挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

133/205

130話 オレの名は

間違って131話を最初更新してました…アップの確認時点で気付いたので、1分ぐらいで修正できたと思いますが、おかしいぞと思った方は更新ボタンを押してみてください。すいません……!
 Aランクパーティーでもこれだけ攻められると相当つらいはずだ。だとしたら、攻略なんてままならない。
「ダンジョンとは質的に違いますね……。こうも、連続してこられると……」
 ヴェラドンナもこれだけの数と戦うのには慣れていないから、苦しくなっている。

「ミーシャ、ヴェラドンナの援護にまわってくれ!」
「わかったわ! ちょっと、ここはハードみたいね!」

 ミーシャが加わったことで、ヴェラドンナ周囲の敵はすぐに一掃された。俺も着実にレナと一緒に敵を排除していく。

 おおかた、敵を狩りつくしたかと思ったところで、屋敷から二足歩行の野獣みたいなモンスターが出てきた。戦士みたいな鎧も羽織っている。

「人間がここまで来るのは本当に久しぶりだな」
 モンスターがしゃべった。
 高位のモンスターと考えて正しいだろう。

「オレの名は――」
「あなたがここの山を管理してるボスね。魔王とそっちの戦略について、いろいろと教えてもらいたいんだけど。できるだけ手短にお願いしたいわ。早く、この寒い山から下りたいから」
「何者か知らんが、そんなことをする義務などこっちにはない」
 そりゃ、そうだ。モンスターの言うとおりだよな。

「しかし、どうせここで殺すのだから言ってやってもいいか」
 あっ、冥途の土産理論だ!
「各地のモンスター多発地帯にはオレのような管理者が任命されている。そして人が入ってこれないように、そこでモンスターを住まわせているのだ」

「ありがとう、いいことを聞いたわ」
 にやっとミーシャが笑った。
 そのまま、気楽にボスのほうに近づいていく。

「ということは、あなたみたいなボスを倒していけば、魔王の勢力は減退するということよね。達成目標としてはすごくわかりやすい。じゃあ、まずはあなたを倒すことにする」

「お前、この俺を恐れぬのか。命知らずな奴め。このオレ――」
「ここ、寒いからちょうどよさそうね」

 ミーシャは杖から氷の刃を次々に放出した。
 そう、ミーシャは攻撃魔法の威力もチート級なのだ。
 氷の刃が敵の全身に突き刺さって、それで勝負があった。ゆっくりと後ろに倒れていった。

「これ、倒したってことでいいのかしら? さすがにこういう敵が死んだふりをしたりしないわよね?」
 ミーシャがしゃがみこんで顔を寄せてみるが、とくに反応のようなものはない。完全に沈黙しているらしい。
「あっ、今、目が動いたわ。まだ生きてる」
 ただ、ミーシャに一切緊迫感がないから、虫の息ではあるんだろう。

「オレを……一撃でたお……」
「そうね。一撃で倒したわね。もっと強くなって挑戦してきなさい」
 多分、これで死ぬから次に挑戦するのは無理だろうけど……。

「だが…………」
「もっと、大きな声で言ってくれないと聞こえないわ」
 なというか、ボスが不憫だ。多分だけど「だが、オレより強いボスがお前たちを血祭りにあげるだろう」みたいなことを言った可能性が高い。そこは忠実にやってるんじゃなかろうか。

「最期に……教えて……や……オレの名は……………………」
「聞こえなくなったわね。息絶えたみたい」

 あのボス、ついに名乗ることもできずに負けたのか……。
 たまにRPGでもボスの名前とか一切気にせずにゲームを進めていく奴がいるけど、ミーシャってそういうタイプなのかもしれない。できれば、攻撃の前に情報を聞かせてほしかった。ボスの名前がわからないままなの、モヤモヤするのだ。

「旦那、私、この敵に憐れみを覚えます……」
 レナが切なそうに言った。
「俺もそうだ……。こいつはこいつなりに頑張ったのにな……。いきなり敵が来たと思ったら、いきなり殺されたんだよな……」

「このモンスターに家族とかいたら、やりきれませんね」
 無表情のまま、ヴェラドンナが言った。絶対にやりきれないとか本人は思ってない。
「そういうこと言わないでくれ! 今後戦いづらくなるから!」
「私はなんとも思っていないので心配しないでください。でないと、暗殺者とかできませんよ」
「だったら、余計にこっちにだけ言うなよ……」

 俺たちが後ろでそんなことを言っている間にミーシャは地面の魔法を唱えて土を盛り上げていた。雪で白くなっているところが盛り上がって、黒い土が出てくる。

「ミーシャ、何をしてるんだ?」
「丁重に埋葬してあげるのよ。戦闘で容赦はしない。でも、後始末もする。それが私のやり方よ」
「ミーシャ、情け深いな」
 これまで見たことのないミーシャの一面を見た気がした。

「それに、このモンスターにも子供がいたかもしれないでしょ」
「だから、そういう罪悪感を覚えるようなことは言うなよ……」

 ミーシャは土に名前不詳のモンスターを入れると、土をかけて、手を合わせた。俺も手を合わせる。
「旦那と姉御は何をしてるんですか?」
 そっか、この世界には合掌という概念がないから、レナはわかりようがないよな。

「冥福を祈るポーズなんだ。せっかくだから、二人もやってくれ」
 俺たちは四人揃って、手を合わせた。

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ