挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

時代劇

しじみ汁

作者:齋藤 一明
江戸、下町で根付を作って糧を得ている目の悪い若者がいた。
名を庄吉という。
幼馴染の源太は、いつも立ち寄る飯屋で働くおツネを彼の女房にしようと骨をおってやった。
一方で、飯屋の一人娘、お君は、源太を気に入っていた。
この四人に飯屋の主である徳市をまじえ、下町の人情を織り成してゆく。
縁組
2016/10/21 15:52
食べ残し
2016/10/22 12:12
2016/10/23 14:23
鑑札
2016/10/24 16:07
救出
2016/10/25 11:49
しじみ汁
2016/10/26 19:38
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

あの頃よりも君が好き

日下部良介さん主催の『クリプロ2016』に参加しました。 ジャスト2000文字で、テーマは「クリスマスイブの夜に感動のプロポーズ」。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/01 09:00
ガラスの私

サークル・シエスタ第五回短編課題『愛』    私は夜汽車に乗った。貧しさから逃れるために。  私は夜汽車に乗った。亭主の暴力から逃れるために。  私は夜汽車に乗//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/02 09:26
劉禅戦記

劉備の息子である劉禅。 蜀が滅亡したときの当主である。 愚帝としてあまりに有名であるが、なんと私は、時空を飛び越え、劉禅に乗り移ってしまった。 劉禅に代わって、//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/04/07 05:00
明日を紡ぐ

京都で建築設計士をしていた佐竹は、バブル景気の破綻により経営が立ち行かなくなり妻子を残したまま名古屋でホームレスをしていた。ようやく掴んだ就職面接の朝、着て行く//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全8部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/11/20 12:00
刀を捨てた武士

年末のある日、日中外務次官による領土交渉が行われていた。 中国側の理不尽な要求を受け流していた日本は突然方針転換し、中国を挑発する姿勢を明確にした。外務次官は//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/04/11 19:00
とっておきのデザート~雪よしのさんへの『クリプロ2016』参加特典ギフト小説~

幼いころに隣に引っ越してきた男の子。引越ししてきた日の出来事がきっかけで…。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/25 00:00
氷雨の金沢 晩秋の宴

晩秋の一日、文学賞を受賞した友の晴れ姿を目に焼き付けんと、私た列車に乗った。 私より更に遠い関西からも友が駆けつけ、短いながら心を通わせ合った。

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 11:51
初雪 こころ やがて積もりて

主人公は家の都合で働き出した。 一方、片思いの幼馴染の彼は大学生になった。 好きでたまらない。叶わなくて苦しくて。でもこの「恋」をあきらめることをやめた。 そ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 15:09
先生 だっこ!

 オトメゴコロ企画参加作  私の学校には奇妙な伝統がある。正確には学校にあるのではなくて、演劇部がおかしいのだ。  なるべく距離をおこうとしていたのに、妙なこと//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 08:55
砂村遺恨試合始末録

深川の料理茶屋を根城にしている日下部富三郎は、碁敵として知り合った午雲和尚を誘って大川の川開きに屋形船を繰り出した。船には贔屓の芸者と板前。も乗っていた。粋な都//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全6部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/12/13 09:22
跳狐の庄吉

前作、『しじみ汁』の続編。 目を悪くした根付職人、庄吉は、盗賊改め方同心、高山新十郎の手助けで眼鏡を使えるようになる。その見返りに、人足寄場で細工物の作り方を教//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全7部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/05/13 15:31
固い遺志 その一

昨日の葬儀でおきた出来事を題材にしました。その一です。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 10:34
極彩色競技会

近未来物語 近年、各種競技の選手が刺青をしていることを苦々しく思っていた日本人は、東京でオリンピックが開催されることをうけて、刺青者を選手から排除するようIO//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/31 19:18
〇〇な彼女とX'mas

 チョコには依存性がある。  身に覚えはないだろうか。あとひとつだけ──と思いながらも止まらずに、何個も何個も口に運ぶ仕草を。  僕の彼女はチョコ依存症だ。 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/24 00:00
失われつつある記憶

つい最近まで当たり前のようにあったものが姿を消しています。 世の中は便利になりました。しかし、その便利さは合理化でしかありません。 合理化に追いやられる仕組み、//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全12部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 12:58
しょこらてぃえ。

 中学二年の智詞(さとし)と、三年で幼なじみの詩奈(しいな)。  二人の距離が遠くなっていく年頃。ふとしたきっかけで、智詞は今までになかった、幼い頃とは違う感情//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/30 14:42
ガマ

野原にぽつんと水場があった。 そこに群生する丈高い草 ソーセージのような穂をもつそれは、ガマ 穂は雄花と雌花が集まったもの やがて雌花は実をつけ、冠毛をいた//

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/06 22:51
あわせ鏡 改定版

俺の名は松永(まつなが)勘太(かんた)、区役所の地域化に勤めている。俺には仲の良い幼馴染がいて、今年は皆で小旅行に出た。一人は前田琴音(ことね)、俺のパートナー//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全9部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/09/18 16:15
ガチオタ夫と微オタ妻のつれづれ

私まつもと なつと夫の、本当にどうでも良い出来事を思うがままひたすら書きつづる日記のような、そうでないような。 日々の暮らしに疲れたら、コレを読んで「世の中には//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/04 18:58
瞑目

台風が去り、寒気が張り出してきました。 それとの因果関係はわかりませんが、草叢からの虫の音が寂しくなってきました。 そろそろ虫たちが瞑目する時期なのでしょうか。//

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/08 22:02
たんぽぽの咲く土手

『サークル・シエスタ』第三回短編課題 「再会」  参加作の3 「タンポポの咲く土手」  意見交換会でいただいた助言を参考に、改稿しました。  全国から桜の便//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/03 07:00
喜怒哀泣

 もし、大金を拾ったらどうなるだろう。  ひなびた商店街で酒屋を営む齋藤は、配達の途中で腹具合が悪くなってしまった。  人目を避けて藪の中で用を足した彼は、そ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全2部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/16 11:06
月刊標語

自らを鼓舞する、戒める、奮起する。 そんな意味の標語エッセイ。 ほぼ自分に言い聞かせるためですが、何かしらの一助になったら、幸せにございます。 毎月1日更新//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 19:46
光も音もあなたのもの

第四回法螺會参加作品。テーマは『鏡』。 ご感想お待ちしております。『法螺會』の他の参加者の作品もご覧になっていただければ幸いです。参加者は随時募集中です。興味が//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/12/20 22:21
好い日だなぁ

ふと子供の頃を思い出すことはないですか? 遠い日、私は好い日ばかりを思い出します。 蠍座の黒猫さん主催 『詩のサークル』  第二回課題 『音楽』です。

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/04 23:26
魅惑の糸

ある年寄りからのメッセージです。 なんのことを語っているのかは、読者が考えてください。

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/08 21:11
地味な雑草は眼鏡を外すと美しき薔薇だった。

ぐるぐる黒縁めがねに黒髪三つ編み、スカート丈は膝下十センチメートル。 おしゃれなんか興味なし、私がしたいのは勉強なんだから構わないでくれる? そう思われるほどの//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全95部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/28 16:06
秋風に

秋風が吹き出すと、身支度を始めてしまいます。 今の居場所から去るために 終焉にむけて一段高みへ上がるために でも、考えるのです 自分という存在意義を

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 11:33
オリンピックの顔と顔

日本のお家芸といわれる体操競技。 国民からの過度な期待に応えるために極秘技が考えられた。 そして体操、男子団体の最後の種目である床で、それが使われることになっ//

  • ホラー〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/30 11:01
七年越しのクリスマスイブ

日下部良介さまの企画、『クリプロ2016』に参加した小説です! 幼馴染み同士の恋。 よろしくお願い致します。 12/12追記 日間現実世界(恋愛)//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/10 01:00
煙草の煙に誘われて。

 ある日、恋人を事故で亡くした男のもとに現れたのは、ダンボールに無造作に入れられた赤ん坊だった。  男は、心の穴を埋めるように赤ん坊を引き取り、育て始める。 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/16 22:13
錯誤に生きる 自治会役員

 道端で雑草を抜く男がいた。真夏の昼下がりのこと、熱中症を心配した私は、その男に喫茶店へ誘われた。  そこで男は理不尽なことを言われたことを告げた。と、先に店に//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/15 10:07
潮の香

第三回『サークル・シエスタ』短編課題 「再会」 参加作の1 『潮の香』 意見交換会や感想でいただいた助言をもとに、全面的に改稿しました。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/01 07:00
読者のつとめ

今日完結させた話を題材に、読者のつとめを考えてもらおうと思いました。 作者のつとめ、読者のつとめ その原点に目を向けてほしいと思います。 書き方講座などとい//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/19 20:11
マラゲの女 (ラ・マラゲーニャ)

言葉をみつけられない男は、ひたすら言葉に手をさしのべる どうか姿をみせてくれと アイ・ジョージが歌う『ラ・マラゲーニャ』 その激しい恋情と肩を並べるくらいの//

  • 詩〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/07 22:57
閻魔 急募!

村外れにある小さなお堂で出会った貧相な男。それが持ち込んだ求人ビラを見たことで、私の第二の人生が始まった。 高給と終生雇用という破格の待遇も魅力的ではあったが、//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全3部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/09/17 22:20
↑ページトップへ