挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、従業員旅行に行く。

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

374/427

369 クマさん、ワイバーンと戦う (4日目)

 ワイバーンが地面に降り立つ。「グヴァ」と大きく口を開き、唸り声をあげる。ワイバーンはタールグイの役目でしょう。それに、ここは桜の木が近くにあるわけじゃない。ワイバーンは桜の木に惹き付けられて来たんでしょう。どうして、わたしのところにやって来るのよ。
 タールグイを見ると数体のワイバーンと戦っている姿がある。そのうちの数体がわたしのところに来たみたいだ。いったい何体いるのよ。

 正面のワイバーンから視線を離さないように周囲を見ていると、さらに上からワイバーンが二体目、三体目と地上に降りてくる。
 そして、ワイバーンはギョロっとした目で、くまゆるに向け、嘴を閉じたり開いたりする。嘴から涎みたいな液が流れ落ちる。
 ちょ、もしかして、くまゆるを食べに来た?

 冗談じゃない。わたしはくまゆるとワイバーンの間に移動する。
 くまゆるを食べようとするなんて、わたしが許さないよ。わたしは先手必勝で乱れ撃つように炎の魔法をワイバーンに向けて撃ち込む。だが、ワイバーンは翼を正面に閉じるようにして炎の玉を防ぐ。さすが竜種、弱い部類に入ってもドラゴンだ。この程度の魔法攻撃じゃ倒せない。
 それなら、これならどう。わたしはクマの炎をワイバーンに投げる。ワイバーンは大きく翼を広げると「グワァワァワァ」と声をあげると、飛び上がってしまう。
 飛ぶなんてズルい。ちゃんと正面から受け止めようよ。

 それにしても、ワイバーンがくまゆるを食べに来たとは思わなかった。食べるなら桜の木の花でしょう。どうして、くまゆるを食べようとするかな。
 まあ、なにがあろうと、くまゆるは絶対にわたしが守る。
 わたしはくまゆるを送還させようとすると、くまゆるは「くぅ~ん」と鳴いて首を横に振って、後ろに下がる。

「くまゆる?」
「くぅ~ん」
「戻らないと、食べられちゃうよ」
「くぅ~ん」

 くまゆるは再度、首を横に振る。

「くまゆる?」

 いつもなら、わたしの指示に従ってくれるのに、今回は嫌がる。

「もしかして、一緒に戦いたいの?」
「くぅ~ん」

 くまゆるは嬉しそうに鳴く。

「わかったよ」

 わたしはため息を吐きながら、くまゆるに近付くと頭の上にクマさんパペットを置く。わたしの言葉が通じたのか、くまゆるは避けない。
 ワイバーンは三体。こっちはわたしとくまゆる。本当なら、くまゆるを餌と思っている相手と戦わせたくない。本当なら、無理やりでも送還させたい。でも、くまゆるはわたしと一緒に戦おうとしている。その気持ちを素直に受け止めることにする。
 本当に危険な場合は嫌がっても送還するつもりでいる。

「それじゃ、一緒に戦ってくれる?」
「くぅ~ん」
「でも、無理しないでいいからね」
「くぅ~ん」

 わたしとくまゆるは戦う準備に入る。わたしは空に向けて氷の矢を無数に飛ばす。ワイバーンは避けて、翼を大きく広げ、空中で留まる。そして、地面にいるわたしに向かって炎の玉を吐き出す。わたしはワイバーンの炎の攻撃を風の魔法で相殺する。やっぱり、空を飛ばれると、こっちが不利だよね。
 それにしてもワイバーン三体同時は厄介だ。
 確実に一体一体倒していくしかない。
 わたしは跳び上がる。自由に空を飛ぶことは出来ないけど、高く跳び上がることは出来る。
 ワイバーンより高く飛び上がり、くるっと回って、ワイバーンの背中に向かってクマさんキックを撃ち込む。でも、ワイバーンは翼を翻してクマさんキックをかわす。
 ずるい。
 こっちは空中で方向転換は出来ないのに、空中で方向を変えるなんて卑怯だ。
 クマさんキックを空振りしたわたしは地面に着地する。そんなわたしにワイバーンの一体が鋭い爪をわたし目掛けて、襲い掛かってくる。あの足に掴まれたら簡単に逃げ出すことはできない。
 わたしは横にかわす。わたしがいた場所にワイバーンの爪が刺さり、地面に穴が空く。クマ服を掴まれたら、穴が開いたりするのかな?
 痛そうだから、試そうとは思わない。
 ワイバーンは翼を広げると、再度飛び上がろうとする。
 逃がさない。
 地面に降りて来てくれた相手を逃がすつもりはない。
 わたしは風魔法を使って、竜巻を起こす。ワイバーンは翼を小さく閉じて防ぐ。わたしは構わずに炎を撃ち込み、ファイヤートルネードが完成してワイバーンを焼く。
 さすがにダメージは通るよね?
 そして、ファイヤートルネードが消え去ると、残ったのは焼かれたワイバーンの姿だった。

「倒した?」

 ワイバーンの翼がゆっくりと開く、翼はボロボロだ。でもファイヤートルネードに耐えたみたいだ。
 そこまで防御力が高いの?
 魔物は魔力次第で防御力が上がるって言うけど。硬すぎない?
 不意打ちの無抵抗なら、あんなに簡単に倒せたのに。戦うとなると面倒な相手だ。
 でも、あの翼じゃ、もう飛べないはずだ。
 わたしはクマボックスから、ミスリルナイフを取り出す。
 右手の黒クマさんパペットには柄が黒いナイフ。
 左手の白クマさんパペットには柄が白いナイフ。
 と、それぞれのクマさんパペットにナイフが握られる。
 さて、斬れるかな? もし、斬れなかったら、ガザルさんに文句を言わないといけないね。

 わたしは駆け出す。ナイフに魔力を込める。ワイバーンは傷ついた翼で守るが、ミスリルナイフが簡単に翼を切り裂く。ワイバーンの翼の防御が緩む。わたしはそのまま、後ろに回り込み、厄介な翼を切り落とそうとする。だが、その瞬間、長い尻尾が横に薙ぎ払ってくる。わたしは腕を上げてとっさに防ぐが弾き飛ばされる。
 でも、ミスリルナイフで翼に致命的なダメージを受けているワイバーンは空を飛ぶことはできない。
 わたしはすぐに体勢を整える。止めを刺そうとするが、もう一体のワイバーンが炎を吐いて邪魔をしてくる。その炎を風魔法で相殺させる。
 横目でくまゆるの様子も窺う。くまゆるもワイバーンと戦っている。早く、こっちを片付けて、駆け付けないといけない。せめてもの救い、ワイバーンがわたしのところに二体、来ていることだ。くまゆるが二体のワイバーンに攻撃をされていたら、やられていたかもしれない。
 くまゆるが一体を引き付けている間に早く倒す。
 わたしは足に魔力を込め、瞬発力を上げる。ワイバーンが尻尾を振り回すが、かわし尻尾を切り落とす。そして、振り向き際に逆のナイフで首を切る。
 ナイフは直接、手に斬った感触が残る。魔法と違って直に切った感覚が伝わってくる。でも、今はそんなことを言っている場合じゃない。わたしは再度、首をナイフで斬る。
 ワイバーンは最後に大きく翼を広げると地面に倒れる。
 これで一体。残りは二体。

 ワイバーンが崩れ落ちると、上空にいるワイバーンが「グヴァ」と鳴くと降りてくる。このワイバーンを倒せば、くまゆるのところに行ける。
 わたしはチラッとくまゆるの方を見る。くまゆるは少し離れた場所でワイバーンと戦っている。
 ワイバーンはくまゆる目掛けて炎を吐く。くまゆるはジャンプしてかわす。
 上空から攻撃が出来るワイバーンに対して、空を飛べないくまゆる。圧倒的にくまゆるが不利な状況だ。でも、くまゆるは逃げ出さずに戦っている。
 ワイバーンがくまゆるを捕らえるように大きな足がくまゆるを襲う。

「くまゆる!」
「くぅ~ん!」

 くまゆるはワイバーンの爪をかわし、ワイバーンの体に体当たりをする。ワイバーンは地面に落ちる。そこにくまゆるが攻撃を仕掛ける。
 くまゆるの真っ赤なツメがワイバーンの翼を切り裂く。翼から血飛沫が出る。
 おお、くまゆる強い。
 くまゆるのツメは魔力を込めると、赤くなり攻撃力が上がる。命中すればそれなりにダメージを与えることができる。ワイバーンは翼が傷つきながらも、飛び上がる。あっちは大丈夫そうだ。

「くまゆる、無理をしちゃダメだからね。わたしが他のワイバーンを倒すまで、引き付けるだけでいいから」
「くぅ~ん!」

 さっさと、もう一体を倒して、くまゆるのところに行く。
 わたしはナイフを構え、ワイバーンに向けて駆け出す。ワイバーンが翼を羽ばたかせ、風を巻き起こす。砂や葉が舞う。
 それでもわたしは足を止めない。クマさんフードが顔を守ってくれる。ナイフで切りかかろうとすると横から、長い尻尾が飛んでくる。
 それはさっき、喰らったよ。わたしはワイバーンの尻尾をしゃがんでかわす。尻尾が振り切れ、止まったところをナイフで斬る。
 でも、浅かった。ワイバーンは嘴をわたし目掛けて突き下ろしてくる。わたしは嘴の横をクマさんパンチを打ち込む。嘴が横を向く。わたしの前にワイバーンの首が現れる。
 チャンス。
 わたしは首目掛けてナイフを降り下ろす。でも、横から尻尾が戻ってくる。尻尾の方が速く、弾き飛ばされる。
 ダメージはクマさん防具のおかげでノーダメージ。
 でも、チャンスだったのに逃がしてしまった。
 そして、ワイバーンは翼を広げて、空に逃げ出そうとする。ここで逃がすと面倒になる。そう思ったとき、ワイバーンの後ろからくまゆるが体当たりする。ワイバーンは空に舞い上がることは出来ずに、バランスを崩して地面に倒れる。

「くまゆる!」

 くまゆるの後ろからワイバーンがくまゆるに襲い掛かってくる。
 わたしは右手に持つミスリルナイフを投げ、走り出す。ミスリルナイフはワイバーンの体の中心に奥深く刺さる。ワイバーンの動きが鈍くなる。わたしは走りながら、クマさんパペットに魔力を集める。クマさんパペットに電撃が纏う。
 わたしはくまゆるとすれ違う。そして、飛び上がり、くまゆるに向かってくるワイバーンに向けて、電撃クマさんパンチを打つ込む。
 電撃クマさんパンチがワイバーンの胴体を捕らえ、ワイバーンは電撃で硬直する。ワイバーンは翼を羽ばたかせることが出来ず、わたしとともに地面に落ちていく。
 ワイバーンは体から地面に落ち、わたしは足でちゃんと着地する。わたしはそのままミスリルナイフを握り締め、ワイバーンの首を斬った。

 わたしはすぐにくまゆるのところに駆け寄る。
 くまゆるは倒れているワイバーンにクマパンチをしている。

「くまゆるどいて」

 わたしが叫ぶと、くまゆるはワイバーンから離れる。倒れているワイバーンに電撃パンチを食らわして、ミスリルナイフで止めを刺す。

「……終わった」
「くぅ~ん」
「くまゆる、ありがとうね」

 わたしはくまゆるを優しく撫でてお礼を言う。
脳内設定で、くまきゅうがくまゆるにユナのことをお願いしているシーンが浮かびました。
でも、それを知ることができないユナです。

くまゆるを活躍させようとしたら、少しぐだぐだになってしまいました。戦闘シーンは難しいですね。
次回、部屋に残っているフィナ視点になる予定です。違ったらすみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ