挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
さよならの夜 作者:中川あき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/12

勇哉は私の幼い頃の幼馴染だ。でも、いつだっただろうか、勇哉は市外に引っ越してしまったのでそれ以来会っていなかった。
そんな勇哉と再会したのは、高校2年生になった時だった。勇哉が私と同じ高校に入学して来たのだ。そして、私の入っている部活の仮入部にやって来て、そのまま入部したのだった。

「はじめまして。山中勇哉です」
私に高校で初めて会った時、勇哉はそう言った。

幼い頃の幼馴染は、私のことを覚えていなかった。それでもよかった。
そして、幼い頃の幼馴染だったからだろうか、一緒に過ごすうちに、私と勇哉の心に恋心が芽生えた。
そして、いつしか付き合うようになった。
だけどまだ先輩後輩関係から抜け出せない感じが否めない。未だに勇哉は私のことを「友香先輩」と呼ぶのだ。そろそろ「友香」って呼んでもらいたいものだ。

今日は勇哉とデートをしていた。
「あ!これ、僕がずっと欲しいって思ってたハンカチなんです」
「じゃあ買ってあげるよ」
「いいんですか?」
「だって今日は勇哉の誕生祝いを買いに来たんだよ?当たり前じゃん!」
「ありがとうございます!」
……これをデートと呼べるかは謎だったが、まぁ、いいとしよう。
「なら明日、僕は先輩にとっておきのプレゼントを渡しますね」
「いいの?」
「だって、これで3つ目ですよ?なんか申し訳なくて」
「いいの、気にしないで」
「いえ、気にしますよ。だから先輩、プレゼント、楽しみにしててくださいね?」
「分かった、分かった」
「やった」
楽しいひと時だった。
……だけど、今日は最悪の日になることに、その時はまだ気付いていなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ