挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/44

第十九話  第三楽章(2):解を求むオラトリオ


 ほくろの男が城へ出向いた翌朝。

 帰ってこなかった男を気にかけつつも、教会の業務は平常運転。
 職員用プライベートルームには、慎ましいデスクが向い合せでふたつ置かれている。席についた職員は、正面に人が居ない景色に一抹の寂しさを覚えた。

 そこへ、施設で暮らす少年がやってきた。両手で抱えた箱を差し出して、

「ドアの前に荷物が置いてあったよ」
「寄付の品でしょうか? ありがたいですね」

 少年は箱を手渡すと、ひまわりの笑顔で「そうだね! あとで何が入っていたか教えてね!」と元気に外へ駆けてゆく。

 赤い包装紙で綺麗にラッピングされた箱は黄色いリボンで飾り付けられ、どの角度からみてもプレゼント。詰まっているのは夢か希望か。

 ラッピングを解くと、箱のなかにさらに箱。外箱とはうってかわって無機質な内箱の蓋には、カードが一枚挟み込まれていた。
 カードといっても、手近にあった紙を手で切ったような雑なもの。丁寧な梱包とは不釣り合いで、急いで入れたか、またはこっそりと忍び込ませたような。カードよりもメモ書きと呼ぶのがふさわしい。

 カードには走り書きで、『天使は堕ちた』からはじまる数行の短い散文が記されていた。
 
「どういう意味でしょう?」
 首をかしげ、職員は箱に手をかける。

 ゆっくりと蓋を開けると、現れたのは黒い布に包まれた小さめのスイカほどの丸い物体。

 厳重に、幾重に、巻きつけられた布は封印のよう。
 一枚、一枚、守りを解いて。
 ”これ以上開けてはいけない”。
 虫の知らせを無視したならば。

 無表情に目を見開いたほくろの男とご対面。

 首だけの姿と(幻聴が)なった彼は言う(きこえる)


 ”ただいま”。




――目が合うともうダメだった。

 朝、おいしくいただいたはずのトマトが、ベーコンが……まだ形状を維持したまま、職員の口から床へ飛び散って。これは血。これは肉。あわや意識も飛び散りそうだ。

 受話器を取り、震える指で教会の組合にダイヤルを回す。ダイヤルは鋼のように重く固い。

 数秒して、呼び出し音が途切れたら。
「すぐに各地の代表者を集めてください!」
 それだけをなんとか言い放ち、職員は床へと崩れ落ちた。






 その夜。
 礼拝堂では、再び会議が開かれていた。
 先日と違うところは、椅子がひとつ少なくなったこと。

「なんという酷いことを。一体誰がこのような」
「城へ行ってこうなったのですから、城の関係者に違いありません」
「道中で賊に襲われたという可能性もあります」
「なぜ賊がわざわざ、く、首をき、切って……ああ、口にするのも恐ろしい。とにかく、なぜこのようなことをする必要があるのです」
「それは城にしても同じでしょう」

 議題は言わずもがな。
 ほくろの男が殺害され、その首がご丁寧に梱包された状態で()られて来た件。
 飛び交う推理は未だ形が曖昧なまま。

「天使は堕ちたというのはどういう意味だ。あのメモを書いたのは犯人か?」
「天使とは何かの例えであると考えるのが自然でしょう」

「皆さん、一度落ち着いてください」

 いつもまとめ役をかって出ていたほくろの男は今や口なし。あとを継いで立ち上がったのは細目の男。

「私にはどうもこれが、救いを求める懺悔の言葉に思えるのです。これを書いた人物は、何かを後悔しているのでは?」

「何かとは、やはり殺人でしょう。しかしこのような酷いことを思いつく人間が後悔など……メモを入れた人物は直接の犯人ではない可能性がありますね。犯人と深くかかわりがあって、かつ、不本意ながら犯人に協力せざるを得ない状況になったから、メモを入れて助けを求めているのでは……?」

 メモを囲んで神父達、そろって内容を読み上げる。

『天使は堕ちた。信じた指導者は地獄よりの使者。そして私もまた、闇に呑まれた。すまない』

「指導者とは、誰を指しているのでしょうか? 指導者と言えば……」
「王……」

 その瞬間、全員の視線が交差した。

「まさか、王が? そんな、ありえない」
「だが、彼は城へ行ったのだ。しかも、王に苦言を呈しに」
「もしや王の怒りをかって殺されてしまったというのか? ここに送りつけられたのは見せしめというわけか!」

 導火線に火が付いて、伝う炎は加速度的。

「なんということを。あまりにも我々を、人の命を、馬鹿にしている! 最近の王はどこかおかしいと思っていたが、まさかこれほどまでとは!」
「反乱です! 王の好きにさせたままではいけません。我々は脅しになど屈しない。反乱軍を結成するのです!」
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ