挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

89/325

村長の一日 昼から夜



 昼食が終わった後の俺の行動は大きく三つ。

 一つ、朝と同じく畑の見回り。

 これはまあ、朝に見回れなかった分と、村の様子を見る為だ。

 ……いや、散歩かな?

 クロ達を引き連れ、村の内外を見回る。

 主に道を整備したり、雑草の駆除、荒れた地面を耕して芝生にしたり、目隠しに植えた植物の刈り込んだりする。

 雑用?

 管理人みたいな仕事だろうか?

 まあ、仕事に不満はない。


 一つ、村人からの頼みで、何かを作ったりする。

 主に建築資材の調達、小物製作。

 変化球としては、料理研究だろうか。

 頼まれなくても作るのが、玩具系。

【万能農具】のお陰で、ほぼ素人の俺でも……いや、製作するようになって数年経ってるから素人に毛が生えた感じかな?

 改めて神様に感謝する。


 そして、最後の一つ。

 戦闘訓練。

 農業に戦闘の訓練が必要なのだろうか?

 そんな疑問を横に置いて、村人達からの強い勧めで行っている。

 もちろん、一人ではない。

 グランマリアやリザードマン、ハイエルフに鬼人族、それに文官娘衆達も参加する。

 全員参加ではなく、手の空いている者だけを対象にした希望参加なのだが、それなりに数が揃う。

 妙に生き生きしているのは気のせいだろうか?

 戦う事が好きなのかな?

 それとも、体重を気にしてとか?

 おっと、余計な事を考えた。

 まず、武器の握り方、構え方、使い方を再確認。

 次に、防具の付け方、構え方、使い方を再確認。

 そして一人で素振り。

 次に誰かと組んで。

 最後に多人数対多人数で行う。

 武器は布を巻かれて怪我しにくいようになっているが、当たれば痛い。

 俺は何度も痛い目にあった。

【万能農具】を使えばそれなりに出来るが、いざと言う時の事を考えれば普通の武器が使える方が良いのだろう。

 だが、村長としては、武器を使ったり使われたりする前になんとかするべきだと改めて思う。

 俺に武器は向かない。

 ちなみにだが、【万能農具】は槍や斧、鎌にはなるが、剣にはならない。

 小刀にはなるのに、普通の剣にはならない。

 槍にはなるのになぜだろうか?

【万能農具】の槍を改めて見る。

 どう見ても普通の槍だ。

 装飾は皆無。

 長い木に槍先を固定した普通の槍。

 見たイメージでは、貧乏な戦士の持つ槍だ。

 うーむ。

 これでワイバーンを落としたとは思えない。

 でも、これでワイバーンを落とした。

 ……もう使う事が無いと良いな。



 日が沈み始めると、作業を終了して家に戻る。

 村に街灯なる物はなく、日が完全に沈むと真っ暗になってしまう。

 空は星空と二つある月が見えて綺麗だが、地上は幾つかの建物からもれる光ぐらいだ。

 夜に出歩く時は手に灯りを持つようにしているのだが、街灯を考えた方が良いだろうか?

 街灯……固定の松明かな?

 問題は燃料?

 一日の消費量は少なくても、毎日となると積もり積もって凄い消費量になる。

 魔法に頼らないと駄目かな。

 要検討だな。


 夕食は家の食堂で食べる。

 メンバーは朝食や昼食の時よりも多い。

 フローラ、ハクレンが確実に居るのもあるが、フラウやラスティが参加するからだ。

 また、場合によってはリアやダガ、ヤーなどが参加する。

 席に座ってから食事が並ぶまでの時間で、フラウ、ラスティはその日の報告をする。

 一応、彼女達は村の代官と村の外交担当で、俺は村長だからだ。

 まあ、フラウはともかく、ラスティから何か報告される事は珍しく、普通に夕食を食べに来ているだけに思える。

 リアやダガ、ヤー達が居る時も何か報告があるからだろう。

 良い報告だと良いのだが、悪い報告だと夕食前に勘弁して欲しいと思う。

 まあ、食後に報告されても危機感が薄れるか。

 現状が正しいと思おう。


 夕食はそれなりの料理が並ぶ。

 俺には普通の食事なのだが、村の村長レベルの普段の食事としては破格の豪華さと量らしい。

 他の村の村長は、どんな食生活を送っているのだろうか?

 考えると怖いので、考えない。

 食料に関しては出来るだけ公平に分けているので、村の他の家でも同程度の食事をしている。

 これも全て【万能農具】のお陰。

 感謝の気持ちを忘れずに、食事を楽しむ。

 料理の中に、見た事が無い料理があった。

「アン。
 この料理は?」

「今日の料理当番の新作メニューです」

「自信は?」

「二割だそうです」

「前から言っているが、出来れば五割を超えてから出すようにしてくれないかな?」

「食材は無駄には出来ません」

「……確かに」

 俺は頑張って、食事を楽しんだ。


 食後は、のんびりとする。

 主にアルフレート、ティゼルとの触れ合いタイムだ。

 愛でる。

 アルフレートは、片言ながら喋れるようになっているので、言葉を伝える。

「日々、努力だ」

「ひび、どりょく?」

 俺の息子は天才だ。

 ああ、娘よ。

 お前も美人になるに違いない。

 親馬鹿タイムを楽しむ。

 しばらくしてアルフレートやティゼルは鬼人族メイドに預け、風呂に向かう。

 風呂は家の外の、俺専用の風呂だ。

 一応、家に風呂を設置する案もあるのだが、村に俺専用の風呂がある状態なので遠慮している。


 俺は食後に風呂に入る派なので、他の者もそれに合わせている。

 気にせずに入って貰いたいのだが、大勢で入る方が良いらしい。

 ……

 俺専用の風呂は、それほど広くないのだが……

 賑やかな入浴になる。

 家に新しい風呂を作るとデカくなりそうなので、遠慮している一面もあったりする。


 風呂上りは、まったりタイム。

 ではなく、この辺りから緊張感が漂い始める。

 わかっている。

 流された俺が悪いのだ。

 手を出した俺が悪いのだ。

 手を出したからには、最後まで責任を取ると決めたのだ。

 なんだかんだで楽しんでいる自分が居るじゃないか。

 ははははは。

 俺が自由なのは風呂から家に戻るまでの短い間。

 先の事は考えないようにする。

 それが俺の精神を守る術だ。

【健康な肉体】をくれた神様。

 ありがとう。

 貰えて良かったと思います。




 朝、目が覚める。

 家に居る時、俺は寝ると思って寝た記憶が無い。

 いつの間にか寝ている。

 ……

 日の高さで時間を確認し、まだベッドから出てはいけない時間だと認識する。

 わかっているが、ベッドから出る。

 そして、多分、鬼人族メイドの誰かが用意してくれたのであろうお湯とタオルを確認。

 お湯がまだまだ温かいので、本当に置いた直後のようだ。

 感謝しつつ、身体を洗う。

 そして、用意された服を着て、軽いラジオ体操のような運動。

 気付けばベッドから出て良い時間。

 また、一日が始まる。

「今日も頑張ろう」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ