挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/197

34.追尾の弾と頑張りすぎる人

 新しい弾丸、黄金色の弾丸を銃に込める。
 離れたところに食材として持ってきて、まだゴミになってないニンジンを地面に置く。

 離れて、じっと待つ。
 隣でエミリーが固唾をのんで見守っている、下手すればおれ以上に緊張して、そして期待している顔。

 しばらくして、ニンジンがハグレモノ化して、眠りスライムになった。

 狙いを定めて、よく知っている眠りスライムの動きパターンを含めて予測して、撃つ。

 銃弾が飛んでいく。
 飛んで来たスライムは放物線の軌道を描いてる、そのまま降りてきて、ちょうど弾丸と交錯する形であたるはずだ。

 ともったら弾丸が途中でまがった!
 眠りスライムの軌道にあわせて上に曲がって、放物線にあわせて弾丸も放物線の軌道で下降した。

 そして、命中。
 予想したポイントで眠りスライムを撃ち抜いたが、途中経過は予想外だった。

「ヨーダさん、今のって……曲がりました……です?」
「ああ、曲がった。というか追いかけたな、弾丸の方が」
「やっぱりそうだったですね」
「……追尾弾、ってところか」

 今の光景をもう一度思い浮かべた。
 眠りスライムの軌道にあわせて動いた弾丸の軌道を。

「試したいな。ゴミはまだあるかな」
「作るです!」

 エミリーはバタバタ荷物のところに走って行って、慣れた手つきで湯を沸かしてお茶をいれた。

 その茶葉――ゴミになったそれを今度は離れたところにおいて、おれにはお茶だけ持ってきた。

「ありがとう、エミリーも飲みなよ」
「準備したら飲むです」

 エミリーはそう言って、先回りで次の準備をした。
 ゴミの真逆の方向にニンジンをおいてから、おれのところに戻ってきた。

 二人で一緒にお茶を飲んで、待つ。
 ゴミのハグレモノ、フランケンシュタインが出て、融合火炎弾で瞬殺。
 ドロップした黄金の弾丸を拾ってると、エミリーが設置した時間差通りに眠りスライムがでた。

「ありがとう」
「えへへ……」

 嬉しそうなエミリー、そんな彼女に感謝の念をさらに送ってから、黄金の弾丸を込めてあさっての方向(、、、、、、、)に向かって撃った。

 弾は撃ち出された瞬間急カーブした。
 通常じゃあり得ない様な曲がり方をして、眠りスライムをピンポイントで撃ち抜いた。

「すごい……すごいですヨーダさん」
「うん、やっぱり追尾弾ってところだなこれは」

 ゴミから再生した銃弾はかなり便利な代物だった。

     ☆

 徹夜して、色々試して見た結果、追尾弾の性能が大体分かった。

 まず、おれが当てようとして相手には絶対に当たる。
 バッドスライム、コクロスライム、ヘビスライムと。
 ものすごく動き回るスライム達を出して見た結果、相手がどう動こうが追尾弾はそれを捕らえてくれる。
 命中率は100%だ。

 威力はちなみに通常弾と同レベルだった。
 つまり必ず当たる通常弾と言うこと。

 100%当たるというのはすごく効果的な事で。
 数を揃えていこうと、おれは思ったのだった。

     ☆

 次の日、テストのしすぎて若干寝不足だったが、朝から出発した。
 昼頃になると、遠くにそれが見えてきた。

 大量のテントがダンジョンの入り口に集まっている。

「あれが目的地なのです?」
「そうみたいだ。ちなみにダンジョンの名前はセレン」
「女の人っぽい名前です。どういうモンスターがいるですか?」
「聞いた話によると――」

 ダンジョン長から前もって聞かされた情報を思い出そうとすると、おれは、ダンジョンとテントから離れた場所に違う集まりを見つけた。

 遠目からでも分かる、ゴミの山。
 ……宝に見えるものが、そこに文字通り山積みになっていた。

     ☆

 ゴミの山に近づいていくと、黒髪で長身の美女がいるのが見えた。
 すらっとした、モデル体型の美女だ。

 彼女は一つ深呼吸してから、足元に魔法陣を広げて魔法を使った。
 かざした手から炎の玉を打ち出して、ゴミ山の一角に当てた。

 ゴミはゆっくりと燃えていった。
 炎の勢いの割りには燃えるペースが遅い。
 昨日おれも体感したけど、この世界のゴミはもやしつらい特性を持ってる。

 それはいいんだけど。

「あの人は何をしてるんだ?」
「多分ですけど、ゴミを処理する人だと思うです」
「ゴミを処理?」
「街とおなじダンジョンのまわりにいっぱい人がいるです、人が生活するとゴミがでるです、それを処理する人がいるのです」
「ああ、なるほど」

 考えてみればその通りだな。

 ちらっとセレンダンジョンの方をみた。
 そこにたくさんのテントと、冒険者がいる。

 ダンジョン長から聞いた話だ、今はシクロでもヘテロでもないダンジョンだから、セレンのドロップは税金がかけられることはない。
 だから一部の冒険者がここまで来て稼いでるらしい。

 そういう冒険者がいれば、たくさんでるゴミを処理する人間も当然いる。
 うん、あたり前のサイクルだ。

「あっ」
「どうした」
「ダンジョンの方からゴミが運ばれてきたです」
「本当だ――って、今さっき彼女が燃やした分量よりも多くないか?」
「多いです」

 エミリーとしばらくそこで見ていた。
 ゴミを処理しているのは黒髪のモデル美女一人だけだ。
 魔法使いらしき彼女は炎の魔法でゴミを燃やしているが、あきらかにゴミの出るペースに追いついていない。
 だからこのゴミの山か。

「あっ! ふらふらしてるです」
「本当だ」

 エミリー走り出した、おれも遅れて後を追いかけた。

「大丈夫です?」
「あなたたちは……?」
「えっと、ダンジョン調査にきたです」
「そう。この編で寝泊まりするのなら、ゴミは全部ここに持ってきてね。分類はいらない、炎でもやしてるから」
「それはいいですけど……ちょっと休んだ方がいいですよ」
「ありがとう、でもそうもいってられない。ゴミは早く処分しないと皆の営みに影響を出してしまう」
「でも……」
「大丈夫だ」

 女の人はそういって更に魔法を使おうとした、が。
 魔法陣は足元に一瞬広がっただけで消えた、同時に彼女はふらついた。

「大丈夫です!?」

 慌てて抱き留めるエミリー。

「だ、大丈夫だ」

 彼女は強がったが、おれは見逃さなかった。
 綺麗な顔は目の下にクマが出来てて、顔色も青ざめている。
 よく見れば不健康的な痩せ方をしている。

 会社時代によく見た、月100時間を超える残業をしてた人達の顔だ。

 そんな彼女は立ち上がろうとした、ゴミ処理をしようとした。
 責任感の強さが顔に出ている、が。

 おれは無言で弾を装填して、撃った。
 回復弾の融合弾、睡眠弾で彼女を眠らせた。

「エミリー、彼女の介護を頼む」
「わかったです、ここから離れるのです」

 エミリーは一瞬で理解して、彼女を担いでこの場を離れた。

 おれも、ゴミの山から距離をとった。
 真上にカラスが飛んでいてもおかしくない、どこからどう見てもゴミの山だが、今のおれには宝の山に見えた。

 距離をとって、銃弾を装填して、待つ。
 しばらくすると、ゴミが次々とハグレモノのフランケンシュタインになって。

 おれは、片っ端からそれを倒して行き。
 大量の追尾弾を手に入れたのだった。

     ☆

「う……ん」

 テントの中、目覚める美女。
 目をあけてしばらくぼうっとしていたが、ハッとして目の焦点があって飛び上がった。

「無理はしないで、もう少し休んでた方がいい」

 彼女はこたえずにテントから飛び出した。
 あとを追って外にでるおれとエミリー。
 すると、彼女が呆然と立ちつくしているのがみえた。

 視線の先はゴミがあった場所、しかし今は何も無い場所。

「……どういうこと?」
「代わりに処理しといた」
「あ、あなたが?」
「ああ」

 頷くと、彼女はおれをじっと見つめた。
 呆けた顔でじっと見つめた――と思いきや。

 へなへなと、その場にへたり込んだ。

「よかった……」
「え?」
「稼ぎにくる冒険者が日に日に増えて、わたしの処理能力を上回ってたからどうしようかと思ってたんだ……」
「そうだったのか」

 大変だったんだな。

「ありがとう、本当にありがとう」

 彼女はへたり込んだままおれを見あげて、何度も何度もお礼を言ってきた。
 とおもったら、急に電池が切れたかのようにまた倒れた。

 とっさに抱き留める、長身なのに体の軽さに驚く。
 よっぽど頑張ってたんだろうな、と思った。

「エミリー」
「はいです! 元気がつくものを作るです!」

 エミリーは笑顔で頷いて、バタバタ動きだした。
 とりあえず、彼女をもう少し休ませてやろう。

 おれ達はそう思ったのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ