挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/68

第19話【閑話】:野呂コウタの母親の話

《野呂コウタの母親の話》

 子どもたちの夏休み、二日目の朝。
 長男のコウタと長女の葵は、先ほどサッカーの朝練に出て行った。

 毎朝6時から朝練をして、8時に帰ってくる。平日や日曜祝日も関係なく、朝練は毎日続いていた。
 サッカーの上達のための日課とはいえ、本当によく続くものである。
 母親として、つくづく感心する。

 さて、あの子たちが帰ってくる8時までに、朝ごはんの準備をしておかないと。それから洗濯掃除も
 サッカーを始めてから子どもたちは、ご飯を沢山食べるようなった。

 これが俗にいう“育ち盛り”なのであろう。本当によく食べる。
 今日もサッカーのために栄養満点の料理を、丹精込めて作ってあげないと。

「そういえば、あなた……昨日のコウちゃん、少し変でしたよね?」
「ん、そうか? いつも通りに元気だったぞ。はっはっは……」

 主人はあまり小さなことを気にしないタイプ。
 昨日の息子の変化に、気が付いていなかったのであろう。少し大ざっぱだが、そこが夫の長所で好きなのだが。

 でも昨日の息子は、本当に変だった。
 何しろ日課の自主練の時間が、いつもより少なかったのである。あんなに自主練をしなかったのは、初めてのことである

 また急に練習試合の動画を、家族全員で見たいと言い出した。
 その後は外出したと思えば、帰ってきて、いきなり泣き出した。

 更に一緒にお風呂に入ったり、家族四人で寝たいと言い出したのだ。

「ママ。コウタも、まだ小学生4年生だ。甘えたい時も、あるんだろう?」
「そうかもしれませんね……」

 夫のそう言われたが、私の心は何かに引っかかっていた。

 何故なら、ここだけの話。
 長男のコウタは幼い頃から少し変わっていた。
 何と説明すればいいか、分からないけど……“大人びいて”いたのだ。

 産まれた時は普通の赤ちゃん。
 でも幼稚園の年少の3歳の頃に、サッカーボールを買ってもらった時。
 今でも覚えている。あの日から、少し変だった。

 3歳のコウタはサッカーボールで、常に遊び始める。
 朝から寝る前まで、ずっとだ。
 それこそ大げさな話、寝ている時と、幼稚園に行っている時間。それ以外は、いつもサッカーボールを触っていたのだ。

『子どもだから、サッカーボールが好きなんだろう? 元気だな! はっはっは……』

 当時、相談した主人は、そう笑っていた。
 むしろ息子がサッカーをやることを、嬉しそうにしていた。

 でもコウタはまだ3歳。異常なまでの集中力で、いつも自主練していたのだ。

 気になって私は、幼稚園の先生に相談してみた。
 でも、返ってきた答えは
『コウタは幼稚園で、とても優秀な生徒。活発的で、皆を率先して率いるリーダー格』
 だった。
 むしろ先生はコウタのことを絶賛していたのだ。

 もしかしたら、私の思い違いなのか? 
 運動する男の子は、みんなこんな感じなのかな?
 そう思うようにした。



 コウタが小学生に入った時、地元のサッカーチームに入会した。
 特別に強豪ではなく、普通の新設のチームだ。

 それから息子のサッカー漬けの毎日は、更に加速していった。
 まず家にいなくなった。
 家にいるのは寝ている時と、風呂、食事の時だけ。
 それ以外はチームグラウンドに行って、一人で自主練をしていた。

 これは毎日のことだった。
 夏休みやGW、正月休みも関係なく、それこそ365日。一日も欠かさずに、サッカーの自主練を続けていた。

 また私は不安なった。
 そこで同じチームのママさんたちに相談してみた。

 ママさん情報によると、他の子どもたちもサッカーに夢中だという。
 でも家ではTVをゴロゴロ見たり、ゲームをやってダラダラしているという。

 なるほど、ゲームか……そう思った私は、試しに携帯ゲームを買ってみた。
 子どもたちに大人気のソフトと一緒に。
 これは“県外のおばあちゃんからのクリスマスプレゼント”ということにした。

 でも、コウタはゲームに見向きもせずに、サッカーの自主練に出かけていった。
 ゲームの箱を見ただけで、ため息。そのまま何も言わずに、去っていったのだ。

 むしろパパの買ってあげた、新デザインのサツカースパイクに大喜びしていた。

 うーん。
 息子の頭の中は、サッカーしか無いのか?
 更に不安になって、小学校のクラスの担任の先生に相談してみた。

 もしかしたら“コウタは学校で浮いていないか?”
 そう不安になったのだ。

『えっ、心配? コウタ君はスポーツ万能で、成績も学年でトップ。クラスでも人気者ですよ』

 なんと幼稚園に続いて、小学校でも息子は人気者。しかも勉強の成績が学年で一番だという。

 そういえば、あの子が家で勉強をしているのを、私は見たことがない。
 宿題もいつの間にか全部終わらせていた。
 その空いた時間を、全てサッカーの自主練に費やしていた。

 やはり私の心配しすぎなのかな?

 そんな中。息子が3年の時に、チームが全国大会に出場した。
 他の5、6年の先輩を押しのけて、レギュラーで大活躍をしたのだ。

 これは私も素直に嬉しかった。パパに至っては歓喜していた。

『よし、家族全員で鹿児島まで応援に行こう!』

 パパの発案で全国大会の応援に、家族全員で行くことにした。
 会場の鹿児島県までは、飛行機を乗り継いだ長時間の旅。旅行費用はかかるけど財布係りの私は、そこは心配していなかった。

 何しろコウタと葵の二人は、異様なほどにお金がかからない。
 オモチャやゲーム、洋服など一切欲しがらない。その浮いた分のお金を、全てサッカーに使えるのだ。

『ママ、今月も給料がアップしていたぞ! はっはっは……』

 それにパパも仕事を頑張っていた。
 息子がサッカーを頑張っているのが、本当に嬉しかったのであろう。息子がサッカーを始めてから、自分の営業の成績をドンドン上げいったのだ。
 いつの間にかパパの給料は、以前よりかなり増えていた。

『次の土日はコウタの地方大会か……よし、パパも頑張っちゃうぞ!』

 コウタの試合を観に行くために、パパは平日ひたすら仕事を頑張る。その攻めの姿勢が、営業成績の好調に結びついたらしい。

 こう考えてみると、私たちの家族はサッカーが中心になっていた。
 いつの間にか娘の葵まで、サッカー漬けの日々。葵はお兄のことが大好きなので、近づくために一生懸命に練習をしていた。

 夕飯の後の家族の団らんの時間。
 我が家では毎日のようにサッカー番組を、4人で観るのが日課になっていた。
 お蔭で私も、いっぱしのサッカー情報通になっていた。

 あと家族旅行といえばJリーグの試合観戦が定番。全国各地にJの試合を、家族全員で見に行くのだ。
 現地では美味しい食べ物を買って、大人たちはお酒を飲みながら試合観戦。
 有名選手たちのスーパープレイに、家族全員で大興奮していた。

 サッカー旅行はいつも本当に楽しかった。

 そう考えると……息子たちがサッカーっ子なのは、実は幸せなのかもしれない。
 他の家庭では、ここまで家族で盛り上がれないと聞く。



「お母さん、ただいまー!」
「ママ、お腹空いた!」

 いつの間にか8時になっていた。
 子どもたちが朝練から帰ってきたのだ。

「今日の朝ごはんは、炭水化物とタンパク質が中心かな? 食後1時間以内の栄養は、サッカー選手の成長に大事なんよ、お母さん!」

 コウタはサッカーうんちくを語りながら、ご飯を食べていく。
 口から食べ物をこぼしながら、本当に美味しそうに食べている。

「葵もたくさん食べて、早く大きくなる!」

 兄に負けないように葵も、元気に沢山食べていた。
 本当に二人とも美味しそうに、ご飯を食べてくれる。

 そんな嬉しい光景を見ていたら、さっきまでの悩みがどっか飛んでいく。
 やっぱりコウタは変な子なんかじゃない。絶対に断定できる。

 だって、うちの子どもたちは、こんなにも真っすぐで元気。
 世界中の誰にも負けない、自慢の息子と娘なんだから……

「お母さん、ご飯、お替り!」
「葵も!」
「はい、どうぞ。ちゃんと、よく噛んで食べるのよ」

 母親である私が、子どもたちに出来ることは限られている。

 美味しくて栄養のある料理の準備。
 毎日、汚してくるユニフォームの洗濯の山。
 風邪を引かないように、暖かい家の中の準備。
 それからボロボロのサッカーシューズも、そろそろ新しいのを買わないと……。

 さぁて……私も二人に負けないように、ママさんサポーターとして頑張らないと。

 でも、いつかは子供たちが、本物のプロのサッカー選手になったら……その時は私が一番目のサポーターになるんだから。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ