けての練習なのであろう。
 U-15の人たちは特に気合いが凄い。

「澤村、野呂。次いくぞ。アップしておけ」
「「はい、コーチ!」」

 オレたちに声がかかった。
 いよいよU-15代表として、デビューする時がきたのだ。

 でも、デビューといってもユニホームは普通の練習用だ。
 あの日の丸のサムライブルーは本番試合の時だけなのだろう。
 少しだけ肩透かしを食らった感じだ。

「ヒョウマ君、頑張ろうね!」
「ああ。オレ様たちの力を見せつける時がきたな」

 選手交代となり、二人で競技場のピッチに向かう。
 試合時間は残り10分しかない。
 この分だと、あまり大したことは出来ないであろう。

 でもオレは全力を尽くすつもりだ。

 特別選手枠なので再来週の本番で、ベンチ入りできる可能性は低い。
 それだからこそ悔いがないように、練習試合くらいは精一杯やるのだ。

(さて、選手たちの動きは見えていたし、身体の調子もいい。頑張っていこう)

 こうして高校生チームとの練習試合。ラスト10分にオレたちは駆けていくのであった。



 10分後。練習試合は無事に終了となる。

「2対2か……」

 試合結果を見ながら、息を吐き出す。
 たった10分間だったけど、本当に楽しい時間だった。

 高いレベルのチームメイトとのパス回し。相手の隙を見つけ出してのスルーパスなど。
 オレは緊張感のある、有意義な時間を過ごすことができたのだ。

「ヒョウマ君、ナイスゴールだったね!」

 なんと試合終了直前に、ヒョウマ君は得点を入れていたのだ。
 巨人のような高校の守備陣を突破して、見事にゴールを決めたのだ。

「コータも相変わらずナイスパスだったな」
「うん、ありがとう」

 ラストパスを出したのはオレだった。
 ちょうど相手の隙を見つけて、パスを出すことが出来たのだ。

 実は慣れない歳上との試合で、最初の5分くらいは苦戦していた。
 でもトレセンで中学生の人たちと練習した経験で、なんとかプレイを修正できた。

 どんな歳上の人たちが相手でも、足は二本で、ボールは1個しかない。
 小学生5年生でも何とかなるのだ。

 試合後はヘッドコーチを中心にして、全員で反省会をしていく。
 録画しておいた映像を見ながら、全員の意識を統一していくのだ。

『おい、この前半のプレイはなんだ⁉』
『なぜ、ここでもっと前にいかない⁉』

 あれ……?
 何やらコーチ陣の顔が険しいぞ。
 それに反省会ので言葉も、かなり手厳しい内容が多い。

『動きが良かったのは、最後の10分だけだぞ⁉』
『こんなのでは次の国際試合でも予選落ちするぞ!』

 やっぱり、そうだ。
 かなり厳しい反省会となっていた。

 U-15代表の人たちも、かなり暗い表情になっている。
 世代別代表といっても、彼らはまだ多感な中学生。精神的にかなり落ち込んでいた。

 その後は反省会を終えて、またチームでの合同練習となる。
 指摘された弱点を、全員で意識して修正するためだ。
 その練習によって弱点は、ある程度までは改善さていく。

 でも選手とコーチ陣の表情には、どこか暗い影があったのだ。



 代表の合宿の初日が終わる。

「今日は本当にお疲れでした! 明日もまたヨロシクお願いします!」

 着替えのロッカー室で、オレは選手たちに挨拶をする。
 小学生5年生らしく元気よく、はきはきと笑顔だ。

「ああ……」
「お疲れさま、コータ」

 あれ? 選手たちはまだ元気がなかった。
 どうやら先ほどの反省会の件を、まだ引きずっているような口調である。
 ロッカー室はお通夜のように、暗く重い空気だった。

「おい、情けないな。U-15代表はこんなレベルなのか?」
「ヒョウマ君……」

 そんな中学生たちに向かって、ヒョウマ君が吠える。
 日本代表としてのプライドはどこにいったのか? と問いかける。
 珍しく闘志を前面に押し出した表情である。

「みなさん、ごめんなさい。ヒョウマ君も悪気はないと思います」
「大丈夫だ、コータ。澤村の言う通りだ」

 代表の9番の人が仲介に入ってくれた。
 この中でも一番上手い人で、レギュラーが確定している選手。代表のリーダー的な存在だ。

「前からU-15代表にいる連中の気持ちも分かってくれ。オレたちは“どん底世代”と噂されて、後がない世代なんだ……」
「“どん底世代”? ……あっ!」

 9番の人の言葉で、オレは思い出した。
 前世でのサッカーの知識が鮮明に甦ってきた。

(そうか。この人たちはアノ“どん底世代”の人たちだったんだ……)

 これから3年後の未来の話である。
 この人たちはU-18日本代表に成長していく。

 だが、その年の国際試合で歴史的な、大敗を連続していく。

 〝日本サッカー界の最弱の世代”と、日本中から叩かれた未来を持った人たちだったのだ。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ