挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/33

ドーピングテスト、陽性です

 オルバがそこに着くと、すでに辺りは血で染まっていた。この重要施設を守る兵たちが、弱いはずがない。中には近衛に匹敵するほどの実力者もいた。

 それが……。

「どうして、こんな……!」

 この地下施設のホール、唯一外の光が差し込むそこは、無数の死体が転がっていた。

 総て一太刀。

 圧倒的な実力差によって斬り伏せられていた。

「貴様等が……!」

 オルバが睨みつけるその先に、黒いボディスーツに身を包んだ集団がいた。身体の膨らみから見て、いずれも小柄な少女だ。

 全部で7人。しかし月明かりでのみ照らされるこの空間では、目を懲らさなければ見失いそうになるほど気配が希薄だ。彼女らは類い希な魔力制御によって、その気配をコントロールしているのだ。

 いずれも自身に匹敵し得る実力者。オルバはそう認めた。

 その中の一人、全身に血を浴びた少女が、月光の下でオルバを見据えていた。

「っ……!」

 その瞬間、オルバの本能が萎縮した。理由はない、ただ危険だと。そう伝えてきた。

 全身の黒いボディースーツは浴びた血を滴らせ、ぽたりぽたりと床に跡をつける。

 血濡れの刀はだらしなく地面を擦り、長い血の道を描く。

「何者だ、何が目的だ?」

 オルバは動揺を抑えて言った。

 自身に匹敵する実力者が不幸にも7人いるのだ。

 戦闘は下策。

 オルバは自身の不運に嘆きながらも、打開策を探る。

 が、しかし。

 血濡れの少女はオルバの言葉を聞いていなかった。

 嗤った。

 血濡れの少女は、血濡れのマスクの下でただ嗤った。

 狩られる……!

 オルバがそう思ったと同時、

「下がりなさい、デルタ」

 血濡れの少女の動きが止まった。

 そしてそのままあっさりと後ろに引いていくのを、オルバは安堵の息を吐いて見送った。

 それと入れ替わりに、別の少女が前に出た。

「我等はシャドウガーデン」

 こんな場でなければ聞きほれてしまうほどの美しい声。

「そして私はアルファ」

 そして前に出た少女は、いつの間にか素顔をさらしていた。

 月の光に、白い肌が輝く。

 少女は一歩、歩み寄る。

「っ……!」

 金髪の、エルフ。

 息を呑むほど、美しい少女。

 また一歩、歩み寄る。

「目的は……ディアボロス教団の壊滅」

 そしていつの間にか手にしていた黒い刀で、空を薙払った。

 夜が斬れた。

 漆黒の刀身は、オルバにそう錯覚させた。

 風圧が、剣圧が、オルバを威嚇し、恫喝した。

 どうやってこれほどの実力を、この若さで得ることが出来たのか。嫉妬と戦慄に震えた。

 だが、しかし、それ以上に驚愕すべきは彼女の口から語られた言葉だ。

「貴様……どこでその名を知った?」

 ディアボロス教団。その名はこの施設でも、オルバを含め数人しか知らない名だった。

「我々は総てを知っている。魔人ディアボロス、ディアボロスの呪い、英雄の子孫、そして……悪魔憑きの真実」

「な、何故それを……」

 アルファが言った言葉の中には、オルバですら最近知らされた内容もあった。外部に漏れるはずのない、決して漏れてはいけない極秘事項だった。

「ディアボロスの呪いを追っているのがあなた達だけだと思う?」

「くっ……!」

 情報漏洩は許されない。

 しかし彼女らを殺し、情報を守る?

 否、困難を極める。

 ならば、オルバのすべき事は……生存。生きて彼女らの存在を本部に伝えることだ。

 だからこそ、オルバは前に出る。

「あああああぁあぁぁぁぁ!!」

 オルバは気迫と共に剣を抜き、アルファに斬りかかった。

「あら、無謀ね」

 アルファは容易くその剣をいなす。

 返す刀でオルバの頬が斬られ、血が舞う。

 だが、オルバは止まらない。

 何度も、何度避けられても、オルバは剣を止めず勝機を探る。

 しかし全て紙一重。無駄な動きは最小限に、完全に太刀筋を見切って避けられていた。

 そして、逆にオルバの腕が斬られ、足が斬られ、肩が斬られる。

 だが、まだ致命傷はない。

 彼女は情報を聞き出すまで殺すつもりはないのだ、オルバはそう見抜き、嗤った。

 勝ち筋が、見えた。

 何度目かの空振りの後、ついにオルバは胸を斬られ、たまらず後退した。

「これ以上は時間の無駄ね」

 オルバは答えない。

 斬られた胸を押さえ跪き、口元に笑みを浮かべ……何かを飲みこんだ。

「何をして……なっ!?」

 突然、オルバの肉体が一回り膨張した。肌は浅黒く、筋肉は張り、目が赤く光った。

 そして、何より、魔力の量が爆発的に増えていた。

「っ……!」

 予備動作なく薙払われたオルバの剛剣を、アルファは瞬時に防ぐが、その衝撃に顔をしかめる。

 彼女はそのまま跳ね飛ばされるようにして距離を取ると、

「面白い手品ね」

 痺れた腕をパタパタと振り、首を傾げた。

「あの波長は魔力暴走かしら……それを無理やり抑え込んで……」

「アルファ様、大丈夫ですか?」

 初めて後退したアルファに、背後にいた少女が声をかける。

「問題ないわ、ベータ。少し面倒になっただけ……ってあら?」

 アルファがオルバの方に意識を戻すと、そこには誰もいなかった。

 いや、先ほどまでオルバのいた場所に四角い穴が開き、それは下の階層に続いていた。隠し扉だ。

「……逃げたわね」

「逃げましたね……追いましょう」

 しかし穴に飛び降りようとする少女を、アルファは止めた。

「必要ないわ。この先には彼がいるもの」

「彼……? そう言えばシャドウ様が先に行くと言って別行動をしていましたが、まさか」

「ええ。明後日の方に走り去るんだから、迷ったんじゃないかと心配したんだけど」

 アルファはクスッと柔らかく笑った。

「この展開を読んでいた……流石ですね」

 穴を覗き込む少女達はその瞳を尊敬に輝かせていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ