挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/37

ディアボロス教団の爆誕!?

 そろそろ1ヶ月ほど経つのか……。

 僕は肉塊をゲットした日を思い出しながら、あの日と同じ廃村でため息をついた。

 どうしてこうなったのだろう。

 肉塊実験は途中までとても順調だった。自分の身体じゃないから好き勝手できるぜ、と魔力をガンガン流し込み、ああでもないこうでもないと、実験に心躍らせる日々。楽しかった。魔力の神髄に近づき、己の実力が目に見えて高まっていくのを実感することは、僕にとって何よりの喜びだった。

 もっと緻密に、もっと繊細に、もっと力強く、魔力の制御は極限まで高まり、そしてついに、完全に魔力暴走を制御し切れたその瞬間……金髪エルフの少女がそこにいたのだ。

 いや、魔力制御に夢中になりすぎて、肉塊が金髪エルフだったことにその瞬間まで気づかなかったのだ。すごいね、あんな腐った肉塊から元に戻れるんだ。君はもう自由だから故郷に帰りな、そんな感じで、君の未来に幸あれってノリで、さわやかに送り出そうとしたのに、もう故郷に帰れない、助けて貰った恩は返すとか言い出して、いや助けてない偶然の産物だから。

 面倒だし逃げるかとも考えたけど、結局、彼女には陰の実力者の配下αをやってもらうことにした。裏切りそうにないし、頭良さそうだし、なんか無駄に有能そうな雰囲気があるし。歳は僕と同じ10歳らしいのに、エルフの精神が早熟ってのは嘘じゃないみたいだ。

「てなわけで、君は今日からアルファだ」

 α、アルファ、どっちでもいい。

「わかったわ」

 彼女は頷いた。金髪、青目、色白、美人、典型的エルフだ。

「そして君の仕事は……」

 僕は少し言葉を止めて考える。ここ重要だ。

 彼女の仕事は陰の実力者の補佐、それは間違いない。ならばそもそも陰の実力者とは何なのか、陰の実力者の目的は何なのかといった、この世界で僕が目指す陰の実力者の設定の根幹に関わってくるのだ。

 設定は大切だ。戦う理由がパチンコで負けた腹いせでは格好がつかないのだ。

 その点僕は抜かりない。この世界に来る前も、この世界に来た後も、僕の考えた最高の陰の実力者を妄想し続けているのだから。

 今まで考えた数千、数万パターンの陰の実力者設定を組み合わせ、僕は瞬時に最適解へと辿り着く。

「魔人ディアボロスの復活を陰ながら阻止することだ」

「魔人ディアボロス……?」

 アルファは小首を傾げた。

「君も知っているだろう。遥か昔、魔人ディアボロスによって世界は崩壊の危機に曝されていた。しかし人間、エルフ、獣人から立ち上がった3人の勇者によってディアボロスは倒され世界は守られた」

「知ってるわ、でもあれってお伽話じゃない?」

「いいや、本当にあったことさ。もっとも、事実はお伽話よりずっと複雑だが……」

 僕はそう言って、フッと苦笑した。

 僕ぐらいになるとこの世界の伝説を組み込んだ陰の実力者設定を作り上げることなどイージーだ。

「勇者によって倒されたディアボロスは、死の間際に3人の勇者に呪いをかけた。それがディアボロスの呪い」

「ディアボロスの呪い? そんな話は聞いたことが……」

「ディアボロスの呪いは存在する。悪魔憑き……君の身体を蝕んでいた病のことだ」

「そんな……」

 驚愕に目を見開くアルファ。

「魔人ディアボロスを倒した英雄の子孫たちは、この病に永らく苦しめられた。しかし、昔はディアボロスの呪いは治せるものだった。君のようにね」

 つい最近まで悪魔憑きであったことが信じられないほど、傷一つ無い肌を取り戻したアルファの存在。それこそが僕の言葉が正しいことの証明なのだ。

 大嘘だけど。

「悪魔憑きは英雄の子孫の証明だった。世界を救った者の子達として大切に保護され、感謝され、讃えられていた。昔はな」

「だけど今は感謝されることはない。それどころか……」

 アルファは顔を歪めて言った。

「何者かが歴史をねじ曲げたのだ。英雄の証明であることを隠し、呪いの治療法も隠し、それどころか悪魔憑きなどと蔑まれる存在に」

「いったい誰が!」

「それこそが魔人ディアボロスの復活を目論む者達だ。ディアボロスの呪いに蝕まれる者は、例外なく魔力が高く英雄の血を色濃く受け継いでいる。つまり人類にとっては貴重な戦力であり、魔人ディアボロスにとっては邪魔な存在だ」

「だから悪魔憑きと称して始末する。最低ね」

「君は悪魔憑きなどと偽りの罪を被せられ、故郷も家族も失ったのだ。憎くはないか?」

「憎いわ。憎くない筈がないでしょう」

「ディアボロス教団。それが僕らの敵だ。彼らは表舞台には決して出て来ない。だから僕らも陰に潜むんだ。陰に潜み、陰を狩るんだ」

「表舞台に姿を現さずにそれほどの影響力を持つ存在ね……。となると敵は権力者、そしてディアボロス教団の存在すら知らず操られている人達も沢山いるはず」

 僕は鷹揚に頷いた。

「困難な道のりだろう。だが、僕らが成し遂げなければならない。協力してくれるね?」

「あなたの望みなら、私はこの命を賭ける覚悟がある。そしてこれは私の望みでもある。必ず成し遂げるわ」

 アルファは青い瞳で僕を見据え、不敵に笑った。幼くも美しいその顔は、覚悟と決意に満ちている。

 僕は心の中でガッツポーズした。

 おっしゃ、このエルフちょろいわ!

 ディアボロス教団なんて当然存在しないから、いくら探しても見つかるはずがない。だから適当にその辺の盗賊とかにディアボロス教団の疑いかけて殺して、後は主人公っぽい人達の戦いに姿を隠して乱入して『この世界は崩壊の危機に……』とか『魔人の復活が近い……』とか思わせぶりなことを言って立ち去ったりとか、他にも戦場に颯爽と現れて『愚かな……操られし者達よ……』とか言って一掃したり、ああ……夢が広がりんぐ。

 そうだ、肝心の組織の名前は……。

「我等はシャドウガーデン……陰に潜み、陰を狩る者だ……」

「シャドウガーデン。いい名ね」

 だろう、ネーミングセンス抜群だ。

 今日この瞬間、シャドウガーデンが設立され、世界の敵ディアボロス教団が誕生した。僕は陰の実力者への道程をまた一歩進んだのだ。

「ま、とりあえず魔力制御鍛えつつ剣の練習しますか。メイン戦闘は僕がやるけど、君も雑魚戦はやってもらうからそれなりに強くなってね」

「わかってる。敵は強大、戦力の底上げは必須ね」

「そうそう、そんな感じ」

「他の英雄の子孫を探し出して保護する必要もあるわね」

「え、あぁ、まぁほどぼどにね」

 陰の実力者プレイは複数でやった方が組織的っぽくて設定に深みが出るからいいんだけど、そんな沢山はいらないんだよな。ぶっちゃけ2人でも問題ない。

「ま、ひとまずは強くなることに集中しようか」

 僕は木剣を構え、最近まで素人だったとは思えないほど鋭いアルファの剣を受け止める。

 センスもいいし、魔力は十分、そこそこ使えそうだな。

 月光の下、僕はそんなことを思いながら木剣を振った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ