挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/68

第13話:全国大会

 全日本少年サッカー大会がスタートする。
 オレたちのチームも開催地に到着した。

「凄い! 人が沢山いる!」

 会場の熱気にオレは思わず興奮する。
 全国から集まった48チームの選手と関係者で、会場は賑わっていた。

 今年の全国大会の開催地は、鹿児島県のスポーツセンターで行われる。
 開催日が12月下旬の冬ということもあり、暖かい南国で開催されるらしい。

 東北地方のオレたちは、飛行機を乗り継いでやってきた。かなりの移動時間だったが、その疲れも興奮で吹き飛ぶ。

「見て、ヒョウマ君。イベントコーナーや出店があるよ!」

 全国大会の会場の周辺は、ちょっとしたお祭りである。
 大会スポンサーのイベントブースのテントが立ち並び、いろんな体験ができる。

 新作サッカースパイクの試着コーナーや、スポーツドリンクの試飲もできる。
 キックターゲットで遊ぶコーナーや、審判気分でオフサイド体験ゲームなんかもある。

 全てがサッカーで染まったお祭り気分で、最高な雰囲気だ。

「あまりハシャグなのよ、野呂コータ。オレ様まで子供ガキに見られる」

 そんなお祭り雰囲気でも、ヒョウマ君はクールであった。さすがは将来のプロ選手は意識が高い。

 あっ、それでも……新作のスパイクの試着を、一瞬だけどしたそうにいた。はやりヒョウマ君もサッカー少年ということなんだね。

「あっ、コータお兄ちゃんだ! 頑張ってね!」
あおい? それにお父さんとお母さんも!」

 会場で自分の家族を発見する。
 チーム移動のオレたちとは別の飛行機で、応援のために到着したばかりだ。

 オレの家族以外にも、チームメイトの家族の姿も見える。
 初の全国大会への出場ということで、どの家族も気合い入っていた。中には祖父母や親戚まで総動員の家族もいる。

 他にも周りを見ると、他のチームの家族もたくさんいた。
 自分の小学生の子どもの全国大会。どこのチームも気合いが入っているのであろう。本当に会場全体がお祭り雰囲気である。

「よし、お前たち、試合はもうすぐだ。それまでアップグラウンドで、身体を温めておけ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 コーチからオレたち選手に激が飛ぶ。
 コーチも初の全国大会で気合が入っていた。

 何しろ全国大会で好成績を収めたら、チームの知名度がアップする。そして知名度のアップは、今後の会員の増強に繋がるのだ。

「アップは無理し過ぎるな。身体を温めるだけでいい!」

 コーチはオレたちに指示を出して、別の場所に向かっていく。
 何でもサッカー業界の先輩たちに、軽く挨拶に行くという。
 狭いサッカー業界では、人間関係の繋がりも大事なのであろう。頑張ってきて、コーチ。

「ヒョウマ君、ボクと一緒にアップしようよ」
「ちっ、仕方がない。オレ様とアップできることを誇りに思え」

 3年生同士で、アップグラウンドで練習する。
 周りには自分のチーム以外にも、他のチームもアップしていた。

 みんな試合前の緊張で、ピリピリしている。
 他の人は身体が大きくて、本当に上手そうに見える。邪魔にならないように気をつけないと。

 それにしても、いよいよ全国大会が始まるのか。
 本当にワクワクしてきた。



「おい。あいつ、澤村じゃねえ?」
「おっ、本当だ」

 ヒョウマ君とアップをしていた時である。
 横を通りかかった、他のチームの3人が急に立ち止まる。どうやらヒョウマ君のことを知っているようだ。

「気にするな、野呂コータ」
「おい、澤村! 無視すんなよ。元の先輩に失礼だろう?」

 会話からヒョウマ君の前のチームメイトみたいだ。
 体格的に小学生5年くらいであろう。オレとヒョウマ君よりも、頭一つ分は身長が大きい。

「澤村、今はどこのチームにいるんだ? リベリーロ弘前?」
「聞いたことあるか?」
「いや、知らない名だな。どうせ田舎の弱小チームだろう」

 凄く嫌な感じの三人組だ。
 元チームメイトのヒョウマ君のことを、明らかに馬鹿にしている。

 一方でヒョウマ君は聞こえないふりをして、無視を決め込んでいた。オレとのパス練習でアップしている。

「おい、無視するなよ、澤村。どうせ親の七光りで、前みたいにサッカーやっているんだろう?」
「はっはっは……そうだな」

 おい、おい……今、なんて言った。
 ヒョウマ君に向かって、今なんて言ったんだ。

「ちょっと、待て!」

 オレの堪忍袋の緒が、ぶちっと切れた。

 思わず叫んでしまう。

 だがオレはそれ程までに許せなかったのだ。

「ヒョウマ君は親の七光りなんかじゃない! 本当に凄いサッカー選手なんだから!」

 オレは三人の目の前に進んで行く。

 ヒョウマ君はまだ3年生なのにレギュラーだし、テクニックも凄い。それに最近では蔭で自主トレを必死でする、努力の人だ。
 絶対に親の七光りなんで、サッカーをしていない。

 そんなチームメイトを馬鹿するのは、オレは絶対に許せない。

「お、おい、なんだ、このチビは? お前、何年生だ?」
「ボクは野呂コータ。ヒョウマ君のチームメイトで3年生だ!」

 相手は歳上で、身体も大きいが、絶対に負けられない。
 すごんできた相手を、負けずににらみ返す。

「澤村と同じ、3年生だと?」
「おい、アナウンスだ。そろそろ、試合だぞ」
「ああ、そうだな」

 試合開始のアナウンスが流れる。相手の三人は立ち去っていく。

 ふう……。

 張り詰めていた空気が、少しだけ和らぐ。

「おい、コータ。どうした?」
「あっ、キャプテン……実は……」

 駆け付けたチームのキャプテンに、事情を説明する。悪いのは相手だから、隠すことはなにもない。

「そうか、そんなことが……だが、さっきのアイツ等は横浜マリナーズの連中だぞ」
「えっ、横浜マリナーズの……」

 キャプテンの口から出たチーム名に、思わず言葉を失う。

“横浜マリナーズU-12”
 それはJリーグの下部組織アカデミー小学生ジュニアチームである。

 Jのジュニアでは将来のJリーグプレーヤーの輩出を目的とした、一貫指導が行われていた。
 その影響もあり、今のJリーグの選手はJジュニア出身者が多くを占める。

「横浜マリナーズU-12……昨年の全国チャンピョン……」

 大会パンフレットには、昨年の優勝チームの名前が記載されていた。
 さっきの人たちは前年度優勝チームの、名門のJジュニアチームだったのだ。



「さあ、第一試合に向かうぞ!」
「「「はい、コーチ!」」」

 試合前のアップが終わる。
 いよいよオレたちの第一試合が迫ってきたのだ。

 1回戦の相手はボクたちと同じように、初出場の街のサッカーチームである。
 でも油断は出来ない。全力で頑張らないと。

「それにしてもヒョウマ君は、横浜マリナーズU-12にいたんだね? 凄いね。でも、なんで辞めて、このチームに入ったの?」

 先ほどから暗い表情のヒョウマ君に、オレは尋ねる。 

 何しろ横浜マリナーズU-12といえば、名門中の名門チーム。彼ほどの才能があるなら、そのまま在籍してもレギュラーであろう。

 そして将来的にはジュニアユース→ユースと年齢を上げていって、Jリーガーも間違いなかったであろう。

「あそこのJジュニアチームはつまらない。オレ様は合わない」
「そうだったんだ……」

 天才すぎる悩みがあるのであろう。
 ヒョウマ君は先ほどのことを、あまり気にしている様子はない。

 もしかしたら悲しいことに『親の七光りが!』と妬まれるのは、慣れてしるのかもしれない。

「それにJジュニアチームに在籍してなくても、プロ選手にはなれる。知らないのか、野呂コータ?」

 ヒョウマ君の話によると、この全国大会で活躍すれば、Jリーグのスカウトマンの目に止まる。
 そこからJリーグの中学生ジュニアチームに入ることも出来るという。

「それに全国大会で優勝しなくても、スカウトはくる。全国大会の出場は、あくまでも道筋にすぎない」
「えっ……? もしかしてヒョウマ君は、この全国大会で優勝したくないの?」

 これまで会話から何となく、そんな感じがした。
 ヒョウマ君は自分の活躍には、どこまで貪欲である。

 だがチームの勝利に関しては、どこかドライな一面もあったのだ。

「このリベリーロ弘前も悪くはない。だが全国の他のチームは、それの何倍も選手の質が高い。オレ様をもってしても、今年はベスト16が限界だな」

 やはりヒョウマ君はドライで冷めていた。
 父親が有名Jリーガーのために、生まれた時からプロに囲まれてきた。名門ジュニアチームを渡り歩き、全国レベルの世界を知っている。

 そのために勝利に対して、客観的すぎるのだ。悪い意味で、自分チームのことを観てしまうのだ。

「ヒョウマ君……たしかにこのチームは、Jのジュニアじゃない。でも凄いチームだよ! 頼もしい先輩たちもいるし、何よりヒョウマ君がいるんだ! 絶対に優勝を目指そうよ! サッカーが好きなんだから!」

 オレはがらにもなく、思わず熱くなってしまう。
 自分には才能はないかもしれない。

 でもサッカーに対する情熱だけは、誰にも負けない自信がある。
 死んだ後に、また生まれ変わるくらいに、サッカーをしたかった……その想いだけは、世界のトッププレイヤーにも負けない自信があった。

「野呂コータ……お前……」
「さあ、いこう、ヒョウマ君!」
「ああ、そうだな」

 なんか身体の奥底から、ヤル気があふれてきた。
 もしかしたらコレは“闘気”とでもいうのもしれない。武者震いまでしてきた。

「絶対に優勝をする……」

 今までのオレは何となく、自主練とチームで練習をしてきた。
 自分の技と身体を磨くために。それだけのために必死で努力してきた。

 だが今は違う。

 この全国大会で絶対に最後まで勝ちたい。
 無謀かもしれないが“優勝”したかった。



 こうしてオレたちの全国大会への挑戦が始まった。

 初戦は3対2で何とか勝つことができた。
 チームメイトの全員が緊張して、前半のプレイがガタガタだった。

 だが相手も同じく緊張していた。
 最終的には地力が勝っていた、オレの方が競り勝ったのだ。

 ちなみに得点はヒョウマ君が2点で、オレが1点だった。
 チームの先輩たちの献身的な守備のお蔭で、オレたち3年組は攻撃に専念できたのだ。



 それ以降の試合も、何とか無事に勝ち進んでいく。
 チーム内の初戦の緊張も、だんだんと無くなっていた。

 だが2回戦以降は相手も強豪チーム揃い。
 オレは全身全霊で、相手のエースを止めることに専念した。

 その隙にヒョウマ君が見事に連続ゴールを決める。
 この連携パターンが、見事に決まっていったのだ

「やったな、野呂コータ」
「えっ? うん、ヒョウマ君!」

 そういえば急にヒョウマ君のプレイの質が、変わったような気がした。
 チームの勝利のために、全力を尽くしていたのだ。

 前までの自分アピールのプレイの質は明らかに違う。
 自分を押し殺す地味な、献身的なプレイも増えてきた。

 もしかしたら彼の中でも、何かに火が着いたのかもしれない。
 だとしたら、これほど嬉しいことはない。



 こうしてオレたちは何と、準々決勝進出まで進むことができた。
 コーチと応援の家族たちも大喜び。まさにお祭り騒ぎ。
 初出場でまさかの大躍進に、大人たちは歓喜していた。

「でも、ヒョウマ君、次の対戦相手は……」
「ああ。アイツ等だ」

 だがオレたち子どもたちは、トーナメント表を確認して息を飲む

 次の準々決勝の相手は、横浜マリナーズU-12。
 ヒョウマ君の元チーム。そして昨年の全国優勝チームと対戦するのだった。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ