挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/43

第十八話  第三楽章(1):穿たれるゴスペル

 小さな教会の狭い礼拝堂。
 簡素なパイプ椅子が十脚、向き合って円陣を組んでいる。集まっているのは、各地域の教会の代表者達。寒い石床が侵食したような、褪せた色の司祭服を一様に纏って。

 国を守護するとされる運命の女神を信仰し、身寄りのない子供を保護する役割も担う施設、【教会】。その運営は、主に寄付でなりたっている。
 恵みの雨が枯れつつある世。しわ寄せの餌食となるのは、いつも弱者から。

 彼らは――窮困していた。



「一度、王様に謁見を申し込んでみませんか」
 細い目をした男が言った。
 それを皮切りに次々とあがる、くすぶりの声。

「高額の課税が続き、生活が苦しくなったという者がふえています」
「保護している子どもたちにも、満足に食事を与えるのが難しくなってきました。皆、お腹をすかせています」
「税がいつ下がるのか質問しましょう」
「なぜ税を急に上げられたのかもたずねたい」
「国民の生活が苦しいというのは王様は把握されてるのでしょうか? そちらも訴えたほうが良いのでは?」

「では、そのようにまとめ、私が代表して行ってまいります」
 リーダーシップを取ったのは、坊主頭の年配の男。ひたいで大きく主張する特徴的なほくろはまるで第三の目。その目で人の心を透かすように全員の意をくみ、優しく穏やかに場を包む。

 しめやかに行われた会合の後ろで。
 祀られた女神像は、黙って、まっすぐ未来に目を向けている。



 それから数日。

 王と謁見の約束をとりつけたほくろの男は、時間通りに城へ訪れた。
 遅い時間だった。道は暗く、足元も見えぬほど。対象的に、たどり着いた城は窓の明かりが眩しく光を放つ。

 謁見室へ案内されるあいだ、男は長い廊下を物珍しく遊覧。使用人や兵士の姿をほとんど見かけないのは、時間のせいだろう。

「どうぞなかへ」

 大臣に促され、名残惜く一度来た道を振り返る。
 きらびやかな城内を見おさめ観光気分を捨て、男は意を決して謁見室へと足を踏み入れた。

 室内は教会の礼拝堂がいくつも収まりそうな広さ。数十歩進んで、やっと奥に居る王の顔が見える。
 その微笑みは天使の如く。女神の遣いはこんなところにおわしたのか。対面の感動もひとしおに、一段高くなった王座の手前で膝を折り、男は頭を下げた。

「本日はお忙しいなか、謁見をお許しくださりありがとうございます」

――見えるは赤い絨毯のみ。

「何の用だ?」

――頭上から振るは王の声。

「税のことで相談がございます」

――段上から衣擦れの音。

「現在の税率で生活苦を訴える民が増えておりますのはご存知でいらっしゃいますか?」

――カツカツと足音が鳴り響き近づけば。

「我らが保護する子どもたちも満足に食事を摂ることが難しくなり」

――傷ひとつない靴のつま先が視界に入り、

「おい。顔を上げろ」
「はい?」



 ドン! と、耳をつんざく轟音がして。
 顔を上げた男はその勢いのまま血を噴いて後ろへ倒れた。






「ふうん。思ったよりも反動が強いな」
 硝煙あがる銃口に向け、トーマスがぼやく。
「一番軽いものを注文したのに。こういうものか」

 大臣はただただ唖然として、転がる物体と自らの主に交互に目を移した。

 倒れた男のひたい。ほくろがあった位置に、ぽっかりと穴があいている。そこから溢れる血液が、赤い絨毯にさらに濃い色を混ぜる。ドクドクと、毒々しく。

 近くから撃ったとはいえ、そこを狙ったらしきトーマスの射撃の腕はなかなかのもの。
「音もうるさいな」
 銃の感想を述べるトーマスの態度は、ただの(まと)に試し撃ちをしてみただけとでも言いたげ。

「なんということを……」
 大臣は、やっとのことで一言絞り出した。

「愚民が俺様に直接文句を言いに来るなんて、神への冒涜に等しいよな。しかもこいつ聖職者だとさ。皮肉なもんだ。笑えるよ」
 堕ちた天使は転がる死体を足裏で揺する。
「もう二度とこんな馬鹿な真似しないように、見せしめが必要だと思わないか?」

 同意も否定も出来ず、大臣はただただ立ち尽くす。

「こいつの体……いや、首だけで充分か。切り落として箱に詰めて送り返せ。調べればすぐにどこの教会の奴か分かるだろ。くそっ、靴が汚れた。今日の仕事はもう終わりだ。俺様は部屋へ戻る」

 絨毯を足ふきマットにして靴の汚れを落とし、トーマスは実にあっさりと謁見室から去った。


 遺体と一緒に残された部屋で。
「神への冒涜を犯したのはあなたのほうです、王様。お赦しください、神よ」
 大臣は、トーマスに対する反感の言葉と神への懺悔を繰り返し。

 祈って遺体が消えればどんなに良かろう。逃避が終われば現実に追われる。誰かがどうにかしなければ。
 小一時間祈ったあと、大臣は言われた通りに遺体を処理する覚悟を決めた。
 逆らえば、次ここに転がるのは間違いなく……。

 ほくろの男はあまり大柄ではない体格だったが、全身の力が抜けているとそれなりの重さ。ひとりで持ち上げるのは至難の業。
「このような扱いをして申し訳ございません。どうか、どうかご理解ください。私も生きるために必死なのです」
 ずっしりとした命の重量を両手に、人目を避けて裏庭へ、ずるずると引きずり運ぶ。

 ”見せしめ”なのだから、本来隠す必要は無いのだろう。それでも、大臣は途中で幅の狭い布を倉庫から調達して、遺体を包んだ。褪せた司祭服よりよほど良い素材の布は哀れみの死装束。


 幸いにも、誰にも出会わずに目的の場所に到着。

 たった数分間の移動でも、運んでいるのは非情な現実。時間はまるで永遠のよう。
 これからさらに体感時間は長くなるだろう。遺体に手をかけなければならない。



 真夜中までかかって、大臣は、うまれてはじめて人間の体に刃物を入れて、うまれてはじめて人間の頭と胴を切り離し、うまれてはじめて切断した人間の頭を箱に詰めた。

 その夜は、大臣にとって、人生で一番長い夜となった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ