挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/33

ガチ教団の人と、ガチ呪いの人(真実風味)

 薄暗い地下道を1人の男が歩いていた。

 歳は30半ばをすぎた頃だろう。 鍛えられた体躯に鋭い眼差。灰色の髪をオールバックに纏めている。

 彼の足は地下道の突き当たりで止まった。扉が1つ、その脇に2人の兵士がいる。

「カゲノー男爵家の娘はここか?」

「この中ですオルバ様」

 問いかけられたら兵士はオルバに敬礼し、扉の鍵を開けた。

「お気をつけ下さい。拘束していますが、非常に反抗的です」

「ふん、私を誰だと思っている?」

「っ! し、失礼しました!」

 オルバは扉を開け、部屋の中に入った。

 そこは石造りの地下牢だった。壁に固定された魔封の鎖に、1人の少女が繋がれていた。

「クレア・カゲノーだな」

 オルバの呼びかけに、クレアと呼ばれた少女は顔を上げた。

 美しい少女だった。寝ている所を連れ去られたからか、薄いネグリジェ姿で、豊かな胸の膨らみと瑞々しい太ももが覗いている。絹のような黒髪は背中で切りそろえられ、気の強そうな目がオルバを睨み上げた。

「あなたの顔、王都で見たことがあるわ。確かオルバ子爵だったかしら?」

「ほう、昔近衛にいたが……。いや武神祭の大会でか?」

「武神祭ね。アイリス王女に無様に斬られていわ」

 フフ、とクレアは笑った。

「ふん、試合という枠内ならばあれは別格だ。もっとも実戦で負けるつもりはないがね」

「実戦でも変わらないわ。決勝大会一回戦負けのオルバ子爵」

「ほざけ。決勝の舞台に立つことがどれほどの偉業か分からぬ小娘が」

 オルバはクレアを睨みつけた。

「私なら後1年で立てる」

「残念だが貴様に後1年はない」

 クレアを繋ぐ鎖が鳴った。

 直後、オルバの首筋ギリギリで彼女の歯が噛み合わされた。

 ガチン、と。

 オルバが僅かに首を傾けなければ、頸動脈を噛み切られていただろう。

「1年後生きていないのは果たしてあなたか私か。試してみる?」

「試すまでもなく貴様だ、クレア・カゲノー」

 獰猛に笑うクレアの顎を、オルバの拳が打ち抜いた。

 クレアはそのまま石壁に叩きつけられ、しかし変わらぬ強い瞳でオルバを見据える。

 オルバは手応えのない拳を下ろした。

「後ろに跳んだか」

 クレアは不敵に微笑んだ。

「蠅でもいたかしら」

「ふん、高い魔力に振り回されるだけではないらしいな」

「魔力は量ではなく使い方だと教わったわ」

「いい父を持ったな」

「あのハゲに教わることなんてないわ、弟に教わったの」

「弟……?」

「生意気な弟よ。戦えば必ず私が勝つわ。だけど私はいつも弟の剣から学んでいる。なのにあの子は私の剣から何も学ばない。だから毎日いじめてやるの」

 クレアはいたずらっぽい笑みでそう言った。

「可哀相な弟だ。ならば私は酷い姉から彼を救った英雄というわけだな。さて、無駄話はこのぐらいにして……」

 オルバは言葉を切ってクレアを見据えた。

「クレア・カゲノー。最近身体の不調はないか? 魔力が扱い辛い、制御が不安定、魔力を扱うと痛みが走る、身体が黒ずみ腐りはじめる、そういった症状は?」

「わざわざ私を連れ去って、やることは医者のまねごと?」

 クレアは艶やかな唇の端で笑った。

「私もかつては娘がいた。これ以上手荒な真似はしたくない。素直に答えてくれることがお互いにとって最善だろう」

「それって脅し? 私は脅されると反抗したくなる性質なの。例えそれが非合理的であったとしても」

「素直に答える気はないと?」

「さて、どうしようかしら」

 オルバとクレアはしばらく睨み合った。

 静寂を先に破ったのはクレアだった。

「いいわ、大したことことじゃないし答えましょう。身体と魔力の不調だったかしら? 今は何ともないわ、鎖に繋がれてさえいなければ快適そのものよ」

「今は?」

「ええ、今は。1年ぐらい前かしらね、あなたの言った症状が出ていたのは」

「なに、治ったというのか? 勝手に?」

 オルバの知識の中に『アレ』が自然に治ったというケースはない。

「そうね、特に何も……あ、そうそう、弟にすとれっち? よくわからないけど、それの練習させてくれとか頼まれて、なんだか終わったらとても調子がよくなっていたわ」

「すとれっち? 聞いたことがないな……。だが症状が出ていたということは、まず適合者で間違いないか」

「適合者……? どういう意味よ」

「貴様は知る必要のないことだ。どうせすぐ壊れる。ああ、貴様の弟も調査する……」

 オルバがそこまで言った瞬間、彼の鼻骨に衝撃が走った。

「ぐっ!?」

 オルバは扉まで後退し、鼻血を押さえてクレアを睨む。

「クレア・カゲノー、貴様……!」

 四肢を鎖で拘束されていたはずの彼女だったが、右手首の鎖だけがどういうわけか外れて、そこから血が流れ出ていた。

「手の肉削いで、指も外したかっ……!?」

 彼女を拘束していた鎖はただの鎖ではない、魔封の鎖だ。つまりクレアは純粋な筋力だけで、己の手の肉を削ぎ落とし、骨を砕き拘束を外し、オルバを殴りつけたのだ。

 その事実にオルバは驚愕した。

「あの子に何かあったら、絶対に許さない! お前も、お前の愛する人も、家族も、友人も、全て残らず殺してっ……!?」

 オルバの全力の拳がクレアの腹を殴りつけた。魔封の鎖に繋がれている彼女に、魔力で強化されたオルバの一撃を防ぐ術はない。

「小娘がっ……!」

 オルバは吐き捨て、クレアは崩れ落ちた。

 クレアの右手から流れ落ちた血が床に赤黒い染みを作る。

「まあいい。これで分かる……」

 オルバが呟きその血に手を伸ばす。その時、兵士が息を切らせて扉を開けた。

「オルバ様、大変です! 侵入者です!!」

「侵入者だと!? 何者だ!?」

「分かりません! 敵は少数ですが、我々では歯が立ちません!」

「くっ、私が出る! お前たちは守りを固めろ!」

 オルバは舌打ちして踵を返した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ