挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水鏡に咲く白き花 作者:水城ゆま

第一章 『 一蓮托生 』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/85

「 睡る花のような少女 」(二)





「 ……!? 」



(  ここは……?  )



――――――白夜(ハクヤ)に助けられた少女が目覚めた場所は暖かな布団の中だった。

一見(いっけん)した所、建物の中という事は理解できたが
此処(ここ)何処(どこ)なのか、どうして自分は此処(ここ)で眠っていたのか全く 思い出せない。

起き上がりたかったが、思った様に身体を動かせず、布団の中で寝返りを打つぐらいしか出来なかった。


(  体中がだるくて……なんだか熱っぽい…… )


頭がぼーっとしつつも、目覚める前の自分は何をしていたのかを思い出そうと少女は考え込んだ。


――― しかし、全く 思い出せない・・・・・ 。


何故か、次第に息が上がり、鼓動が早くなっていく・・・・・
理由は自分でも(わか)らないが、少女は 恐怖のような胸騒ぎを感じていた。


「  あっ! 起きてる!!  」


突然の大きな声に少女は驚いた。
声の主は、ふっくらとした (ふく)よかな体型で 袖の無い(ころも)を着ており、若いが少女よりは大人の女性だった。


「 どうだい?痛い所とか無いかい? 」

女性は、明るく笑顔で (やさ)()に少女のほうに近づいて来たのだが
自分の知らない人間だったので、無意識に少女は睨むような目つきで身構えた。

「 あんた、海に倒れてたんだよ。覚えてる? 」


( 海……? どういうこと……?  )


「  先生ー!先生ー! お嬢さんが起きたよーー!!!  」


女性は大声で叫びながら、先生と呼ばれる誰かを呼びに部屋の外へと駆け出して行く ――― 。
(しばら)くすると、女性と一緒に 白髪(はくはつ)で落ち着いた色彩の(ころも)を着た 小柄の年輩(ねんぱい)の男性が少女のいる部屋に入って来た。


「 おはよう、お嬢さん。如何(どう)かね、調子は? 」


落ち着いた物腰の その男性の事も 少女は見覚えが無く、彼の問いに無言のまま
部屋に入って来た二人の人物を不安げな瞳で見つめた。


「 あんた、(ハク)ちゃんが拾って来てから 五日間も寝込んでたんだよ!?
  とにかく、熱がすごくてねぇ! あたしが看病したんだからね!? 」


(  …… ハク(・・)チャン(・・・)? 人の名前…?  )


なんだか、よく解らなかったが 自分の事を看病してくれたらしいので
()()えず、少女は女性にお礼を言う事にした。

「 ありがとう……? 」



二人によると、此処(ここ)は 男性の家屋であり 診療所でもあるらしい。

―― 年輩の男性は医者で、名は 『 秋陽(しゅうよう) 』。
―― 女性は 彼の助手で 『 日葵(ひまり) 』。



日葵(ひまり) の話で、少女はどうやって自分が此処(ここ)まで運ばれて来たかを知る。
”はくちゃん ”とは、白夜(ハクヤ)と云う 秋陽(しゅうよう)の息子の事だった。

目の前にいる二人と、その白夜(ハクヤ)という人物は 悪人では無さそうだと判断した少女は
少しずつ警戒を解いて行く ――― 。



「 ふむ、熱は引いているようじゃな。薬が ちゃんと効いたようじゃ! 」

一通(ひととお)り 少女の診察を終え、特に問題は見られなかった事から
”やはり、自分の読み通りだったな”と、秋陽(しゅうよう)は御機嫌になった。

汁物(しるもの)なら食べられるじゃろ。
  日葵(ひまり) 、水屋(台所)の鍋にあるからお嬢さんに持って来てくれないか?」

「  まかせな!!  」



――― 日葵(ひまり) が行ったのを確認すると、秋陽(しゅうよう)は話を切り出した。


「 お主、名は何と申す? 」


少女は答えようと口を開いたが、何故か言葉が出てこない・・・・

(  あれ?名前……? 私の名前は……―――   )


考えれば考えるほど自分の名前が分からない事に気づくと、次第に少女は焦り始めた。
何かがおかしい・・・――― そう感じていた。


「 名は持たぬか? 」

「 いいえ!あります。 あるけど…… 」


少女の顔色が蒼白の色に染まって行くのを目にし、秋陽(しゅうよう)は何か事情があるのかと推測(すいそく)する。

「 名乗れない事情でもあるのか? 」

「 …事情?……??………!?」
 
「 どうしたのじゃ…? 頭が痛むのか…!?」




「 わからない…… 思い出せない……… 」

―――――― 考えても考えても自分が誰なのか分からず、少女は泣きそうな顔で そう答えた。  
 
 



 
 
 
 

 
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ