挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ) 作者:かすがまる

第2部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/57

41 兵長は参戦する、戦友の宴に/万鐘は演奏する、己のベストを

 ワタシたちは、ワタシたちきりじゃない。
 隣にも後ろにも仲間がいて、共に、前を見ている。


◆◆◆


 戦争屋として生きる。十五の冬にそう決めてから、四十年ばかり、不動心のような無感動でもって生きてきた。

 眉間の皮膚は久しくしわ寄ったきり。もう固着したとさえ思っていたから。

「へ、兵長。ザッカウ兵長。見て下さいよ。もっふもふですよコイツ」
「ひと抱えにしてみると、割と軽いんですねえ。それにしても後ろ足が太いなあ」
「長い耳と、ピスピスって動く鼻が、何とも可愛らしく……兵長! ほら!」

 困る。こういう時には、どういう顔をしたらいい。ついこの間まで復讐に血眼ちまなこだった男たちが、表情もだらしなくウサギとたわむれているなど……そもそも喜んでいいのか叱るべきなのかすらわからん。

「おう。角に気をつけろよ」

 我ながらつまらないことを言うものだ。しかし、言いたくもなる。

 ソードラビット。牧のひとつを専有し、そこかしこで草を食んでいる。神の眷属として人間と共に戦うという話だが。

 魔物だ、こいつらは。つい昨日までは人に害を為していた。

 先に黄土新地へ襲来した中には一羽とて見られなかったが、この開拓地を襲った中には何羽もいたはずだ。新聞で発表された戦果を確かめるまでもない。鋭い角によって死傷者が出た話など、誰も聞き慣れている。

「頬を押さえて、どうしましたか?」
「司祭殿」
「そのままで結構ですよ。拙僧も様子を見に来ただけですので」

 柵の内側と外側、大の男二人で寄りかかったところで柵はきしみもしない。頑丈なものだ。南から来た建築屋たちは腕がいい。仕事も早い。人も物も優秀なものは南から来る。

 この男も、間違いなく南からやって来た。それも権力に近いところからだ。

 開拓司祭フェリポ。ここの行政を取り仕切る内政屋。その高い識見は開拓軍尉アギアスが最もたのみとするものだろう。何につけよくしゃべる男だが、使う言葉の調子に貴族のそれが濃く漂う。

 もしかすると、相当な家格の人間なのかもしれない。この男が先の戦場で見せた胆力と覇気……あれは特等だった。ただの学び屋や拝み屋とは思えない。

「いやあ、眷属というのは、なんとも不思議なものですねえ……このことあるを踏まえて準備も始めていましたが……」
「凄みがあるな。魔物が仲間になることを想定していたなんて話は」
「はい。聖典にいわく……かしこくも神在らせられたまいて、使徒なん任ぜらるる。いかで魔獣の従はぬやあらむ」
「神、使徒、そして眷属……まるで伝説のようじゃないか」
「今まではただの伝聞の言説でした。信じずとも信じさせることが聖職でしたし、ま、信じた者の気休めくらいにはなっていたでしょう。ただし、これからは全てが真実です。まさに我々は伝説のような今を生きているのですよ」

 嬉しそうに語るものだ。神院の人間というやつは、どいつもこいつも人のいい嘘吐きばかりだと思っていたが、この男は真逆だな。人の悪い正直者だ。

「伝説……それは理屈で説明ができないほどに感動的です」

 いい笑顔だ。見てきて気持ちよくなるほどだ。

「まさか、こんなにも一羽一羽の区別がつくとは……!」

 ああ、それは確かになあ。

 俺にも見える。わかる。あの灰色の一羽は目つきが鋭く超然としていて、その茶色の一羽は童顔で小太り。隣の一羽は雌か。実に凛々しい一羽だな。そんなことが見て取れる。本来ならば見分けなどつくはずもないのに。

 神の加護の賜物と言ってしまえば、それでおしまいだ。

 だが、これは……もう少し違うもののように思える。胸が熱くなる、その訳は。

「仲間……だからか」
「ええ。まさにその通りなのでしょうね。ウィロウ卿も馬に対して同様の発言をしていましたよ」
「そうか。なら、戦友にもなれるということかな。俺たちとこいつらとは」

 言ったところで、ウサギたちが注目してくるわけではないし、握手ができるというわけでもない。言葉を交わし合えやしない。だが、信じられる。

 俺たちとこいつらとは、同じだ。 

 この地の「熱」に魅せられ、誘い寄せられたという点で、まるで同じだ。 

「我々と彼らとは別生物です。当然のことながら、何もかもが違っています」
「だが、共に在れる」
「はい。互いに互いを尊重しさえすれば、きっと共存できます。共栄できます。我々は必ずしも同じである必要はなく、違いを受け入れてなお協調すればいい」
「それが合理というやつか」
「いいえ、誠意ですよ。利で結ばれた関係はエルフだけで充分。我々は彼らと義で結びつくべきなのです。困難と共にする同志として」

 ここで神の賛美を出してこないところが、この男の芯の強さだろうな。それは幹部の面々に共通するもので、誰よりもクロイ様が体現している信仰の形だ。

 そうだ。俺たちは、神にどん底から救いあげられるわけじゃない。

 そんなたわむれな、神の玩具がんぐなんかじゃない。

 生きることの理不尽さに、さんざっぱら痛めつけられちゃきたが……妥協することに慣れ親しんじゃきたが……それでもここまで生きてきたという自負がある。

 みじめなままで、いられるものかよ。

 困難に立ち向かい、自らの手で自らを救う……そう動き出すための熱量は、神が与えてくれた。動き続けるための希望ももらった。後は覚悟を決めるだけでいい。

 ウサギたちも、同じなんだろうよ。だからここへ集い来た。

 なるほど。同志だ。そして戦友だ。

「そういえば、ウィロウ卿へ意見してくれたそうですね。駐屯軍歩兵隊について」
「ああ。兵士たちの様子を見てのことだ」
「隊長が拙僧で、副長がヤシャンソンパイン君。そしてザッカウ殿は兵長のまま様々に補佐を担っていただけると」
「それが最も戦える形だと思ったからな」

 歩兵は、連帯感が全てだ。それなしには地に足もつかない恐怖の仕事だ。隣に仲間がいるから耐えられる。耐えて、押せる。押し出すことができる。

「戦う形ですか。うふ。歩兵隊には彼らウサギが組み込まれますね。騎兵隊においては馬がそうであるように」
「ああ、そうだろうな。頼もしい話だ」
「親睦を深めなければなりませんね」
「もっともな話だな。それは」
「では……いいですね?」
「おう……いいとも」

 緩んで緩んで仕方がない頬を、もう隠さずに。手をワキワキとさせて。

「いざや!」
「おうさ!」

 俺も、触るぞ。これも、戦いなのだ。


◆◆◆


 青天の下、茶をいただく。

 冷え冷えとした胸の内へ、ぬるく、香が滑り落ちていくのう。

「サチケル様、あれは……あの有り様は……!」
「うんむ。ソードラビットを眷属化したということじゃなあ」

 幾度目にしようとも、神の御力というものは、ただしみじみと超越的じゃ。憎しみとむしばみとを醸造したかのような毒気……瘴気を吐くのが魔物本来の在り様じゃというのに、牧場には清涼な風が吹くきり。

 ことわりが、歪みおる。

 良きにつけ悪しきにつけ……それは世界の改竄かいざんには違いなかろうに。

「怖い、かの? フレリュウ」 
「……正直に申し上げれば、大きな不安を覚えております」
「人間が強うなることが、不安なのじゃな」
「はい。見る間に力をつけていくようで……底が知れないようにも、思われます」
「ふうむ。どう戦うべきかと考えておる顔じゃのう」
「……『黄金』を討った力、どうして警戒せずにいられましょう」
「まあ、そうじゃなあ。あれはすんごかった」

 赤く黒く燃える軍勢……死者を次々と戦列へ加えていく召喚術……クロイが世界へと表現したものは、戦火そのものじゃった。

 哀しい、のう。

 戦いは激しくなっていくばかりじゃ……誰とも仲良う笑い合いたいのに。

「フレリュウ。このことも、つぶさに評議会へと報告しておいてくりゃ」
「は、承りました」
「付け加えることとすれば、毛並みの美しさには貴賤無し、といったところかの。わりゃは黒狼のこともなでなでしたいのじゃ。あ、元気なままにじゃぞ? もう毛皮なんぞ寄越してくれるなよ?」
「そ、その節は……」
「それと、アルクセムの後任についてじゃが、くれぐれも人品穏やかな者をと念押ししておいてくりゃ。あんなことは、もう、あってはならぬからの」
「は。では早速に」

 さて、どうなるか。うまいこといってほしいものじゃが。

 人間と触れ合い、多くを知ったフレリュウですらがああも怯える。伝え聞くばかりの評議会ではなおのこととなろうの。極論が出てこんとよいが。

 不安と恐怖の根源には、無知と無理解が横たわっておるからのう。

 そもそも、強さ弱さなど今更の話なのじゃ。ヴァンパイアが現れてよりの三百年、ドラゴンとデーモンが戦うようになった世界では、心の持ち様こそが肝要。

 ふむん……今日も奏でるかの。音楽を。

 昼餉の煙が立ち上る空に、ちょっとばかしの浮鈴クラゲ空鐸マンボを舞わせて、そいそいのそいっと。

 明るい曲を。前向きな姿勢で。楽しい気分で。

 わりゃにできる()()()はコレじゃと、思うからの。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ