挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
外見ファクター 〜エステへGo!〜 作者:おせろ道則
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/19

第十八話 恋は筋トレ

 一月末。
 テストもレポート提出も終わり、学生たちは大きく背伸びをして、二ヶ月間の暇をもてあそぶ春休みへと突入する。

「はい、確かにレポート受理しました」
 事務の窓口で、職員が提出用紙に判子を押す。
「ありがとうございます」
 栄次は嬉しそうに、いった。
 締切日ぎりぎりのレポートを提出だった。
 栄次はやっと、ほっと一息ついて携帯のメールをチェックした。
「あ」
 紗枝から「今年度お疲れ」メールが入っていた。
《テストお疲れさーん☆ レポートちゃんと出したか〜》
 ぷっと笑い、栄次は返信メールをうった。
《おおサンキュー、そっちもお疲れさん。てか、学校あんま来てなかっただろ》
《うん、テスト以外ほとんど行ってなかったな〜。栄次は今学校?☆》
《おう、今帰るとこ。紗枝、学校いるの?》
《ううん、違うよ〜☆》
「…………」
 聞かずにメールを切るのも一興かと思ったが、栄次は紗枝のうながしに応えてあげた。

―ま、どうせエステだろ、また。
 はまってますなぁ。

 栄次は微笑んでメールを打った。
《へ〜、てか、どこにいんの?》
《スポーツジム♪》
 なんですと。
 返信メールには書かなかったが、書きたかった。

 *

「あ、え〜いじ」
 一日体験分の料金を払い、ジャージに着替えた栄次は、マシーンジムに囲まれて汗を拭いている紗枝の姿に見つけ、眉を寄せた。
「え〜と、君は一体、何になりたいのかな」
 レッグプレスを押す紗枝の隣に立って、栄次は娘をさとすように、彼女に尋ねた。
「綺麗になりたいのよ」
 紗枝はいった。
 栄次は半分呆れて、呆れながらも紗枝に感心した。
「いつからジムに通い始めたの?」
「う〜んと、十日前かな」
 ぐぐっとマシーンを押しながら、紗枝は栄次を一瞥いちべつした。
「店長にも聞いたらね、軽い負荷での筋トレとか有酸素運動なら、全然やっていいって。
ただ、あんまり重い負荷で筋トレすると、また筋肉がこわばっちゃうかもしれないから、それは控えるってコトでね」
「すごいなあ、エステにスポーツジム。それって理想の痩せ方かもなぁ」
「え、ほんと。いやん嬉しい」
 おほほと紗枝は笑ってみせた。
 紗枝のほころぶ顔を見て、栄次は微笑んだ。そして、もう一度紗枝にいった。
「そんなに、あいつが、好きなの?」
「それ、店長にも聞かれた」
 唇をとがらして紗枝はいった。
「ぷっ、マジで。てか、そりゃ聞きたくなるよ」
「あたしがいつになくダイエットに頑張るから?」
「ま、ね」
 栄次は、胸の奥の複雑な心境は隠したまま、紗枝の言葉の続きを待った。
「人ってのは、ある日をきっかけに変われるもんなのよ。
 あたしは大崎君がきっかけで変わろうと思えたの」
「ほう」
「それにねぇ」
 そこまで言って、不意にマシーンを離して、紗枝は次のマシーンに移動した。
「? 何だよ?」
 栄次も紗枝を追って、隣のマシーンに座った。素人並に、プルアップを扱ってみた。
「言われたのよ」
「?」
「告白したとき……つまり振られ文句よ」
「……何を言われたの?」
 栄次は聞いた。
「『妥協はしないと決めてるから』って」
 がっこん。
 人の力が離れたことで、プルアップは大きく揺れて、フロア全体に金属音を響かせた。
 それだけ言って、紗枝はさっさと更衣室に入っていってしまった。
 栄次はそこに取り残された。
 マシーンのサドルに座ったまま、つぶやいた。
「キッツー……」
 慰めの言葉は思いつかなかった。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ