挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:カミユ

本編

2/45

第一話   序奏:冬薔薇のメヌエット

――【何か】が居た。

 時刻は深夜。
 広々としたオフィーリア城の一室。暗がりを割るのは、大きな窓から差し込む淡い月明かりだけ。
 月光の舞台照明に照らされて、【何か】は二本の足で立っていた。

 部屋は、二種類の生臭さで満ちている。

 ひとつは血の臭い。

 絨毯をす生ぬるい血溜まりは、全てを呑み込む底なし沼のよう。壁や天井をもじっとりと濡らす血液の臭いが、むわっとした熱気とともに立ち込めて、嫌でも鼻につく。

 そこに居る【何か】のものではない。
 おそらくそのそばに散らかされたいくつかの塊――かつて人間だったもの――のそれだろう。

 もうひとつの臭いは。

 それは、惨状の真ん中でじっと宙を見つめている【何か】の股間から射たれた真っ白な体液。
 血の臭いと混ざりあいながらかすかな異臭を放ち、転がる塊にネバネバとまとわりついている。

 城のまわりを囲む森のなかでは、獣すら眠りについている静かな時間。

 その空間には、血と、闇と、肉塊と。
 そして、月の光が生み出した黒い影の。

 【何か】が居た。


***


 鳥のさえずりが響くのどかな丘の上に、一軒の小綺麗な屋敷がある。
 白い門構えに、褐色のレンガが積まれた花壇。小さいながらもよく手入れされた薔薇のアーチは、童話の世界から飛び出したよう。
 そんな可愛らしい印象を与える屋敷のなかで、読書をしている少女がひとり。

 待ちかねていた車のエンジン音を聞きつけて、少女は勢い良く立ちあがった。

「お父様が帰ってきた!」
 背中まで伸びた白桃色の髪は、自分でも「おいしそう」と感じる、お気に入りの部分。それが乱れるのも構わず玄関へと走る。

 伯爵という爵位を持ちながらも貿易商として自ら船に乗り世界を巡っている父は、一年のうち半分ほどを海の上で過ごす。仕事だとわかっていても、会えない日が続くと、少し寂しい。

「お帰りなさい! 今回は何日くらいこちらにいられるの?」
「ただいまカミィ。そうだねえ、しばらくはゆっくり過ごせると思うよ」
 微笑んで、帰宅したばかりの父が背広のポケットから取り出したのは、綺麗にラッピングされた小さな包み。

「おみやげだよ」
「わあ、可愛いブローチ! お父様ありがとう、だ~いすき!」

 待ってましたとばかりにその場で包みをひらいて中身を確認すると、カミィと呼ばれた少女は喜びを抑えきれずに父へとびついた。

 うまれた頃から蝶よ花よと可愛がられ甘やかされてきたせいか、未だに幼い子どものような振る舞いが残っている自覚はある。
「もうすぐ十七歳になるというのだから、そろそろ気をつけなさい」
 と、先日も母から注意を受けたばかり。けれどまだ、気を抜くとついつい子供のような言葉遣いや態度が出てしまう。本当は、パパ、ママと呼びたいし、かしこまった話し方だって苦手。

 とはいえ、母のほうも、そんなに真剣には怒っていないのかもしれない。今だって、廊下の奥からゆっくりと現れたその人は、あらまあと苦笑いしながらも叱る様子は無い。

「あなた、お帰りなさい」
「ただいま。何か変わりはなかったかい?」

 父は数歩進み出て、迎え出た母にハグとキスを落とした。

「特には何も無かったわ」
「そうか、それは良かった。いつも寂しい思いをさせてすまないね。愛してるよ」

 母に向けて恥ずかしげ無く愛を囁く父の横で、
「ねえ、お父様、似合う?」
 と、カミィは青い薔薇のブローチを早速胸につけて、クルっとその場で回転。得意気にポーズを取ってみせた。

「可愛いよ」
 返事をして、父は次に、使用人が持ってきた書簡類に軽く目を通しはじめる。長い留守のせいで、結構な量が溜まっていた。
 一枚ずつ素早く差出人を確認して、返事が必要なものとそうでないものにより分けていく。鮮やかな手つきはまるで仕分け職人。
 カミィが面白がってその作業を眺めていると、ふと父の手が止まった。
 握られているのは金で箔押しされたひときわきらびやかな封筒。つま先立ちになり覗きこむと、それは王室から届いたものらしかった。

「ほう。来週、王子様主催で舞踏会が開かれるようだ。明るい催しで少しでも元気を取り戻されると良いのだが」
「そうねえ。王族の方が次々とお亡くなりになって、王様も今は病に臥せっておられるのでしょう? 王家の血筋のなかで、お元気なのはもうトーマス王子おひとりだとか。たまには息抜きが必要よねえ」

「あの王子様は立派だよ。王の代理になってすぐ、領土争いが続いていた隣国と停戦協定を結ばれた。そのおかげで私もずいぶん安心して海に出られるようになったからね。ああいうお方に娘を嫁がせたいよ。見た目だけならじゅうぶんに可愛らしく育っていると思うのだが?」
「いやあね、あなた。それは親馬鹿と言うのよ」

「良い機会だし、家族で参加させていただこうか」
「そうね」

 両親の会話にカミィの心がステップを刻む。頭のなかはもうすっかりパーティ会場。

「まあ、家族で? パーティに私も参加できるの? 素敵! ねえお父様、ドレス買ってくださるわよね? 楽しみ!」
「ああ、とびきり素敵なドレスをオーダーしてあげよう。それと、仮面舞踏会らしいからマスクも用意しなくてはね」

 はじめての舞踏会に浮き立つカミィは、色は薄い青が良いだとか生地はシルクとレースにしましょうだとか、はやくもメイドに向かってあれこれとドレスの注文をつけながら、野うさぎのように跳ねるのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ