挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
さよならの夜 作者:中川あき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/12

序章

友香ゆうか先輩」

私の名を呼ぶ、聞きなれた声。
……まさか、この声は……
思わず振り返った。そして、目を疑った。

「嘘」

夕闇に紛れて、そこにいたのは。
そこにいたのは、そこにいるはずのない人だった。

勇哉ゆうや

私はその名を呼んだ。
彼は微笑んだ。いつものように。

「最後に、お別れを言おうと思ったんです」

勇哉は、後ろを向いて歩き出した。
……行ってしまう!

「勇哉」

普段は出ない、滅多に出ない、大きな声だった。
勇哉はこちらを振り返った。

「……ねえ、勇哉。あなたは……」

勇哉は首を傾げ、いつもの様に微笑んでいる。
その姿が、今にも夕闇に溶けて消えてしまいそうな気がして、怖い。
だからだろうか。
どんどん声が、萎んでいくのが分かる。

「あなたは、本当に……勇哉なの?」

まるで夢みたいで。
信じることが出来なくて。
思わず問いかけていた。
なのに勇哉は、いつもの様に微笑むだけだ。

「それとも、これは私の夢なの?」

私の頰を、何か冷たいものが伝っていった。

「ねえ、行かないで……」

(ごめんね、勇哉)

全部、私のせいだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ