挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/68

第14話:大会を終えて

 全国大会の準々決勝戦。

ピッピー!

 試合終了の審判のホイッスル。非情にも芝生のピッチに響き渡る。

 そう……準々決勝が終わったのだ。

「そうか……終わったのか……」

 グランドの時計を見つめながら、オレは呆然とする。

「3対4か……」

 横浜マリナーズU-12に準々決勝で、オレたちは負けてしまったのだ。

 内容は本当に僅差の勝負であった。
 序盤は圧倒的な戦力を有する横浜マリナーズに、リベリーロ弘前は押されていた。
 だがヒョウマ君とオレが中心となり、何とか持ちこたえていく。

 最終的にはヒョウマ君が2点、オレが1点を相手からもぎ取った。
 だが敵の猛攻を防ぐことは出来なかったのだ。

 オレも必死で守備に貢献した。
 だが横浜マリナーズの選手の質が、あまりにも各上すぎたのだ。

 例えるなら横浜マリナーズは、“《ヒョウマ君よりは劣る。でも凄い級の選手》が8人もいるチーム”だった。
 特にアップグランドで絡んで来た3人は、その中でも別格に上手かったのだ。

 それに新設のリベリーロ弘前の選手たちは、試合前からボロボロであった。
 特に5、6年生の先輩たちは、全国大会の連戦で披露困憊ひろうこんぱいだった。
 準々決勝進出では足をつって、走れなくなった先輩も続出してしまった。

 どうしてもリベリーロ弘前は、強豪チームよりも選手層が薄い。そのために全員が全試合を全力プレイしすぎたのだ。
 それに比べて選手層の厚い横浜マリナーズは、万全の態勢でオレたちに迫ってきた。

 そんな状態でも僅差の勝負が出来たのは、健闘した方なのかもしれない。
 だが僅差でも、大差でも、負けは負け。

 オレたちの全国大会は、こうして終わってしまったのだ。



「うっうっ……」
「う、うっうっ……」

 天然芝の競技場ピッチ・フィールドから泣き声が聞こえてきた。
 負けたチームの選手……リベリーロ弘前の先輩たちが泣いているのだ。
 芝生に倒れ込みながら、顔を両手で隠しながら泣いていた。

「オレたち6年生が……もっと頑張れば……」
「オレたちがもっと守っていたら……」

 特に6年生は泣き崩れて、起き上がれていない。
 彼らはこの大会が小学生では最後の大会。後は引退してしまうのだ。

 特にキャプテンは嗚咽で身体を震わせている。いつもは熱血漢で頼もしいキャプテンが号泣していた。
 小学生1年生からサッカーを始め、6年間費やしたジュニア時代。それが今終わってしまった。その悔しさに泣いていた。

「あっ……」

 そんな先輩たちの光景に、オレは動けずにいた。
 こんな時にどうすればいいのか、分からない。なんて声をかければいいか、分からないのだ。

「おい、起きろ。最後の挨拶があるぞ」
「ああ……そうだな。ありがとな、澤村」

 そんな時。ヒョウマ君がキャプテンに激を入れて、身体を起こす。
 泣き崩れていた他の先輩にも、ヒョウマ君は声をかけていく。誰よりも率先して、冷静にチームメイトに声をかけていた。

 本当にヒョウマ君はクールで、凄い精神力の持ち主だ。

……あっ、違う。

 ヒョウマ君も悔しがっていた。

 奥歯を思いっきり食いしばり、右手が真っ赤になるに握りしめていた。
 きっと悔しいのを我慢して、チームメイトのために頑張っているんだ。

 凄い人だ。それを見てボクも行動を起こす。すぐそばにいた先輩に声をかける。

「先輩……挨拶があります」
「ああ、そうだな。せっかくコータが奮闘してくれたのに……不甲斐ない6年生ばかりで、本当に申し訳ない……」

 先輩は泣きながら、本当に悔しそうにしていた。
 そればかりか下級生のオレに対して、謝罪をしてくる。

 そんな……オレも、もっと頑張っていたら、力になれたのに。
 もっとオレに才能があれば……。

 いや、もっとチームの勝利に導くために、頑張っていればよかった。
 自主練ばかりをしてオレは、周りが見えていなかったのかもしれない。

「う、うっうっ……」

 そう思ったら、自然と涙が溢れてきた。
 絶対に泣かないと決めていたのに、大粒のような涙がこぼれてきた。

「おい、泣くな、コータ……オレたちのかたきは頼んだぞ!」
「はい、先輩……」

 今度はボクが先輩に励まされる。ミイラ取りがミイラになってしまった。

「絶対に……次こそは仇はとります……」

 こうしてオレの初めての全国大会は幕を閉じたのであった。

『リベリーロ弘前。全日本少年サッカー大会本戦、準々決勝で敗退。ベスト8』

 これが初出場の結果であった。



 それから翌日の決勝戦と表彰式を見てから、オレたちは帰郷することになった。
 ちなみに優勝は横浜マリナーズU-12だった。

 決勝戦は3対0の大差の圧勝で、2年連続優勝である。本当に凄い。

 対戦して分かったが、悔しいが彼ら横浜マリナーズは本物だった。
 個人個人能力が高いだけじゃなく、チームとして本気でサッカーを考えて動いていた。
 オレが持っていなかった意識を、彼ら全員は実行していたのだ。

 初日のアップグラウンドでは、あの三人に頭にきた。でも今では彼らのことを尊敬すらしていた。
 本気で彼らもサッカーを考えて、愛しているのだ。

 もしかしたらヒョウマ君にキツイことを言ったのも、なにか原因があったのかもしれない。



「おい、リベリーロ弘前の14番!」

 表彰式が終わり、誰かに声をかけられる。
 14番……それはオレの背番号のことだ。

 後ろを振り向くと、そこにいたのは横浜マリナーズU-12の選手たち。
 例の三人だった。

 たしか三人とも、まだ5年生。
 それでもレギュラーで、決勝戦でも大活躍だった、凄い人たちだ。

「澤村のヤツは一緒じゃないのか?」
「ヒョウマ君を探しているの? ヒョウマ君はお父さんと、どこかに行ったよ」

 ヒョウマ君を探していたらしい。彼は元Jリーガーの父親と、この全国会場のどこかに行った。
 何でもJリーグ協会の偉い人に、OBとして挨拶にいくらしい。
 ヒョウマ君は帰りの飛行機で、チームに合流すると言っていた。

「そうか……それなら、澤村に『初日のアップグラウンドで言いすぎた』と、伝えておいてくれ」
「えっ?」
「『田舎の弱小チーム』と言って悪かったと……あと、『親の七光り』だと、言って悪かったと……」

 横浜マリナーズの三人は、頭をペコリと下げて謝ってきた。
 彼らの方が2つも歳上なのに、素直に謝ってくれたのだ。

 やはりあの時の言動には、何か理由があったのであろう。
 元チームメイト同士にしか分からない、複雑な葛藤や感情の乱れが。

「うん、分かった。ヒョウマ君に伝えておくね。でも来年ここで、もう一度ヒョウマ君に直接、言った方がいいかも」

 オレは全日本少年サッカー大会の大会旗を指差す。
 それが意味するのは“来年また全国大会で会おう”だ。

「それから、もう、もう一つ。ボクは野呂コウタ……次は“リベリーロ弘前の14番”なんて呼ばせない」
「野呂コウタか……ああ、分かった」

 悔しいが今のオレは、まだ地味な存在。
 だから来年までに、もっと成長して全国大会に帰ってくる。
 チームの中でも存在感の輝きを放つんだ。

 これはオレの次なる目標であった。
 よし、そのためには、もっと練習を頑張らないと。
 急いで帰郷して、すぐにでも練習をしたい。

「ところで、野呂コウタ。準々決勝の時に思ったんだが、お前はいったい何者なんだ? ……って、もういないのか⁉」

 横浜マリナーズの人が最後に、何か言っていたような気がする。
 でもボクは急いでいたのだ。

 急いでチームメイトのところに戻る。
 これからバスと飛行機と、更にバスを乗り継いで帰郷。練習をしないといけないのだ。

「全国大会か……来年こそは絶対に……」

 オレは仲間の元に向かいながら、覚悟をつぶやく。

 こうして初めての全国大会は幕を閉じる。
 オレたち小さなサッカー戦士は、故郷に帰還するのであった。



 閉会式が終わってから飛行を乗り継いで、東北の我が家に戻ってきた。
 家に帰ってからも、何かと忙しかった。

 もう日付は12月29日。あと少しで大晦日おおみそかである。

 閉会式が終わって帰宅した次の日。12月30日の夕方にチームの皆と、コーチと選手の父母たちで“お疲れさま会”をした。

 地元のファミリー向けの焼き肉屋さん。みんな大好きな食べ放題の店だ。
 オレたち子どもたちはジュースを飲みながら、焼き肉を食べまくった。
 コーチと親たちは酒を飲みながら、とても酔っ払っていた。

 準々決勝で敗退したとはいえ、初出場で全国ベスト8まで勝ち残ったのだ。
 大人たちにとっては大成果。本当に嬉しいのであろう。
 オレの両親もいつになく浮かれていた。

 一方でオレたち選手も、かつてないほど騒いでいた。店は貸し切りだったので、本当にたくさん騒いだ。

 特に引退する6年生は、本当にいい笑顔をしていた。
 父母会の人が用意した、自分たちの6年間のサッカースライドショー。それを見ながら笑っていた。
 引退の最後の年にベスト8という、いい思い出が出来たと感動していた。

 6年生たちの笑顔は、本当に輝いていたな……オレも3年後の引退の時に、あんな風に皆と笑い合いたいと思った。



 次の日の12月31日も忙しかった。
 地元の新聞の取材をチームで受けた。主にコーチとキャプテンが、全国大会の話をしていた。
 本当は有名な元Jリーガーの澤村選手の息子、ヒョウマ君にインタビューしたかったみたいだ。

 でもヒョウマ君は家族で、ヨーロッパ旅行に行っていた。
 澤村家は何でも正月は、毎年海外で過ごすらしい。すごい、リッチだ。
 それに比べて一般庶民の我が家、野呂家は普通な年越しだ。

 それにしても本当にバタバタした年末だった。
 だがオレは自主トレを、一日も欠かさずにいた。
 むしろ前よりも、気合いを入れてトレーニングしていた。

 そういえばチーム内の先輩も誘って、今度から自主トレすることにした。
 オレの知っている知識や技を、皆にドンドン伝えることにした。ヒョウマ君が帰国したら、彼も誘ってみよう。

あっ……鐘の音が……?

 年を越して24時の除夜の鐘が、街に鳴り響く。

 いつも通り21時に寝ている、オレの耳には聞こえていない。
 でも、夢の中で少しだけ聞こえたような気がした。



 こうしてオレのサッカー人生の3年生編は、あと3ヶ月で終わりを迎えていた。
 サッカーの練習をしていたら、3ヶ月もまたあっとう間に過ぎていくであろう。

 そして4月から、いよいよオレは4年生になる。
 4年生も今までと同じ、サッカー漬けの毎日であろう。全国大会に向けて、コツコツと練習の日々だ。

 だが、そんな中で一つだけ、大きく違う出来事が待ち構えていた。

「今度こそは……」

 年が明けてオレは覚悟を決めていた。
 歴史通りならば、今年の夏に大事件が起きる。

 その悲劇の交通事故で、オレは“家族全員と自分の右足”を失うことになるのだ。

「オレの右足を……そして、家族を絶対に守る!」

 こうしてオレのやり直しサッカー人生は、まだまだ続いていくのだった。











第一章『幼少期&小学生前半編』 (完)







第二章もすぐに開始します





たくさん方に読んでいただき、本当にありがとうございます。

ここまでの評価や感想などありましたら、すごく嬉しいです。

第2章も頑張っていきます!
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ