挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:カミユ

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/45

第十五話   ☆リインカーネーション(2)

 呼び名をつけた夜以来、ゲツエイはときおり、トーマスに姿を見せるようになった。

 トーマスが悪夢にまとわりつかれていると、必ず起こしに現れる。
 けれど一度も他者に見つかることはなく、ゲツエイの存在には、トーマス以外誰も気付いていないようだった。




 ふたりが出会って数年が過ぎたある日。
 トーマスが城の二階を歩いていると、後ろから誰かに突き飛ばされて、そばの階段から落ちた。

 宙を舞う間に見えたのは。
 積み重ねた価値が、上り詰めた位置が、軽く奪われ灰燼と化すビジョン。

 幸いにもたいした怪我はなく、すぐに部屋へと戻れる程度で済んだ。
 部屋でひとり視線を落とせば、瞳にうつるのは、痛みを具現化した白い包帯。

「邪魔をする奴はみんな消えてしまえばいいのに」
 空中に呟いて、そのままベッドへ沈み込む。不確かで物足りない柔らかさ。もっと、強いものが必要だ、と思った。でなければ悪夢は止まないだろう。


 その夜、トーマスが夢にうなされても、ゲツエイは起こしに来なかった。




 翌朝。まだベッドから抜け出せないでいるトーマスの元へ、城の使用人が駆けつけた。

「トーマス様。王様からの伝言です。落ち着いて聞いて下さい」
「何事だ?」

「じ、実は、ハイブ様がお亡くなりになられました」

 ハイブ。それは、トーマスの兄の名。

「昨夜、何者かの手によって殺害されたらしく。現在ポリシアが捜査中です。危険ですから、許可が出るまではお部屋から出ないようにと。それ以降の詳細はまた追って伝えるとのことで。ひとまず数時間は……」

 続く情報を飲めば飲むほど、使用人の声がだんだん遠くなる。半分血の繋がった兄の訃報も、ベッドの上では、どこか他人事。噛んでも噛んでも味がしない、無味無臭の話。

「分かった」
 と、一言返せば、使用人は部屋を去る。

 内側からドアに鍵をかけて振り返ると、部屋のまんなかに黒い影。

「珍しいな。こんな時間に」
 近づいて、いつもと様子が違うことに気付く。

 臭いがする。
 普段は不自然なほど無臭のゲツエイから、強い、臭いが。

 どこかで嗅いだことのある――この臭いは、血? それと……。

 何が起きたか理解して、トーマスは目を見開いた。

「ゲツエイ……お前が……やったんだな」

 確信を持てば、ゲツエイは肉食獣らしく大きく口を開いて、発達した犬歯を見せた。


――肯定。


 その瞬間。
 トーマスのなかに湧き上がる。
 歓喜。恐怖。安堵。高揚。苛立ち。決意。興奮。鮮やかに!

「邪魔をする奴は消えてしまえばいいのに」
 たった一言、それが引き金。力はすでに手中にあった。震えがおさまったなら、銃撃はもう止まらない。

「よくやった、ゲツエイ。けどこれからは無闇に殺すな。やりすぎると怪しまれるからな。俺様が指示を出したときだけにしろ」

 ゲツエイはコクリと頷いて、瞬くあいだに影へと戻った。血痕一滴、足跡ひとつ残さずに。




 バレる心配は無かった。

 ポリシアの手がゲツエイへ伸びることは無いだろう。誰の目にもとまらない透明な弾丸。存在が無いものの犯行を、証明できるはずが無い。
 事実、ハイブ殺害事件は迷宮入りすることになりそうだとトーマスの耳には届いた。


 あとは戦略をたてるだけ。ひとつずつじっくりと、敵の息の根をとめてゆく。十一の弾は見事に的をとらえ、最後の一撃を放ったそのとき。

 トーマスはついに、確固たる王になった。


***

『あるひのこと すばやいはりねずみと ももいろのまるが であいました。
 ももいろのまるは とてもやわらかいので とげとげが ささりませんでした。

「ぼくは おなかが すいている」
 ももいろのまるは すばやいはりねずみに いいました。

「きみは ぼくから にげないんだね」
 すばやいはりねずみは ひとりでたべきれないぶんの たべものを ももいろのまるに あげました。

「たべもの もっと ほしい」
 ももいろのまるは いいました。

 それから まいにち にひきは いっしょに すごしました。
 すばやいはりねずみは ももいろのまるのために たべものを とりました。
 ももいろのまるは ごはんのときいがいは ただ すばやいはりねずみに だまってよりそうだけでした。

 でも それでよかったのです。
 やわらかくて あたたかな ももいろのまるの たいおんに つつまれているとき すばやいはりねずみは たしかに ほかのいきものの ぬくもりを かんじることが できたのですから。

 こうしてふたりは しんゆうになりました。
 そして すえながく しあわせに くらしました。

 おしまい

――あなたにも、大きな愛で包み込んでくれる人との出会いが、訪れますように。』


***


 絵本に挟んで持ってきた一輪の薔薇を、カミィは両手でくすぐってみる。
 指のあいだで元気に笑う、枯れることのない大輪の押し花。

「わたし、どうしたらいいと思う?」

 答えが欲しくて呟いてみたとき、着替えを運んできたメイドが絵本に目を留めた。

「あら? その絵本は……トーマス様にいただいたのですか?」
「ううん。おうちから持ってきたの。どうして?」
「お好きなんですね。その作者は、トーマス様のお母様なんですよ」
「え!? じゃあ、これを書いたのは王妃様?」
「いいえ。トーマス様のお母様は爵位も持たぬ一般市民でした。トーマス様は城下で誕生され、物心つく前にお城に引き取られたのです」
「知らなかった。わたし、結婚したのに、トーマス様のことを何も。なんでもいいから、もっと教えて」

 お願いすると、メイドはちょっと悲しそうな顔をした。

「お可哀想に。面白い話ではありませんよ。トーマス様はお城にひきとられたあと、ご兄弟から、母親の身分のせいで随分辛くあたられておられたのです。王様もご多忙でしたから、お気づきになることも無く。ですので、幼い頃からおひとり、熱心に学業に励んでいらっしゃいました」
「ひとりで……。それで、どうなったの?」
「どうということはありません。代理を経て今は王様になられて、国をおさめられている。それだけの話です。度重なるお身内の不幸にも気丈に対応されて、本当に立派な方。幸せになって頂きたいと思います」
「うん。ありがとう」


 メイドが退室したあと、カミィはベッドに腰掛け、もう一度絵本をひらく。

 ひとりぼっちの、すばやいはりねずみ。
 誰の愛も知らず、ひろい世界でたったひとりは、どんな気持ちになるだろう。

『――あなたにも、大きな愛で包み込んでくれる人との出会いが、訪れますように。』
 紙の上に描くことでしか、子への想いを伝えられなかったトーマスの母。

『私が包んであげることはできなかったから』
 そんな続きの文字が、たしかに見えた気がして。

 どうすればいいか、わかった気がする。

 カミィは薔薇を手に立ち上がった。
 褪せない花びらをフレームにいれて、いつでも見える場所へ。

「吾妻様、わたし頑張る。せめてあなたが楽しく暮らせる国になるように。くじけそうになったらこのお花に勇気をもらうね」

 そのためにできることを精一杯。
 まずは、はりねずみとお友達になるところから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ