挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ジェノヴァの瞳 ランシィと女神の剣 作者:河東ちか

第二章 騎士タリニオールの章

26/74

第三話 2

 手を洗い、前掛けを外した客人達が通されたのは、タリニオールとエリディアが普段居間として使っている部屋だった。客間ではないのであまり広くはないが、日当たりも良く庭も見渡せて、本を読みながらくつろいだりするのにはちょうど良い部屋だ。
 その部屋の壁に飾られた一枚の絵に、ランシィが関心を示した。月と太陽が共に輝く空の元で、左目に眼帯をした美しい戦乙女が、一人の若者に己の持つ剣を与えている絵だった。剣の柄には戦乙女の右目と同じ色をした宝玉が飾られている。
「その絵は、騎士叙任の記念に王宮から賜ったんだよ」
 隣に立ったタリニオールに言われて、ランシィは彼が騎士であったことを思い出した様子で目を白黒させている。失礼な話だが、これまでの経緯もあって文句も言えない。
「これは、サルツニアの始祖シャール大帝が、女神ジェノヴァから裁定の瞳の入った剣を授かった光景を描いた絵だそうだ。神殿にあるものの複製だけど、きちんとした画家に描かせているから、本物にかなり近いと思うよ。本物は、神殿の壁一面の大きさだけどね」
 使われている絵具も、高級な顔料を惜しげもなく使った深みのあるものだ。子どもながらにもそれが判るらしく、ランシィは陶然とした様子で絵を見つめている。
「本物のジェノヴィアにはまっている宝玉は、もう少し色の薄い赤だったけど、確かに不思議な輝きをしていた」
「見たことがあるの?!」
「もちろん」
 今まで自分を「頼りないおじさん」程度にしか思っていなかったらしいランシィの顔つきが、みるみる尊敬を含んだものに変わっていく。なんだか嬉しくて、タリニオールは少し得意げに頷いた。
「騎士叙任の時に、王が使う剣が、神剣ジェノヴィアなんだよ。あれは不思議な剣でね、時の王と、世継ぎの王子か王女でなければ、台座から持ち上げることも、鞘から抜くことも出来ないんだ」
「本当?」
「うん、おとぎ話みたいだろう? でも実際に、触れるのを許されて台座から持ち上げようとしたのだけど、ぴったりすいついて持ち上がらないんだ。そのまま鞘から抜くことも出来ない」
「へぇ……」
「でも不思議なもので、剣を宝物庫にしまうために、ジェノヴァ神殿の神官が台座の両端を持つと、ちゃんと持ち上がるんだ。本当にあれは、持ち主を選ぶ剣なんだね」
「ジェノヴァ神殿の神官に、会ったことがあるの?」
 意外なところにランシィが食いついてきた。カーシャムの神官の青年から、なにか気を引く話でも聞かされていたのかも知れない。タリニオールが頷くと、
「ねぇねぇ、法衣は何色だった?」
「法衣? ああ……赤だったよ? 鮮やかな明るい赤じゃなくてもっと深みのある……茜色っていうのかな」
 ランシィは、それと判るほどに落胆の色を見せた。なぜ赤だとがっかりするのかタリニオールには判らない。ジェノヴァは絵画では、燃えるような赤い髪に、同じ色の瞳を持つ戦乙女として描かれる。半身であるカーシャムの象徴が夜の闇を思い起こさせる黒なら、ジェノヴァは燃えさかる太陽のような赤であっても不思議ではないはずだ。
「座ってゆっくりお話しになられたらいかがでしょう?」
 さっさと長椅子に座っているディゼルトに紅茶を給仕しながら、エリディアが声をかけてきた。タリニオールに促され、勧められるまま腰を降ろしたランシィの前に、白い陶器のカップを置いて、エリディアが紅茶を注ぐ。琥珀のような美しい液体と、花の香りに似た甘い匂いに、ランシィはカップを手に取るのもおそるおそるといった様子だ。
「エリディア殿の淹れる紅茶は、王宮での茶会のものよりも薫り高いのであるよ」
「卿はいつそんなものに参加してきたのだ」
「そこはそれ、ものの例えというものだ」
 タリニオールの突っ込みに、ディゼルトはすました顔で答えた。ランシィはくすりと笑うと、そっとカップに口をつけた。口に含むと、驚いた様子でまたカップの表面を眺めている。
「綺麗なのに、すごくいい香りで、美味しいね」
「ありがとうございます」
 言葉は足りないながらも素朴なランシィの賞賛に、エリディアはとても嬉しそうに微笑んだ。
「……ランシィ殿は、女神ジェノヴァにも関心がおありのようであるな」
 ひととおり給仕が終わり、エリディアが椅子に腰掛けると、ディゼルトがそれとなく訊ねた。
「サルツニア以外の国では、一般にはあまり知られていないようなのであるが、誰からか話を聞く機会でもあったのかな」
「……グレイスに聞いたんだ」
 グレイスとは、ランシィを町まで連れてきたカーシャムの神官の名だと、タリニオールが横から補足した。
「グレイスと泊まった宿の食堂に、ジェノヴァの絵が飾ってあったの。左目に眼帯をしてる、綺麗な女の人の絵だった。剣もあんな形だったけど、埋まってるのは宝石じゃなくて、人間の目だった」
「人間の目とな……確かに神剣ジェノヴィアの宝玉は女神ジェノヴァの左の瞳というが、それをそのまま絵に描いたものは珍しいな」
「そうなの?」
「やっぱり、絵画となると、画家は見栄えを気にするようだからね」
 タリニオールは応えて頷いた。
「目をそのまま描くと、生々しくなってしまうからじゃないかな。その宿屋の絵は、鑑賞のためというよりは、よりジェノヴァの本質に近い部分を描くよう、画家が心がけて描いてたんだろうね」
「女の人の足元には、人間の兵士みたいな、化け物がいっぱい倒れてた」
「じゃあ、やっぱり教理的なものを教える意味合いが高い絵なのだろう。ジェノヴァの足元に倒れていた化け物のようなものは、自分の中の悪い心に負けて、魔物のように振る舞うようになった人達の象徴だろう」
 ランシィは判ったような判らないような顔で頷いた。もう少し噛み砕いて説明した方がいいのだろうか。タリニオールは思わず考えこみかけたが、
「ランシィ殿が剣の道を志したのは、やはり女神ジェノヴァへの憧れからであるか?」
 旨そうに紅茶を飲みほして、ディゼルトが穏やかに問いかける。ランシィは即答せず、言葉を探すように首を傾げた。
「強くなりなさいって言われた」
「……カーシャムの神官殿に?」
 ランシィは首を振る。少しためらったその灰色の右目が、壁にかけられたジェノヴァの絵を映し、やっとランシィはなにかに納得したように頷いた。
「絵を宿屋に持ってきたらしい『灰色の服の人』に、言われたの。左目を取り戻したければ、強くなれって」
「左目を?」
 問い返したタリニオールに応えるように、ランシィは息を吸い込んだ。
「その左目、取り戻したくはないか。……ならば強くなるがいい。ふさわしい強さと、ふさわしい心を持つがいい、時の選びし者よ。ふさわしい力を持つ者に、ジェノヴァは剣を託すだろう……」
 吟遊詩人が楽器を片手に唄ったら、さぞ映えそうな旋律だった。それがランシィに与えられた言葉で、歌姫がそれに曲をつけたのだろうと、全員がすぐに納得した。ただ言葉の記憶だけでは時間と共に細部が食い違ってしまいかねないが、歌として覚えてしまえば、人は長く正確に記憶することが出来る。
「そのひとはすぐいなくなっちゃったから、詳しい意味は聞けなかった。その言葉が本当だとしても、『左目を取り戻す』っていうのが、本当に言葉どおり、わたしの目を治すことかはわからないし、『ジェノヴァが託す剣』っていうのも、本物の剣か、それとも、剣にたとえたなにかか、はっきりとは判らないよ、って、グレイスは言ってた。でも、ジェノヴァから剣を託されるのにふさわしい人間になるように努力するのは、けして無駄ではないんじゃないかって」
「カーシャムの神官殿なら、『ジェノヴァに剣を託される』という言葉にどんな重みがあるかは、判っているであろうからな」
 ディゼルトもタリニオールも、頭からランシィの言葉を信じているわけでもなかったが、逆に笑うつもりもなかった。ランシィをここまで連れてきた神官とその仲間達が、『灰色の服の人』の言葉を、彼女が生きる上での当面の目標にしても無駄ではないと判断した根拠があるはずだからだ。
「ノムスは、自分を守れるほど賢く強くなりなさいって言った。自分を守る力って言うのは、文字通り喧嘩に強くなるだけじゃないよって、グレイスもパルディナも言ってた。なにかを判断するときに、知識とか、知恵とか、力以外のものが身を守る助けになるって」
「ふむ……」
「ノムスの言ってたことと、『灰色の服の人』が言ってることは、実は同じことなんじゃないかって。だったら、ジェノヴァに剣を託されるのにふさわしい人になるために努力するのは、無駄じゃない。もしわたしがそうしたいのなら、そのために出来ることを考えようって、みんなが言ってくれた。だから、わたしがこの町の孤児院に入っても、カーシャムの道場に通えるようにグレイスがお願いしてくれたんだ」
「なるほど、そういうことなのか」
 ランシィに関わった大人達は、片目がないことを特別扱いせず、彼女が前を向いて生きていけるよう、手助けをしてくれたのだ。『灰色の服の人』の言葉を、無責任に都合良く解釈して、ランシィに特権意識を持たせるようなこともしなかった。
「きみは、本当によい出会いをして、良い仲間とここまで来たんだね」
 タリニオールの率直な言葉に、ランシィは嬉しそうに頷いた。
「ランシィ殿もそうであるが、その神官殿や歌姫殿のひととなりも、興味深くあるな。よければいろいろ話を聞かせてもらいたいものだ」
「私も、とても関心がございますが」
 それまで話の邪魔にならないよう、黙って控えていたエリディアが、穏やかに笑みを見せた。
「そろそろ頃合いでございますから、寝かせていた生地を窯に入れて、昼食の準備を整えてしまいましょう。お話は改めて、お食事の時にでもいたしませんか」
「うむ、賛成であるな」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ