挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
外見ファクター 〜エステへGo!〜 作者:おせろ道則
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/19

最終話 追加注文

 ジムの近くの喫茶店で、紗枝と栄次は話しこんだ。
 気温3度の外から暖かい室内に入ったからだろう、紗枝の頬はピンク色にそまっていた。
 そんな紗枝を、栄次はただ見つめていた。
 紗枝はハーブティー、栄次はココアを頼んだ。
 ジャージや靴が入っている、大きなボストンバックを蹴りながら、紗枝はいった。
「あたしのコト、大崎君は好きじゃなかったのよ」
「あんま思い返すなよ」
 痛々しくて、フォローに困る。
 栄次は胸をキリキリさせた。
「だって、妥協はしないって」
 栄次は、ううっと言葉つまされた。
「それは向こうに問題があるんだって」
「そんなことないよ。だって恋愛って相互関係でしょ?」
 紗枝は、真顔になっていった。
「う、ま、そうだな」
 栄次もそれには同意した。
「気が合わなかったのかなぁ。けっこう話して、みんなで遊びにも行ってたけど……きっと何かが足らなかったんだなぁ。
 人の価値って、外見だけじゃないって、エステで教えられた。
 だから、なおさら次好きになる人には、外見も内面も、もっと綺麗になって出会いたいと思ったの」
「大崎にじゃないの?」
 栄次がいった。
「え?」
 きょとんとして、紗枝は顔を上げて栄次を見た。
「大崎に会うために綺麗になるんじゃなかったのか?」
「大崎君にはもう会ったよ」
 紗枝はいった。
 栄次は、なぜか胸がざわついた。
「へえ、そう」
 つとめてそっけなく栄次はかえした。
「うん」
 目を細くして、紗枝は静かに微笑んだ。
「もう、いいのか?」
「……うん」
 紗枝はいった。
「これからは、新しい自分のためにがんばるの。新しい自分と、新しい人のために」
「……前向きだなぁ」
 栄次が言葉をこぼした。
「そう?」
 紗枝が笑った。
「失恋者のたわごとですよ」
「そんなことないよ」
 栄次は真摯しんしにいった。
「もちろん、誰かと付き合うことになっても、ずっと努力は怠らないよ。
 美に終わりは無いんだから」
 紗枝は嬉しそうに、ふふっと笑った。
「ふむふむ」
 栄次はこくりと一口ココアを飲み、唐突にいった。
「彼女と別れた」
 それは紗枝を驚かせた。
「……どして」
 真顔で紗枝は聞いた。
「どしてって」
 栄次は返事に困った表情を見せた。
「いや、ああ、そうよね、ごめん!」
 慌てながら、紗枝は栄次に謝った。
「でも……何でよ、ほんとに」
 紗枝は少し、寂しそうにいった。
「ほんとに何ででしょうねぇ。最初、メールで《もう別れよ》とかいわれるし」
「はあ何それ、面と向かっていえっちゅうに」
 啖呵をきって、紗枝は、呆然とした栄次を見てはっとした。
 なんにしても栄次に失礼な発言ではないか。紗枝はしゅうんと小さくなった。
 そんな紗枝を見て、栄次は少し笑った。溜息をつき、テーブルに頬杖をついた。
 栄次はいった。
「いや、ほんと、俺もそれは気分悪いからさぁ。直接話して、ちゃんと別れたんだよ。
何かなぁ、どうも俺といると、つまんなかったらしくて」
「あたしはつまんなくないよ」
 紗枝が勢いこんでいった。
 栄次はきょとんとして、紗枝を見つめた。
―は! またやった。
 慰めがまったく慰めになってない気がして、もう紗枝は、うつむいて黙ることにした。
―ばか。じりじり、お口にチャック!
 栄次はちょっと困ったようにして、笑ってみせた。
「まぁねぇ、俺も俺だよ。彼女が出来たからって、別段、オシャレする気も無かったし。
なんとなく、いてくれていいいなぁって、思ってたんだけどねぇ……
 こういうのも、相性の問題だったって言うのかなぁ」
「…………」
「俺も、紗枝みたいに、外見をもっともっと磨こうとしてれば、続いたんかねぇ」  
 前置きなく、栄次は紗枝に、一人の男として尋ねた。
 頬杖をついて、紗枝を覗き込むようにして見ながら、栄次はささやいた。
「女ってさ、隣においておく男が不細工だったら、耐えられないってホント?」
「どこからそんな情報入手したのよ」
 苦い顔をして紗枝はいった。
「どうなの?」
「人それぞれなんじゃない。
 恋愛中は、言葉なんていらないって、はっきり言う子もいるし。
 でもあたしは、話せなきゃ嫌だし、別に外見はそれほど、だよねぇ。
 話して、すっごい楽しくて、それで好きになることの方が多いもん。
 だから、人それぞれ」
「ふうん」
 栄次はうなずいた。ココアをもう一口飲んだ。
「そのままでいいのにねぇ」
 紗枝がつぶやいた。
 彼に、そっとつぶやいた。
「…………」 
 栄次は、ココアをソーサーの上に戻して、じっと紗枝の顔を見た。
「本気で言ってる?」
「茶化す理由がどこにあんのよ」
 紗枝が少し、むっとした表情で栄次をたしなめた。
 栄次は笑った。
 それは、はにかみ笑いとも、苦笑ともとれる笑みで、そして栄次はウェイトレスに、コーヒーを追加注文した。
 紗枝はそれを、頬を赤らめて見つめていた。
「もう少し話そうよ」
 栄次はいった。優しく、まどろんだ笑顔だった。


 窓の外は、かすかだけれど、粉雪が舞っていた。
 外を歩く人から見れば、喫茶店のガラス張りの壁の向こうの楽しそうな二人の姿は、どうしたって恋人同士にしか見えなかった。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全180部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 00:00
箱庭の薬術師

交換条件は、神様の玩具になること。 妹を助けてもらった条件として、楠木ひなみは異世界へ渡った。その世界で「ポイント」を集めて、神様の役に立つことがひなみに与え//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全175部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/08 13:38
結婚首輪

家柄容姿も完璧な少年が、平凡な少女を一途に思い続けて結婚という願いを叶えるお話。 逃がすつもりなんてない恋愛物語。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/05/03 13:58
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
自分が蒔いた種が刈り取れない次元まで成長した(もうこのバカップルは手におえない)

英莉と英太は、性別、性格は違えど容姿はそっくりの二卵性双生児。英太の代わりに学校イベントに参加した英莉は、人嫌いで有名な霧島玲人と仲良くなる。仲良くなるに連れ、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/09/13 03:47
守銭奴メイド(全て別料金になります)

真面目で面倒見が良い公爵と、守銭奴で不愛想のメイドが織りなす異世界コメディー。 「其方(そなた)、本当にどこからやってきたのだ?」 「貯蓄大好き、勤労大好き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/12/20 09:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
秘密は暗森の中

仕事帰りいつもどおりに家について、夕飯を食べた後気づいたら深い森の中にたたずむ小屋の中にいた。          懐かしさと共に森で暮らし始めるが・・・魔力に溢//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/12/11 18:42
笑わない司書さんの幸福な日常

王立クレイヴィール学院図書館の新人司書さんは、顔が鋼鉄でできているのかというくらい表情が変わらない。加えて凶器のように鋭い眼差しは年下の子供たちに軽く注意しただ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/08/24 22:22
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
ヤンデレがデレた

父が、再婚した。 もれなく、義姉がついてきた ――ので“監禁”しようと思う。 *短編「ヤンデレにデレてみた」の義弟視点です。 (前作からお読みいただいた方がよ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/08/17 00:00
召喚聖女籠絡マニュアル

知ってはいけないことを知ってしまった聖女の話。糖度低め。【本編全4話完結】 番外編では外堀を埋められ中。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/23 22:00
悪役娘の巻き込まれ恋愛譚

ある時、うっかり前世の記憶を思い出してしまった少女、ヴィヴィアン・エアルドット。 そこそこ美人、権力と財力のある侯爵家の娘として生まれた彼女はしかし、それゆえに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全22部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/12/20 11:48
異世界の私

3年前、この世界に詩帆はきた。この世界は、異世界人には厳しいものだった。できるだけ、人と関わりを持たないように生きるため、師匠から教わった薬の知識を使い、生計を//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全8部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/01/29 05:00
続・鍋将軍と私

縁日のくじ引きで当たった土鍋がもたらす不思議な縁。鍋物を愛する女性の元に突然現れた軍人と週末鍋をつつく仲になったのだけれど…え?ちょっと、あんた誰よっ?!土鍋か//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/12/06 00:06
沈黙の女神

 甘やかされ、我が儘で高慢に育った王女レイチェルは、沈黙の女神と人々に呼ばれている。  滅多に人々の前に姿を見せることもなければ、現れても挨拶さえ口にせず、一言//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全42部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/28 23:45
オピスフラウラ

世界初、と言うと大袈裟かもしれないけど、まあそれぐらい珍しい高薬草と完全回復草の栽培に成功した。 田舎町でこれでガッポリ大儲けとウハウハしていたリットは、王都か//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 10:00
スキル『台所召喚』はすごい!~異世界でごはん作ってポイントためます~

仕事に疲れた帰り道。 女子高生にぶつかって、気づいたら異世界召喚されてしまった……。 なにやらその女子高生はすごいスキルを手に入れた聖女様で、私は巻き込まれてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 14:37
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
転々と追いやられてもなんとか生きています

転校して上手くいかないなと思ってたら、異世界に転移した不運な女子高生フク。しかも転移した理由は、選ばれし者に腕を掴まれていたからだった。もちろん選ばれていないフ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全35部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 02:23
次女は静かに生きることを決めました

私はある日、自分が前世でプレイしたことのある乙女ゲームの世界に転生していたことを知る。 でもその転生した役は、姉や妹の恋を邪魔する悪者キャラ!? せっか//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全28部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/02/01 20:51
スウェイン伯爵令嬢の小さな王子様

落ちぶれ貴族の我がスウェイン伯爵家に、五歳小さな王子様がやってきました。一年間預かることになった小生意気で可愛い王子様は、私を気に入ってくれた模様。毎日可愛くて//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全45部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/24 15:30
鍋将軍と私

縁日のくじ引きで当たった土鍋がもたらす不思議な縁。鍋物を愛する女性の元に突然血塗れの軍人が現れたから、さあ大変!!ちょっと不思議なラブコメです。続編に『続・鍋将//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/11/26 04:50
副会長と私と灰色のご縁。

「…1-C、中原美耶子だな。一緒に来てもらおう。」 「…………はい。」 灰色の子猫を治療したら、なんと副会長の使い魔だったらしい。そのまま使い魔のお世話係に任命//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/10/31 23:44
最弱獣の献身

凶悪な森に君臨する、大陸最強と名高い獣に生まれました。 ただし私は名ばかりの、最弱貧弱もやしっこと呼ばれています。元人間だった記憶のせいですね。 そんな事は気に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全26部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:00
果てない恋心の行く末は

狼の獣人のニイシャは、狩りが下手で美人でもなく、里で 役立たずと噂されていた。そんな情けない自分を 変えたくて 狩りの練習をしていた最中、狂暴な獣に襲われた。そ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/06/07 13:01
非力な私が悪いのか?

突然異世界に迷い混んだ鈴(20)が逞しい狼族に発見され、か弱い認定されたがゆえに大事に大事に大事に保護されていくお話です。箸休め的に書いているので、不定期です。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/21 00:00
侯爵令嬢の最後の1日まで

侯爵令嬢である私はいつも双子の妹と比べられて生きてきた。 だけど、それももう今日でお終いね。 私の世界はたった三人で構成されていた。 私と従者とあの子だけ。 最//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/29 20:39
異界へは往復切符で

仕事に疲れて自室のベッドで寝ていたら、妙な手に引かれて異世界へ!? 私を連れて来たはずの男には箱に投げ捨てられ、やたら綺麗どころの揃った近衛兵とやらには剣で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/05/03 17:08
彼と彼女と異次元バッグ

和葉がお隣さんから貰った、文様が刺繍された布袋は、中に入れると物が消えて、たまに物が現れる。 不思議な異次元バッグであった。 「次はこれを入れてみよう!」 一//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全48部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/01/18 10:00
脇役令嬢の失恋

麗しの伯爵令嬢ヴィオレーヌは王国の筆頭侯爵の恋人だった。 異世界から召喚された娘に彼の心を奪われてしまうまで――。 ハッピィエンドの影で生まれる、様々な恋と涙。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全14部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/05/01 21:33
リセアネ姫と亡国の侍女

隣国に攻め滅ぼされた亡国の皇女・パトリシア。自らの死を覚悟した彼女だったが、何故か身分を偽って大国サリアーデの第二王女であるリセアネ姫の侍女となる羽目に。父に虐//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 09:09
悪役令嬢に転生しましたが、それより憧れのあの人を目指します。

乙女ゲームの悪役令嬢に転生しました。 しかし、私には乙女ゲームのストーリー展開なんかより、重大な使命がありました。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/09/17 20:42
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
ヤンデレの幼馴染に死んでも愛され続けて五十年

精霊に転生して34年。通算50歳のその年、勇者が召喚される事になった――と思ったら、召喚されたのはかつての幼馴染!? ヤンデレ鬼畜の変態ドS、四十苦をものともし//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/11/07 12:16
小さくなって獣人さんのペットをしています

異世界に来て、ネズミサイズに縮んだ主人公。 彼女はオオカミの獣人に拾われ、彼に可愛がられ平和に暮らす。そんな彼女の一日。

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/07 05:16
↑ページトップへ