挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/68

第21話:2度目の全国大会へ

 今年の全日本少年サッカー大会がスタートする。
 オレたちのチームも開催地に到着した。

「相変わらず、凄い人の数だね!」

 一年ぶりに訪れた会場の熱気に、オレは興奮する。
全国から集まった、48都道府県のチームの選手と関係者。総勢千人以上の人で、会場は賑わっていた。

 開催地は昨年と同じ、鹿児島県のスポーツセンター。開催が12月下旬の冬ということもあり、暖かい南国で開催されるらしい。

 昔は東京や関東で開催されていたらしい。その時は試合中に雪が降って大変だった、とコーチに聞いたことがある。
 その当時に比べたら南国の冬での開催は、今のオレたち小学生には幸せだった。今日もいい天気だ。

「見て、ヒョウマ君とあおい! あそこに新しいイベントコーナーがあるよ! あっちでは“元日本代表の講演会”だって! 凄い!」

 全国大会の会場の周辺は、今年もお祭り雰囲気である。
 スポンサーのイベントブースのテントが立ち並び、いろんな体験コーナーがある。

 今年の目玉は、元サッカー日本代表選手の講演会があるのだ。
 だが試合中なので親しか聞けない。どうやら“サッカー親育”というテーマらしい。
 出来ればオレも聞きに行きたかった。

「ん? あれはTV局の取材かな? 凄い! ボクも映りたいな!」

 Jリーグや日本代表が、好調なお蔭であろうか。昨年に比べて全国大会の会場は盛り上がっていた。
 各局のTV局や新聞社が取材に来ていた。至る所で、撮影とインタビューをしている。

「あれは将来のJリーガーを探しているのかな……」

 これまで日本代表選手たちも、小学生の頃はこの全国大会で活躍していた。
 次の未来のスーパースターの映像を、マスコミの人たちも欲しいのであろう。
 オレもいつかは特番で、取材とかされてみたい。

「やれやれ。相変わらずミーハーだな、野呂コータ」
「そうだよ、お兄ちゃん。恥ずかしいから、もう少し静かにしてちょうだい」

 そんなお祭り雰囲気でも、ヒョウマ君はクールであった。それに妹の葵も大人しくしていた。

 これはいかん。オレは落ち着きを取り戻す。

 どうしても前世でサッカーオタクだった、自分の気質が出ていた。
 精神年齢は31歳なのに、はしゃぎしまって恥ずかしい。もう少し大人しくしないと。

「でも、お兄ちゃんの言うとおり、凄い熱気だね……」

 全国大会に初参加の葵は、少し緊張していた。周りをきょろきょろして、やや落ち着きがない。

 おそらく周りの歩いている他のチームが、全員が上手そうに見えるのであろう。
 緊張でギュッと、その小さな手を握りしめている。

「大丈夫だよ、葵。ボクたちは強い。だって昨年はベスト8……そして今年は全国優勝するんだから!」

 これは葵を安心させる方便でも、オレの慢心まんしんでもない。
 何度も言うが、オレたちチーム“リベリーロ弘前ひろさき”は本当に強い。

 どこにでもあるような、街の小さなサッカーチームかもしれない。
 だけど、エリートの集まるJジュニアチームにも負けてないのだ。

「野呂コータの言う通りだ、野呂妹。オレ様とお前たち兄妹がいれば、怖い者はない。それに5、6年の先輩たちがいるからな」

 ヒョウマ君も葵を励ます。
 彼のお父さんは有名な元Jリーガー。だから生まれた時からヒョウマ君も、プロのサッカー業界を目にしていた。
 そんなヒョウマ君のサッカー分析力は的確。本当の頼もしい激励の言葉だ。

「澤村がオレたち上級生のことを、そんな褒めるのは珍しいな」
「そうだな。今日は雪で降るかもな! はっはっは……」

 後ろで聞いていたキャプテンと6年生たちは、まんざらじゃない顔で笑っていた。

 今だから言えるが、ヒョウマ君が選手コースに昇格した当初。この先輩たちとチームプレイが、上手くいってなかった時もある。
 孤高の天才肌のヒョウマ君と、上級生のメンツがぶつかってしまったのだ。

 でも今は違う。
 昨年のベスト8敗退の時から、このチームは一枚岩となっていた。

「それじゃ、コータ。それに澤村も。オレたちは先にアップグラウンドに行っている。後で合流しよう」
「えっ、キャプテン? 何で先に行っちゃうの?」

 キャプテンたちは何かに気が付く。
 そして先に試合前のアップグラウンドに向かう。オレとヒョウマ君は、あと葵の三人は置いていかれる。

「ほら、お前たちに客が来たぞ。じゃあ、頑張れよ、コータ」

 ん? 客?

 一体誰が来たというのであろうか?
 オレはキャプテンが指さした方角を振り向く。

「君たちは……」
「久しぶりだな。リベリーロ弘前の14番……いや、野呂コウタ。それに澤村も」

 そこにいたのは三人のサッカー少年だった。
 彼らはJリーグのTVでよく目にする、青白赤を基調とした、マリンカラーのユニホームを着ていた。

 それはサッカー少年のエリートコースで、Jリーグの下部組織アカデミーの所属の証。
 日本中のサッカー少年が憧れる、ジュニアチームの一つである。

「こちらこそ、久しぶりだね」

 見覚えのある三人に、オレも挨拶をする。

 来客は昨年の全国大会の優勝チーム。
 横浜マリナーズU-12のエースの三人だった。



「1年ぶりだね。今年もそっちは……マリナーズの方は、ここまで順調だったみたいだね」

 オレは相手の三人と挨拶をかわす。
 今の時代は全国各地の地区大会の結果を、ネットニュースで確認できる。それに名門のJジュニアチームは、動画サイトでも見られる。

 この一年間、オレは横浜マリナーズU-12の情報を、密かにネットで見ていた。
 彼らは昨年以上の総合力で、地区と県大会を勝ち抜いてきたのだ。

「リベリーロ弘前の方も、地区と県大会で圧勝だったな」

 驚いたことに相手も、オレたちのチームの状況を知っていた。
 昨年は準々決勝で負かした、リベリーロ弘前のことを調べていたのだ。いったい、どうしてだろう。

「前回の大会で一番苦戦したのは、お前たちだからな。それにウチの監督も『リベリーロ弘前だけは気を付けろ』って言っていた」

 オレの不思議そうな顔に、マリナーズのキャプテンが答えてくれた。
 すぐ顔に出るのはオレの悪い癖だ。今度から気を付けないと。

 それにしても昨年の覇者に、ここまで警戒されていたのは意外だった。

「それから澤村……昨年はアップグラウンドで、悪口を言って悪かったな。すまない」

 マリナーズの三人は、素直にヒョウマ君に謝罪する。
 昨年、格下に見ていたことを反省していたのだ。

「ふん。オレ様は小さいことに気にしない。頭を上げてくれ」

 ヒョウマ君は昨年のことを、気にしていなかった。
 彼は冷静沈着だけではなく、寛大な心ももっていた。やっぱり凄い人だ。

 そう言えば前にヒョウマ君から聞いた。
 彼は幼い頃から『親の七光り!』と、色んなチームの仲間に言われていたらしい。
 才能があり過ぎって、年下にレギュラーを奪われたこと。それが今回も原因だったらしい。

「それに男なら試合で勝負をつけよう。“決勝戦”でオレ様たちは待っている」
「そうだな、澤村……決勝戦まで、負けるんじゃないぞ」

 今年の全国大会の対戦表。
 それによるとオレたちが、横浜マリナーズU-12と戦うことが出来るのは、最終日の決勝戦だけ。

 つまりヒョウマ君と三人は、互いをライバルと認め合っていた。決勝戦で戦うべき強敵として。

「それは、こっちのセリフだ。何しろオレ様は……オレ様たちのチームは強くなった。昨年の何倍もな」

 ヒョウマ君は相手に啖呵たんかをきる。
 互いにライバル心を燃やしながら、自分を高めていた。

 まるでスポーツ漫画のような熱い展開である。
 やっぱりヒョウマ君はカッコイイ。サッカーの才能ある人は、なにを言っても様になる。

「澤村、それは知っている。それと野呂コウタ。今年はお前のことは、見くびらない……トレセン選抜クラスとして、当たらせてもらう!」
「へっ……ボクが、トレセン選抜クラス?」

 シリアスな展開が、いきなり自分に飛び火してきた。
 不意をつかれて、オレは思わず変な声を出す。

 何しろトレセン選抜クラスとは、全国の優秀なサッカー少年を集めるエリート機関のことつまり小学生の凄い人の敬称に等しいのだ。

「お前たち、この男を甘く見ない方がいいぞ。U-12代表クラスと思わないと、止められないぞ」

 なんかヒョウマ君まで、その話に乗っていく。
 一体どうしたんだ、両者とも?

 トレセン選抜クラスとか、U-12代表クラスとか……そんなにオレをおだてても、何も褒美は出せないよ。

「ちょっと、黙って聞いていたら、失礼ね! お兄ちゃんは、その程度じゃないわ! 将来は世界トップ選手になって、世界MVPに選ばれるんだから!」

 そこに妹の葵まで乱入してきた。妹は凄い剣幕で怒っている。
 これはヤバイ状況だ。

「ええ……と。みなさん……試合前なので、どうか穏便に……」

 唖然とするオレを中心に、横浜マリナーズの三人、ヒョウマ君、葵。その三角形のトライアングル・ゾーンが形成される。

 真ん中にいて当人のオレは、非常に気まずい。ここは緊迫しすぎた空間で、息が出来ない。

「それでは澤村、それに野呂コウタも。決勝戦で会おう……」
「ああ」

 ヒョウマ君たちはシリアス展開の、締めに入っていた。マリナーズの三人は去っていく。
 張り詰めた空気から、穏やかな空気に戻る。



 ふう……何事もなくて、よかった。
 特に妹の葵は興奮すると、何をしでかすか分からない。
 前科でキャプテンの頭に、ボールをぶつけたこともあるし。

「それにしても、ヒョウマ君。さっきの会話だけど……優勝を目指しているんだね?」

 さっきの彼のセリフは、少し意外であった。
 何故ならヒョウマ君はどこかドライな感じがある。

 父親は有名な元Jリーガー。本人もエリートで育ち全国レベルの世界を知っている。
 そために以前は、自分のチームに対して勝利に対して客観的なのだ。

「意外か? オレ様くらいなら、全国優勝しなくても、Jリーグのスカウトはくる」

 それは昨年、ヒョウマ君の口から聞いた話と同じ。全国大会はあくまで通過点と、クールであった。

「だが『サッカーが好きなんだから!絶対に優勝を目指そう!』……だからな。今回はオレ様も必ず優勝する」
「ヒョウマ君……その台詞は……」

 その台詞はオレが、ちょうど1年前に言ったものである。
 どこか冷めていた前のヒョウマ君に対して、思わず発した言葉であった。

「お前たちは勘違いしているから、訂正してやる。オレ様はサッカーが好きだ……世界中の誰よりもな」
「ヒョウマ君……うん。ボクも負けないくらいに、サッカーのことが大好きだよ!」

 心が震えて、オレも想いを発する。
 初めてヒョウマ君の口から、こんな本音が聞けたよう気がした。

 やっぱりヒョウマ君は凄い。サッカーとリベリーロ弘前のことを、本当に大事に思ってくれていたのだ。

「葵もサッカーは……うーん? お兄ちゃんと同じくらいに好き!」

 葵もテンションが上がっていた。
 実の妹に好き! と言われると恥ずかしいが、嬉しい気分もある。

「よし、先輩たちに合流して、試合に備えよう、ヒョウマ君!」
「そうだな、野呂コータ……いや、コータ」

 えっ?
 今、ヒョウマ君がオレのことを、初めて下の名前で呼んでくれた?

「ねえ、ヒョウマ君。もう一回、下の名前で呼んでよ!」
「うるさい。早く行くぞ」

 こうしてオレたちの今年の全国大会が、いよいよスタートする。
 今年の1回戦は強豪チームの一つ。

 だが今のオレのテンションは最高潮に達していた。
 どんな相手にも負ける気がしなかった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ