挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/68

第9話:天才とのミニゲーム対決

 澤村ヒョウマ。
 まさかの凄い選手が、夏休み限定で同じチームに入ってきた。
 将来有望の本当の逸材を目の前にして、オレは興奮していた。

 澤村ヒョウマの凄さを簡単にまとめてみる。

①父親が有名な元Jリーガー
②ヒョウマ本人も小学2年生なのに、4年生の選手コースに飛び級できた。
③ヒョウマ本人はこれから10数年後に、J2プロサッカー選手になる未来が確定。怪我に泣かされていなければ、J1プレイヤーまでいけたかも?

 こんな感じの本物である。

 特に③がヤバイ。
 “将来はプロになりそうな逸材”は全国にも沢山いる。

 だが、これは20数年後から転生してきた、オレだけが知る未来の確定事項なのだ。

 ゲリライベントとはいえ、とにかく凄い逸材が身近に来てくれたものだ。
 未来を知るオレは、誰にも増して一人だけ興奮気味である。

「この澤村は2年だが、実力はかなりある。まずは親睦を深めるために、ミニゲームをやるか? お前たち4年生も、その方が話も早いだろう?」

 コーチの提案で、澤村ヒョウマの歓迎会をすることになった。
 歓迎会と言っても、お菓子やジュースで談笑することではない。ガチな5対5のミニゲームで、互いの実力を測るのだ。

「コーチも話が早くて助かるな……」
「最近はどっかの2年生に、舐められてばかりだからな……」
「ああ。オレたち4年生の本当の力を、新人に見せてやろうぜ……」

 ミニゲームと聞いて、4年生たちは気合いが入っていた。

 相手は有名Jリーガーの息子とはいえ、まだ小学2年生。歳上の先輩として、彼らも負けていられないのであろう。

 ミニゲームで吹き飛ばして“ガツン”と澤村ヒョウマに、喝を入れるつもりなのであろう。

 それにしても“どっかの2年生”とは誰にことだろうか? 
 もしかしたらオレのことか……?

 いや、いや。
 オレは大人しく先輩を尊敬しながら、この4ケ月は練習していた。
 でも、最近では先輩たちからも、オレは連続でゴールを奪っていたような気がする。

「ミニゲーム? 4年ごときに、オレ様のドリブルを止められるのか?」

 一方で澤村ヒョウマも、不敵な笑みを浮べていた。
 サッカー業界では年功序列は、あまり関係ない。実力がある者がレギュラーになり、日本代表に選ばれる。

 彼も自分の力を、4年生たちに見せつけるつもりなのであろう。

 凄い。これは見物だ。

【選手コースの4年生:対:将来プロ選手になる2年生の澤村ヒョウマ】の戦い。

 どっちが勝つか、本当に楽しみである。
 前世でサッカーオタクなオレにとって、超絶に燃える展開だ。

「おい、コータ。なにをボーっとしている? お前もミニゲームに参加だ」
「へっ?」
「ちょうどいい。澤村と敵のチームに入れ」

 観戦モードだった、オレの野望は打ち砕かれた。
 コーチの命令でミニゲームに参加することになったのだ。しかも澤村ヒョウマとは別のチームである。

「ふん、チビ。お前もレギュラーだったのか?」

 5対5のミニゲームが始まる。
 ちょうど目の前に整列した、澤村ヒョウマが挨拶をしてきた。

 やはり“チビ”とはオレのことだった。
 身長は少ししか違わないに、不思議な呼び方だ。

 そうか! もしかしたら、何かの海外の愛称かもしれない。
 “チッビ♪”みたいな感じの。
 そういえば父親の澤村選手は海外でもプレイしていたからな。

「うん、よろしくね」

 オレは上機嫌で返事する。
 何しろ今のオレは、最高に興奮していたからだ。

 まさかのミニゲームへの自分も参戦。
 将来のプロ選手の実力を、こんな間近で体感できるのだ。



 歓迎会の5対5のミニゲームは、始まっていた。
 4年生4人の両チームに、それぞれ2年生が一人ずつ混じる編成である。

「おい、澤村を止めろ!」
「一人じゃ、無理だ! 二人で当たれ!」

 ミニゲームは一方的な展開であった。
 ひと言で説明すると“澤村ヒョウマ無双”である。

「くそっ! また澤村に点を取られたぞ!」
「DF、もっと激しく当たれよ!」
「無理、言うな! あのドリブルは速すぎる!」

 負けているチームは大混乱していた。
 たった一人の2年生に、何点も入れられていたのだ。

「凄い……」

 オレは思わずつぶやく。
 それ程までに本当に凄いのだ。

 こうして目の前で見ているが、澤村ヒョウマは本物の“サッカー選手”である。
 選手コースの4年ともレベルが違う。明らかに生まれ持った才能が“別次元”なのだ。

 負けているチームの4年生たちも、決して下手ではない方だ。
 何しろこの街の4年生の新人戦では、ベスト8まで勝ち進んでいた。将来は有望である。

 だが、そんな彼ら上級生4人を手玉に取る……その澤村ヒョウマが別格なのであろう。

“体格差を全くもろともしない、華麗なドリブル”
“南米仕込みの、巧みなフェイントの組み合わせ”
“ここぞのゴールを狙う、ストライカーの嗅覚”

 その全てにおいて澤村ヒョウマは、段違いに優れていたのだ。

 これが未来のプロ選手の実力なのであろう。
 本当に凄い。感動的すぎる。

(でも……)

 そんな感動の中でも、オレは逆に恐ろしく感じた。
 これほどの実力があっても彼は、将来的には怪我に悩まされて、J2プレイヤー止まりなのだ。

 その上のJリーガーや日本代表クラス。海外選手となれば、更に別次元の才能なのであろう。

“世界のサッカー競技人口は数億人。プロチーム数は数十万チーム。最高プレイヤーの年棒は数十億円以上”

 そんな強大なサッカー業界は、世界中の怪物たちが競い合う凄い世界。
 世界で活躍している日本人は、ほんの数人の確率である。

(だからこそ、サッカー面白い……だな)

 そんな厳しいサッカーの世界だからこそ、前世のオレも惹かれて観ていた。
 世界中の子どもや大人が熱中する、ワールドワイドなスポーツを愛していたのだ。

「おい……コータ。お前もそろそろ本気を出せ」
「へっ、先輩?」
「悪いがオレたち4年じゃ、澤村を止められない。でもお前ならいける。頼んだぞ!」

 同じチームの4年生に、後半の全てを託された。
 作戦的にオレが、澤村ヒョウマをマークすることになったのだ。
 まさかのことに、思わずオレは変な返事をしてしまった。

「チビがオレ様のマークだと? 笑わせる」
「よ、よろしくね」

 マークに付いたので、互いに挨拶をする。
 将来のプロ選手に勝てるはないが、こうなったらオレも頑張るしかない。

 そしてミニゲームの後半戦が、こうしてスタートする。

「お前みたいなチビは、一瞬で抜いてやるぜ!」

 ヒョウマ君は南米仕込みのフェイントを、オレに向かって繰り出してきた。
 対峙した相手には、本当に消えたように見える凄い技だ。

「今の凄い技だね!」

 才能で劣るオレは抜かれないように、必死で食いついていく。
 幼稚園の頃から鍛えていたスポーツ視野を、全方向に展開する。

「バカな、チビごときを抜けないだと⁉ これでも食らえ! くそっ⁉」

 ヒョウマ君はその後も、次々と鋭い技を繰り出してくる。
 オレは置いていかれないように、必死でマークしていく。歯を食いしばり、相手に食らいついていく。

 こんなに誰かを一生懸命にマークしたのは、人生で初めてだった。
 さすがは将来のプロ選手の実力は、段違いに凄すぎる。



 その後は一進一退で、ミニゲームは進んでいく。
 結局オレは1点も得点できなかった。
 でもヒョウマ君を後半は0点で抑えたから、引き分けかな?

 あっ。でも、チームは前半の大差で負けていたから、勝負は負けか。
 これは悔しい。

 もう少し時間があったら、オレも点を取れたような気がする。
 これから夏休みのミニゲームが楽しみだ。

「おい……チビ。お前、何者だ?」

 ミニゲームが終わって、少し休憩となる。
 ヒョウマ君が試合後の挨拶にきてくれた。

「えっ? ボクは普通の小学2年生だけど……」
「アレで普通だと⁉ くそっ……お前、名前は?」
「ボクはコータ。野呂コウタだよ」

「野呂コータか……覚えておく。オレ様を“ヒョウマ”と呼ぶ権利を、お前にやる。明日の練習も逃げずに来い。お前を必ず倒す……」
「うん、ボクも楽しみ、ヒョウマ君!」

 どうやらヒョウマ君は、かなりいい人だったみたいだ。
 自分から改めて丁寧に挨拶をしてくれた。
 しかも『明日もまた練習で頑張ろう』とオレに言ってくれた。

 これぞ“スポーツマンシップ”なのであろう。戦って友情を深めていく熱い感じだ。

 前世でオレはスポーツをしていなかった。
 だから、こういう熱い友情の展開に憧れていたのだ。

 それにしても今後の練習が、また楽しみだな。
 これまでの4年生と混じっての、濃密な練習。それに加えてヒョウマ君を加えての、ミニゲームの時間。

 これまで一人ぼっち練習をしていたオレにとって、これ以上に幸せな時間はない。
 本当にサッカーに挑戦してよかった。

 ここだけの話、たぶんボクにはヒョウマ君みたいな、サッカー才能はないかもしれない。それは今日のミニゲームで分かった。
 でも努力をすれば、辛うじて負けないことも分かった。

 よし。これからもっと練習を頑張ろう。
 それも今までの練習ではない。
 より濃密で計画的な練習メニューを、今日から考えていかないと。

(よし、頑張るぞぉ!)

 心の中で気合いの声で叫ぶ。

“井の中のかわず、大海を知らず”

 サッカー素人のオレは今までは、このかえるのような小さな存在だった。知識だけで闇雲に自主練をしていたのだ。

 だが今日からは違う。

 夏休み期間は澤村ヒョウマ君。この将来プロを目標にして頑張っていく。

 たぶんヒョウマ君の高さまでは、オレは届かないであろう。
 だが置いていかれないようにすれば、少しは希望が見えてくる。

 あやふやだった希望が、現実的な形となって見えてきたのだ。

 澤村ヒョウマ君。
 短い夏休みの期間だけど、これからよろしくお願いします!



 こうしてオレの小学生2年生の夏休みは、充実すぎてあっとう間に過ぎていく。

 そしてサッカー漬けの2年の学年も、更にあっとう間に過ぎていく。

 3年生への進級も、もうすぐ近づいてきた。

 だが不思議なことがあった。
 それは澤村ヒョウマ君が夏休み以降も、ずっとオレたちのチームに通っていたのである。

 いったい、どうしてだろうか……?
 なにか家庭の問題でもあったのかな……?

 でも、そのお陰で練習が充実していたオレは、あまり気にしないことにした。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ