挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ) 作者:かすがまる

第2部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/57

40 ドラデモ的懺悔と宣言と属性と眷属について

 人は弱い。けれど、人間は強い。
 ワタシたちは、そうやって、この世界へ挑戦する。


◆◆◆


 もう飲みません、勝つまでは。そして懺悔のミニゲーム一万回! ポチポチ! 

 はい、というわけで、いもでんぷんです!

 改めてアナウンスしときますけど、これ録画なんですよねー。いやあ、マゾでんぷんとか片栗粉とかコメント流れるたびに「そうだよ?」って煽り返してた日々が懐かしいですわ。ほら、いもでんぷん、生でないと埋没する実況者ですし。

 まあ、ぐだぐだ言うなら「生でやりゃいいじゃん」って話なんですけどね?

 でも、これがまた「やりたいけどやれないんじゃい」ってな話でもありまして。

 一身上の都合というには奇々怪々で、ぶっちゃけ、守秘義務さえないなら警察か病院かに駆け込みたいくらいだったりもするのですけど……ね。

 喧嘩、売られちゃいましたからね。

 スルー能力に長けるこのいもでんぷんが、もう、割と少々怒髪冠を衝いてます。詳しくは言えませんが、誰とも知らんクソ外人に激でオコ。

 やったらあよ……ドラデモでハッピーエンドやったらあよ……!

 そんで五千兆回後悔させてやんよ! ルーマニアン!

 なあに、やることはいつも通りですよ。ちょっと断酒に余念がないだけですよ。ドラデモを思いっきり楽しむ。これ。真剣に遊ぶ。これ。これ最強。大人だけど。

 それに、生でなくとも実況なんや。投稿するって決めたからには実況中なんや。

 あ、投稿の際のタイトルも決めました。まあ、皆さんからしたら何を今更な話でしょうけど。我、決意と共にここに宣言す……SEでドラムロール入れて……。

 実録! ドラデモ的人間の勝利と栄光の道のり!

 ……どうです。そこはかとなくかもし出されるドヤ顔感が素晴らしいでしょうよ。有言実行して思い知らせちゃるぜ……!

 さて、血気盛んなのはここまでにしてっと。

 そろそろツッコミますか。

 開拓地の現状はご覧の有り様ですよ。クロイちゃんのパーフェクトな訓練運動に一万将兵がシンクロしております。何だろこれ。オリンピックの開会式とかかな?

 特にイケメン騎士。お前どんだけー。動きにメッチャ既視感あるんですよね……このキレッキレで燃え盛る感じ……アチチアチでエキゾティクジャパーンじゃん。GOさんじゃん。有力部下二人の方はキンキっぽいですな。ライブかよん。

 まあ、でも、いい傾向です。クロイちゃんってば「巡察」と「訓練」しか内政に貢献できないですからね。ステータス的に考えて。いわゆる脳筋武芸者枠なんで。

 とにかくも富国強兵しないと……富国のとこはNPC任せだけども。

 ん、ポチポチ完了っと。ほいじゃお疲れさーん。クロイちゃんは次の訓練地へとクールに去るぜ。牧場から厩舎覗いて居住区経由して行政区へー。

 いやー、しかしまー、随分と賑わってきましたね。魔物大襲撃が遠い昔のよう。

 人といい物といいガンガン入ってきて、建設ラッシュだわ出店ラッシュだわで、そりゃ駐屯軍もダンスィン・ザ・サンしますわ。おっと脳内でGOの熱唱が。

 ほら、あの看板、冒険者組合ですよ。もう出張所できるとか早すぎ。で、その隣が魔術師組合の出張所という、ありそうでなかった良配置。とっても便利。他にも建設中のやつが色々で、もうここ開拓都市って規模になりつつありますなあ。

 そして、道行く人々が皆して挨拶してくるとかグッドマナー。目礼が基本ですけど、中には膝ついて祈り出すのもおるでよ。そこを凛として歩み去る使徒ムーブ。

 実際のところ、鬼神パワー、いい感じに高まってきてます。

 ボーナス効果も増し増しでウハウハです。具体的には、人間が病気に強くなりました。生命抵抗値にボーナス入ったんで。寿命も延びたんじゃないかな。最大体力にもボーナス入ったんで。あと、馬が眷属になりました。やったぜ。

 戦力的に最重要な、クロイちゃんの《サモン》系は……まだ遠いですねえ。

 けど、従僕を一人増やすくらいならやれますね。何気に人材サーチ中だったり。いっそのこと使徒を増やせればとも思いますが……どうにも無理っぽく。

 思うに、使徒って種族ごとの「属性」が鍵なのかもしれません。

 こんなん考えたこともなかったことですけど、そうだとすると色々と辻褄が合うんですよ。まあ、人間不遇の事実が確定するだけですけど。

 エルフの属性は風と水。その二つ。

 んで、『万鐘』のサチケルちゃんは風使い。『水底』とかいう優男は文字通りの水使い。そして筆頭使徒『絶界』は両方使いの強者です。怖え爺さんですマジで。

 ヴァンパイアの属性は雷と土。その二つ。

 で、『艶雷』のお色気ねーちゃんは雷使い。『崩山』とかいう強面男は土使い。そして筆頭使徒『黄金』は両方使いの強者だった……と。

 血液型みたいじゃありません? A型とB型とAB型、みたいな?

 そう考えると、人間は火属性ひとつきりですからねえ……制作チームェ……。

 ま、無い物ねだりしても始まりませんね。ある物で勝負して勝ちゃいいんです。足りない分は、創意と工夫と熱意と時間と手間暇と……補いまくればいいんです。

 と、いうわけで。

 火役詰所へやってきましたっ、てっ、オイ魔術師何逃げようとしてんだョーイ。逃がさねえってのホラ後ろとったった。あ、シラちゃんコイツつかまえといてね。火使いのみんなー、集まれー。油壺用意してー。

 はい、今日の訓練メニューも「愛ダンス」ですよ。これ絶対にゲームプランナーか誰かの趣味だろい。いっそ制作チームで「踊ってみた」やりゃいいのに。

 リズムに乗ってポチポチ、ポチポチ。もっとインド風に! ウインクもして!

 ふー、パーフェクトゥ……夕方にまた来るからねー。

 お? シラちゃんも一緒に来るかい? よっしゃ、それじゃ二人で巡察だ。北門へ向かうよ。エルフがちゃんとお行儀よくしているかチェックしとかないと。彼ら彼女ら、基本的には敵だからね。共闘関係とはいえさ。

 おーおー、ここいらはすっかりワイルドにアレンジされてますな。ガーデニングってレベルじゃねえです。池できてるし。屋根という屋根はリビング扱いだし。

 しかし、何かおかしいですねえ。変な雰囲気です。そわそわしてるというか。

 エルフも銀豹も少なくて、風鷹が北の空を旋回している……うわ、これ、もしかしなくても臨戦態勢なのでは? あ、それっぽい。斥候で飛んでいくエルフがいますもの。日も高いし、ヴァンパイアが攻めてくるわけないのに……んん?

 あれは魔物かな? 山林の方角からゾロゾロと……というよりはピョコピョコと跳んで来る群れ……ウサギ。黒くて、刀のような角をもった魔物のウサギ。

 ソードラビットじゃん。それが何百どころか何千って数で。

 あ、もしかして。

 クロイちゃん、軍馬を《コール》だ。シラちゃんなら一緒に乗れる。よし急げ。エルフが手を出すよりも先に接触すれば、それでわかるはず!

 ああ、ほら、やっぱりだ!

 ソードラビットは一羽も攻撃してこない。それどころか首をもたげて、角刀を地へ伏せて……こっちを敬ってる。かしこまって、従おうとしてる。

 眷属申請だ。鬼神の下位眷属になろうとしてるんだ。馬の時と同じように。

 受け入れるや否やとか、迷う余地もないですね。

 よし、ステータスに眷属としての印がつきました。鬼神の加護がついたってことです。それ込みで見ると、結構強いぞ、ソードラビット。筋力は低いけど敏捷性と技量がいいですね。黒狼や銀豹とはまた違ったタイプの前衛になりそう。

 ほれ、一羽おいでな。そこのパンダ柄のお前だよ。特別な任務を設定するぞい。ポチっとな。よし。お前は今この瞬間からシラちゃんの専属護衛だ。

 名前もつけとくかな。えーと……色と役割から考えて……しろくろすけ。

 白黒だし、シラちゃんの助太刀させますし。

 うん。いいね。いい感じですね。これも鬼神への総信仰値が増大した成果です。

 だからねえ……いい加減にして、戦いの構えを解きなさいよ。エルフの君たち。まあ、正しい反応かもだけどね。エルフ的にはやばいのが眷属になったものねえ。黒狼以上に素早いこいつらは、まず間違いなく君たちの天敵だ。

 とはいえ、ここで不安と緊張を演出してくるあたり、すごくリアルでドキドキしますね。ドラデモのゲームAIは本当に優秀ですわ。チェスとか超プロ級だし。

 ほらほら、どいたどいた。このウサギたちを牧場へ連れてくんだから。

 だいたい、そっちにも銀豹がいるじゃん。風鷹もトカゲもカエルもいるじゃん。

 自分たちが持っている力を、相手も持って当然と考える……それが平等ってものなんじゃないかなあ。せめて予想はしとこうよ。AIに言っても仕方ないけどさ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ