挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/37

髪があれば……

 シャドウガーデン設立から3年ぐらい経った。僕とアルファは13歳にそして僕の姉のクレアが15歳になった。13歳という年齢に特に意味はないけど、15歳という年齢にはそれなりに意味がある。うん、貴族は15歳になると3年間王都の学校に通うことになるのだ。姉さんはカゲノー男爵家期待のホープでつまりあれ、母さんとか張り切って送別会とかやって、さすが期待のホープって感じだった。

 それはいい、それはいいんだけど、いざ王都に出立するその日になって、姉さんが消えた。で、現在カゲノー男爵家大騒ぎってわけ。

「俺が部屋に入った時には既にこの有様だ」

 ダンディな声で親父が言う。顔も悪くない。

「争った痕跡はないが、窓が外からこじ開けられている。クレアも俺も気づけなかった、相当な手練れだな」

 ダンディ親父は窓枠に手を添えて遠くの空を見る。片手にウィスキーとか似合いそうだ。

 これで髪さえあれば……。

「で?」

 凍えるような声がかけられた。

「相当な手練れだから仕方ない、そう言うことかい?」

 母さんだ。

「そ、そういう訳じゃなくてね、ただ事実を述べたまでで……」

 頬に冷や汗を流しながら親父が答える。

 次の瞬間、

「このハゲェェェエエエーーーー!!!」

「ひぃ、す、すいません、すいません!!」

 ちなみに僕は空気。期待はされてないけど、面倒もかけない、そんな感じのポジションをキープしている。

 しかし姉さん割といい人だったのに残念だ。犯行は夜だったからね、僕は廃村で修行してたからどうしようもない。

 僕は神妙な顔で親父と母のじゃれあいを見守って、隙を見て自室に戻り、姉さんの消えた方に手を合わせてからベッドに転がった。

 そして。

「出てきていいよ」

「はい」

 声と同時に音もなくカーテンが揺れて、黒いスライムボディスーツに身を包んだ1人の少女が入ってきた。

「ベータか」

「はい」

 アルファと同じエルフの少女。アルファは金髪だったけど、ベータは銀髪だ。

 猫みたいな青い瞳に泣きぼくろの彼女は、僕とアルファに続く3人目のシャドウガーデンメンバーだ。ほどぼどにって言ったのに、アルファが捨てネコ拾うみたいに連れてくるからどんどん増えるんだ。

「アルファは?」

「クレア様の痕跡を探っています」

「行動早いね、姉さんまだ生きてる?」

「おそらく」

「助けられる?」

「可能ですが……シャドウ様の助力が必要です」

 あ、僕のことはシャドウって呼んでもらってる。シャドウガーデンの主だからね、フフフ。

「アルファがそう言ったの?」

「はい。人質の危険を考えると万全を期すべきだと」

「へぇ」

 アルファは正直言ってもう相当強い。そのアルファが助力を請うって事は、なかなかの実力者がいると見ていい。

「血が滾るな……」

 僕は掌に圧縮した魔力を瞬間的に解放し、大気を震わせる。

 特に意味はないが、こういう演出大好き。

 ベータも驚いて『さすが……』とか呟いてくれるし。

 最近はアルファとかベータとかデルタとかもいて練習相手に不足はなかったけど、偶には新鮮さも欲しいし、何よりも陰の実力者プレイしたいしちょうどいい機会だ。

「久しぶりに本気を出すか……」

 こうやって陰の実力者っぽい空気感を出すのにも慣れてきた。

 それに最近はアルファやベータがかなり設定を煮詰めてきているから盛り上がるんだ。

「犯人はやはりディアボロス教団の者です。それもおそらく幹部クラス」

「幹部クラスか……。それで、教団はなぜ姉さんを?」

「クレア様に『英雄の子』の疑いをかけていたのかと」

「ふん、勘のいい奴らめ……」

 こんな感じ。

 しかも資料とかも集めてきて『やはりあなたの言葉に間違いはなかった……』とか『千年前ディアボロスの子が……』とか『この石碑からはディアボロス教団の痕跡が……』とか、いや古代文字読めないから僕は分からないけどさ。アルファもあんまり分かってないんじゃないかな、それっぽいの並べて、ディアボロス教団の真実に迫っている感が欲しいんだ、多分きっとそうだと思うよ?

「こちらの資料を見てください。我々が集めた最新の調査の中にクレア様がさらわれたと見られるアジトが……」

 ベータがそんな感じで膨大な資料を並べはじめたけど、いやわかんないから。半分以上古代文字だし、わけわからん数字やら何やら、いや君たちそれっぽい資料作るのホントに上手いね。その分野ではもう完全に僕を越えているよ。

 僕はベータの説明を聞き流すと、投げナイフを取り出し壁にかかった地図に投げつけた。

 カッと。

 音を立ててナイフがある一点に突き刺さる。

「そこだ」

「ここ、ですか? いったい何が……」

「そこに姉さんはいる」

「ですが、ここには何も……いえ、まさか……!」

 ベータは今気づきましたって感じで慌てて資料を漁り出す。

 いや、うん、適当に投げたんだけどね。

 やっぱ演技上手いよねベータ。あれでしょ、それで僕が指差した所に隠しアジトとかあるんでしょ?

「資料と照らし合わせた結果、 シャドウ様の指摘されたポイントに隠しアジトがあると思われます」

 ほら来た。

「しかしこの膨大な資料を一瞬で読み取り、さらに隠されたポイントまで読み解くとは……流石です」

「修行が足りんぞ、ベータ」

「精進します」

 いいね、演技だと分かっていてもグッとくる。ツボを抑えているよベータ君。

「至急アルファ様に伝えます。決行は今夜で?」

「ああ」

 ベータは一礼し去って行った。目とかキラキラしてたな、尊敬してます感出てたよ。アカデミー級の演技に乾杯。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ