挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:カミユ

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/45

第十九話  第三楽章(2):決意とセレナーデ


 ほくろの男が城へ出向いた翌朝。

 帰ってこなかった男を心配しながらも、教会の職員は慌ただしく一日の準備を開始していた。

 職員用のプライベートルームには小さなデスクがふたつ置かれていて、向い合せに座るような配置になっている。
 職員は書類に目を通しながら、正面に人が居ない景色に一抹の寂しさを覚えた。

 そこへ、施設で暮らす少年が両手で箱を抱えて小走りにやってきた。

「ドアの前に何か荷物が置いてあったよ」
 どんな宝石にも負けないような輝く笑顔で、少年は職員へ箱を差し出す。

「誰からかな? 何が入っているのかな?」
 赤色の包装紙で綺麗に梱包された箱には黄色いリボンが飾り付けられ、まさしくプレゼントといった様相。少年はワクワクが隠せない様子だ。

「寄付の品でしょうか?」
 職員は箱を受け取って軽く振ってみたが、音はしない。

「夏用の衣類だとありがたいのですが」
 暑い季節なのに長袖のシャツを着ている少年を不憫に思いつつ、包装紙を剥がす。

 梱包を解くと、白くて無機質な厚紙でつくられた箱が現れ、蓋に一枚のカードが貼り付けられていた。
 カードといっても、メッセージカードのように模様や罫線の入ったものではなく、手近にあった紙を手で切ったような雑なもの。カードというよりはメモ書きに近い。

 丁寧な梱包とは不釣り合いで、急いで入れたか、またはこっそりと挟み込んだように見える。
 カードには走り書きでこう記されていた。


『神は死んだ』
 

「どういう意味だろう?」声には出さずに首をかしげる。
 ひとまずカードはデスクに置いて、職員は箱に手をかけた。

 ゆっくりと蓋を開ける。

 中身は小さめのスイカのような大きさの丸い物体で、黒い布に包まれていた。
 包装された箱のなかでさらに布に包まれて、封印を施されたように厳重に詰められたモノ。

 布をそっと開くとそこには、皆が帰りを待ち望んでいた――ほくろの男が居た。



「ただいま」
 という言葉をもう発することは二度とできない首から上だけの無残な姿に変わり果てて。



「見てはいけない!」

 職員は、箱の中身を覗き込もうとした少年に、鼓膜が破れるかというほどの大声で怒鳴りつけた。
 突然理不尽に怒鳴られ、少年はその場に尻もちをついた。涙目になり、素直に謝って一歩下がる。

「ごめんなさい」
「いえ……。私こそ大声を出してすみません。でも今は部屋から出て行ってください。これは子どもの見るものではありません」
「はい」

 子どもに罪はない。
 それは充分に理解しているが、今の職員に子どもを気遣う余裕は無かった。立っているだけで精一杯だ。

 見間違いか、あるいは夢であることを願ってもう一度箱を覗くと……やはりそこにはほくろの男の首があり、瞼を開けてこちらを見つめている。


 目が合うともうダメだった。


 職員はその場で朝食をすべて床の上に戻し、屈みこんだ。
 気を抜くと意識が無くなりそうだ。
 昨日の夜、出かける前までは優しく微笑んでいたほくろの男が、今、デスクの上の小さな箱のなかで表情を変えずにじっとしている。

 できるだけそちらを見ないようにしながら、持ちうる全ての力を振り絞ってそばにある電話の受話器を取る。
 震える指で教会の組合の番号にダイヤルを回す。電話のダイヤルが岩のように重く固く感じる。

 数秒して、カチャリという音と同時に呼び出し音が途切れる。
 職員は、「もしもし」という相手の声を待たずに、
「すぐに各地の代表者を集めてください!」
 と早口で言ってから、受話器を握ったまま気を失って倒れた。

*

 組合の手まわしで駆けつけた神父達の手助けによって、なんとかその日の通常の運営を終えたあと。
 礼拝堂のなかでは、再び、椅子を円に並べての会議が開かれていた。
 先日と違うところは、椅子がひとつ少なくなったことだ。

「なんという酷いことを……一体誰がこのような……」
「城へ行ってこうなったのですから、城の関係者に違いありません」
「道中で賊に襲われたという可能性もあります」
「なぜ賊がわざわざ、く……首をき、切って……ああ、口にするのも恐ろしい……とにかく、なぜこのようなことをする必要があるのです」
「それは城にしても同じでしょう」

 議題は言わずもがな。
 ほくろの男が殺害され、その首がご丁寧に梱包された状態で"贈られて"来たことについてだった。
 犯人の目的や人物像について次々と考察が交わされる。

「神は死んだというのはどういう意味だ。あのメモを書いたのは犯人か?」
「死んだのは神父様であって神ではない。それに、殺されたのだ」
「神とは何か別のものの例えであると考えるのが自然だろう」

「皆さん、一度落ち着いてください」

 このままでは何の結論も出ないままに夜が明けてしまうと考えたひとりが立ち上がった。

「あのなかをもう一度よく見てみませんか。何かヒントがあるかもしれない。それに、いずれは覚悟を決めなければならないのです。ずっとあのままではかわいそうだ。土に還してやらなければ」

「あのなか」と言って背の低い男が指差した方向に全員の視線が注がれる。

 皆が座る位置から少し離れたところ。
 教会のシンボルである女神像の足元に、白い箱が置かれていた。
 静まり返った室内に、誰かの汗が床に落ちる音が響いた。

「では……全員で、確かめてみましょう」

 その提案で、ひとり、またひとりと椅子から立ち上がる。
 足並みを揃えて恐る恐る箱へ近づいて、ぐるっと周りを取り囲む。
 そこで顔を見合わせて、「誰が開けますか?」という意味での目配せが連鎖する。

「で、では、私が……」

 連鎖の終着点にいた痩せた男が仕方なく箱へと手を伸ばす。
 震える手で蓋を開けると、そこには朝と変わらぬままひたいに穴が空いた頭部が収められていた。

「……どうでしょうか」
「どうと言われましても……」

 誰からも続く言葉が出ない。

「箱のまま、土に埋めて供養してはどうですか」

 痩せた男が弱々しく提唱したそのとき、細い目をした男が何かに気づいたように、
「あ」
 と小さく声をあげ、箱の隅に手を入れた。

「ここに何かあります」

 上げられた指に、紙切れが挟まれている。
 付着した血が乾いてパリパリになった紙には、箱の上に貼り付けられていたカードと同じような筆跡で、今度は少し長い文章がしたためられていた。

『我々が信じていた指導者は地獄の使者であった。もう何を信じれば良いのか分からない。そして私もまた、闇に堕ちた。すまない』

「これは……救いを求める懺悔の言葉に思えます」
 細い目をした男が、その文章を読んで言った。
「これを書いた人物は、何かを後悔しているのでは?」

 それに対して、背の低い男が答えた。

「何かとは、やはり殺人でしょう。しかしこのような酷いことを思いつく人間が後悔など……メモを入れた人物は直接の犯人ではない可能性がありますね。犯人と深くかかわりがあって、かつ、不本意ながら犯人に協力せざるを得ない状況になって、メモを入れて助けを求めているのでは……?」

 箱の周りで神父達はそろって首を捻った。

「信じていた指導者とは、誰を指しているのでしょうか? 指導者と言えば……」

「王……」

 その瞬間、全員が顔を上げた。

「まさか、王が……? そんな、ありえない」
「だが、彼は城へ行ったのだ。しかも、王に苦言を呈しに」
「もしや王の怒りをかって殺されてしまったというのか? ここに送りつけられたのは見せしめというわけか!」

 一度火が着くと、もう止まらない。怒りの炎は加速度的に広がっていく。

「なんということを! あまりにも我々を馬鹿にしている! 最近の王はどこかおかしいと思っていたが、まさかこれほどまでとは!」
「絶対に許すまじ。今こそ立ち上がるとき」

 日々の不満が爆発し、それぞれの口から怨嗟の言葉が溢れ出る。
 その熱気によって、室温が上がったと錯覚するほど。
 聖職者といえども、その実、普通の人間なのだ。

「で、立ち上がるといっても、具体的に何をするのです?」

 背の低い男が皆の顔を見まわして言った。

「それは……」

 熱くなっていた神父達は、モゴモゴと言い淀み、次々に目を伏せた。

「反乱です」

 ただひとり、細い目をした男だけが顔を上げていた。

「王の好きにさせたままではいけません。我々は脅しになど屈しない。反乱軍を結成するのです」


***


 季節は移ろい、暑い日々にも終わりが見えはじめた頃。

 空には、泣きながら手紙を書いた日とよく似た半分の月が浮かんでいる。
 マリクの一件以来、さらに厳重に封鎖されてしまった部屋のなかで、カミィは窓際に座って外を眺めている。

 バルコニーが落ちたのは、老朽化のせいだろうということになった。
 そして、危険だからとバルコニーへ続いていたドアは内側からは開けられないよう改装され、ついでに窓の鍵までもが動かないように固定されてしまった。

 空を見上げる視界に窓枠が映り込み、監獄の檻に閉じ込められているような気持ちになる。
 実際、制約の多さでいうと監獄とさほど変わらない生活なのではないか。

 出窓に上半身を預けるカミィの手には、一枚の手紙が握られている。
 数日前に父から届いたものだった。

 そこに書かれていたのは、概ねこのような内容だった。

『国王の政治に不満をもった人が集まってテロを起こそうとしている。無理に嫁がせて悪かった。反省している。何か騒動が起こる前に帰って来い』

 最初この手紙を読んだとき、カミィのなかには激しい憤りの感情が芽生えた。
「わたしの意思を無視して結婚させたのに、何を勝手な!」と。
 少し冷静になると、気にかけてくれている両親が急に恋しくなった。

 そしてその次に、トーマスのことが心配になった。
 閉じ込められて、外で何が起こっているのかはまるで分からない。
 だが手紙に書かれていることが間違っていないのなら、今一番危ない状況にいるのは彼だ。

 なんとかしてこの事実を伝えないと。
 気にかけてくれる両親もいない孤独な彼の、心も、体も、救ってあげなければいけない。

 マリクの誘いを断ってあとにひけない状況になったせいか、心のなかには前にも増して、強い使命感のようなものが芽生えていた。

 しかし危機を伝えようにも、トーマスと顔をあわせる機会が無い。

 どうすればよいかと頭を悩ませていると、いつも決まってジュンイチの顔が思い浮かぶ。
 とても賢い人だった。きっと彼なら、すぐに何か良い方法を思いつくことができるのだろう。

 吾妻様に会いたい。

 そう思うと、やはり無理に嫁がせた両親への憤りが湧き上がり、感情がぐるぐるぐるぐると堂々巡りする。

 手紙が届いてから数日、カミィの頭のなかはずっとこの調子だった。

 両親に宛てて返事を書けば、もしかしたらここから出られるかもしれない。
 でもそうすると、トーマスは深く傷ついてしまうだろう。

 人を信じられなくなってしまった子犬を、見捨てることができるだろうか?
 それはやっぱり、かわいそうだ。
 悪い人ばかりではないということを教えてあげることができれば、きっとみんな幸せになれるのだ。

 外では着々と反乱の兆しが濃くなっているとも知らず、夢見がちな少女はただぼんやりと、月にかかる雲がゆらゆらと流れていくのを眺めていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ