挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/43

第二四話   ☆運命の女神よ、我らを導きたまえ


「痛ッ!」

 反射的にあげられた声はトーマスのもの。
 その右腕には血が滲み、取り落とされた銃が床上で無機質に音を鳴らす。




 引き金がひかれるその瞬間。

 やめろ、と叫びジュンイチはメスを投擲。メスは見事に的を切り裂き、銃の狙いを狂わせた。カミィの心臓めがけて飛び出した鉛玉は、幸か不幸か、脇腹へ命中。

「なんてことを!」
 ジュンイチは血相変え、意識を失った少女の元へ。

「くそっ、許さないぞ貴様ら。どいつもこいつも俺様に歯向かいやがって!」
 血の滴る腕を押さえて、トーマスは憎々しげに吐き捨てる。
「もういい。こんな国はもう要らない。俺様は俺様の理想の国をつくり上げてやる。さようなら、だ。豚ども! 次に会うときは戦争だ!」
 行くぞゲツエイ! の合図で巻き起こる突風。刹那、ふたりの姿は部屋から消失。

「なっ……! 消えた……。おい、見たか? 消えたぞ!」
「そんなことはどうでもいい!」
 ジュンイチは驚くマリクを一蹴。少女に寄り添い跪けば、小さな身体から溢れる赤黒い液体が白衣を濡らす。

「ああ、大変だ。はやく治療しなきゃ」
 ベッドのシーツで手早く止血処置を施し、すぐに彼女を抱えて立ち上がる。

「医務室は下だ。ホールの少し奥」
「ありがとう」
「待て。これ持っていけ」
 マリクが投げ渡したのは、首から下げていた指輪。

 ぐったりとした少女を抱いたままで、ジュンイチはそれを器用に受け取り走り出した。

*

 全速力で廊下を駆ける。

 途中、薄紫色の髪の男と遭遇。男はすれ違いざま、ジュンイチが抱えた少女に目を向け、
「后!? 何があった?」
「二階最奥の部屋へ行けば分かる!」
 ジュンイチは止まらず、振り返らず、そのまま疾走。

 少女の顔色は刻一刻と悪化の一途をたどる。
 医務室に到着したときには呼吸も弱まり、予断を許さない状況。

「死んじゃだめだよ。がんばってね」

 寝台に寝かせ、即座に治療開始。

 止血のため患部を圧迫していたシーツを解き、血液で皮膚に貼り付いた洋服を剥がし傷を確認。至近距離から撃たれたのが不幸中の幸いか、銃弾は貫通している。が、出血が酷い。傷口をメスで広げ目視。付近の内臓に損傷は無し。

 カンフル剤、消毒液、鉗子、ハサミ、ピンセットに針に糸。必要器材を探し出し外科的手術を行うも、依然患者の容態は変わらず。

 危惧していた事態。
 出血量から判断して、このままでは失血によるショック死が考えられる。くまなく室内を探索するが、輸血バッグは発見できず。

「研究室に戻ればあるけど」
 車に乗せても、今の様子では患者が移動に耐えられないだろう。

 残る選択肢はひとつ。

「……直接輸血法」

 他人同士の血管と血管を直接つないで輸血する方法。舞踏会で尋ねた少女の血液型と、自分の血液型は同じ。ならば不可能ではない。

 しかし、リスクは甚大。
 点滴フィルタを通さず生の血液を直接他人に流し込めば、拒絶反応で重篤な後遺症が残ったり、死亡する可能性がある。


「でも、放っておいても死んじゃうんだ」


 迷っている暇は無い。
 瞬時に判断し、ジュンイチは自らの右腕とカミィの左腕を寝台に固定。それぞれの手首を切開、自分の動脈と少女の静脈の口を合わせ縫合。

 繋いでほどなく、少女の唇と頬に赤みが差しはじめたら、再び血管を切り離し、それぞれもとの持ち主のものと繋ぎあわせ体内に収納して、施術終了。



 最善は尽くした。


 今度は自分が血を出しすぎた。
 貧血により視界が点滅し、意識が途切れかける。血と汗で汚れたシャツの重さが気にかかるほどに、体力を消耗している。いつにも増してダルく、肉体は休息を欲している。


 だが、それよりも今、痛烈に精神を支配しているのは――。



 ジュンイチは寝台に横たわる少女の手を両手でそっと握り、

「あのね、僕、実を言うと、感情っていうものがよく分からなかったんだ。怒り、悲しみ、恋、不安、恐怖。原理としては理解していたけど、実際に感じたことは無かった。体感したことがあるのは、研究して謎を解明する楽しさ。それと、退屈。それだけだった。誰かが死んで涙するとか、人と会話をして面白いとか、知らなかったんだ」

 穏やかに眠る少女に向けて、独白は続く。

「だから僕は、自分は感情機能の一部が欠如してるんだと思ってた。それでも不便は無かったから、特に問題視もしてなかった。でも、違った。僕のなかには、実際は膨大な感情が埋もれていたらしい。きみに振られたとき、最初はただ実験に失敗しただけだと思った。でもそれだけじゃ説明がつかない喪失感に襲われた」

 忘れようとして、意図的に実験にのめり込もうとしたことを回想し、自嘲する。

「ひとりでは知ることができないいろいろなこと、全部きみを通して知ったんだ。他のだれかじゃなくて、カミィちゃんじゃなきゃダメなんだ。今だって、きみを失うかもしれないと思うと、非常に耐え難い。これが恐怖なんだね」

 腕の震えもそのままに。

「人はいつか死ぬって、それが当たり前だって、知ってるけど。理解はできても納得できない。カミィちゃんに生きていて欲しい。知りたいことがまだまだたくさんあるから」

 握った手を、額に押し当て。

「こういうとき、みんなは祈るんでしょ? 『運命の女神よ、我らを導きたまえ』。神の存在は証明されてないけど。今だけは、何にだって縋りたい気分だ。カミィちゃんが生きてそばにいれば、僕は、他に何もいらない」

 だから、お願い。
 またいろんな姿を、見せて。



 気づけばいつの間にか外の喧騒は収束している。祈り終えれば静寂が訪れ、室内に反響するのは時計の秒針の音だけになっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ