挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/198

104.使っても増える

 朝、日課のニホニウムに向かおうとしたら、家を出た瞬間急に地面から穴があいて、そこからイヴが出てきた。

「どわっ! び、びっくりした……何してるんだイヴ」
「普通のうさぎは穴を掘る、これ常識」
「そんな常識知らん」
「ずるいうさぎは穴をみっつ掘る、これ豆知識」
「そんな雑学使う機会一緒来ない」

 ツッコミ倒していると、イヴは完全に穴から這い出て、その穴を綺麗に埋めた。
 世にも珍しいうさぎは自前のウサミミと尻尾にバニースーツを愛着している。

 可愛いし色っぽいが、そんな外見とは裏腹にかなりのパワーファイターで実力派の冒険者だ。
 不思議ちゃんな要素も相まって、今みたいに急に現われると何を考えているのか今ひとつ分からなくなってしまう。

 分からないから直接聞くことにした。

「どうしたんだこんなところに」
「低レベル、ポーション」
「うん?」
「ポーションなくなった」
「……ああ」

 ポン、と手を叩く。
 ポーションというのは、おれだけがドロップさせられる特殊アイテムの事だ。
 効果はアイテムドロップ率を一時的に上昇させる優れものだ。

 それを大量に生産して、仲間たちに使わせていたのだが。

「全部使い切ったのか」
「うん」
「わかったちょっと待って」

 家の中にUターンして、自分の部屋に入ってアイテムを探す。
 ポーションは何種類かあって、シクロで威力を発揮する植物ドロップアップのを探した。
 ポーションは大量にある、が。

「ありゃ……もうない」
「ないの?」

 部屋までついてきたイヴがいった。
 トーンはいつもとそんなに変わらないが、心なしかちょっと落ち込んでいるように聞こえる。

「インドールにいってる間作ってなかったからな。ちょっとまって、今作るから」
「うん」

 おれは通帳を持って部屋を出た。
 ドロップアップのポーション、それは「お金」からドロップされる物だ。
 だから通帳を持って、金を下ろしてそれをハグレモノにして、ポーションにかえてイヴに渡した。
 ポーションにする事自体失敗はしないし、今までも結構やってきたものだが。

「99万……」

 昨日120万に届いた口座残高が、思いがけない支出で桁が減ってしまった事にちょっとダメージを受けたおれだった。

     ☆

 イヴとわかれて、午前中はニホニウムで止まっていたMPをDからCにあげて、午後はテルルにやってきた。
 預金の桁が減ってしまったのならまた稼げばいい。
 そう思って頑張って稼ごうとした。

 ちなみにあの後更にポーションを増産した。
 仲間たちの稼ぎをあげる役割もあるポーションだが、イヴにとって「美味しいニンジン」をドロップさせる為の必需品だ。

 彼女がニンジンをガジガジしている至福の表情をおれは知ってる、だから金はかかろうが残高の桁が減ろうがそれを絶やす訳にはいかない。

 その分、稼げばいい。

 テルルのダンジョン、地下一階。
 日殖がおわって通常運転のダンジョンで、張り切って無双した。
 スライムを出会ったそばから撃ち倒してもやしをガンガンドロップさせる。

 半周しただけで魔法カートが満杯になった、スイッチを押してドロップ品を家に送った。

 効率が高い理由は二つある。
 一つはもちろん日殖が終わってモンスターの数が戻った事だが、もう一つは冒険者の数が少ないからだ。

 魔力嵐とかダンジョンマスターの時と一緒だ。
 この世界、それかこの街だけなのか。
 こういうダンジョンに入っても美味しくない時、冒険者は憂さ晴らしとばかりに街でがんがん金を使う。
 そして冒険者という人種だからか、多くの人間は酒場で飲んだり食ったりする。

 するとどうなるかというと、魔力嵐がさって、ダンジョンマスターが討伐されて、日殖が終わって。
 ダンジョンの稼ぎが元に戻ったのに、冒険者の多くは二日酔いか食い過ぎでダウンしてその日は前の日とそんなに変わらないくらい、ダンジョンがガラガラなのだ。

 中には二日酔いだから迎え酒だ! って負のスパイラルにずるずる引き込まれるだめっこ冒険者もいるけど、それはともかく。

 初めての日殖翌日だが、魔力嵐の時とかと同じように冒険者が少なくて、張り切ったおれはダンジョンの中で暴れ回る事ができた。

 地下一階を更に半周するとまたまた魔法カートが一杯になって、転送機能で家に送った。

 これで四万ピロが二回、合計八万だ。

 地下二階に入る、ポーションをもらったイヴがドロップしたニンジンをガジガジしていた。

「おう、やってるな」
「低レベル……ニンジンあげないよ?」
「とらないから」

 むしろ――とは言わずにちょうど湧いた眠りスライムを無限雷弾で瞬殺。
 ドロップしたSランクのリョータニンジンをイヴに差し出した。

「これも食うか?」
「低レベル大好き、愛してる、どうにでもして」
「現金だな」

 クスッと笑って、ニンジンをイヴに渡した後、やっぱり人の少ない地下二階を一回りした。
 イヴが乱獲した後だからか、3分の2周くらいで魔法カートが満杯になる。
 それも送って、合計12万。

 二階はやり過ぎるとイブの取り分が減るから、三階に降りた。
 Gの様なコクロスライムを倒して、カボチャにして、一個ずつ送る。

 こうしておれは休まずに狩り続けた。
 せっかくだからまた口座残高を7桁の大台に乗っけようと、全力でダンジョンを周回し続けたのだった。

     ☆

「ありがとうございました、では今月から引き落としにさせて頂きますね」
「……ああ、よろしく頼む」

 夕方、テルルダンジョンを出てシクロの街に戻ってきた――ところで不動産屋のアントニオにつかまった。
 おれがインドールに行ってる間に家賃が滞納していたのを、取り立てに来たのだ。

 通帳を持っていたのをみられて、引き落としにしませんかといわれてじゃあするっていった。
 引き落としが便利なのは分かってるから、ついつい応じてしまったのだ。

「それにしても取りに来ればよかったのに。エミリーとセレストがいるんだから」
「いえいえ、ダンジョン協会の依頼で出ている事は知ってましたし、それにサトウさんを信用してますから」
「ありがとう」
「では、またなにかありましたら」
「ああ」

 頷くおれ、頭をさげるアントニオを見送った。
 ちょっと出鼻をくじかれた。
 ダンジョンを出て、家に戻って出向してるエルザに今日の稼ぎを記帳してもらうはずだったのだが、アントニオにつかまって多き出費を強いられた。

 まあ、仕方ない。借りてるんだからしっかり払わないとな。

 おれは魔法カートを押して家路につく。
 家に戻ってくると、一階にまだエルザだけがいた。
 エミリーもセレストも戻ってきてなくて、イヴとアリスもいない。
 エルザだけだ。

「お帰りなさいリョータさん」
「ただいま。これお願い」

 エルザに通帳を渡す、彼女は受け取って開き、おれの今日の稼ぎを記帳する。

「あれ? なんかすごく引かれてますけど」
「結構使ったんだ今日は、ダンジョンにいくための消耗品とか、家賃とかな」
「なるほど、でもすごいですね」
「え?」
「こんなに使ったのに……ほら」

 ニコニコするエルザから通帳をもらい、それを見る。

 2,006,100

 軽くめを疑った。
 残高は約二百万ピロ、あんなに使ったのに減ってるところか、逆に100万から200万に増えていた。

 残高が減るかもしれないでちょっとテンションが下がっていたが、逆に上がった事でテンションはV字回復して、より嬉しくなったのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ