挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
精霊育成師の世界旅行 作者:早秋

第6章 遺跡の扱い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/122

(4)エルフの常識

 ラウラへのフォローはマリーナに任せて、シゲルはミカエラとエバエルを見比べながら聞いた。
「それで? 自分とエバエルさんを会わせて、何をさせるつもりだったの?」
「あらん、もっと親しみを込めてエバと呼んで――」
「いったじゃない。エバエルには上級精霊がいるって」
 エバエルの言葉を無理やりに遮ったミカエラは、さらに続けて言った。
「シゲルには、自分以外の上級精霊を見てもらって、どれくらい違うかを感じてほしいのよ」
「あ~、なるほど」
 ミカエラの言葉に、シゲルは納得の顔で頷いた。

 だが、逆にエバエルは不思議そうな顔になって聞いて来た。
「違いを見比べるの? そんなに違っているとは思えないけれど?」
「それは良いからあなたはシゲルに契約精霊を見せてあげて」
「あらん。随分と冷たいのね」
 そんなことを言いつつも、エバエルは素直に自身の契約精霊を呼び出した。
 それを見ていたシゲルは、なんだかんだ言いながらも素直な性格じゃないかいと、少し的の外れたことを考えていた。

 エバエルが呼んだ契約精霊は、男性型で何故だか執事のような服を身にまとっていた。
「いい男でしょう? これが私の精霊で、セバスというのよ」
 エバエルがそう紹介すると、セバスは丁寧に頭を下げてきた。
「エバエルが言うように、特に変わったところはないと思うけれど?」
 セバスを見ていたシゲルは、首を傾げながらミカエラを見た。

 そのシゲルに、ミカエラは呆れたような顔になっていた。
「何を言っているのよ。決定的な違いがあるでしょう?」
 ミカエラからはっきりとそう断言されたシゲルは、改めてセバスを見直した。
 だが、どこをどう見てもただの上級精霊にしか見えない。
 ちなみにシゲルは、ずっと精霊たちを目の当たりにして来たお陰か、精霊の区別は見ただけで出来るようになっている。
「うーん。まったく分からないんだけれど?」
 しばらくセバスを見ていたシゲルだったが、最後にはそう言いながら両手を上げて降参を示した。
 ついでに、エバエルも同じなのか、分からないという顔をしている。

 その二人を見て、ミカエラはため息をついた。
「あのねえ。セバスは、ラグやリグのように、話をしたりしていないよね?」
 ミカエラがそう言うと、シゲルとエバエルはほぼ同時に驚いた顔になった。
 どちらもそのことに気付いていなかったために驚いたのだが、その種類は全く正反対のものだった。
「大精霊とかならともかく、契約精霊が話をするなんて聞いたことが無いわよ!?」
「えっ!? セバスって話せないの?」
 エバエルの言葉に、シゲルが思わずといった様子でそう反応した。

 そのシゲルの素の問いかけに、エバエルは思いっきり納得した顔でミカエラを見た。
「なるほどねん。これはミカエラがシゲルを私のところに連れて来るわけね」
「納得してもらえてよかったわ」
 そう言いながら頷き合っているミカエラとエバエルを見て、シゲルは置いてきぼりにされた子供のような顔になった。
「えーと……もしかしなくても、上級精霊は話ができない?」
 ミカエラが大精霊と対面ときは、彼女たちが話をしていることに驚いている様子はなかった。

 だからこそシゲルはそう聞いたのだが、ミカエラは首を左右に振った。
「もっと正確に言えば、契約精霊は話ができない、よ」
「そうよ。少なくとも今まではそう思われていたのだけれど……ね」
 エバエルは補足するようにそう言いながらラグを見て、小さくため息をついた。
「まさか、こんな可愛い彼女が、そんな高度な技術を持っているなんてね」
 数多くいる精霊の中でも話が出来る存在は、それだけ力が強いとされている。
 そのため、そこまで力のある精霊とは契約が出来ないというのが、これまでの通説だった。

 エバエルの言葉を聞いて、納得しかけたシゲルだったが、ミカエラを見て首を傾げた。
「その割にはあまり驚いていなかったよね?」
 ミカエラは、ラグやリグが話をしていても、あまり驚いていなかった。
 どちらかといえば、体が大きくなっていたことに驚いていた記憶がある。
「何を言っているのよ。シゲルと精霊に関して、何度驚かされていると思っているの? 今更話が出来る精霊と契約ができていたとして、そこまで驚く必要がないじゃない」
 ミカエラの言葉に、シゲルはようやく納得の顔で頷いた。

 もっといえば、あの時のミカエラは、シゲルが感じていたように、ラグたちが成長したことのように驚いていた。
 それは、契約精霊が上級精霊に成長できるということに対しての驚きだったわけだが、それをこの場で口にすることはしなかった。
 ついでにいえば、中級精霊から上級精霊に成長できたのだから、話が出来るようになったとしても不思議ではないと考えたということもある。
 なんだかんだ言いながら、ミカエラはシゲルに良い意味で慣れてきているのだ。

 ただし、ミカエラの説明にシゲルは納得できたが、エバエルはそれどころではなかったようだ。
「ちょ、ちょっとミカエラ! その程度で済まさないで頂戴!」
「だって仕方ないじゃない。シゲルってそういう契約者なんだから」
 エバエルからの追及に、ミカエラは肩を竦めながらそう応じた。

 ここで、エバエルは恐ろしいものを見たという顔をして、恐る恐る聞いて来た。
「ねえ……。もしかして、ここに来る途中で、ラグと話をしたなんてことは……」
「あー、どうかしらね? ラグは落ち着いている性格をしているから、そうそう頻繁に話をしたりはしていなかったと思うわよ」
 シゲルは勿論、フィロメナたちもラグやリグが話をすることが当然になっているので、どこでどのくらい話をしたなんてことは一々覚えていない。
 ただし、里に入ってから一度も話をしなかったことはないとは、断言することが出来る。

 頻繁ではなかったが話をしていたということを聞いたエバエルは、盛大にため息をついた。
「……今頃、他では大騒ぎになっているんじゃない?」
「……そうかもしれないわね」
 エバエルの言葉に、ミカエラも少し間を空けてからそう答えた。

 ちなみに、言葉を話す精霊を連れていることでそれほど騒がれるのは、エルフの里だからということもある。
 やはりというべきか、精霊使いはエルフの中に多く存在していて、一般的に伝わっている情報も多くなっている。
 シゲルは、ホルスタットの王の前でラグやリグと会話をするところを見せているが、王たちはさほど驚いていなかった。
 それは単に、上級精霊は話が出来ると考えていたためで、話が出来る上級精霊と契約できるということがどれほどの事なのか、実感としてあまり湧いていなかったのだ。
 エルフ以外では、話ができようができまいが、上級精霊はすごい精霊としてひとくくりで見られているのである。

 里の中で騒ぎが広がっていることを予想したエバエルは、そんなことを予想もしていないという顔をして立っているシゲルを見て言った。
「貴方がシゲルをここに連れてきた理由はよくわかったけれど、私程度じゃ役に立てる気がしないわね」
「そんなことないわよ。少なくとも、私が知る限りの最高の精霊使いを見せることが出来たんだから」
「……私にも多少のうぬぼれはあったけれど、シゲルを前にしたらそんなこと恥ずかしすぎて、とても言えないわね」
 エバエルはそう言いながら、本日何度目かになる深いため息をついた。

 
 そんなふたりの様子を見ていたシゲルは、フィロメナを見た。
「なんか随分と驚いているみたいだけれど、こんなもん?」
「こんなもんだな。私たちはいい意味でも悪い意味でも、規格外の存在の前に立つのは慣れてしまっているからな。ここまで素直な反応を示されるのは新鮮だろう?」
「それはまあ、ね」
 フィロメナの言葉に、シゲルは苦笑しながら頷いた。

 シゲルがこれまできちんと契約精霊を見せてきた相手は、王族くらいしかいない。
 その王族たちは、他者の前ではあまり大袈裟な感情を見せたりしないようにしているので、エバエルのような反応を示したりはしていなかった。
 そのことが、シゲルがいつまでも実感が伴わない状況にさせていたのだ。
 その一点をとっただけでも、今回ミカエラがエバエルの前に連れてきた意味があったと言えるだろう。
 苦笑しているシゲルの顔を見て、フィロメナはそんなことを考えているのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ