挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

529/569

一周年記念番外編「二人の異世界旅行中編②・目指せハワイ」


 突然ハワイに行きたいと言い出したクロの願いをかなえるべく、現在俺とクロはハワイに向かう飛行機の中に居た。
 ちなみに、ファーストクラスである。庶民と言っていい俺はともかくとして、クロは異世界の王様みたいなものなんだから、やはりそれなりの施設を利用させてあげたいと思って取ってみた。
 いやしかし、それにしても……ファーストクラスってものすごく高い。エデンさんから大量のお金をもらっていなければ、まず乗ることはなかっただろう。

 シャンパンの入ったグラスを傾け、ちょっとだけ金持ち気分を味わいながら、隣に座るクロの方を見てみる。クロは真剣な表情で一冊の本……和英辞典と、いくつかの英会話の本を読んでいた。

「……よし、覚えた!」
「え? 早っ!? ついさっき読み始めたばっかりだよね?」
「うん、まぁ、発音とかは実際に話してみてだけど……一応この本に書いてあるのは全部覚えたよ」

 クロは英会話を習得した……10分ほどで……本当にチートスペックである。
 唖然としつつも、まぁ、クロだからと思ってしまうあたり俺も十分毒されていると思う。
 クロは出していた本をしまうと、当り前のようにベビーカステラを取り出して食べ始めた。

「うん! リッチな空間でベビーカステラを食べる。すごく贅沢な感じがするね!」
「……違う、なんか……違う」
「……キャビアとか入れて、リッチなベビーカステラに……」
「止めて、世界三大珍味への冒涜止めて……」

 まぁ、相変わらずのクロに苦笑しつつ、シャンパンを飲む。

「そういえば、結局なんでハワイに行きたいと思ったの?」
「う、う~ん……内緒! ついてからのお楽しみだよ!」
「……ふむ」

 どうやら、なぜハワイに行こうと思ったのかを教えてくれるつもりはないみたいだ。
 そうなってくると、クロの目的がなんなのか分からない……というわけではない。俺もクロとの付き合いは長いし、なんとなくではあるがクロの目的は予想できていた。

 チラリと手元にある……クロがハワイに行きたいと言い出した時に読んでいた雑誌に視線を落とす。俺の予想が正解なら、たぶんクロが見ていたのはこのページだろう。
 もし違っていたら、恥ずかしいこと極まりないが……正解なら、逆サプライズを仕掛けることもできそうだ。







 ホノルルに到着し、特に不測の事態もなく空港の外へ出る。時差ぼけがあるのか、ちょっと眠たさを感じつつ、強い日差しの道路を歩いて移動して、バスに乗って目的の場所まで向かう。
 ハワイには日本語を話せる店員なども多く、日本人にも利用しやすいようにはなっていが、まぁ、俺の場合は翻訳魔法が勝手に翻訳してくれるので、普通の日本語を喋ってればいいのですごく楽だ。

 夕食には少し早い時間帯だったので、先にホテルにチェックインすることにする。

 『ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ』という敷地内に7つのホテルやショッピングモール等のある、ビーチに併設したホテルにチェックインする。
 観光ならここに泊まるのがオススメとネットに書かれていたので参考にしてみたが、本当に施設内は広くいろいろな店があるみたいだった。

 そして、まだ夕食まで時間があるということでクロと一緒にワイキキビーチで泳ぐことにした。

「カイトくん! 泳ごう!」

 薄い水色のパレヲ付きの水着を着たクロが俺の手を引き、海へと向かって進んでいく。
 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジにはプライベートビーチが隣接しており、施設内のプールから向かうことができて非常に便利だ。

「ああ、でも海に入る前に準備体操を……」
「ていっ」
「ぶっ!? く、クロ!?」
「あはは、隙ありってやつだね!」

 準備体操をしようとした俺の顔に叩きつけられる海水……先制攻撃とはやってくれるじゃないか……いいだろう。クロがそのつもりなら、こちらだって……。

「喰らえ!」
「甘い!」
「あっ、ちょっデカっ……ぶはっ!?」

 反撃に俺もクロに向かって水をかけようとしたのだが、残念ながら戦闘力が違いすぎた。俺の放った水しぶきは、クロが放った巨大な水しぶきに飲み込まれ、そのまま俺に顔へと返ってきた。
 ぐぬぬ、正攻法では分が悪すぎる。クロなら俺の攻撃を見てから反応も余裕だろうし……こうなったら……。

「あれ!? え、エデンさん!? なんでここに!?」
「へ? 嘘っ!?」
「隙あり」
「きゃぅっ!?」

 俺の言葉に慌てて振り返ったクロに対し、水をかける。ふはは、勝てばいいんだ。どんな手を使っても……。

「カ~イ~ト~く~ん……やったな~!」
「ちょっ!? クロ、待て、落ち着け……それもう水しぶきじゃってレベルじゃ……」

 まぁ、もちろん、当然の如く……手痛い反撃を喰らうことになってしまったが……。
 こうしてふたりではしゃぎながら、ハワイでの初日は過ぎていった。

 クロのメインの目的であろう場所には、一応明日近くまで行く予定になっている。俺の予想では、そこでクロがアクションを起こしてくるはずだから……ふふふ、上手くサプライズ出来るといいなぁ……。



リア充のみに許されたイベント……爆ぜろ快人。

クロ編は次で終わりの予定。その後、各一話ずつの番外編を挟んで本編再開です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ