挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔王の器 作者:月野文人

第一章 皇国学院編

21/208

合同演習合宿その四 苦渋の決断

 木々の間をうごめく黒い点。その小さな点が、少しずつ集まって、黒い塊になる。それが更に集まって、大きな塊になる。
 宿泊地の物見やぐらの上で、見張りを行っていた騎士団員は、その光景を見て、言葉を失った。
 黒い点は魔物。始めは、わずかに確認できる程だったそれは、今ではもう、山の斜面の一角を黒く塗り潰したかのような数になっている。

「ほっ、報告を。予想される魔物の数は、五百だ」

 うわずった声で、やぐらの下にいる別の騎士団員へ報告を促す。

「……五百」

 想定外の数に、それを聞いた騎士団員も固まってしまう。

「早く! 近づいて来ている!」

「分かった!」

 建物の一つを司令部と定めて、そこに、引率の教師と騎士団の上職者が集まっている。上職者といっても百人将だ。本来は司令部に参加できる職位ではない。
 それでも今は、そんな事を言っている場合ではない。とにかく上位者を集めて、今後の対応を図る事になった。
 そこに次々と飛び込んでくる魔物の報告。騎士団員はともかく、教師の方は、完全に狼狽えてしまっている。

「どうするのですか?!」

「落ち着いて下さい。まだ全ての情報を確認した訳ではありません」

 騎士団の百人将であるダンは、狼狽している教師を落ち着かせようとしている。

「でも、千というのは……」

 魔物の数は、千にまで増えている。何度目かの報告で、それ以上の増加の様子は見られない事から、ほぼこの数で確定であろう。だが千、生徒を数に入れてもこちらの五倍だ。

「決して倒せない数ではありません。それがゴブリンだけであれば」

「オーガがいたのですか?」

「それをこれから聞くのです。……報告を続けてくれ」

「はっ、現時点でオーガの姿は確認出来ておりません。ただ……」

「ただ、何だ?」

「ゴブリンと思われる集団は、合流を繰り返しています。また先行して集まった集団は、ある地点に留まったままです」

「統率が取れていると言いたいのだな?」

「はい」

 これが意味する所は、騎士団員であれば、誰もが分かる。ただのゴブリンは、そんな魔物ではないのだ。

「そうか……。分かった。見張りを続けてくれ」

「はっ!」

 報告にきた騎士団員に戻るように伝えると、ダンは、額に手を当てて考え込んでしまった。

「あの、どういう事ですか? 結局オーガは居るのですか?」

「報告の通りです。オーガの姿は確認しておりません」

「でも……」

 ダンの雰囲気は、オーガが居ない事を喜んでいるようには見えない。

「はい。ゴブリンの統制された行動は、それをする者の存在を意味します。オーガでないとしても、何らかの上位種がいる可能性が高いです」

 集団で行動するゴブリンではあるが、それは秩序が取れたものではない。まして、戦いとなれば、ただひたすらに、襲いかかってくるというのが通常だ。
 合流はともかくとして、こちらを目の前にしてあえて、留まっているという事実に、ダンは上位種の存在を確信した。
 ハイゴブリン程度であれば、何とか出来る可能性はある。だが、ハイゴブリンが、千もの同族を統率できるとは思えない。オーガが居ると考えて、ほぼ間違いない。

「……オーガが居た場合は」

「最悪のケースを想定した方が良いでしょう」

「最悪とは?」

「オーガは最上位種です。集まった中には、ゴブリンだけでなく、ハイゴブリンもいる可能性があります。そうなると、この数では、とても防ぎきれません」

「逃げるのですね?」

「はい。ただ、一度に逃げるのは困難です。百人もの生徒がいるのです。全てを、守り切れるとは約束出来ません。それに混乱が広がれば、まともに逃げる事さえ出来なくなる可能性があります」

「……幾つかに分かれて逃げると言うのですか?」

「はい、そうです」

「貴方は、残された生徒に囮になれと?」

 軍人ではない教師でも、これくらいの事は分かる。

「それは、口に出されないほうが……」

 ダンの言葉は、教師の考えを肯定するものだ。

「やはり、そういう事ですね! まとまって逃げないのは、そうすれば全ての魔物が追ってくるから! だから、貴方は、ここに人を残し、追ってくる魔物を足止めしようと考えているのです!」

「少しでも多くの生徒を助ける為です! まとまって逃げては、下手をすれば、全滅する可能性の方が大きい! 私は、最善だと思う方法を提案しているのです!」

「その為に生徒を犠牲にしろと?!」

「犠牲になるのは生徒だけではない! 逃げる生徒の護衛以外の騎士団は全て残す!」

「生徒に犠牲になれなんて、私は言えません!」

「助ける為だと言っている! それとも貴方は、全ての生徒に、平等に犠牲になれと言っているのか!?」

「それは……」

 ダンの発した台詞に、一気に教師の勢いが萎んだ。全ての生徒が平等ではない事を、思い出したのだ。

「分かりましたか? では、生徒を集めてください。これからの対応を、説明します。混乱が起きる可能性がありますが、その時はご協力を」

「はい……」

 生徒の中には、皇族であるクラウディア皇女がいる。全ての生徒を平等にどころか、全ての生徒を犠牲にしても助けなければならない存在だ。
 それが分かった教師は、頷かざるを得なかった。

◇◇◇

 宿営地の中央に全ての生徒たちが集められた。
 生徒たちも、何が起こっているかは、分かっている。これから自分たちはどうなるのか。不安と緊張で、多くの生徒の顔は強張っていた。
 やがて、そんな生徒たちの正面に、一人の騎士が立った。その後ろには、教師たちも並んでいる。

「私は皇国騎士団のダンという。これからの方針について、説明する。落ち着いて聞いてもらいたい」

「…………」

「現在起こっている事態は、すでに知っているだろう。この宿営地に魔物の集団が迫っている。その数は千」

「……千!」「そんな!」「大丈夫なのか?!」

 魔物の数については、初めて知る者がほとんど。予想以上の数に、生徒たちから、一斉に不安の声が上がった。

「静かに! 現在、ここにいる騎士団の数は百。決して戦えない数ではないが、君たちを守りながらという事になると、何が起こるか分からない!」

「…………」

 これだけでは、どの様な状況なのか、生徒たちには分からない。

「そこで我々は、この場を放棄する事を決めた! 今ならまだ魔物との間には十分な距離がある! 退却するなら今だ!」

「…………」

 少し安堵の雰囲気が、生徒たちの間に流れる。今なら、逃げられると、ダンが言っているのだ。 

「守る騎士団の数は百しかいない! そこで安全を考えて二組に分かれて、退却を行う事とする!」

「「「なっ!」」」

 ここで又、生徒のざわめき声が大きくなる。敏い者は、ダンが言った言葉の意味に、気が付いたのだ。先に逃げる方が安全なのは決まっている。では、自分は、どの順番で逃げられるのか。生徒たちの心に、これまでとは違った不安が広がっていく。

「公平を期する為に、選抜はこちらで行わせてもらった。各クラスから同人数ずつを選ぶ形だ。では、最初のグループを選抜する! 教師の指示に従って、前に出るように!」

 後ろに並んでいた教師たちが、自分の担当するクラスに向かっていく。
 どこからか、息を飲む音が聞こえてくる。ここで選ばれるかどうかで、自分の安全が決まる。生徒たちが緊張するのは当然だ。
 教師に肩を叩かれた者は、歓喜の声をあげ、通り過ぎられた生徒は、がっくりと肩を落としている。
 取り乱す生徒が居なかったのは、さすがに皇国学院の生徒という所だろうか。
 選ばれた生徒たちが出揃った所で、選ばれなかった生徒たちは、公平を期するという、ダンの言葉が嘘であったと分かった。
 前に出たのはヒルデガンド、ディーフリート、オスカー、クラウディア、そして、その取り巻きばかりだ。選ばれて喜んでいた生徒も、今ではもう、騎士団の意図を知り、気まずそうに、俯いてしまっている。
 ヒルデガンドやディーフリートにいたっては、両手を強く握りしめたり、唇を噛みしめたり、屈辱に身を震わせている。

「居ない?」

「はい。マリーさんが居ません」

 教師がマリーの不在を告げる。

「どういう事だ!?」

 まさかの事に、ダンの声は自然に大きくなってしまう。

「分かりません。誰に聞いても知らないと」

「……分かった。居ない者は仕方がない。別の生徒を選んでください」

「しかし?」

「時間がないんだ! 早く!」

 居るはずの生徒が居ない。大問題であるのだが、ダンはもう、こんな事に構っていられない。無駄に時間を使っている余裕はないのだ。
 まして、いくらマリーが魔導士団長の娘であったとしても、皇女と天秤に掛けられるものではない。
 結局、更に、各組から十名が選ばれ、残る生徒と丁度半々になった。残る生徒のうち三分の一が、E組という実にわかりやすい選択の仕方だ。

「出立は八半刻後。すぐに準備を!」

「私は残ります!」

 声をあげたのはヒルデガンドだった。

「僕も。代わりに、他の生徒を先に行かせてください」

 それに続くのはディーフリート。

「何を馬鹿な事を!」

 素晴らしい自己犠牲の精神、などとは、ダンは受け取らない。

「しかし、残った者たちは、いつ戦いになるか分からないのですよね? 今、前に居るメンバーは、こういってはあれですが、成績優秀者ばかりです。強い者を逃がして、弱い者を残すというのは、おかしくありませんか?」

「逃げる者が、安全だという保障はない。守る塀もない所で戦う可能性もある」

「では、全員でここで守れば良いではないですか?」

「それが出来ないから、逃げる選択をしているのです」

「では、残された人たちはどうなるのです!? 騎士団は、生徒を見殺しにするつもりですか!?」

 ヒルデガンドたちの考えは正しい。正しいのだが、それを言われる騎士は堪ったものではない。騎士に苦渋の選択をさせているのは、そのヒルデガンドたちなのだ。、

「いい加減にしてください! 貴方たちは、自身の立場を分かっていない! では、はっきり言いましょう! 貴方たちだけは、死んでもらっては困るのです! 貴方たちに、万一があった場合、生き残った者達は、貴方たちの実家に恨まれる事になる! それでどうやって皇国で生きていけというのですか!?」

「…………」

 思いを爆発させてしまったダン百人将。このダンの言葉に、ヒルデガンドとディーフリートは、何も言えなくなってしまう。
 他の生徒を犠牲にするのは、自分たちのせいだと、はっきりと言われたのだ。

「分かったら、さっさと準備に入って! 私も忙しいんだ!」

 もうこれ以上、話を聞くつもりはないとばかりに、さっと振り向くと、ダンは速足で、その場を離れて行った。

「…………」

 残されたヒルデガンドは、ディーフリートも、下を向いたまま、動けなくなっていた。

「ああ、そのなんだ。仕方がないのではないかな?」

 そんな二人に、躊躇いながらも、声を掛けてきたのは、オスカーだった。

「仕方ないとは?」

「自分たちは皇国に仕える身。ここには皇女殿下が居るのだ。皇女殿下を守るのも自分たちの務めだよな?」

「……それはそうだけど。君は何とも思わないのかい?」

「馬鹿にするなよ。自分にだって思う所はある。だが自分は、皇国騎士としての在り方に、忠実でいようと思っている。命令があればそれに従う。何があろうと皇家を守る、それが騎士の役目。そういう事だ」

 オスカーにはオスカーの信念がある。覚悟を持って、行動しているのだ。

「……そうか。すまない」

「準備をした方が良い。時間がないのは事実だろ?」

「ああ」

 返事はしたものの、ディーフリートの気持ちが、割り切れた訳ではない。残される者の中には、ディーフリートの大切な人がいるのだ。

「あの、私のせいですね?」

「クラウディア皇女殿下……」

「私がこんな所に来てしまったから」

「いえ、それは違います。クラウディア皇女殿下がいなくても、結局、僕たちが優先されることに変わりはありません。気になさらずに出発の準備を」

「でも」

「時間がありません。僕も他に話したい人がいますから、無駄な時間はありません。では」

「あっ」

 八つ当たりなのは分かっている。それでも、苛立つ気持ちを押さえられない。話したい人、話さなければならない人がいる。急いで、その場所にディーフリートは向かった。
 そこには、先に来ていたヒルデガンドも居た。

「すまない」

 カムイたちの前に立ったディーフリートは、この言葉しか思いつかなかった。

「それは、何に対しての謝罪ですか? 別にディーが謝る事ではないでしょう?」

「それはそうだけど……」

「ヒルダもそう。俺達の事は気にしないで、とにかく無事に逃げる事を考えて」

「でも、私は」

「ヒルダは大切な人です。こんな所で、命を落とされては困ります」

「大切な……」

 こんな時でも、余計なフラグを立ててしまうカムイだった。カムイが言いたかったのは、皇国にとって大切な人という事なのだが、肝心の皇国の為が言葉から抜けている。

「ディーもですよ。とにかく自分の命を大切にしてください」

「しかし、僕は……」

 ディーフリートの視線が、ちらっとセレネに向かった。

「セレが心配なら連れて行けば良いじゃないですか? 出来ればオットーくんも一緒にお願いしたいですね」

「えっ? でも、そんな事をしたら」

「誰も文句は言いませんよ。表立ってはね。使えるものは使わないと」

「……そうだね」

 善人ぶっている場合ではない。守りたい人が居るなら、どんな手を使っても、守るべきなのだ。

「という事で、セレとオットーくんはディーと行ってくれ」

「そんなの嫌よ!」

 逃げろというカムイの言葉に、セレネが拒否を返してきた。

「何で?」

「私も一緒に戦う。そういうつもりなんでしょ?」

「……無理だな」

 少し考える素振りを見せた後、今度は、カムイが、セレネの言葉を否定した。、

「どうしてよ!?」

「今のセレじゃあ、足手まといだ。一緒に居られても、邪魔にしかならない」

「酷い……」

「事実だからな。という事でディー、よろしくお願いします」

 カムイはセレネから視線を外して、ディーフリートに、セレネの事を頼んだ。

「足手まといか……。それは僕もかな?」

「それ聞く必要ありますか? でも、まあ、そうですね。誰かを庇いながら戦える状況とは、とても思えません」

「そう、そういう事なんだね?」

「何の事か分かりません」

 口では惚けたカムイだったが、顔に浮かぶ不敵な笑みを、肯定の意味だと、ディーフリートは判断した。

「……分かった。さあ、セレ、行こう」

「でも」

「行くんだ。カムイたちは、それを望んでいる」

「……馬鹿、カムイの馬鹿!」

「どうせ馬鹿だ。じゃあ、俺達は、ちょっと準備があるので。ヒルダもディーも、そろそろ時間ですよ」

「あの、ご無事で」

 ヒルデガンドは、震える声で、カムイに声を掛ける。こんな事しか言えない自分が情けないのだ。

「まあ、大丈夫でしょう。生き残るだけであれば」

「その言葉を信じて良いですか?」

「俺は、嘘は嫌いですから。大丈夫、先に行って待っていて下さい」

「はい……。待っています」

「さあ、本当にもう時間がないです。俺達も準備があるので、失礼します」

 後はもう、振り返りもせずに去っていくカムイ。そのカムイの背中に、セレネの叫び声が届く。

「馬鹿ぁ! カムイなんて死んじゃえ!」

 その言葉を受けて、カムイの顔に苦笑が漏れる。

「なあ、普通、この状況で、死んじゃえはないよな?」

「まあ、セレネだから」

 問いを向けられたアルトも、呆れ顔だ。

「だからってな。よし、戻ったら、絶対にセレに意地悪してやる」

「それじゃあ普通だろ?」

 カムイの決意?に、アルトが異を挟んできた。

「ん? じゃあ、どうする?」

「逆に、優しく抱きしめてやるのが良いんじゃねえか?」

「はあ? 何で?」

 優しく抱きしめるは、意地悪にならない。カムイはアルトの意図が分からない。

「そんな行動、予測していないだろうからな。その方が、きっとセレネは驚くぞ。焦ってオタオタする姿が見れたら面白いだろ?」

「……確かに。それもありだな」

 アルトの説明を聞いて、その意外性に惹かれて、その気になったカムイ。
 少し後ろを歩く、アルトとルッツが、小さくガッツポーズした姿は、そのカムイの目には映らなかった。
 多角関係構築計画の事は、どんな時でも、二人の最優先事項なのだ。

「さてと、実際問題どう思う?」

「オーガさえいなけりゃ逃げることは出来る。楽勝の類だな」

「でも居るだろ? それと他の生徒を忘れてる」

「へっ? 助けるのか?」

 他の生徒を助けるという発想はアルトには無かった。

「出来るだけ。特に辺境領の奴らは、ここで死なれるわけにはいかない」

「おっと、そりゃそうだな。そうなると……、ちょっと厄介だな」

 アルトの表情が一気に曇る。カムイたちにとって、他の生徒は足手まといでしかないのだ。その足手まといを抱えて、戦うとなると、状況は一気に困難になる。

「騎士団員がいるから、ある程度は大丈夫だと思うけど、最悪の場合は」

「実力を見せることになる」

「……まあ、この場合は仕方ないな。ゴブリンクラスであればまだしも、怒り狂ったオーガ相手では、全力でやっても勝てる自信はない」

「だよな」

「でも、死ぬわけにはいかない。そうなれば、やれる事をやるしかない」

「見捨てて逃げるって手もあるぜ」

 アルトにとっての大事は、とにかくカムイだ。カムイが居れば、目的に向かって進んでいける。

「……まあ、最悪はそうなるな。だが、辺境領の者は、やはり死なせたくない」

「問題は辺境領以外だ。辺境領の奴らは俺らと同じ。力を隠している。力を見せても、それを言いふらすような真似はしねえだろう。逆に実力を知れば、もっと話を真剣に聞いてもらえるかもしれねえ」

「それ以外か……。まあ、そこは出たとこ勝負だな」

「それしかねえか」

「今は余計な事を考えても仕方がない。なんと言っても、相手は、子を殺されたオーガだ。生き残る事だけを考えよう」

「ああ。分かった」

 カムイたちにとって、久しぶりの命の危険を感じる実戦の場だ。それでも、カムイたちに気負いはない。
 命の危険を感じる事など、すでに数え切れない程、経験しているのだから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ