挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

339/366

光るピンポン球


 ルーが、魔法でパスタ生地を細長く切った。

 前ほど疲れていない。

 新しく組んだ魔法の成果らしい。

 負けっぱなしじゃないその姿に、俺は素直に感心。

 ティアもフローラも褒めている。

 褒めているというか、どうやったかを聞き出そうとしているな。


 その横で、ザブトンの子供たちが糸でパスタ生地を細長く切って俺に見せてくれているのだが……あ、うん、すごいぞ。

 でも、今はタイミングが悪い。

 ルーに見られる前に隠すんだ。





 朝、俺が畑を見回っている時、珍しく酒スライムがやってきてサトウキビを欲しがった。

 構わないが、どうするんだ?

 俺はサトウキビを一本……このままじゃ大きいな。

 三十センチぐらいの大きさにカットして渡した。

 それで大丈夫か?

 問題ないと酒スライムはサトウキビを持って屋敷に向かった。

 ……

 まさか、自分で酒を作るわけじゃないよな?

 気になったので、俺は酒スライムを尾行した。



 酒スライムは屋敷に入り、そのまま中庭に。

 大樹のそばにあるやしろの前に到着すると、そこで周辺警戒。

 なにをやっているんだ?

 酒スライムは、サトウキビを持ったまま社の後ろに回った。

 ?

 どうしたのかと覗いたら、そこには数匹のザブトンの子供たちと……

 ピンポン球ぐらいの発光する物体?

 酒スライムは持って来たサトウキビをザブトンの子供たちにパス。

 ザブトンの子供たちはサトウキビの皮を剥き、その物体に与えていた。

 ……

 虫?

 ちなみに、俺の横や後ろには雑誌サイズのザブトンの子供たちや、クロの子供たちがいて、一緒にその様子を見守っている。

 隠れて生き物を飼育している……ということかな?

 ほっこりしつつ、どうしようかと思ったら……

 酒スライムが俺たちに気付いた。

 酒スライムは一瞬、固まったあと……俺と光る物体の間に陣取った。

 光る物体のそばにいたザブトンの子供たちもそれに続く。

 待て待て。

 かばっているのはわかるが、俺が敵認定なのはなぜなんだ?

 別に畑に害を及ぼしたりしないんだろ?

 ……

 及ぼすの?

 違う?

 大丈夫?

 よーし。

 では、話し合おう。


 なぜ隠したんだ?

 俺の質問に、ザブトンの子供の一匹が足を上げた。

 上じゃなく前に?

 その足の向けられた先に……ルーがいた。

「知ってる?
 妖精の羽って、薬の材料になるのよ」

 あ、うん、隠す理由がわかった。

 酒スライムが俺の足にすがりつく。

 わかったわかった。

 俺が守るから。

「貴方。
 妖精って、畑にイタズラするのよ」

 ……

 酒スライム、どういうことかな?

 こいつは違う?

 絶対にイタズラさせないから?

 むう。

 俺が少し思案している間に、ルーは仲間を呼んだ。

 ティアがルーの横に並ぶ。

「妖精の羽ですか……貴重ですね。
 いい薬がたくさん作れます」

 いつもは可愛いルーとティアの顔が、怖くみえる。

 だが、酒スライム側も負けていない。

 先ほどまで、妖精のそばにいたザブトンの子供たちが援軍を連れて来た。

「うわっ、なにこれ?
 光ってる」

 アルフレート、ティゼル、ウルザ……

「パパ、これ、新しい住人?」

 ……

 勝負はあった。



 妖精。

 まだ小さいからピンポン球のような感じだが、成長するとサイズは小さいけど人型になったりするらしい。

「羽って言っていたが……みえないけど?」

「今の状態の妖精を、妖精の羽っていうの……」

 ルーが未練がましく、薬品を入れたガラスビンを揺すっている。

 なんでも、その瓶の中に妖精の羽というか、ピンポン球を入れて漬け込むだけで凄い薬ができるらしい。

「やらないが、薬の効果は?」

「他の薬の触媒になるだけだから、これだけじゃ意味はないわよ。
 その後、加える材料で打ち身、疫病予防、長寿、美肌維持、毛生えの薬になるわ」

 なるほど。

 ……

 打ち身と疫病予防と長寿と美肌維持と毛生えを並べないでくれるかな。

 でも、疫病予防にはかれるな。

「妖精の羽がないと作れないのか?」

「他の方法もあるわよ。
 でも、妖精の羽を使うと行程をいくつも飛ばせるから楽なの」

 拗ねるルーの頭を撫でつつ、他の方法があるならそれでとお願いする。

 疫病の危機があるならともかく、そうじゃないからな。

 今回は、アルフレートたちの情操教育用に譲ってくれ。

 俺がルーの頭を撫でていたらティアが頭を差し出してきた。

「私も拗ねた方がいいですか?」

 はいはいと俺はティアの頭を撫でた。


「ところで、妖精は何を食べるんだ?
 サトウキビでいいのか?」

「甘い物ならなんでも。
 花畑で放し飼いでいいんじゃないかな?」

 では、そのように。

 ……

 あれ?

 それならなぜ酒スライムはサトウキビを欲したんだ?

 花畑に連れて行けば……

 あ、蜂たちが攻撃してくるのね。

 なるほど。



 後日。

 花畑に小さな箱に丸い穴を開けた妖精の家を設置した。

 低い?

 わかったわかった。

 土台の上で……これぐらいで構わないな。

 高さは問題ないけど、数が足りないと。

 うん、それは見たらわかる。

 どこから来たのか、花畑には妖精が十匹……匹でいいのかな?

 飛び回っていた。

 蜂と喧嘩しないようにな。

 喧嘩した場合、俺はハチミツを作ってくれる蜂側につく。

 ん?

 成長すれば、役に立つ?

 わかった。

 信じよう。

 俺は屋敷に戻り、足りない分の妖精の家の製作を開始。

 アルフレートやティゼル、ウルザも手伝ってくれるのか。

 ありがとう。

 だが、工具で遊んじゃ駄目だぞ。

 危ないからな。

 うん、いい返事だ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ