挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

88/326

村長の一日 朝から昼



 俺の朝は遅い。

 日が完全に昇ってから起きる。

 軽くラジオ体操っぽい運動をした後、まずは家の見回り。

 なんでも、これは家長の仕事らしく、可能な限り毎日、朝と晩に行う。

 俺が無理な時は、俺の知らない間に出来た家中序列の順に行われる。

 その序列順だと、ルー、ティア、フローラ、アン、ハクレンになるらしい。

 アルフレート、ティゼルはまだ幼いので組み込まれていないが、本当にそんな序列は知らない。

 知らないが、これまで知らされなかったのだから知らなくて良い事なのだろう。

 そう思う事にする。

 朝の家の見回りは、家内で働く者への挨拶が中心。

 鬼人族のメイド達は、すでに活動を始めており、火をおこし、朝食の準備や清掃が始められている。

 クロ達の食事の用意もあるので、かなり大変だろうが文句を言わずに頑張ってくれている。

 ありがとう。

 そして、彼女達は俺より先に起きて作業を開始する為、俺は早く起き過ぎてはいけない。

 俺は別に気にしないからと言っても、彼女達は俺より先に起きようとするので俺が諦めた結果だ。

 家長の俺よりも寝ているワケにはいかないという、俺には理解し難いメイド魂があるらしい。

 なので、俺は目が覚めてもベッドから出ない。

 出てはいけないのだ。

 俺の朝が遅いのは彼女達の為であって、けっして俺がだらけているからではない。


 話を戻して。

 顔を合わせた際に連絡事項があれば交換する。

「昨晩、酒スライムが食料倉庫に侵入。
 調理用のお酒が一樽、やられました」

「酒スライム対策に小分けにしていた分か?」

「はい。
 目論見通りと喜ぶべきか、侵入を許した不甲斐なさを嘆くべきか悩みます」

「侵入を防ぐのは半分諦めている。
 目論見通りと喜ぼう。
 他には?」

「特にありません。
 今日の朝食のメインはダイコンとほうれん草、キャベツのスープに、キラーラビットの肉を炙った物です」

「わかった。
 急ぐよ」

 俺の朝食は家の見回りを終えてからになる。

 見回りは、個室や倉庫を除いた家の中。

 なのでそれほど見回る場所は多くない。

 要所要所で鬼人族メイド達と挨拶し、報告を受ければすぐに終わる。


 朝食。

 家の朝食は食堂で、三回に分けて行われる。

 一回目が俺とルー、ティア、フローラ、ハクレン。

 アルフレートとティゼルは、食事内容もタイミングも違うので別。

 なんにせよ、俺が食べないと他の者が食べられないので、急いで食べ終わる。

 ルーやティアもアルフレートやティゼルの食事があるので、急ぐ。


 二回目が鬼人族メイド達。

 一緒に食べても良いと言ったのだが、食堂の広さと一回に出せる食事量、そしてアルフレートとティゼルの世話を考えて分けられている。

 ルーやティアが食事している間、誰かが見ないといけないからな。


 三回目が一回目、二回目に間に合わなかった者達、または早朝から家に来た来客用だ。

 主に俺よりも起きるのが遅く、よく一回目の食事に遅れるフローラ、ハクレン。

 それと、グランマリア、クーデル、コローネが中心となる。

 グランマリア達はここに来た当初はリザードマン達と一緒に生活していたのだが、生活リズムの違いから今は別の家で暮らしている。

 そしてわかったグランマリア達の家事能力の無さ。

 掃除洗濯はリザードマン達が訪れてしているそうだが、食事に関してはタイミング等の問題があるので俺の家で食べるようになっている。

 名目的には、前日の見張りの報告だ。

「特に問題はなかったと?」

「はい。
 夕方ぐらいにキラーラビットが三匹ほど村に近付こうとしましたが、クロさん達が排除しました」

「わかった。
 しかし、あの兎は減らないな」

「そうですね。
 まあ、美味しいので文句を言うのはアレですが」

「確かに」

 そして減るどころか数が増えているような気もする。



 朝食を終えると、俺は家の外に。

 クロ、ユキ、ザブトンに挨拶をし、社にお参り。

 その後、畑を見回りに行く。

 お供はクロかユキ、もしくはクロの子供達。

 畑は耕す必要があれば耕し、水が少なそうな畑には水を撒く。

 作物の状態の確認をしつつ、害虫駆除。

 害虫に関しては、ザブトンの子供達が食べてくれたり、クロ達が教えてくれるので大きな被害はまだない。

 見つけた害虫は、【万能農具】のジョウロで排除。

 作物の状態に関しては……これまでの所、問題は起きていない。

【万能農具】で作った畑だからだろうか。

 新しい村で農業が始まった時、その辺りが心配だな。

 なんとかする魔法とかないかな?

 今度、ルーやティアに相談してみよう。

 ああ、フラウやラスティ、ハクレンに聞くのも良いか。


 なんだかんだで畑も広くなったので、見回るのも大変だ。

 しかし、しっかりと成長している作物を見ると心が安らぐ。


 昼食。

 しっかり食べる。

 これは集まって食べるのではなく、鬼人族メイド達が用意してくれているのを各自で、自由に食べる形だ。

 場所も決められていない。

 決められていないが、俺は家の食堂か中庭に設置したテーブルで食べるようにしている。


 昼食に関しては、俺は前の世界の記憶があるので普通だったが、こちらの世界では一般的ではなかった。

 ルーやティアにしても、昼食の存在に驚きながらも、すぐに慣れた。

 クロ達は、昼食は食べない。

 と言うかクロ達は食べようと思えばどれだけでも食べられ、食べないでおこうと思うと十日ぐらい食べなくても平気みたいだ。

 十日ぐらいなのは俺の心配の限界で、もっと平気なのかもしれないけど。

 ハイエルフ達は昼食どころか、朝食にも戸惑っていた。

 なんでも、この村に来る前までは一日に一回の食事も怪しかったらしい。

 その事を知った時、思わず涙が出てしまったのを覚えている。

 いっぱい食べろよ。

 昼食に戸惑わなかったのは、ドワーフぐらいだろうか。

 まあ、彼らの戸惑いはお酒の方に向いていたからかもしれないが。

 時々、村に来るドライム、ビーゼルも最初は戸惑っていたが、今は慣れている。

 一時、ここに居たユーリは、戻って大丈夫だったろうか?

 周囲に迷惑を掛けていなければ良いが……

 いや、王姫だっけ?

 立場があるから大丈夫か?

 ともかく、昼食の習慣は村人には受け入れらている。

 そして俺の昼食は村人達との相談の場、報告の場となっている。

 俺の昼食をとる場所が決められているのは、その辺りが理由だ。

「村長。
 新しい村で、建設予定の建物は大半が完成しました。
 後は細かい内装ですが、その辺りは新しく来る住人達に任せようかと思います」

「山羊の雌達のお腹が膨らんで来ました。
 子供が出来たんだと思います。
 エサを良い物にしたいと思いますが、構いませんでしょうか?」

「村の南西ですが、住居と森の間が近いので、もう少し広げて欲しいという意見を聞いています」

「秋の収穫の予想から、このままですと新しい倉庫の建設が必要です。
 それか、早々にマイケル氏に販売するべきかと」

 今回の昼食に一緒に居るのは、ハイエルフ、リザードマン、鬼人族メイド、そして文官娘衆が各一名づつ。

 俺は各自の話を聞きながら、判断が必要な所を指示していく。

 褒賞メダルを導入した事で、この辺りは少し楽になったと感じられる。

 少し前まではルーやティアも良く一緒に居たのだが、アルフレートやティゼルの世話をしながらだと他の者が遠慮するとの事で、別になっている。

 俺がアルフレートやティゼルにかまけ過ぎるからかもしれない。

 反省。

「村長。
 山羊もそうですが、妊娠したインフェルノウルフ達の気が少し荒くなっています。
 アルフレート様、ティゼル様は近付けないようにしてください」

「わかった、注意するよ。
 まあ、ルーやティアがついているから大丈夫だとは思うけど」

「あー……子育ては、母親がすべきとは思いますが、慣れている鬼人族の方々にお任せするのも手かと」

「ルーやティアに何か問題でも?」

「いえ、そうではありませんが……その、見てて危なっかしいので……」

「そう言ってやるな。
 誰もが一人目は、そういうものだろう。
 俺もアルフレートが生まれた直後は、抱くのすら怖かった」

「失礼しました。
 はっきり言えば、抱いて飛ぶのはどうかと思います」

「……抱いて飛んでいるのか?」

「はい。
 飛んでいます。
 結構な高さを。
 それを見て、落とすのではないかと不安になります」

「わかった。
 注意しておこう」

「よろしくお願いします」

 昼食はなんだかんだで賑やかに行われた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ