挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/43

第二三話  第四楽章:幸せへ続くマーチ

「運命の女神よ、我らを導きたまえ」
 これは誰の祈りだったか。

*

 城付近の森に密やかに集まる武装した集団。ついに計画を実行にうつさんとしている反乱軍。

 その一団を、少し離れた木の陰から眺める姿がひとつ。
 できれば反乱軍が動く前にこっそり忍び込み、混乱に乗じてカミィを連れ出してしまおうと考えたマリクだ。
 もはやカミィ本人の意思は関係ない。命あってのなんとやら。
 用意した武器は無骨な鉄パイプ一本。それでも、手ぶらよりは心強い。

 よし。今なら行ける。
 一団に気づかれないようそっと後退。数歩さがって、背中が何かにぶち当たる。
「おっと」
 後ろに木でも生えてたかと振り向いて、マリクは硬直。

「お、おま、なんでここに」
「しー」
 人差し指を口に当て、立つのは白衣の馬鹿野郎(おうじさま)。白馬に乗ってないだけまだマシか。

「ったく。遅いんだよ。反乱の混乱に乗って、やるぞ。戦いになるかもしれねえ。お前、武器は?」
「ポケットにメスが数本」
「……。急ごう。カミィの居る部屋は俺が知ってる。ついて来い」

 以前忍び込むときに、城の間取りは頭に叩き込んだ。迷うこと無くたどり着けるはず。
 まっすぐに城の裏手へ。ジュンイチも黙ってあとに続く。

 森を抜け、生け垣に隠れ進むふたりが城の中庭へ差し掛かったとき。

「突撃!」
 という声と、大勢の足音。続いて響くのは発砲音。

「はじまったか」
 もたもたしている暇は無い。作戦、開始。


*


「何だ? 騒がしいな」

 騒々しい足音に、執務室でトーマスがひとりごとを漏らしたと同時。足音の主の大臣が、大慌てで駆け込んできた。
 大臣の顔色は真っ青。丸々としていたほんの数ヶ月前の面影は無くゲッソリとやつれ、未だ丸い目だけがギラギラ光る。

「王様! 大変です! 数百とみらられる数の民が武装して庭園に!」
「はぁ!? 状況は? 兵は何をしている?」

 トーマスは立ち上がり、引き出しから銃を取り出した。
 ほくろの神父に穴を開けたあの拳銃(ハンドガン)

「正門の見張りは不意打ちでやられたようです。銃声をききつけた中庭の兵が正面の庭園へ急行。現在はそこで応戦中です」

 こういうときにこそと、一段と丁寧に銃の解体、点検をこなすトーマスは、劣勢の知らせに舌打ち。

「俺様は念のため奥へ避難する。鎮圧が済んだら呼べよ」
 点検を終えた銃を懐におさめて、大臣を一瞥することもなく執務室を後にする。

「豚どもめ」

 正門から遠のけば静かな城内。外で暴動が起こっているという事実は、まだまだ白昼夢。


*


 ウトウトとベッドで真昼の夢を見ていたカミィは、急に聞こえたガシャンという音に飛びあがった。

「ぴゃあ!」

 音のしたほうを見れば、窓が割られてそこから誰かがはいって来てる途中。

「こ、ここには何もないよ!」
 ぎゅっと目をつぶって、お膝を曲げて、頭までお布団にかくれんぼ。
「ここには何もないよ、本当だよぉ! 誰もいないよ。わたしは布団のおばけだから!」

「落ち着いて」

 からだがとろけそうな声がして、そっとお布団から顔を出したら、そこに居たのは毎日夢に見る――。

「吾妻様?」
「そうだよ」

 ほんのちょっとのおしゃべりで、心臓がドキドキ。からだはぽわぽわ。

「ぼーっとしてんな! 急げ!」
「あ、マリク……逃げる?」

 もうひとつ声がして、カミィはハッと座りなおした。

「逃げるのはダメ。ダメだよ」
「そんなこと言ってられる状況じゃなくなったんだよ! ここは危険だ! 暴動が起きてる! もうすぐここにも反乱軍が来るぞ!」


*


 バン! と。
 何の前触れもなく外側からドアが開かれた。
 問答していた三人の注意は一斉にそちらへ向かう。六つの瞳の視線を受けて声を上げたのは――トーマス。

「何だお前達! ここで何をしてる! 何者だ!」
「やべっ見つかった! カミィはやく!」
「待てっ。何のつもりだ」

 すぐに事態を把握して、マリクはカミィの腕を引く。それを引きとめようとするトーマス。
 を、さらに引き止めたのは廊下からの声。

「見つけたぞ、王!」

 混戦地帯を抜けた反乱兵が五人、ここまでたどり着いたのだ。

「王、あなたを捕縛する。覚悟!」

 ひとりの兵がトーマスへ近づくと同時、
「ゲツエイ!」
 叫んで、トーマスは部屋の奥へ駆け込んだ。

 カミィ達の立つベッドのそばを横切り、さらに奥へ。
 あとを追おうと兵が数歩入室した瞬間。


 空を斬る黒い風。


――天井から何かが落ちてきた。



 部屋にいる人びとが認識したとき、すでに反乱兵のひとりが肉塊へと変わり果てていた。

 右半身と左半身、お別れのようです。さようなら。脳天から縦にひとすじ、真っ二つ。裂かれた断面は一直線に芸術的で美しく。花開くように広がり崩れ、ニンゲンの欠片が飛び散れば、粘度の高そうな水音がビチャリ。

 その光景はまるでスローモーション。
 両隣に立っていた兵は反射的に肉塊を避けてあとずさる。

 無意識に皆が壁際まで下がり、輪のようにポカリと開いた部屋の中心。
 降り立ったのは、黒い影。二本の足で立つ、何か。

 誰も声を出せず、息もできず。
 ひとりトーマスだけが余裕の高笑い。

「いいぞ、ゲツエイ、殺せ! ここにいる奴ら全員殺せ!」

 ゲツエイはゆっくりと振り返り、愉快にニタっと牙を剥く。
 右手にかぎ爪、左手に小太刀。ふたつの刃がきらめいて。


 恐慌状態から持ち直した反乱兵が銃を構え直して叫ぶ。
「に、人数ではこっちのほうがう」

 刹那にふたり目。首が飛ぶ。

 ポーンと跳ね上がる首はブーケのように。
 切断面が張り付いて、天井と首が短い逢瀬。重力に引かれ赤い糸を紡ぎ落ちた生首は、フローリングに着地して、運命的なキスでマリアージュ。

 ふたつの肉から溢れて混ざり、広がっていく赤い沼。深く、濃く、底無しに。

 沼に沈める玩具は何だ?
 だるま落としにいたしましょう。
 足首、膝、ふともも、腰。下から順に輪切りにすれば、ず、ず、ず、と崩れて落ちる。三人目。
 あっという間に、三つの遺体の混ぜあわせが完成。

 血の匂い満ちる混沌のなか、突如カミィが走り出した。向かうは部屋の奥、トーマスの元。

「もうやめてぇ! お願い、あの人を止めて! こんなこともうやだよぉ!」

 動くものを標的とする殺人マシンが振り返る。絞られた瞳孔は照準装置。狙いを定めて、飛ぶ!

「危ない!」

 マリクの鉄パイプを奪い、ジュンイチは咄嗟にゲツエイの軌道に割り込んだ。迫る小太刀をパイプで弾く。

 弾かれた反動を利用し、ゲツエイは後ろに跳躍。
 空中高くでくるっと一回転。落下しながら、下に立つ反乱兵の首を股に挟む。足を四の字に曲げて兵の首を固定し、身体を捻れば、「ゴキッ」と重い音。捻った勢いに乗せて足を離すと兵は投げ飛ばされて壁に衝突。力を失いずり落ちる。座ったまま眠っているような姿勢で動かない。死んでいる。四人目。

 その場にある全ての目は凄絶な光景に釘付け。
 カミィだけがトーマスの足元へ跪いて懇願を続けていた。

「トーマス様、あの人にやめてって言って。こんなやり方は、良くないことだよ」

 后は必死に言葉を投げかける。けれど王は見向きもしない。次の獲物を定めた己の道具を真顔で眺めている。視線が全て一方通行。

「ごめんねって言ったら、みんなきっと許してくれるよ。だからね、もうやめて、はやくお医者さんを呼んでみんなを……」

 ゲツエイは五人目の首を掴んで片手で持ち上げ、すでに息絶えたそれをかぎ爪で嬲る。ぶるぶると身を震わせ、絶頂。
 その光景から目を離すと、トーマスは懐に手を差し入れた。

 拳銃を取り出し、引き金に指をかけ――



「おまえ、うるさいよ」



――ためらいなく引いた。


「やめろ!」
 悲痛な叫びは発砲音にかき消され。


 発射された鉛の玉は。



*



 ドン。

 強い力がからだ中を走って。おへそや、胸や、腕や、あたま。わたしをつくるひとつひとつが、ばらばらになったような。

 そのあとにくる熱さ。わたしの中身が燃えている。どんどん広がる炎が止まらない。

 それから、ああ、痛い。とても。穴があいたような。こころが? からだが? どこが痛い? わからない。だって、いま――。


 なにがおきたの?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ