挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/43

第ニ話    ☆侯爵様は退屈している

 舞踏会が開催されるオフィーリア城は、国の中心部にそびえ建っている。
 城を囲む森を挟んで丁度裏側には、吾妻(あがつま)という侯爵の屋敷がある。

 吾妻の当主ジュンイチは、汚れた白衣に()れたシャツ、目の下には常時クマが浮かび、伸びた黒髪を輪ゴムでしばって、丈の少し短いジーンズを履いている。というおよそ貴族であるとは思えない外見の男で、オフィーリア国軍に所属する研究者。

 彼は地位と資産という職権を乱用して、自分専用の研究室を軍の施設内に増設。侯爵家当主が果たすべき仕事を執事のセバスチャンに一任し、自分は研究室にて日がな一日勝手気ままな研究に明け暮れていた。
 これといった専門は特に無く、医療、細菌、物理学をはじめとして興味があれば四方八方手を出しやりたい放題好き放題。彼を微細にでも知る人々からは、「傍若無人が歩いている」と囁かれる体たらく。


 そんな彼はこの日、デスクで天井を仰いでいた。熱中していた実験が終了し、次の行動を思案中。
 一言で表現するなら、退屈という心理状態。

 退屈を払拭するには、未解明な謎が必要。新種の病原菌や、理解不能な理論。
 それらに遭遇できそうな手軽な選択肢のひとつとして現状最も高確率なのは、数日後に開催される舞踏会。
 白衣のポケットに手を突っ込めば、皺の寄った封書に触れる。先日、城から届いた招待状だ。

 開催の規模次第では参加する価値がある。大規模であればあるほど好条件。
 体調不良の人物がいれば捕獲して診察しよう。それが謎の新種の病である可能性は、限りなく低くもゼロではない。

 この舞踏会の規模はいかほどか?
 誰かから情報を引き出すべく、ジュンイチは研究室から踏み出した。



「まぶしいな」

 廊下の窓から差し込む光に目を細める。太陽光に当たるのは一週間ぶり。
 手で日光を遮り歩いていると、士官学校時代の同級生に遭遇。彼は子爵の爵位持ち。階級で言えば下から二番目。彼にも招待状が届いていれば、舞踏会の規模は大きいと踏んで支障ないだろう。

「やあ。きみのところにもこれ届いた?」
 ジュンイチは相手を呼び止め、手にした招待状を目の前に掲げた。

「舞踏会の招待状ですか。届きました。お話はそれだけですか。では私は仕事がありますので、大佐も自身の研究室へお戻りください」
「戻っても今はすることが無いんだ。あ、そうだついでにちょっと皮膚剥がさせて」
「嫌ですやめてください何のついでなんですか!」

 相手は声を荒げ飛び退る。

「死ぬわけじゃないし、たいしたことじゃないでしょ。ちょっとくらい分けてくれても」
「たいしたことです! そういう感覚だから、『天才だが変人』なんて言われるんですよ。できれば関わりたくない人物を十人に聞けば、十人が全員大佐の名前を出すってご存知ですか?」
「知ってるけど、それで困ったことは無いから問題ない」

 やりたい研究ができれば不満はない。他人からの好意は無用。好感が無くとも功績をあげることは可能。研究の成果によって軍にも国の医療にも多大に貢献しているのは明確な事実。

「でしょうね。そういうところも含めて、です。私はもう仕事に戻ります。さようなら」
「ちぇ」

 とりあえず彼の元にも招待状は届いた。という情報は入手した。
 自らも出席することを決意し、ジュンイチは研究室へと、とんぼ返り。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ