挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
メル・アン・エディール - 飛空艦と少女 - 作者:月宮永遠

4章:出航

42/43

4

 城に滞在して二日。
 飛鳥はルーシーと面会の為、応接間に案内された。ルーシーはまだきていない。 心を落ち着かせようと、先ほどから、無心で素晴らしい窓辺の景色を眺めている。
 空の彼方。
 高度の基準となる空の基線から、高度三千メートルの上空。
 三十二機の雷撃機を兼ねる帝都巡空機は、航空長官機を先頭にして四機編隊が雁行陣がんこうじんを組んで、茫漠ぼうばくの碧空を流れてゆく。
 更にその後ろから、左右五機ずつ、計十機の中型巡空艦が、ゆったりと空を泳いでいく。
 バビロンを守る空の守護神達。
 時折、白い航跡を空に引いて、一糸乱れぬ鋼の編隊飛行で悠々と翔けてゆく。白い鳥の群れが、鋼鉄に寄り添い空を渡ってゆく……。

『アスカ』

 縁に頬杖をついて空を見上げていると、背中に声をかけられた。振り向けば、軍服姿のルーシーがやってくる。

『お早うございます、ルーシー』

 飛鳥は藍色のドレスの裾を摘まみ、教えられた宮廷挨拶で応えた。

『お早う』

 そこで沈黙が落ちる。飛鳥が俯くより先に、ルーシーの方から声をかけてきた。

『****アスカ**********』

“空母に戻りたいというのは、本当ですか?”

「――……」

 緊張して咄嗟に応えられずにいると、ルーシーは首を傾げて“違うのですか?”と念を押してきた。違わない。その通りだ。

『はい』

 ようやく口にした声は、とても強張っていた。ルーシーの表情も硬くなる。

『……******』

“……ローズド・パラ・ディアに乗船したいということ?”

『はい』

“本当に?”

『はいっ』

 しっかり頷くと、ルーシーは安堵したように表情を和らげた。

“良かった。歓迎しますよ”

 彼は緊張を解いたように微笑んでいるが、飛鳥はまだ不安を拭えなかった。本当に“良かった”と思ってくれるのだろうか?
 迷惑にならないだろうか。リオンやカミュはどう思うだろう。あらゆる懸念が頭をもたげて、飛鳥の心に水を差す。
 硬い表情のままの飛鳥をみて、ルーシーは訝しげに眉をひそめた。

“あまり嬉しそうではありませんね?”

「えっと……」

“襲撃のことを気にしている?”

 心配げに尋ねられて、首を左右に振った。確かに怖い体験だったけれど、それでもなお空母に戻りたい。

“もう隔離室に閉じ込めたりしませんよ?”

 自然と笑みを誘われた。それはありがたい。

“言葉を覚えてもらいながら、少しずつ艦の生活に馴染んでいけるよう手配します”

『はい』

 淡い笑みを浮かべたまま頷くと、ルーシーは真面目な顔でなおも続ける。

“古代神器の研究に必要な環境は、艦にも揃っています。飛鳥に協力をお願いしますが、不快な思いや、無理強いはしないと約束します”

『はい』

“ユーノには、これまで通りアスカの護衛を任せます。艦には、ロクサンヌもいますよ”

 何だか熱心に勧誘されている気がして、ふっと自然な笑みが零れた。和やかに笑うアスカを見て、ルーシーはふと言葉を途切らせる。

“……陛下にお許しをいただいてから、アスカに打ち明けようと決めていました。先日は何も言葉をかけられず、悲しませてすみませんでした”

「いいえ……」

 ふと客間まで送ってもらった時の、哀しい気持ちを思い出した。あの時は、本当にお別れだと思った。

“悲しんでくれたのは、私と離れたくなかったからだと、思ってもいい?”

 飛鳥は小さく息を呑んだ。絶句する飛鳥を暫く眺めた後、ルーシーは傍へ寄るや、飛鳥の手を取った。



cont_access.php?citi_cont_id=837031108&s nomad-g-88-2.gif

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ