挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/68

第10話:【閑話】:とある元Jリーガーの話

《元Jリーガーの澤村ナオト選手の話》

 ある日のことである。
 一人息子のヒョウマから『パパ、サッカーを教えて!』と頼まれた。
 突然のことで驚いた。

 何故なら息子の、こんな頼みは初めてだったのだ。
 サッカーを教えるのは問題ない。むしろ父親として嬉しいことだった。

 それにしても息子の急な変化。一体どうしたのであろう?
 父親らしく理由を聞いてみた。

『今日のミニゲームで、嫌な奴がいたから……』

 今日のミニゲームといえば、妻が連れていった地元の小さなサッカースクール。そこでの出来ごとなのであろう。

 今は夏休みということもあり、妻の実家のこの地方に家族三人で来ていた。
 知らない土地で暇をしていたヒョウマを、妻がサッカースクールに連れていったのだ。

『相手に負けたくないヤツがいた。あいつに勝ちたい!』

 自分を負かした相手に勝ちたい。
 だからヒョウマはサッカーの教えを、父親に頼んできたのだろう。
 負けず嫌い息子の、子供らしい理由である。

……いや、待ってくれ。

 このヒョウマをサッカー負かす相手だと?
 もしや中学生や高校生の選手と、ミニゲームをしたのか? 
 それなら納得もできる。

『違うよ、パパ。ボクと同じ小学2年生だった』

 バカな……ヒョウマを負かす同年代がいただと⁉
 にわかに信じられない話である。

 何故なら、“澤村ヒョウマは本物のサッカー天才”である。

 おっと、親馬鹿自慢だと、そこで笑わないでくれ。
 客観的に本当の話なのだ。

 私も元はプロのJリーガーである。
 小さい頃から、多くの才能ある選手と戦ってきた。
 その中には日本代表クラスもいれば、海外組の連中もいた。

 そんな経験を持つ自分だからこそ、断言できる。

『澤村ヒョウマという少年は“日本代表クラス以上”の天才だ』と。

 将来的に上手く育っていけば、必ず日本A代表まで到達してくれるであろう。
 私とは違い、息子には天賦てんぶの才能があったのだ。

 だが同時に息子ヒョウマは、大きな問題も抱えていた。

 それは“天才すぎて周りが付いてこられない”のだ。

 そのために同年代にライバルもおらず、今まで自尊心ばかりが増長してきた。
 負けることはないために、基礎練習やフィジカルのトレーニングを、サボるようになっていた。

 おそらく息子は将来、間違いなくプロ選手になれるであろう。
 だが同時に怪我をする危険性も大きい。

 怪物揃いのプロのサッカーの世界は、才能だけは続けていくことはできない。
 そんな過酷な世界なのだ。

 この問題ばかりは、父親やコーチが言って直る問題ではない。
 本人が自覚して直すしかないのだ。

 だから私は息子を、これまで全国各地の名門チームに入れてきた。
 この天狗小僧の鼻を折る人物に出会えることを、父親として願っていたのだ。

 その願いが、こんな片田舎の無名のチームで叶ったとは。
 まさに驚きの事実であった。

 相手の2年の子は、どんな選手なのだろうか?

 もしかしたらフィジカルに特化した子どもかもしれない。
 もしかしたら外国人の留学生かもしれない。

 その子について息子に聞いてみた。

『聞いてよ、パパ。そいつ野呂コータって言う奴なんだ。すごく変な奴なんだ! 前半はボーっとしていたのに、後半はボクのことを完璧に抑えたんだ! それにボクが見たことがない、ドリブルやフェイントを使ってきたんだ! あいつはヤバイよ!』

 相手のことを、ヒョウマは大興奮して教えてくれた。
 自分の息子がここまで興奮しているのは、久しぶりに見たかもしれない。

 前は幼稚園時代に、サッカーボールを買ってあげた時以来であろう。あの時も本当に興奮して。喜んでいた。

 だがそれ以降、息子は誰よりも上達していく。サッカーも少しつまらなそうにプレイしていた。
 最近は外では大人ぶって『オレ様』なんて使っているようだ。だが親の前ではまだ子ども口調である。

 そうか……そんな息子にも、ついにライバル的な少年が、出現してくれたのか。父親としては内心で嬉しい出来事である。

……いや、ちょっと、待ってくれ。

『ヒョウマが見たことがない、ドリブルやフェイントを相手が使ってきた』だと?

 これも信じられない話である。
 何しろ私は世界中の最先端のサッカーテクニックの映像を、自室に持っていた。

 息子ヒョウマは幼い頃から、その映像を見ながら自主練をしてきた。常に世界で最先端のテクニックを目にしていたのだ。

 そんなヒョウマが知らない技だと?
 だとしたらこの私でも知らない技、ということになる。

 もしかしたら相手の子は、南米や欧州帰りの帰国子女のサッカー少年であろうか?

 いや、それも有りえない。
 このネットワークの世界中に張り巡らされた時代に、知らない技は無いはずだ。

 では、いったい何故……?

 その未知なる技の持ち主、
 野呂コウタ君か……実に興味深い。

 息子の話が本当なら、彼も“日本代表クラス以上”の才能の持ち主になる。
 いったい、どんな少年なのであろうか。

 基本的に息子のサッカー人生に、私は関わらないようにしてきた。
 だが元Jリーガーの選手として、その少年のことは気になって仕方がない。

『あとパパ、今度の引っ越し先なんだけど……実はボク、この街に住みたい!』

 引退後の私の仕事は、日本中のどこでも可能なベンチャー職。
 今は次の引っ越し先を、ちょうど探していた時期だった。

 息子ヒョウマも、その事情を知っていた。だからこうしてお願いしてきたのだ。
 野呂コウタ君というライバルに勝つために。

 さて。息子の引っ越し先の願いは、受け入れた。

 この街は息子ヒョウマの人生にとって、大きいなターニングポイントの場所かもしれない。

 予知とかの不思議な力ではない。
 誰も信じてくれないが、サッカーに関しての私の直感は、なかなか当たるのだ。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ