挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

4章:出航

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/43

5(4章完)

 手を取ったまま、ルーシーは飛鳥を見下ろす。

“……貴方の許しもなく、口づけてしまい、すみませんでした”

 真剣な青い眼を真っ直ぐに見ていられず、飛鳥は視線を伏せた。
 頬に伸ばされた手により、半ば顔を上げたけれど、怖くてまもとにルーシーの顔を見れない。

“正直に言えば、最初は手間がかかると思いました。言葉は通じないし、泣いてばかりで。どれだけ甘やかされて育ったのかと……まるで、十歳の子供のようでしたよ”

 十歳はいくらなんでも酷い。少々傷ついていると、ルーシーは更に追い打ちをかける。

“けれど、魔法にかけられて……手間がかかるとは思わなくなりました”

 魔法のおかげ。胸を締めつけるような苦しさに襲われていると、ルーシーは飛鳥の前髪をかき分け、額に口づけた。

「――っ」

 額を手で押さえて固まる飛鳥に構わず、ルーシーの告白は続く。

“きっかけが魔法ではいけませんか? 魔法でアスカに惹かれたことは確かですが、魔法が解けた後も、惹かれていましたよ”

「そ、それは後遺症……」

 混乱のままに呟くと、ルーシーは優しい眼をして、ふっと小さく微笑した。

“アスカは顔に出過ぎです。今の私の気持ちを、魔法の延長だと構えないでください”

 疑わしげに見上げていると、彼は親しみを込めた仕草で、飛鳥の前髪を撫でた。

“貴方に心を覗かれるのは、嫌ではありませんでした。照れたり、焦ったりする姿を見て、可愛らしいと感じていました”

 鼻の頭をつん、と突かれた――いつかのように。

“これほど誰かを気にかけたことはありません。貴方は、飛び降りたり、飛び出したり、攫われそうになったり……隔離室に入れても、少しもじっとしていられなくて、眼を離せませんでしたよ”

 責める言葉のはずなのに、そうは聞こえない。なぜだろう、甘やかされている気がする。じんわり視界が潤んだ。

“魔法が解けても、放っておけない。眼を離せない。空に落ちるアスカを捕まえた時、独りにしておけないと思いました。アスカを古代神器と知っていても”

 ぽろっと涙が零れると、ルーシーは長い指で、優しく目元を拭ってくれた。

“引き留めるものが何一つないだなんて、思わないでください”

「ルーシー……」

“居場所がないと思うのなら、私が貴方の居場所を作ります。ローズド・パラ・ディアに……私の傍にいてくれませんか?”

「――っ……」

“空へ消えようなんて、思わないでください”

「――ふ……っ」

 言葉と共に、ルーシーは飛鳥を優しく抱き寄せた。

“言っておきますけど、アスカは本当に手が掛かる。言葉は判らないし、お転婆だし、狙われやすいし……”

「ルーシー」

 ルーシーは両手で飛鳥の頬を挟みこんだ。

“それでもアスカが好きで、傍に置いて大切にしようなんて思う、立場も権力もある奇特な男は、無限空を探しても私くらいだと思いますよ”

 飛鳥は胸がいっぱいになって、深く頷いた。
 ルーシーと一緒がいい。空を翔ける鋼鉄のローズド・パラ・ディアに乗って、ルーシーやリオン、ロクサンヌ達と一緒に行きたい。

“一緒にきてくれますか?”

『はい……っ』

 飛鳥は深く頷いた。澱んだ心のおりが、涙と一緒に流れていくのを感じながら。

「私も、ルーシーの示してくれた居場所に、ふさわしくある努力をします……っ」

 飛鳥の方から、ルーシーの手を取って握りしめた。

『アスカ……』

「ちゃんと前を向いて、言葉を覚えて、この感謝の気持ちを、一日も早く、自分の口で言えるように……っ」

 額にキスが落ちる。

「変わって、いきたい。変わりたい!」

 涙の零れる眦にも。

「ルーシー、あ、ありがとう……『ありがとうございます』」

 ルーシーの手を額に押し当てて、ありったけの感謝を叫んだ。お辞儀した瞬間に、熱い雫がぱたぱたと雨粒のように落ちる。

『******……』

“好き……”

 ルーシーの囁くような声を受け取って、飛鳥は余計に目頭が熱くなった。

「好き」

 小さく囁くと、おとがいにを掬われて、上向かされた。端正な顔が降りてきて……瞳を閉じる。ゆっくり唇が重なった。
 触れるだけの、優しいキス。
 飛鳥を驚かすまいとする、彼の気遣いが感じられる。
 やがて顔が離れても、飛鳥は逃げずにルーシーの腕の中でじっとしていた。

“大人しいな……”

 ふと、ルーシーの窺うような心を読んで、飛鳥は微笑した。初めて会った時から、彼が飛鳥に対してよく思うことだ。
 飛鳥がじっとしていると、いつもそうして様子を窺う。最初からずっと、気に掛けてくれていた。
 飛鳥は背伸びをして、ルーシーの唇にキスしよう……と思ったが、届かなかった。失敗すると恥ずかしい。
 ようやく届く顎の先に、掠めるようなキスをすると、すぐに顔を伏せてルーシーに抱きついた。

『アスカ』

 ルーシーの驚いている気配がする。喜んでくれてもいる。ぎゅっとしがみついていると、頭上でルーシーの笑う気配を感じた。頭のてっぺんに優しいキスが落ちる。
 心が浮き立つほど、幸せだと思えた。
 ようやく――
 果てのない悪夢が終わる。救いようのない悲歎から、一歩を踏み出せた気がする。
 傍にいてくれると言うのなら、独りじゃないと言ってくれるのなら。頑張ってみよう。この空の世界で、生きてみよう。
 瞼の奥で、雫が輝くような笑顔で“頑張れ”と言ってくれた気がした。

 +

 ルーシーと共に、エルヴァラートの執務室を訪れると、年若い皇帝は飛鳥の顔を見るなり、全てお見通し、と言うように微笑んだ。
 優美な羽ペンを置いて、肘をついて小さな顎を乗せる。
 老成した叡知を思わせる、深い蒼の双眸で飛鳥を見やり、穏やかに笑んだ。

『******』

“決めたんだな”

『はい』

“辛くなったら、いつでも戻ってきていいぞ”

 優しいエルヴァラートの言葉に、飛鳥は表情を綻ばせた。

『ありがとうございます』

 エルヴァラートは飛鳥に笑いかけた後、ルーシーを見やって、凛々しい表情を浮かべる。次いで厳かに言葉を紡いだ。

『ルーシー、アスカ*************』

『*******』

“――必ず”

 ルーシーは決意を秘めた声で、はっきりと応えた。
 彼等の交わした言葉の意味は判らなかったが、飛鳥を見下ろすルーシーの眼差しはとても優しいものであった。

 +

 五日後。
 空中都市バビロンの遥か上空を、鈍色に光輝く鋼鉄の飛空戦艦――ローズド・パラ・ディア――は悠然と航過して行った。
 帝都に暮らす人々は、守護神、不沈艦の壮途そうとを見上げて、静かにアンフルラージュに祈りを捧げるのであった。

 この航空に、祝福あらんことを――



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 178 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部分)
  • 201 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部分)
  • 211 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 158 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全293部分)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 18:10
明日天気になったなら

友達いません。軽くいじめらっれ子。でも平和で平凡な日々でした。ごく普通の高校生でした。なのに死にかけて、見知らぬ土地に流れ着いて。新たな日々には事件に陰謀、おま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全124部分)
  • 143 user
  • 最終掲載日:2016/08/13 00:39
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部分)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 00:00
魔法な世界で愛されて

日本とは違う魔法がある異世界。 そこへ貴族の子女として転生した極々平凡な日本人の女の子。 前世の知識を活用するにも、一般人の素の知識では金策すら難易度ハード。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全31部分)
  • 148 user
  • 最終掲載日:2016/05/10 20:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全243部分)
  • 192 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 21:29
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全92部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 11:39
神様は、少々私に手厳しい!

須山一樹は、ちょっと名前が男の子っぽいだけで花も恥らう普通の女子大学生だ。そう、普通だ。少々、十か月前に異世界に行っていただけだ。そんな一樹は、何の因果か再びそ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2015/10/22 17:36
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 164 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2017/08/02 21:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 183 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全272部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/08/22 12:00
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 148 user
  • 最終掲載日:2017/08/22 15:00
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全94部分)
  • 201 user
  • 最終掲載日:2017/08/22 19:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全188部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 19:26
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 151 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 145 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 215 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
 ある日 異世界 

拾ってくれた(?)のは、街一番(凶悪な)傭兵ギルド。そこで少年と勘違いされました――って、ちょっオッサン、剣を持たすな、鎧も着んわ! 異世界にトリップをしてしま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全101部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2016/07/06 03:11
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全24部分)
  • 191 user
  • 最終掲載日:2017/08/10 08:11
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 149 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 00:00
隅でいいです。構わないでくださいよ

気づいたら周りは着物を着た人達ばかり。川の水を覗けば、そこには小さな子供が…え、私っ!? 流れ着いたのは綺羅びやかな町、吉原だった。あれ?でも見れば格子の中に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全96部分)
  • 152 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 23:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 220 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
↑ページトップへ