挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

105/197

105.増える税金と減る税金

 ニホニウムダンジョン、地下五階。
 ダンジョンスノーが降りしきる中、通常の三倍早いレッドスケルトンを狩っていた。

 スピードがものすごく速くて、銃弾の命中率があきらかに悪い。
 他のモンスターはほぼほぼ100%あるのに、こいつ相手だと90%近くまで下がる――十発撃って一発外れる事がある。

「くっ!」

 速いレッドスケルトンは外して倒しそびれると更に加速して手がつけられなくなる。
 初弾の命中率が90%位だが、二発目以降は体感で70%近くまで下がる。

 それでもまだまだ高い、それに無限雷弾だから大して問題じゃない。

「いかんいかん、それじゃ慢心だな」

 乱射していればそのうち当たって倒せる――と思ったのを慌てて考え方を改めた。
 HPや体力がSになってほとんどの攻撃が効かなくなった時と同じ、Sとか無限とか、新しくて強力な力を手に入れるとついつい惰性で動くようになって、慢心してしまう。

 それはよくない、ふんどしを締め直した。
 心の中でカウントした、とりあえず体感の90%、10撃って9当たるからはじめた。

 ニホニウム特有の壁から奇襲を受けるが、落ち着いてよけて一発で撃ち抜く。
 これで11分の10、90.9%だ。

 種を拾ってMPを1あげて、更に歩く。
 今度は天井からの奇襲、これも落ち着いて狙って、一撃で撃ち抜く。
 12分の11、91.6%になった。

 種を拾ってMPを1あげてたらそこを新しいレッドスケルトンに狙われて、慌てて反撃したがかわされた!
 銃弾は12分の10、命中率は一気に83.3%まで下がってしまった。

「ふぅ……」

 一気に下がったが、ここで慌てたら更に下がる。
 深呼吸して、落ち着いて、更に集中する。

 出てきたのを倒す、ギリギリまで狙いをつけて撃ち倒す。
 命中率を常に計算、それをあげる事を心がけた。

 不思議な事に、数字にだすと集中力があがった。それだけではなくやる気も出た。
 集中と、やる気。

 高いステータスにその二つが乗っかったおれはニホニウム地下五階で無双した。
 昼になった頃には、MPがCからBに上がって、命中率も98%を越えたのだった。

     ☆

 ニホニウムを出て、一旦家に戻ってきた。

「お疲れ様です」
「お帰りなさいなのです」

 一階のガレージにエルザとエミリーがいた。
 二人はテーブルを挟んで座って、紅茶を飲んでいた。
 テーブルの上にはサンドイッチや一口サイズのスイーツがのっかってる、昼だが、まるでティータイムな空気だ。

「リョータさんもお一つどうですか?」
「お茶を淹れてくるです」

 エミリーはそう言って、バタバタと二階に駆け上っていった。
 残ったおれはエルザの横に立って、腰を屈んでサンドイッチを一つつまむ。
 イチゴジャムをぬったヤツで、ほどよく甘くて、過集中で消耗した体にいい感じでエネルギーを補給してくれた。

「ど、どうですか?」
「うん、なにが?」
「その……サンドイッチの味は」
「すごく美味しいよ、今日は午前中だけでだいぶつかれたからちょうどよかった」
「……やた」

 エルザは何故か胸もとでガッツポーズをした。

「なんでガッツポーズしてるんだ?」
「え? いえそれは――」
「そのサンドイッチはエルザさんの手作りなのです」

 おれの分の紅茶を持って二階から降りてくるエミリーがいった。

「エミリーがつくったんじゃないんだこれ」
「はいです、わたしとエルザさんが一緒に作ったのです。ヨーダさんが今食べてるのは100%エルザさんが作ったものなのです」
「へえ」

 同じジャムをぬったサンドイッチをもう一つとって頬張る。

「うん、やっぱりうまい。エミリーが作った物だって普通に納得したけど、エルザもすごく料理がうまいんだな」
「あ、ありがとう」

 頬を染めてうつむくエルザ。

「あの……また作ってもいい……ですか」
「つくってくれるのか? それは嬉しいな」
「つくります! いっぱい、美味しいものを作ってきます」

 意気込むエルザ、今度何を作ってくるのか楽しみだ。

 エミリーが入れてくれた紅茶を飲んで、更にサンドイッチをつまんでエネルギーを補給する。

「そうだ、念の為記帳をしてくれないか」

 といって、通帳をエルザに差し出す。

「記帳ですか?」
「ああ、午後の狩りは数字を把握した上でやってみたいんだ」

 午前中は命中率を計算しながら狩りをした。
 一体倒すごとに上がる命中率はその度に小さな達成感があって気持ちがよかった。
 気持ちよさは集中力に反映されて、それを更にあげようと頑張って、結果あれから1発も外さないで命中率を98%まであげた。

 それと同じ事を午後でもやってみたかった。
 数字を把握して、小刻みな達成感でどうなるのかを試したかった。
 昨日までのはドカンとくる大きい達成感だ、終わった後に記帳して、一気に増えた数字をみて気持ちがよかった。よかったが、途中でちょっとだれたのも事実だ。

 小さい達成感を積み重ねれば途中ずっと集中力を維持して、結果的にもっと稼げるんじゃないか、って考えた。

「わかりました、ちょっと待ってくださいね」

 エルザはおれの通帳を受け取って記帳した。

「お待たせしました。残高増えてますね」
「増えた? 減ったんじゃなくて」
「増えてます、五十万くらい」
「へ?」

 一瞬「なんで?」っておもった。

 昨日の夜から稼いでいないんだ。あえて記帳したのは、思いつく限りのあっちこっちに届けをだしたから、今朝なにかが引き落とされた可能性があるからだった。
 減る事はあっても増える事はない、そのはずなんだが……。

「本当だ50万近く増えてる、名目は……インドール?」
「街の名前なのです」
「……ああ、税金」

 ハッとした。
 たしかインドールは税金の一部をおれにくれるって話になったんだっけ。
 それが早速入って来たってことか。

「税金ですか?」

 首をかしげるエルザ。
 おれは彼女にインドールの一件と結末までを説明した。

「なるほど、それで税金なんですか。でもすごいですね、これ、不労所得じゃないですか」
「言われてみるとそうだな」

 不労所得か、いい響きだな。
 インドールのダンジョンを攻略して、更にダンジョンドロップを倍にしたのはおれだから、正当な報酬なんだが、それでも不労所得なのは間違いない。

 この先黙っててもインドールから金が入り続ける。
 宝くじあてて利子生活とか、マンションを建てて家賃収入とか、株をいっぱいかって優待券生活とか。
 そんなのと似てて、ちょっと嬉しい。

「ほええ……こんな風にお金が入ってくるですか。さすがヨーダさん、税金暮らしで左うちわなのです」
「ダンジョンには行くけどな、これが入り続けてても」
「もっとすごいです!」
「――あっ」

 急にエルザがなにかを思い出したかのように手を叩く。

「どうしたんだ」
「また入金がありました……わわ、これはすごい」
「一体どうしたんだ?」
「還付です。リョータさん今年の買い取り金額が3000万を超えたので、税金がちょっとだけ下がります。昨日から適用されるので、差分が戻ってきたんです」
「さがる? 上がるんじゃないのか?」

 入金があるって事でエルザに通帳をわたし、彼女はさっと慣れた手つきで記帳してくれた。
 入金自体は二万ピロと、大した額じゃなかった。

「はい、下がります。リョータさんが前にいた街はあがるんですか?」
「街って言うか……まあな」

 累進税率で、ある程度稼いだら逆に税金上がって損するって事がよくある。
 学生時代がまさにそうだった。
 バイトで年間100万まで税金かからないけど、100万円越えたら逆に税金持ってかれて損をする。
 だから適当に調整して稼がないようにしてたっけ。

「シクロは買い取りが上がっていくと税金が下がるんです。そうした方が冒険者たち張り切ってダンジョン潜りますから」
「なるほど」

 そっちの方が人情的に分かる話だ。副次的な効果がどうなるのかは知らないけど。

 通帳に記入された2万ピロ、額としてはかなり小さい物だが。
 今までコツコツ積み上げてきた結果の二万バックは、おれに大きい達成感を与えてくれたのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ