挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

132/205

129話 山のボス

「モンスターのボスか。それって、これまでより一回り大きいエイプとか、そういうしょぼいのとは違う奴だよな」
「そうよ。モンスターにどんなタイプがあるかわからないけど、もっと知能の高い人間みたいなのがいるんじゃないかと思う。少なくとも、山の奥に行くと敵が増える理由としては妥当でしょ?」
 生活するだけなら、もっと低いところに住んでるほうが楽そうだもんな。

「野草や山菜がかなり生えてますね。雪で隠れてわかりにくいですけど」
 レナは山暮らしをしているだけあって、そういうことに詳しい。
「この山を解放したら、さぞかし感謝されるでしょうね。でも……いくらなんでも寒すぎるわ……」

 山の上に来ると、積雪もかなりの量になっている。寒いから長らく溶けていないのだ。
「ダメ……。私、ちょっと休憩……。けど、体を動かさないとさらに寒い……」
 猫にとって、この寒さは天敵もいいところらしい。ついにミーシャは立ち止まって、しゃがみこんでしまった。

 困ったな。ここまで来て戻るのは空しいし、そもそも今後も旅は北に向かうのに、すでに寒さで進めないんじゃ、話にならない。

「ミーシャ、もうちょっとだけ頑張れ」
 うずくまっているミーシャの頭をぽんぽんと叩く。
 ミーシャの機嫌をとるのはある意味、慣れている。
「う~、ご主人様、今すぐ暖炉のある部屋に行きたい……」

 旅が楽だから、ちょっと甘えてるな。
 しょうがない。恥ずかしくはあるけど……。

「ミーシャ、こっち向け」
 ミーシャが俺を見た隙に、その口を口でふさぐ。
 つまり、いきなりキスしてやった。
 最初はびっくりしているのが反応でわかったけど、すぐに俺のほうに体を預けてきた。でも、そんなに長くはやらないので、体を離す。後ろで二人も見てるしな……。

「もう、ご主人様……。こんなところで、いきなり……」
 口ではそう言うけど、明らかにミーシャはうれしそうだ。
 背後の視線が痛いが……しょうがない。
「二人とも、情熱的すぎますぜ……」
 レナのうろたえた声が聞こえる。
「お嬢様、これが愛し合う男女というものです。夫にしたい方がいればすぐにお教えください。ご実家に連絡しますので」
「そんなの、いねえよ……」
「このことは、また話し合いましょう」
 こっちの主従は主従で変な駆け引きをしてるな……。

「山の奥まで行ったら、ご褒美にもう一度キスしてやる。だから、あと少し寒いのに耐えろ」
「ほ、本当?」
「この局面でウソつく勇気なんてないさ。けど、これ以上、わがまま言うなら当分キスはお預けな」
 ミーシャは俺の嫁であって飼い猫なので、その中間的な方策をとる。
「……わかった。やるわ! キスがお預けなんて困るもの!」
 ミーシャが勢いよく立ち上がった。やっと、やる気になってくれたらしい。
 そのまま、ずんずんと雪の積もる山を先頭きって進んでいく。

「よくミーシャ様のこと、おわかりになっていらっしゃいますね」
 ヴェラドンナに言われた。
「表情がないから、褒めてるのか皮肉言ってるのかよくわからないな……」
「ご心配なく。褒めています。私も上手く、お嬢様を操縦したいものです」
「表現に問題がある気がするが、意味はわからなくもない……」
 おそらく俺がミーシャを気づかいつつ見ているように、ヴェラドンナもレナをそんなふうに見ているのだろう。レナに何かあったら、ヴェラドンナの本来の主人に顔向けできないからな。

 そして、山の中腹あたりに差し掛かったところ、その平坦地に明らかに不自然な場所があった。

 奥には山菜取りやいろんな用途で使っていたのか、大きな山小屋――いや、屋敷と呼ぶにふさわしい建物があった。それ自体はおかしくはない。人の行き来が多かった時代に建てられたものだろう。

 しかし、その前を五匹のエイプが守っているのだ。
 モンスターが屋敷の護衛をしているようにしか見えない。
 そこに何か守らないといけないものがあるのは間違いない。

 重要なアイテムが置いてある可能性も否定しきれないが、屋敷が立派なままということが気にかかる。人間の手を離れてから何十年と経っている。放置されたままなら、荒れ果てているから、すぐにわかる。

 必然的に、人間以外の誰かが住んでいるということになる。

「ミーシャ、お前の勘が当たってるみたいだな」
「とっととあそこを攻略して帰るわよ」

 俺たちはエイプに襲いかかる。
 護衛をやっているぐらいだから、これまでのエイプよりは強力な気もしたが、誤差の範囲でしかない。あっというまにすべて片付けた。

 しかし、やはりモンスターたちもここは死守しないといけないと思っているのか、周囲からもかなりの数が攻めかかってくる。空からは鳥型のモンスターも来襲する。

「これ、レベル20は超えていないとつらいでしょうね。しかも立て続けに来るし、Aランクはあったほうがいいでしょうか」
 レナはしゃべりながら、着実に敵を倒していくが、これまでと比べるとわずかに余裕がなくなってきているようだ。ダメージを受けると盗賊は守りが薄い分、きつい。

「そうみたいだな。ここが放置されてるままなのもわかった!」
 Aランクパーティーでもこれだけ攻められると相当つらいはずだ。だとしたら、攻略なんてままならない。
9月末に連載開始した「織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました」が月間5位、週間1位になりました! 月間5位以内に入ったのは初なのですごくうれしいです! 戦記物ですが、こちらもよろしければご覧ください! http://ncode.syosetu.com/n8486dn/

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ