挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔ガールズラブ要素〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性があります。予めご了承下さい。

一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~

作者:扇智史
名門ミッション系女子校、翠林女学院。
閑静な土地で心おだやかに過ごす乙女たちの日常は、時に楽しく、時に賑々しく、時にはせつなく。
そして、いつもときめきに満ちた日々。
何気なく、かけがえのない日常のワンシーンを描く、短編連作集。
第1話「ふたりで、めいっぱい綺麗にしよう。この教室」
2016/04/24 20:20
第2話「そこには、一面の桜。」
2016/04/24 20:27
第3話「草や木に生まれたい、ってやつ?」
2016/04/24 20:31
第4話「あなたの耳には、いつも、そんなふうに音楽が聞こえてるの?」
2016/04/25 18:00
第5話「最高! じゃないよ!」
2016/04/26 18:00
第6話「高等部の猫は、気性が荒いね」
2016/04/27 18:00
第7話「2ミリぐらい宙に浮いているのでは」
2016/04/28 18:00
第8話「こんな身近に、手を触れられる別世界があるの」
2016/04/29 18:00
第9話「実家にくらい、すっぴんで顔出せってさ」
2016/04/30 18:00
第10話「ゆがんだまま冷えきった出来損ないの陶器」
2016/05/01 18:00
第11話「わたしのカレンダーで、六月だったから」
2016/05/02 18:00
第12話「ふたりで過ごした時間は、何もかも真新しいまま」
2016/05/03 18:00
第13話「チェストパスってのは、胸をめがけて投げるべきでしょう」
2016/05/04 15:00
第14話「視線であたしを惚れさせなきゃ」
2016/05/04 20:26
第15話「彼女の指先が、魔法を織りなす」
2016/05/05 18:00
第16話「いなくなっていたのに見つかったのだ」
2016/05/06 18:00
第17話「問題は中身ではなく、表面のほうなのです」
2016/05/07 18:00
第18話「心理学の用語だよ、フット・イン・ザ・ドア」
2016/05/08 15:00
「一日一輪」翠林女学院・高等部1年撫子組生徒名簿(出席番号順・前半)
2016/05/08 18:48
「一日一輪」翠林女学院・高等部1年撫子組生徒名簿(出席番号順・後半)
2016/05/08 20:49
第19話「唐突に、ふいに甘やかに」
2016/05/09 18:00
第20話「ドロシーさん、大人の階段上っちゃったの?」
2016/05/10 18:00
第21話「歌詞になるような台詞なんて、自分じゃ思いつかないもの」
2016/05/11 18:00
第22話「もうちょっとずるくなってもいいと思うのよね」
2016/05/12 18:00
第23話「話しかけないで、と、電話越しに言われた」
2016/05/13 18:00
第24話「コーヒーには、ミルクを2杯と砂糖を3個」
2016/05/14 18:00
第25話「リフレッシュの季節だから」
2016/05/14 22:50
第26話「美しいものは、保存しておきたいと思うものでしょう?」
2016/05/15 18:00
第27話「あたしが喜ぶか、恋さんが喜ぶか、違いってそれだけよね?」
2016/05/16 18:00
第28話「ただの蝶結びですよ」
2016/05/17 18:00
第29話「もやっとしてる。それに、ふらふらしてる」
2016/05/18 18:00
第30話「でも、道に迷いたくはない」
2016/05/19 18:00
第31話「いったん断ち切られた話題は、どうしてか、戻ってくるのに時間がかかる」
2016/05/20 18:00
第32話「山で出くわしたら、妖精の類と勘違いしかねない」
2016/05/21 18:00
第33話「わけもわからぬ涙が数滴、目尻からこぼれただけ」
2016/05/22 18:00
第34話「深追いは、私も、しないつもりでいたのです」
2016/05/23 18:00
第35話「何もなしに、ぶらっと来て、いっしょにいてくれたら、それで」
2016/05/24 18:00
第36話「心地よいからこそ、自由にその場を離れる権利がある」
2016/05/25 18:00
第37話「別に、笑わなくったっていいでしょう?」
2016/05/26 18:00
第38話「1年生だからといって蚊帳の外なんて耐えられない」
2016/05/27 18:00
第39話「ぎりぎりを走るのって恐くありません? 綱渡りみたいで」
2016/05/28 18:00
第40話「その”かわいい”って、バカって言ってるのと同じだと思う」
2016/05/29 18:00
第41話「絵を描けない体勢にいるのは一瞬だって落ち着かない」
2016/05/30 18:00
第42話「ヘリかジェットで孤島にでも連れて行くわよ」
2016/05/31 18:00
第43話「けれどそういう甘さが、ときどき、痛い」
2016/06/01 18:00
第44話「生徒会に入ったら、何したい?」
2016/06/02 18:00
第45話「スマホがあれば道に迷わないなんて、誰が言ったのかしら?」
2016/06/03 18:00
第46話「手もつないだし、ちゃんと触ったもの。あやとりしたし」
2016/06/04 18:00
第47話「路傍のタンポポと同じようなものね」
2016/06/05 18:00
第48話「これで高等部に入ってから3通目だ」
2016/06/06 18:00
第49話「劇的な振る舞いは伝染するのかもしれない」
2016/06/07 18:00
第50話「そんなにあたしの耳、興味ある?」
2016/06/08 18:00
第51話「なんだか寂しいもの、明るすぎる夕方って」
2016/06/09 18:00
第52話「理想なんて待っていたら二度と訪れない」
2016/06/10 18:00
第53話「人に聞かなきゃ、自分の感情の名前も決められないなんて」
2016/06/11 18:00
第54話「ここは懺悔室ではない」
2016/06/12 18:00
第55話「泣かないな、と思った」
2016/06/13 18:00
第56話「お祝いする? パーティとか?」
2016/06/14 18:00
第57話「なんか、嘘の記憶みたいに思えてくる」
2016/06/15 18:00
第58話「こうして記憶が薄れてみると、もったいないな、って思うよね」
2016/06/16 18:00
第59話「玉突きされたような気でいたんですよ」
2016/06/17 18:00
第60話「ふつうのことをどうしても知りたい、ってときもあるじゃない?」
2016/06/18 18:00
第61話「字ばっかりの本なんて得体が知れないものでしょ」
2016/06/19 18:00
第62話「南米かも、アジアかも、オセアニアかも」
2016/06/20 18:00
第63話「そういう時の私を教室に持ち込むのは、ちょい、恥ずかしい」
2016/06/21 18:00
第64話「生活する場所だからね、楽しくなくちゃ」
2016/06/22 18:00
第65話「目を開けたら、すぐ目の前に、ヒトデがいてね」
2016/06/23 18:00
第66話「クラスメートに話しかけられないくらいで、死ぬことはない」
2016/06/24 18:00
第67話「そういう衝動に取り憑かれてもおかしくない、ような」
2016/06/25 18:00
第68話「教室に飾る花もワイヤーで作ってみますか」
2016/06/26 18:00
第69話「肩が凝るみたいに、何となく、気持ちも痛くなるの」
2016/06/27 18:00
第70話「モナリザやヴィーナス見て、それが浮気だって怒る恋人なんている?」
2016/06/28 18:00
第71話「それとこれとは別腹で味わってそう。視覚と触覚の違い」
2016/06/29 18:00
第72話「休憩所みたいな、駄弁るためだけの部活」
2016/06/30 18:00
第73話「印刷並みのクオリティにでも挑戦してるの?」
2016/07/01 18:00
第74話「あいまいすぎてわからないわ、会話の努力をしてよ」
2016/07/02 18:00
第75話「ルールというのはたいてい、初めは不文律だ」
2016/07/03 18:00
第76話「ごく少数の生徒同士で、口伝えで場所を教え合っている」
2016/07/04 18:00
第77話「線路というのは、歩いては進めない道ですから」
2016/07/05 18:00
第78話「博物館に住みたいのはよほどの趣味人か研究者よ」
2016/07/06 18:00
第79話「最後の謎みたいなものでしたから」
2016/07/07 18:00
第80話「おっきなセントバーナードを散歩させてる奥さんがいるのね」
2016/07/08 18:00
第81話「焼きたてのクッキーだってノスタルジックな思い出の色になる」
2016/07/09 18:00
第82話「甘いものでできていない系の女子」
2016/07/10 18:00
第83話「無言で結ばれる、おぼろげな紐帯」
2016/07/11 18:00
第84話「見えない敷居の高さを気にしてしまうほうだ」
2016/07/12 18:00
第85話「超能力みたいに、ぴったり意味が伝わることなんてない」
2016/07/13 18:00
第86話「わたしを天使か何かと思っていません?」
2016/07/14 18:00
第87話「ここにいる車に乗ってるのが、みんな人間じゃなかったら」
2016/07/15 18:00
第88話「あたしが芙美さんに同情されるんじゃ、なんか、逆じゃん」
2016/07/16 18:00
第89話「ないものを無理矢理生じさせる趣味はないから」
2016/07/17 18:00
第90話「びっくりするくらいしゃっきりした声で怒ってたよ」
2016/07/18 18:00
第91話「裏口とか詳しそうだから」
2016/07/19 18:00
第92話「思い浮かべると、心がとろとろになる人」
2016/07/20 18:00
第93話「休みになっても皆さん登校してくださればいいのに」
2016/07/21 18:00
第94話「自転車は片目しかないでしょ」
2016/07/22 18:00
第95話「悪魔云々を差し引いても、不審人物だと思いません?」
2016/07/23 18:00
第96話「万が一にも、私が海底王国のプリンセスだったとしても」
2016/07/24 18:00
第97話「1年の大半はうちにいないんだから、1日くらい誤差」
2016/07/25 18:00
第98話「近頃のその単語の使われ方は、あんまり軽々しいと思うの」
2016/07/26 18:00
第99話「逆に夜更かししすぎて朝になっちゃった感じで」
2016/07/27 18:00
第100話「刺したり爆発したりしないんだから危なくないでしょ?」
2016/07/28 18:00
第101話「ベースのソロでも、意外と聴けるものだからさ」
2016/07/29 18:00
第102話「ぼうっとできるのが才能なら、いろいろ考えが浮かぶのも才能じゃないの?」
2016/07/30 18:00
第103話「颯爽としてるくせに足が遅すぎるって」
2016/07/31 18:00
第104話「人が犬を噛んだ、なんていわれて信じる人いる?」
2016/08/01 18:00
第105話「ペースを乱されるくらいなら、人をつきあわせはしません」
2016/08/02 18:00
第106話「無意識に人を惑わせてるような感じはあるよね」
2016/08/03 18:00
第107話「夢でも見たのかな。自宅にいる気分だった」
2016/08/04 18:00
第108話「自分じゃぜんぜん用事を作れないんだもんね」
2016/08/05 18:00
第109話「叱るのだって、それなりに力を使うんです」
2016/08/06 18:00
第110話「風邪の日の天井ってさびしいよね。何か、降ってきそう」
2016/08/07 18:00
第111話「光って、音がして、それだけで、十分」
2016/08/08 18:00
第112話「奴が出た。その事実で充分」
2016/08/09 18:00
第113話「それっていってみたら、ふだん着だよね」
2016/08/10 18:00
第114話「プライベートでの過剰な接触は倫理的に問題がありますよ」
2016/08/11 18:00
第115話「すごく刺さった。あの曲が。」
2016/08/12 18:00
第116話「私にとっては、2年分のお祭り」
2016/08/13 18:00
第117話「会うならいまからでもいいよ」
2016/08/14 18:00
第118話「その先のこと、何にも考えてなかったの」
2016/08/15 18:00
第119話「自分の好きなもの、ちゃんと好きっていうの、初めて聞いた気がしたよ」
2016/08/16 18:00
第120話「こんな壁ドンみたいな話し方、する気じゃなくて」
2016/08/17 18:00
第121話「いきなり絶交とかありえないでしょ。昭和じゃあるまいし」
2016/08/18 18:00
第122話「割り切った顔してる人に限って、いざってときに泣きわめくんだから」
2016/08/19 18:00
第123話「辛いことは、ひとりで呑み込まないでよ。胸が重たくなって、はち切れちゃうから」
2016/08/20 18:00
第124話「飽きた、とか、使わなくなった、とか、そういうものがない感じ」
2016/08/21 18:00
第125話「この街を、上からも下からもよく見るんですが」
2016/08/22 18:00
第126話「何もないステージなんて、面白い? 何も起きないのに」
2016/08/23 18:00
第127話「私の指、おいしかった?」
2016/08/24 18:00
第128話「贈ったほうは自慢げでも、受け取った側は困るでしょう?」
2016/08/25 18:00
第129話「世界を見る角度が、すこしだけ変わるってことだもの」
2016/08/26 18:00
第130話「都合の悪い人には頼らないでしょう」
2016/08/27 18:00
第131話「四六時中アルカイックスマイルではいられません」
2016/08/28 18:00
第132話「楽しいことばかりしていて、ほんとうに楽しい?」
2016/08/29 18:00
第133話「夏休み終わるのに、なんか、学校行くのめんどくさくない感じ」
2016/08/30 18:00
第134話「識別番号彫り込まれたアンドロイドみたいになってる」
2016/08/31 18:00
第135話「いっしょに罪を犯したら、私たちどうしようかしら」
2016/09/01 18:00
第136話「プリント回すときとかも、やたら手を突き出してくるし、バサッと置くし」
2016/09/02 18:00
第137話「反抗心の代わりに、何か得たものはあった?」
2016/09/03 18:00
第138話「わたしでも見たことないような朝、まだいっぱいあるんだね」
2016/09/04 18:00
第139話「スマイルの練習でもするの?」
2016/09/05 18:00
第140話「中の生徒にしてみたら自宅といっしょ、力の抜ける場所なの」
2016/09/06 18:00
第141話「空気がそんなにおいしいと、おやつ差し入れた甲斐がないよ」
2016/09/07 18:00
第142話「やめてよ。何か、未来が見えた」
2016/09/08 18:00
第143話「最初から、薫子さんはこうした目を持っています」
2016/09/09 18:00
第144話「したいようにしてたって、悪くいう人はいないよ」
2016/09/10 18:00
第145話「この世界から代え難い喜びがひとつ失われたんだわ……!」
2016/09/11 18:00
第146話「しまいには血の池だの火炙りだの、もう地獄巡りって感じで」
2016/09/12 18:00
第147話「いっしょにいるの、申し訳ないような気がして」
2016/09/13 18:00
第148話「フラフラして、オロオロして、そのうち別の場所にたどり着く」
2016/09/14 18:00
第149話「行く当てがないなら、焼却されるだけだわ」
2016/09/15 18:00
第150話「好きなものに、性別もらしさも関係ないよ」
2016/09/16 18:00
第151話「わからないけど、世界にとっては重要」
2016/09/17 18:00
第152話「いらないわよ、そんな約束」
2016/09/18 18:00
第153話「本人に噂が伝わったら、なんだか悔しい」
2016/09/19 18:00
第154話「無駄話みたいなのが、いつの間にかコンセンサスになってること、よくあるよね」
2016/09/20 18:00
第155話「わたしだって1度しか読んでないけれど、細部までいつでも思い起こせる」
2016/09/21 18:00
第156話「毎日同じことしてたらすぐに飽きられるし、自分も飽きる」
2016/09/22 18:00
第157話「うっかりミスをありがたがるのなんて、たちの悪い野次馬趣味だわ」
2016/09/23 18:00
第158話「結局、自分ばっかり大事なんだろうね、私」
2016/09/24 18:00
第159話「もっと、わからないふり、してもいいと思うよ」
2016/09/25 18:00
第160話「そういう贅沢、自分に許しとけばいいんだって」
2016/09/26 18:00
第161話「役者も演出も、なんなら裏方さえ自己主張が激しいんだから」
2016/09/27 18:00
第162話「なら、明日は私、ずっと黙ってようか?」
2016/09/28 18:00
第163話「音がそこにある、ってわかっても、形になるには時間がかかるの」
2016/09/29 18:00
第164話「あなたが、私の話、聞きたくなさそうにするから悪いのよ」
2016/09/30 18:00
第165話「私は欲張りたい。たいせつなもののそばに、一分一秒でもたくさんいたい」
2016/10/01 18:00
第166話「いつからそんなでかいもの背負っちゃったわけ」
2016/10/02 18:00
第167話「うまく変われているのかどうか、自分でも、はかりかねているんです」
2016/10/03 18:00
第168話「歩くなら、責任とって、ちゃんと最後まで連れて行ってよ」
2016/10/04 18:00
第169話「動機はどうあれ、成績を上げて損にはならないものね」
2016/10/05 18:00
第170話「親御さんに会うなら、もっとちゃんとしてくればよかったかなあ」
2016/10/06 18:00
第171話「クモの巣! どこにいたのよいままで」
2016/10/07 18:00
第172話「3年なんて、すぐじゃない。せっかく会えたのに、もったいないよ」
2016/10/08 18:00
第173話「かも、なんて、留保ばかりすることはないですよ」
2016/10/09 18:00
第174話「ただのモテ自慢とか?」
2016/10/10 18:00
第175話「事情はどうだって、あんなふうに、喧嘩なんてしてほしくないよ」
2016/10/11 18:00
第176話「会話の仕方は、本に書いてない?」
2016/10/12 18:00
第177話「施しはいちばん良いものからあげるものだよ」
2016/10/13 18:00
第178話「人を巻き込んでまで、するような争いじゃなかったんだよ」
2016/10/14 18:00
第179話「秋だぞー、って押し掛けてくるような感じ、ない?」
2016/10/15 18:00
第180話「主張はだいたい曲げないし、したいことはしようとするよね」
2016/10/16 18:00
第181話「喜ぶだけなら、どこでだってできるでしょう」
2016/10/17 18:00
第182話「気取りだよ。うちの祖母に見せたら竹刀でひっぱたかれる」
2016/10/18 18:00
第183話「よく知らない人に愛想笑いして過ごすなんて」
2016/10/19 18:00
第184話「自分じゃないもののことのほうが、真面目になれるんだよね」
2016/10/20 18:00
第185話「賄賂くれたら、紅茶の予算、都合するわよ」
2016/10/21 18:00
第186話「娘さんとおつきあいさせていただいてます、みたいなのは」
2016/10/22 18:00
第187話「ああいう空気は、一介の中高生には荷が重いですよ」
2016/10/23 18:00
第188話「すごく神々しくて、絶対に保存しておきたかったのに」
2016/10/24 18:00
第189話「外見なんて余録だけれど、それなりに意味があるものだしね」
2016/10/25 18:00
第190話「……さびしかった」
2016/10/26 18:00
第191話「理屈っぽいというか、頭で答え出そうとするとこあるよね」
2016/10/27 18:00
第192話「永久の秘密ってことにしておこう。ここだけの話」
2016/10/28 18:00
第193話「私とは毎日会うではありませんか。数に入れないでください」
2016/10/29 18:00
第194話「髪とメイクでいちばん化けそうな子、誰だと思う?」
2016/10/30 18:00
第195話「存在する限りはこの世のものだよ。妖精でも何でも」
2016/10/31 18:00
第196話「大げさなことをいったつもりか知りませんが、山を甘く見ないでください」
2016/11/01 18:00
第197話「どちらでもないよ。いまの私の延長」
2016/11/02 18:00
第198話「くっついてあっため合おうよ、雪山みたいに」
2016/11/03 18:00
第199話「段取り通りにやるのって意外とぎりぎりの綱渡りだよな」
2016/11/04 18:00
第200話「好きな人は誰、とか、そういう話は暗闇でしないほうがいいよ」
2016/11/05 18:00
第201話「100字そこそこでも書ける気しない」
2016/11/06 18:00
第202話「ただ日々の何かを続けていくだけ、っていうのも、残酷な気がする」
2016/11/07 18:00
第203話「忘れないけど、誰にもいわないよ」
2016/11/08 18:00
第204話「いいにおいがしたわ」
2016/11/09 18:00
第205話「教室は舞台ではありませんよ」
2016/11/10 18:00
第206話「唄ってるときは別人になるんだよね」
2016/11/11 18:00
第207話「センチメンタルが似合わない女の子なんてこの世にいないって」
2016/11/12 18:00
第208話「それって、この世界の流儀での約束?」
2016/11/13 18:00
第209話「何で毎日のようにクッキーもらえてると思ってんの?」
2016/11/14 18:00
第210話「怖いもの知らずって怖い、って思わない?」
2016/11/15 18:00
第211話「がんばれ、って命令形なんだから偉そうに聞こえちゃうよね」
2016/11/16 18:00
第212話「途中で飽きちゃっても、別にいい、って思うよ」
2016/11/17 18:00
第213話「舞台で倒れるなんて、かっこいいけど、かっこつかないわ」
2016/11/18 18:00
第214話「結局どうなっても悔いは残る気がするし、自分で満足するようにする」
2016/11/19 18:00
第215話「お互いさ、ちょっと、強引だった時期もあったでしょ」
2016/11/20 18:00
第216話「仲のいい、悪い、って、そんなに定量的に計れるものじゃないと思うわ」
2016/11/21 18:00
第217話「ことばが醒めてるのと、心が盛り上がってるのは別の話だよ」
2016/11/22 18:00
第218話「神様だって世界のすべては救わないじゃない」
2016/11/23 18:00
第219話「部活の先輩がさ、ああいうの、いつも鞄につけてるんだよ」
2016/11/24 18:00
第220話「大丈夫よ。怒ってないし」
2016/11/25 18:00
第221話「こうしちゃうと、片手が逆に寒いんだよね」
2016/11/26 18:00
第222話「足、出して。履かせてあげるから」
2016/11/27 18:00
第223話「胸がときめく、っていうか、心が騒ぐ、っていうか」
2016/11/28 18:00
第224話「天使よろしく恋の仲立ちをして、めでたしめでたし、です」
2016/11/29 18:00
第225話「ここにいよう、っていう勇気は出る」
2016/11/30 18:00
第226話「そろそろ残念会しますか?」
2016/12/01 18:00
第227話「遠くて未来のことは、ちっちゃくて、かるくて、だから粗略に取り扱う」
2016/12/02 18:00
第228話「公式の証明をひとつ覚えたらたくさん応用できたでしょ?」
2016/12/03 18:00
第229話「せっかくのイベント、枡席で見届けたかっただけだよね?」
2016/12/04 18:00
第230話「何でそう、みんな私を年下好きみたいにいうわけ?」
2016/12/05 18:00
第231話「あっ、自分、いま、誰にも手を引いてもらえないんだ、って」
2016/12/13 18:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

かんすとっぷ!

故郷を滅ぼされ、当てもなく彷徨った先にはダンジョンがあった。 力をつける為、憎しみと無力さを噛み締めながら少女リュアは幼い体ながらダンジョン攻略に乗り出し、攻略//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全346部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 00:37
私に可愛い彼女ができました。

私は平凡な女子高生。平凡というか結構おっさん寄り、友達にセクハラ発言しまくっているけど恋愛経験はゼロ。素敵な彼氏ができないかな~と思っていたら私のめちゃ可愛い友//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全42部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2014/12/23 00:29
異世界転生した私が、スローライフを語ります

「おめでとうココナ! そなたは死んだ!」  百合豚ぶひーな神様によって、放り込まれたのは異世界……の、どこぞの大草原。  超魅了に超分析という二つの能力は与え//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全169部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/06/04 00:01
私、ダンジョンマスターやめます! ~迷宮少女の異世界譚

 目を覚ますと、そこはがらんとした洞窟だった。ダンジョンマスターになって神々の使徒を倒せと告げられる。暇を持て余した神々のゲームに、少女は強制的に参加させられて//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全157部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 18:00
くま クマ 熊 ベアー

VRMMOゲームをやる15歳の少女のユナ。 株で稼ぐユナは学校に行くこともなく、家に引きこもってゲームをしている。 本日も大型アップデートが行われるを楽しみにし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全402部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 21:46
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 23:02
最強の路を往く

転生前から最強な女の子が転生してさらに最強になる物語です。 ※この作品は不定期更新です。  ストーリーを重要視する方にはオススメしません。  この作品にはHEN//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全109部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2010/08/02 00:10
Elvish

背中に銃と本を抱えて、仕事を果たす為に雪山を行く自称商人のルネッタ。厳しい吹雪に負けて倒れたところを、二人のエルフに拾われる。物理に極振りしたような力強いエルフ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 19:56
Heroine Life

平穏を望む無気力な少女・天吹千晴は、無意識にセクハラをしてしまうラッキースケべ体質のおかげで騒がしい毎日を過ごしていた。そんな彼女の元にある日突然、自称婚約者の//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全22部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2013/06/03 21:58
リリーファンタジー

五人の女の子が力をあわせて困難に立ち向かう、なかよし冒険記! 基本ほのぼの、たまにドキドキ、な微炭酸ファンタジー! 力を合わせてがんばる女の子たちが好きな方に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 00:13
男装お嬢様の冒険適齢期

田舎貴族のお転婆お嬢様は、実家の為、自分の為、よい縁談を結ぶ為に故郷を離れて都会の大貴族の下へ行儀見習の奉公に出ます。 しかし、結婚なんて当人にとってはまだまだ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/09/07 09:00
異世界くじと神々の塔

……けれどたった一つ普通と違うのは、彼女はガチ百合だったのです。 人生詰んでる系アラサー女がヤケクソで買った宝くじが大当たり。しかしそのくじは異世界転移を可能に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 21:00
姫君革命

 聖暦1789年。「革命の世紀」と後世に呼ばれた激動の時代の、最も熱き一年。北方の雄、神聖アレストリア帝国は、今まさに、人類史の偉大なる岐路に立たされていた。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全116部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2016/07/21 19:20
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 12:11
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
あい・らぶ・まみぃ!

主人公・皐月は母と二人暮らしの勤労高校生。ある日、祖父と名乗る金持ちが現れて状況は一変し、女学園へ編入し新たな生活が始まります。 百合小説です。女の子同士の恋愛//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2011/03/18 15:00
野良魔導士は百合ハーレムの夢を見る

百合ハーレム作って女の子を囲いまくってやる。こう告げた時、気の合う新人美少女冒険者にはこう言われた。「囲むか囲われるかで言えば、ミーシャさんは囲われる側だと思い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
テンタクル・プリンセス-或いは、特異触手個体のこと

ひょんなことから自我が芽生えた触手(♀)が、「知りたい」という欲求に従い旅に出る。彼女はその旅の末に、何を見つけるのか―…ていう建前のもと触手娘が百合百合したり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/10/12 06:45
おんなのこ×おんなのこ

 幼少より同性に好かれやすい女子高校生弓奈は、入学を期に「女の子からモテない普通の女の子」を目指し奮闘していくのだが・・・・・・同性との恋に興味がない美少女弓奈//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全151部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2013/12/31 23:33
転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全146部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 20:18
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
魔法使いフェイ

俗に言う冒険者になりたての世間知らずな魔法使いフェイと、先輩冒険者のエメリナ。2人はある依頼を一緒にこなしたことで秘密を共有し、固定パーティーを組むことになりま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全202部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/01/06 10:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全278部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 00:00
雪女と咲かせる花は百合なのか?

退屈な日常に飽きつつあった、サボリ癖が少しある程度の平凡な高校一年生・三島凉花(みしますずはな)。ある日、ひょんなことから校内で最も恐れられる“雪女”と呼ばれる//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全34部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2015/11/03 02:41
灰色の少女と黒い女

【警告】 ・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。 ・そこそこ人が死にます。 ・それなりに人でなしがいます。 ・そういうのがわりと好きです。 『探し物//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全187部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2015/11/15 04:44
お姉さまといっしょ

『女同士の恋愛を禁ずる』  厳しい戒律を持つ学園に入学したお嬢さま女子高生 細川月乃は、そこで運命の女性と巡り会ってしまう・・・  自分の身に降り掛かる不思議//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 10:49
百合な少女は異世界で笑う

 勇者召喚の魔法陣に自ら巻き込まれに行った少女は、自由気ままな旅に出る。地球でプレイしていた不思議なゲームの『システム』を武器に、自由と女性を愛する少女は欲望の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 07:00
幻想世界のアリステイル

現実世界で燃え尽き症候群気味な俺は、引きこもり大学生活でネトゲにはまった。 ある日、ふとネカマをしてみたくなって適当なネトゲを探してキャラクターメイキングをして//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全146部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 01:49
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 00:00
魔王とアン -まったりゆったり世界征服-

かつて大陸を巻き込み全土を席巻した封じられし魔王と、その封印を解き放った魔族のアン。 だが、復活した魔王はひたすらのんびりまったりしたいだけで、アンはそんな魔//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全51部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 20:39
私はエースになりたがっている!

元気いっぱいの少女・藍原有紀は大きな夢を抱えて上京する。それは彼女と、そこで出逢う少女たちとの運命を変える物語の始まりだった。テニスの名門・白桜女子で全国制覇を//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全240部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/07/05 01:00
新世界のメイド(仮)さんと女神様

よくある異世界転生物っぽい話です。一話当たりの文字数は少なめですので、気楽にお読みいただければ幸いです。 プレイしていたMMORPGがサービス終了になる。 最//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全269部)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 07:00
剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?

※ドラマCD付4巻9月15日発売! Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳のとき王都の冒険者学園へと入学する。 ローラは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 12:03
↑ページトップへ