挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/68

第18話:運命の一日

 全てを失った交通事故。

 忘れもしない、あれは小学4年生の夏休みの一日目。
 隣県の祖母の家に、家族旅行で遊びにいく自家用車での道中だった。

 父の運転で、オレと妹と父と母。
 家族4人で車は家を出発して、国道を走っていた。

 時間は昼ご飯を食べた後の、午後の1時半ちょうど。車内で好きなTV番組を見ていたら、それだけは鮮明に覚えている。

 国道の大通りの交差点が、青になる。
 父は安全を確認してから、発進した。

 そして、直後である。

 ドーンという、今まで聞いたことのないような轟音。同時に衝撃がオレの全身を襲う。

……オレは気が付くと、病院の集中治療室にいた。
 事故から数日が経っていた。

 オレは右足を事故で失っていた。そして家族三人も失っていた。

 その後の人生は本当に、大変だった。今思い出しても、胸が苦しくなる。

 施設に預けられながら、小学と中学、高校を卒業した。
 右足のないオレは生きていくために、勉強だけは頑張った。

 頼るべき家族は誰もいない。
 一人で生きていくために、必死で勉強して、就職もした。

 その後、オレは地元の社会人サッカーチームと出会う。
 オレはサッカーが出来ない身体。
 だからサポーターとしての、人生がスタートしたのだ。

 それからはサッカーオタクとして楽しい毎日だった。人生の全ての時間と金を、サッカー観戦に費やした。

 だが事故の後遺症が発症。31才のあの日に、オレは死亡したのだ。

 全てはあの事故のせいであった。
 あれが無ければ、オレは全てを失わずに済んだはずだ。

 そして、いよいよ。交通事故、当時の朝がやってきた。



《朝の8時》

「お兄ちゃん、いよいよ、今日から夏休みだね!」
「うん、あおい……そうだな」

 日課の朝練を終えて、妹と家に帰宅する。
 朝ご飯は成長期のスポーツマンに、絶対に欠かせない。

 朝食後は夏休みの宿題を、葵と一緒にやる。
 前世のオレは宿題を、最後の方に焦りながら片付けていた。

 だが今世では違う。
 早めに済ませて、残った時間はサッカーに費やすのだ。

 何しろ高校卒業までの学力がある。小学生程度なら簡単すぎる。
 オレはあっとう間に、夏休みの宿題を終わらせる。

 ちなみに葵は宿題に、もう何日かかかりそうだ。



《午前11時半》

 少し早めに、昼食を済ます。
 消化にいい炭水化物と、タンパク質と野菜が中心のご飯だ。
 最近、母親は食事に工夫をしてくれる。栄養のバランスがいいのだ。

 なんでも通信講座で“アスリートフードマイスター”という資格をとったらしい。
 アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢や競技別で、最適な食を考える資格である。

 そのお陰でオレと葵は、栄養満点で美味しいご飯を毎日食べられる。
 母親の支援に感謝である。



《昼の12時半》

 いよいよ運命の時間が近づいてきた。 

「そういえば、コータ。今日はどうしても、用事があるんだよな?」
「うん、お父さん……この後、14時に、どうしてもグラウンドで用事があるんだ……」
「それなら、おばあちゃん家に行くのは、明日の昼だな」

 交通事故に遭わないようにするために、オレは作戦を進めていた。
 作戦は簡単である。

『事故のあった今日の午後13時半に、家族全員を家にいてもらう』
 という作戦だ。
 14時に用事があるのも嘘である。

 こんな単純なことで、運命を変えることは出来ないかもしれない。
 だが自分はまだ家の中で、決定権のない小学生4年生である。

 あまり強引な作戦は逆に、悲劇を起こしかねない。
 後は作戦が上手くいくことを、祈るしかない。



《午後1時》

 いよいよ運命の時間が、30分後に近づいてきた。
 よし、最後の作戦を実行しないと。

「お父さん、この間の練習試合の動画を、見たいんだけど?」
「ん、今か?」
「うん、今! 出来れば、お父さんも一緒に見て欲しいな。あっ、そうだ! 葵とお母さんも一緒に見ようよ!」

 オレはやや強引に、家族全員をリビングに集める。
 かなり演技でカラ元気かもしれないが、家族の為には、なりふり構っていられない。

 先日の試合の動画は、全部で50分ほどあったはずだ。
 これを見ていたら、事故のあった午後1時半は、全員が家の中にいる計画。

 これにも理由がある。
 両親のどちらかが、車で近所に買い物に行くのも、オレは阻止したかったのだ。

「コータが、そんなことを言うのは珍しいな……」
「でも、せっかくなの、4人で一緒に観ましょう、パパ?」
「そうだな」
「葵もお兄ちゃんが活躍するのを見たい!」

 よし、作戦が上手くいった。
 動画を居間のテレビに接続して、家族4人で練習試合を見始める。



《1時29分》

 オレは試合を観ならが、時計ばかりを気にしていた。
 昔読んだSF本には、『運命は絶対に変えられない』と書いてあった。
 タイムマシンで過去に遡っても、違う原因で死んでしまうアレだ。

“もしかしたら、1時半になった瞬間に、この家に隕石が落ちてくるかもしれない”
“もしかしたら、ガス爆発が起きてしまうかもしれない”

 そんな映像が頭に浮かんでしまう。
 気のせいか右足が、ジンジンと痛み出してきた。
 だが負けずに、気をしっかりと持つ。

 これはオレと“運命の神”との戦いである。
 大事な家族を守るために、オレは覚悟を決めていたのだ。



《1時30分ちょうど》
 何も起きない。

《1時35分》
 家の周りも静かである。

《1時50分》
 練習試合の動画が終わる。
 何も起きていない。

 だが、まだ油断はできない。運命の神は気まぐれだ。
 時間差でオレを落としいれるのかもしれない。



《午後2時》
 アリバイ作りのために家を出る。
 チームのグランドに一人でやって来た。

 だが用事など本当は何もない。
 スルーして、その先にある場所に向かう。

 オレが行きたかったのは国道沿いの場所。
 前世で交通事故に巻き込まれた、あの場所に急いで向かう。



「あっ……事故が……」

 前世の事故現場に到着する。
 今世でも確かに交通事故が起きていたのだ。警察が事故処理をしている。
 その光景に心臓が止まりそうになる。

 あの時の大型トラックが脱輪して、壁に突っ込んでいた。
 野次馬の人の話では、大きなけが人は誰もいないという。
 事故があった時間は、ちょうど午後の1時半くらいだという。

「そうか……オレは運命を回避できたのか……」

 その現場を見て、オレはカミナリのような直感に襲われる。
『オレと家族は悲劇の運命を回避できた』という直感に。

 これは上手くいえないけど、確実なことだった。
 先ほどまであった右足の痛みも、嘘のように消えていく。

 オレは悲劇の運命に勝ったのだ!

「そうだ! 急いで家に戻らないと!」

 国道から急いで家に戻る。
 家族の顔を見るまでは、安心が出来なかった。



 車に注意しながら、全力疾走で家に辿りつく。

「ただいま!」
「コウちゃん、お帰り。随分と早かったわね」

 母親は無事であった。
 明日の旅行の準備をしていた。

「どうした、コウタ。そんなに息を切らして? おしっこが漏れそうなのか? 慌てん坊だな! はっはっは……」

 父親も無事であった。
 いつものように冗談を言って、自分で笑っていた。

「あっ、お兄ちゃん! 宿題で分からないところがあるの。教えてちょうだい」

 妹の葵も無事であった。
 夏休みの宿題を、一生懸命に終わらせようとしていた。
 これが終わったら、サッカーの自主練をするらしい。

 ああ……いつもの日常である。

「うん、よかった……ただいま……みんな……」

 家族3人の顔を見て、涙がこぼれてきた。
 目頭が熱くなり、どんどん涙があふれてくる。

 どう考えても不自然な行動である。
 もっと自然に振る舞わないといけない。本当に不自然なほどに、オレは大泣きしていた。

「コウちゃん、どうしたの⁉」
「どうした、コウタ? どこか痛いのか⁉」

 両親は心配して駆け寄ってきた。

「うううん、何でもない。ちょっと、目にゴミが入っただけ……だから、大丈夫……」

 そのまま両親に抱きついていく。
 小学生4年生が大泣きしなら、親に抱きつくのは少し照れくさい。

 でも、今だけ許して欲しい。
 この家族の温もりを失わない人生。ようやく手に入れることが出来たのだから。



 その日の午後。オレは珍しく一日中、家の中にいた。サッカーの自主練は休みにした。

 家族と昔の写真アルバムを見たり、お笑い番組をTVで見たりした。

 夏休みの練習や大会のことを、皆で話をした。
 もうすぐある隣県のJリーグの試合のチケット。その空席具合を、みんなで探したりもした。

 家族4人で和気あいあいと。
 本当に何気ない普通の時間。
 でも、今のオレにとって、40年目にしてようやく訪れた幸せな時間であった。

「じゃあ、おやすみなさい……」

 その日の夜は、久しぶりに家族4人で一緒に寝た。
 オレがお願いしたのである。
 小さい頃のように4人で川の字になって、安堵の眠りにつく。



 次の日の朝がやってくる。

「朝練に行ってきます!」
「お兄ちゃん、待ってよ!」

 祖母の家に行く前に、日課の朝練に妹と向かう。
 練習場にはチームメイトたちもいるはずだ。

 交通事故は無事に回避できた。
 今日から、またサッカー漬けの毎日が始まる。

「よし、心機一転で頑張っていくか!」

 オレは気合いの声と共に、飛び跳ねる。
 気のせいかもしれないが、身体は羽が生えたように軽くなっていた。

 もしかしたら交通事故のフラグを回避して、心の負の重りが消えたのかな?
 いや、そんな漫画みたいなことは無いか。

 とにかく今は、12月の全国大会に向けて、これまで以上に頑張らっていかないと。

 オレは無事に運命を回避できた。
 こうして今年の全国大会に向けて、サッカー三昧の日々が始まるのであった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ