挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

quAd//少女傭兵の血まみれ珍道中。あるいは妹が兄のために新型魔剣を振り回す話

作者:青赤タイト
人間時代《アーディエイジ》14世紀。
世界を巻き込んだ“魔剣戦争”のまっただなか、
とある塔に二振りの新型の剣が運び込まれていた。

だが剣が運び込まれたその日、紅い少女剣士が基地を強襲する。
少女は次々と基地の剣士たちを殺害していき、新型と人質を奪って逃走。
これに対し軍は討伐部隊であるROUGE隊を結成し、少女を追撃する。

そんな中、少年ケイは、人質としてさらわれた妹を取り戻すべくROUGE隊への参加を決心していた。
彼の手には、奪われた黒の魔剣『ノワレクォード』に唯一対抗できる赤の魔剣『ルジエクォード』があった。

だが彼はこの時まだ知らなかった。
何故少女が剣を奪ったのか、新型兵器の持つ本当の「力」、基地で行われていた謎の計画、
そして――自分たちが何故生まれたのかを。

※コンセプトは「ファンタジー世界でリアル系ロボットアニメみたいな話をやる」です
※毎日更新予定
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ