挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

340/364

貴族娘秘話?


 シャシャートの街に着いたら、中央北側にあるビッグルーフ・シャシャートに行くことをお薦めする。

 どんな場所かって?

 街の中の街かな?

 わけがわからないだろう?

 大丈夫、行けばわかる。

 見た事もないほど大きい建物だ。


 そのビッグルーフ・シャシャートに行ったら、是非食べて欲しいのがカレー。

 香辛料をたくさん使ったスープに、パンを浸して食べる料理なのだが、これがまた美味うまい。

 我を忘れるぐらい美味い。

 俺も初めて食べた日は、三回も列に並んだ。

 ああ、カレーを売っているマルーラというお店は自分で並んで購入しなければいけないお店だ。

 ちょっと変わっているだろ?

 椅子もテーブルもあるんだぜ。

 なのに、並ばないといけないのはどうしてだろうって俺も思った。

 けど、答えは簡単。

 そこはお店だけどお店じゃない。

 屋台なんだ。

 屋台なら、自分で並んで買うのも普通だろ?

 列に並んでいる時、常連っぽい人にそう教えてもらって、俺も納得した。


 そのカレーなんだけど、パンじゃなくて他のお店で買った食べ物を浸しても美味い。

 もちろん、浸すんだから固形物だぞ。

 香草と一緒に焼いた鳥肉とかな。

 他のスープを混ぜるのはあまりお薦めしない。

 薄くなるだけだ。

 やめておけ。

 ああ、経験談だ。


 でもってだ。

 マルーラのカレーはカレーで美味いんだが、そこはカレーだけで商売をしているわけじゃないんだ。

 ピザ、揚げ物、丼物、そしてパスタがある。

 ああ、ちゃんと一つずつ説明しよう。

 まず、ピザ。

 平らにした生地の上に、具を乗せて焼いたものだ。

 この上の具の組み合わせによって味が変わる。

 昼のランチタイムはお店が決めた味になるけど、夜はある程度注文が出来る。

 好き嫌いがあるなら、夜の方がお薦めだ。

 どんな具があるんだって?

 そりゃ、トマト、ナス、アスパラガス、ブロッコリー、イモ、ニンニク、香草。

 野菜だけじゃないぞ。

 薄く切った肉とか、煮込んだ鳥肉とかも美味いぞ。

 半熟の卵を落とすかどうかで議論してるヤツもいるな。

 でも、ピザに欠かせないのはチーズだ。

 チーズをタップリ。

 これがピザだ。


 次に揚げ物。

 具材に小麦を塗して、卵を溶かした汁で包んだ後、パンを細かく砕いた物を塗し、油で煮た料理だ。

 油で煮るのを揚げるってんだ。

 だから揚げ物。

 そんなのが美味いのかって?

 メチャクチャ美味い。

 揚げ物は、一皿にドーンとでっかく出る豚肉のカツ、牛肉のカツがあるんだけど……

 カツってのは、揚げ物の料理の名前だ。

 マルーラの人間がそう言ってた。

 そういうもんだって思っておけ。

 話を戻すぞ。

 串カツってのがあるんだ。

 こう一口サイズに切った具材を、串に刺して出してくれる。

 具材は、豚肉、牛肉、鳥肉に、タマネギ、レンコン、ナス、シイタケ、トマト、卵。

 魚を切ったのもあるな。

 あと、練り物って言って、魚の身をねて固めた物とかも美味いぞ。

 ああ、そのまま食べるんじゃないんだ。

 食べる前に、ソースをかける。

 これがまた美味い。

 どう説明していいかわからないぐらい美味い。

 当然ながらソースの作り方は店の命だ。

 どれだけ偉い人が頭を下げても、教えてもらえない。

 せいぜい、小瓶に分けてもらえる程度だな。

 それでも、大喜びしてた。

 凄いだろ。

 ただ、油で揚げているから、食べ過ぎに注意って店の連中は言ってる。


 ああ、次ね。

 次は丼物。

 これはレギュラーメニューじゃないんだ。

 ライスってのがある時だけ。

 なにせ丼物ってのは、そのライスの上に料理を乗せたものだからな。

 牛肉を煮詰めた物がお薦めなんだが、豚肉のカツを卵とスープで煮込んだのも良い。

 だけど、残念ながら丼物の内容は店が決める。

 色々と手間がかかる料理らしくて、細かく聞いてられないんだってさ。

 ん?

 ははは。

 お金を積んだって駄目さ。

 いや、本当に。

 実際、あの店に行ったらわかるよ。

 聞いてられないって。

 なに、そうガッカリするな。

 丼物はハズレ無しって言われるぐらい評判だ。

 そうそう。

 裏メニューになるんだが、この丼物。

 ライスの上にカレーをかける食べ方がある。

 俺は一瞬で食べ終わったね。

 そして絶望したもんだ。

 なぜ、味を噛み締めなかったのかと……


 最後にパスタ。

 ああ、そこらで食べられるパスタだ。

 ちょっと珍しい、細長いパスタがマルーラの主流だ。

 最初、俺も食べ難いと思ったんだけど、フォークでこう……くるくるっとな。

 そうだ。

 簡単そうだが、最初は注意だ。

 服に汁を飛び散らすぞ。

 パスタの味?

 味は色々あるが……ミートソースというのだったかな?

 細かくした肉とタマネギ、トマトをかけたやつ。

 俺はそれが好きだ。

 あとはオイルをたっぷりと塗したやつ。

 こっちはちょっと辛い。

 他に味噌味、醤油味……

 シャシャートの街は港だからな、海産物をつかったのも多い。

 貝や魚を使ったパスタもある。

 一番人気は……ちょっと拮抗しているかな。

 細長いパスタは、最近になって出た味だから。

 みんな、色々と試してみているんだ。

 もちろん、カレーにパスタを浸して食べてもみた。

 美味かった。


 いや、美味い美味いと下手な感想で申し訳ない。

 まあ、細かいのは自分で体験するか、詩人にでも聞いてくれ。

 ははは。

 ん?

 裏技?

 ああ、そういや俺との話の切っ掛けはそれだったな。

 マルーラの料理を簡単に食べる方法。

 本当にここだけの話だぜ。

 ビッグルーフ・シャシャートの通りを挟んだ向かいに、イフルス学園ってのがあるんだ。

 そこの生徒になれば、昼はマルーラの料理が食べられる。

 メニューは選べないけどな。

 格安というか、昼飯代が授業料に含まれているんだ。

 嘘じゃないさ。

 ビッグルーフ・シャシャートの一部に、そこの生徒用に設けられたスペースがある。

 疑うならそこにいるヤツに聞いてみな。





 とある家の貴族と執事。

「二ヶ月ほど前。
 そういった会話がなされたようです」

「それで、私の娘は?」

「イフルス学園に入学しておりました」

「入学?
 入学金はどうしたのだ?
 多少の金は持ち出されたが、入学金になるほどではないのだろう?」

「なんでも奨学制度というのがあり、働きながらだと入学金が一部免除の上、後払いで構わないそうです」

「つまり、私の娘は働いているのか?」

「マルーラという一番人気のお店でウェイトレスをしておりました。
 あの我侭わがままだったお嬢様が、立派になられて……ううっ。
 ちなみに、ズボンしか穿かないお嬢様がスカート姿でした」

「……ひょっとしてお前、見てきたのか?」

「はい。
 執事ですので」

「……」

「どうしました旦那様?」

「どうしましたじゃないだろう。
 ズルいじゃないか。
 娘のスカート姿……ごほん。
 勇姿をお前だけ見るなんて」

「私だけではありません。
 奥様とメイド数人が一緒に見ております」

「え?」

「シャシャートの街まで、馬車で十日。
 船を使えば四日ですから。
 交代で。
 あと、カレーは大変美味でした」

「わ、私も行くぞ!」

「残念ながら、王都で行われる会議の予定があります。
 そろそろ向かわねばならないかと」

「うぐっ」

「シャシャートの街のイフルス代官には、奥様が挨拶しております。
 ご安心を」

「い、いや、そういう問題ではなくだな」

「会議が終わった後、シャシャートの街に向かえるように手配しておきますので。
 あ、マルーラで学んだ、バーガーなる物を昼食にご用意いたします。
 パンの間に様々な具を挟んだもので、移動中でも食べやすいと評判です。
 ちなみに、私はお嬢様の手作りのバーガーをあちらで頂きました」

「き、貴様ぁっ!」

 殴り合う貴族と執事であった。



「大丈夫ですか?」

 メイド長が執事に濡れたタオルを渡す。

「ありがとう。
 大丈夫です」

「あまり旦那様をイジメないでください」

「旦那様とお嬢様の喧嘩が、家出の原因ですから……つい」

「気持ちはわかりますが」

「外ではやりません」

「当然です。
 それで、お嬢様に監視は?」

「二人、置いて来ました。
 万全です」

「一安心ですね」

「……貴女には、お嬢様は行き先を伝えていたのでしょう?」

「……さあ?
 なんのことでしょうか?」

「お嬢様から、貴女宛の手紙を預かっていますが?」

「貴方のそういった意地悪なところ、お嬢様は嫌ってますよ」

「それは困りました。
 改善せねば。
 さしあたって……明日の昼、貴女の為の馬車と船を手配しましょう。
 お嬢様の様子を見て来て下さい」

「素晴らしい改善です」



遅くなって申し訳ない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ