挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
20/233

「一日一輪」翠林女学院・高等部1年撫子組生徒名簿(出席番号順・後半)

キャラクターリストの後半、出席番号16番から31番までです。キャラの性格、外見、登場話数を、特に本編と関係ない情報も交えてお送りします。
(5月8日、誤字なおしました)
16:桜川(さくらがわ)(りつ)
 アイドルグループの追っかけをしている。基本はおとなしいが、時々やたらにはしゃいで浮いてしまうことも。意外と成績がいい。好きなお菓子はラスク。
 身長148センチ。ふだんは髪を下ろしているが、気合いを入れる時だけポニーテールにする。外ではグッズに身を固めていることも多く、別人に見える。細面。
 登場・第9話

17:佐藤(さとう)希玖(きく)
 ブラジル人の祖父を持つクォーター。おとなしく物静かで、人好きのする性格。善良だが、頑固な一面を持つ。父とふたりで日本最北端まで行ったことがある。
 家政科部員。
 身長159センチ。褐色の肌、髪の色も茶色っぽく天然パーマ気味。目が大きい。
 登場・第10話

18:高良(たから)甘南(かんな)
 スポーツとスイーツをこよなく愛する現代っ子。あっけらかんとした軽い性格。女子にもてるが、本人はそれほど関心がない。コアラのグッズを愛用する。
 バスケ部員。すでに準レギュラー。
 身長157センチ。短めのポニーテール。凜々しい顔立ち。切れ長の目で、口は小さい。
 登場・第13話

19:津島(つしま)(つぐみ)
 無口で物静か、クラスでは影が薄い。音楽など、好きなことを喋らせると早口になる。料理は苦手だがリンゴの皮むきだけ巧い。
 軽音部の期待の新人。ベーシストで作曲もこなすため重宝されている。
 身長154センチ。髪は外はね気味。左側で結っている。ふだんは眠たそうな目でとぼけた顔。演奏時にはフードを着てテンションを高める。
 登場・第4話

20:内藤(ないとう)叶音(かのん)
 翠林では珍しいギャル系。何かにつけ、こだわりが強い。細かい作業が得意で、お菓子作りや編み物もこなす。ノートもとても几帳面。体質のせいで牛乳だけは飲めない。
 身長147センチ。ソバージュの髪で毛先を金色に染めている(校則違反ではない)。眉や肌の手入れは欠かさない。制服のスカート丈を短くしている(校則違反)
 登場・第12話、第18話

21:(なつめ)沙智(さち)
 観察者を自負し、クラスメイトのやり取りをときめきながら見守っている。自分ではおとなしいつもりだが、時々オーバーリアクション。書店で無料でもらえる栞を集めるのが趣味。
 外部受験で高等部から入学。近くの席の愛と意気投合している。
 身長152センチ。肩ほどまであるツーテール。こじんまりしたキュートな顔。
 登場・第11話

22:初野(はつの)千鳥(ちどり)
 山ガールの領域を越えたアウトドア派。好奇心旺盛で行動力が高く、健脚を駆使してどこまでも行く。学校指定のカバンの代わりにリュックサックで登校する。折り鶴を一瞬で折れる。
 弥生と親友。
 身長140センチ。髪の色は薄くてウェービー。きょろっとしたアーモンド型の目。
 登場・第1話、第17話

23:春名(はるな)真鈴(まりん)
 小学生と間違えられる外見で、やんちゃで陽気なマスコットみたいな子。流行には敏感で、最新のグッズやファッションを教室によく持ち込む。自宅で梅酒を漬けている。
 ボランティア活動に熱心で、AO入試で高等部に編入した。ボランティア部員。
 身長133センチ。前髪を上げてオデコを出し、右側で結っている。目が大きく顔も子どもっぽい。
 登場・第6話

24:舟橋(ふなばし)妃春(きはる)
 基本的に無口で取っつきにくい。クラスにあまり居着かないので、謎めいた人と思われている。納得できなければ先生にも楯突く、気の強い性格。自転車に初めて乗ったのは中学3年。
 先輩に憧れてソロリティ活動に参加している。
 身長150センチ。憂いがちの、大人びた顔。髪は肩ぐらいまである。
 登場・第8話

25:真木(まき)(あゆみ)
 マイペースで成績優秀。気まぐれで、他人の視線を意に介さない自由人。そのわりに他人の変化にはめざといところがある。他人の髪を触るのが好き。暗いところで寝てしまうので映画館には行かない。
 撫子組では成績首位、同学年でもトップクラス。
 身長154センチ。やたらに髪がふわふわしている。顔立ちが元々笑ったような感じ。
 登場・第8話

26:光原(みつはら)青衣(あおい)
 デスメタルの愛好家。教室では地味だが、外では厚化粧にゴスロリ衣装をまとった中二キャラに変貌する。わりと親切で気遣いのできる一面もある。のど飴を常備している。
 身長160センチ。背は高いが猫背なので、あまり長身な印象がない。黒髪ロングで、横髪が胸まで垂れる。睫毛が濃い。
 登場・第5話、第15話

27:三津間(みつま)百合亜(ゆりあ)
 怠惰でのんきな猫好き。本人も猫のようにのんびりして気まぐれなところがあり、シスターや職員にやけに愛されている。日本茶が好きで、水筒で学校にも持ち込んでいる。続き物の夢を3年ほど見ている。
 聖歌隊所属だが、あまり信仰には興味ない。
 身長142センチ。髪のていれが適当でいつもボサボサ気味。痩せているのに顔だけ丸い。
 登場・第6話、第16話

28:武藤(むとう)貴実(たかみ)
 自分にも他人にも厳しいしっかり者。ガリ勉で成績優秀。ほどよく羽目を外すのは許容範囲で、むしろ率先して企画をしたがるお祭り好き。クラスでいちばんの大食漢。幼稚園の時ブランコから落下したが無傷だった。
 クラス委員長。学内奨学生。
 身長144センチ。2本の三つ編み。眼鏡に吊り目で、顔の印象はきつめ。
 登場・第10話

29:八嶋(やしま)(たえ)
 凛と同じバンドのファンで、ブログでファン活動を繰り広げる在宅派。ブログの文章は簡にして要、けっこうな数の読者がいる。リアルではおしゃべりで、好きなことを楽しそうに語る。ジャンケン連続25勝の記録を持つ。
 身長148センチ。長い髪をヘアピンでまとめ、半分おでこを出している。顔はわりと大人びた感じ。
 登場・第5話、第16話

30:山下(やました)満流(みちる)
 寡黙なクールビューティ。思わせぶりな振る舞いで、他人に誤解を与えたり、根も葉もない噂(色恋沙汰など)が流れている。当人はあまり気にしていない様子。輸入物の小物を持ち歩く。遊園地でいつもお化け屋敷に入る。
 演劇部員。
 身長161センチ。三白眼気味で目が恐いが、それは視力が悪いせい。
 登場・第2話

31:芳野(よしの)つづみ
 熱心なキリスト教の信徒で、信仰心に篤い。善良でやさしいが、時としてきわめて頑固で一度言い出したことは譲らない。怒らせるとクラスでいちばん恐い。ご飯にはゴマ昆布を載せないと気が済まない。
 聖歌隊所属。
 身長147センチ。髪を複雑に編み上げていて、おでこが半分出ている。平板な顔立ちには独特の優しさがにじみ出ている。
 登場・第7話、第16話
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ