挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、誕生日会に参加する

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

191/443

187 クマさん、モグラ退治をする

 前を歩くマリナの隣をミサが嬉しそうに歩いている。
 マリナを信用をしているみたいだね。
 オークに襲われていたときも、逃げ出すこともせずにマリナたちは戦っていたし、信頼がおけるんだろう。
 ミサを見るマリナの顔も優しそうにしている。

「マリナ、ほかのメンバーはいないの?」

 前を歩くマリナに尋ねる。
 グランさんを護衛をしていたときは4人いた。名前は覚えていないけど。

「ああ、マスリカとローメンは別行動だ。別の仕事をしている。エルがいればこっちは大丈夫だからな」

 逆に魔法使いのエルがいないとダメらしい。
 門を出て、しばらく歩くと畑が見えてくる。
 広いね。農作業をしている人が数人見える。
 マリナは作業している人に、後ろから声をかける。

「すみません。モグラが出たと聞いて冒険者ギルドの依頼で来たんですが」
「来てくれたんだ。助かるよ……」

 男性は振り返り、視線がマリナを見て、すぐに後ろにいるわたしに固定される。

「クマ?」
「ああ、このクマは気にしないでくれ」

 マリナは一瞬だけわたしを見て、すぐに気にするなと言う。
 助かるけど、少しわたしの扱いがおざなりじゃない?
 でも、男性はわたしのことが気になるようでチラチラとわたしを見る。

「では、そちらの子供たちは?」

 わたしの側にいたフィナたちを見る。

「見学だから、気にしないでいい。それで、モグラはどこに現れたんですか?」
「はぁ、はい。あちらの方です。かなり、作物がやられたのでお願いします」

 男性はわたしとフィナたちを見るのを止めて、モグラが現れた方を指を差してくれる。
 マリナは礼を言って男性が教えてくれた方に歩きだす。
 わたしは魔物がいないか確認のために探知魔法を使う。マリナの言う通り、近辺には魔物の反応はない。そして、残念なことにモグラを探知することは出来ない。
 探知魔法は魔物と人にしか反応はしない。魔物じゃないモグラは探知魔法には反応しない。
 だから、探知魔法に反応があるのは、農作業で働く人たちぐらいだ。
 改めて見ると農作業している人多いね。
 すれ違った記憶はないけど、後方にも人がいる。
 わたしは後ろを見るが人の姿は見えない。
 反応は大きな木がある辺りにある。木陰で休んでいるのかな。もしかするとサボっているのかもしれない。
 農作業は大変だからね。



「この辺か。エル、頼む。ミサーナ様たちは、少し離れていてください」

 男性が教えてくれた場所に来るとマリナが指示をだす。

「それじゃ、周辺を確認するわね」

 エルは畑の周辺を歩きだす。

「穴がいくつかあるわね」

 エルが通った後を見ると確かに穴らしきものがある。

「どうやってモグラを見つけるの?」

 ミサが興味深そうに尋ねる。

「水魔法で吸い出す方法かな。あとは土魔法で掘ったりするけど。わたしは土魔法は苦手だから。それじゃ、マリナ、行くよ」

 エルは穴に手を近付け魔法を使う。
 エルから出た水は地中に潜り込む。水は土に吸い込まれることはなく、穴に流れるようにどんどん吸い込まれていく。
 どうなるのか見ていると、今度は水が逆流し始める。
 水を引き戻している?
 その現象に3人娘は驚きながら見つめている。

「ちなみにエルが使っている魔法は難しいんですよ」

 真剣な目で見ている3人娘にマリナが少し自慢気に言う。

「そうなの?」
「水魔法を放つだけなら簡単ですけど。放った水を操るのは難しいんですよ」

 マリナは優しくミサに説明をする。
 確かにわたしも魔法を放つだけなら簡単だ。
 でも、水のゴーレムを作った場合の操作は少し高度になる。操作するイメージ力が追加されるせいかな。

「マリナ。おしゃべりはおしまいだよ。そろそろ出てくるよ」

 エルの言葉にマリナは剣を構える。

「みんなは、危ないから少し離れて」

 わたしたちは少し離れる。
 少し離れた位置から見ていると。吸い出されている水から黒い物体が穴から飛び出してきた。

「な、なにか出てきたよ!」

 ミサが叫ぶ。
 モグラだ。でも、わたしがテレビで見たモグラよりも一回りは大きい。
 吸い上げられたモグラは地面に落ちるとマリナが剣を突き立てる。
 モグラは絶命する。
 さらに穴から2匹のモグラが飛び出し、マリナが処理をする。

「3匹か」
「上出来でしょう。さあ、次の穴に移動しましょう」

 エルが次の穴に移動する。

「ミサーナ様。あまり面白いものじゃ無かったでしょう」

 ミサは首を横に振る。

「エルの魔法凄かった」
「ミサーナ様。ありがとうございます。でも、それほど凄くはありませんよ」
「でも、さっきマリナがエルの魔法は凄いって」
「確かに少しは凄いですが中級の魔法です。わたしは、魔法で作り出した水に触れていないと、水の操作は出来ません。上級者になると、離れても水の操作ができるようになります」

 うん? もしかして、水のゴーレムを操作しているわたしは凄いことをやっている?

「だから、少しだけ凄い魔法使いだと思ってください」

 エルはニッコリと微笑みながらミサに言う。
 そのときに視線をミサに下げたとき、豊満な胸が強調された。
 大きい。いつかは、わたしも。

 それから、モグラ退治はわたしたちも手伝うことになった。
 手伝うと言っても、穴を見つけることだ。退治はあくまでマリナたちの仕事だから、討伐の手伝いはしない。

「マリナ、こっちにも穴があるよ」

 ミサが少し離れた場所から叫ぶ。

「はい。この穴が終わったら行きますからお持ちください。エル、やるよ」

 エルは魔法を唱えて、先程と同じことを繰り返す。
 穴は数人がかりで作業するため、すぐに見つかる。でも、穴と穴が近付き過ぎるとハズレを引くこともある。
 でも、順調にモグラを処理していく。

「これっていつまでやるの?」

 かなりの数のモグラを退治はしたけど。常識的に考えて、全て倒すことは出来ない。

「特に決まっていないが、時間とエルの魔力しだいだな。エルの魔力が切れれば、作業はできないし。暗くなってもできない。でも、すでにみんなのおかげでノルマは達成はしているから、ギルドに報告すれば終わりだ。それでも、被害が酷いようだったら、再度依頼が出る」

 まあ、モグラの正確な数なんて分かりようがない。ある程度倒すことが出来たら様子を見るしかないよね。

「エル。まだ、大丈夫か?」
「まだ、平気よ」
「そうか。それならもう少し回るか。ミサーナ様たちはどうしますか?」
「付いていく 」

 ミサは初めて見るモグラ討伐が楽しいのか、そう答える。
 ノアも残ると言い。フィナは2人の意見に従う。

「でも、思ったよりも数が多いな」
「そうね。まだ、半分も見回っていないのにかなりの数よね」

 2人の会話を聞いてもピンと来ない。
 そもそも通常がわからない、わたしには多いのか少ないかは判断できない。
 それは3人娘も同様みたいだ。

「いつもよりも多いの?」
「ああ、多いな。短時間でこんなに討伐できることはあまりない」
「もしかして、ビッグモグラがいるのかしら」
「ビッグモグラ?」

 大きなモグラ?

「可能性はあるな。モグラの穴探しは中断して、ビッグモグラの穴を探した方がいいかもな」
「マリナ、ビッグモグラってなに?」

 ミサが尋ねる。
 ミサ、ナイス。わたしもビッグモグラについて聞きたかった。
 もし、常識だったら恥ずかしいからね。

「ビッグモグラはモグラの母親みたいなものです。一度に大量の赤ちゃんを産むため、見つけたら早めに討伐しないと、作物が食べ尽くされることもあります」
「そう考えると、わたしたちだけじゃなく。他の人の手も借りた方がいいかしら。手遅れになったらまずいし」
「穴を見付けてからでいいだろう。倒すことができればわたしたちでやればいいし」
「そうね。それじゃ、探しましょうか」

 エルの指示で大きな穴を探すことになった。
 なんでも、人の子供ぐらいの穴らしい。どんだけ大きいのよ。
 わたしたちが手分けをして探そうとしたとき、男性がこちらに駆けてくる姿がある。

「すみませ~ん!」

 男性はこちらまで走ってくると息を切らせる。  

「どうかしたんですか?」

 男性は息を整えてから口を開く。

「あちらに大きな穴があって、作物がやられています」
「大きな穴?」
「ビッグモグラ!?」
「はい。可能性はあると思って、みなさんにお伝えしようと思いました。このままだと大変なことになります。どうか、お願いします」

 男性は頭を下げる。
 今、話していたビッグモグラの穴らしきものがあるらしい。
 マリナは穴を確認するために男性に案内をしてもらう。
 案内された場所に到着すると。ぽっかりと大きな穴が空いている。確かに子供が入れるほどの穴だ。

「確かに大きいわね」

 エルが穴を確認して、周りを確認する。
 周辺の作物がかなり食われている。

「ビッグモグラかもな」

 ビッグモグラ? いまいち、分からない。魔物じゃないんだよね。
 探知魔法を使ってみるが魔物の反応はない。
 反応があるのは人だけだ。
 あの人、まだ。木のところでサボっている。

「エル、頼む」

 マリナはエルに頼むと、エルは今までと同じように魔法を唱え、穴に水を流し込む。そして、逆流か始まるがなにも出てこない。

「いないの?」
「わからない。いないかもしれないけど」

 エルは周りの荒らされた畑を見る。

「いるよな」
「大きくて、わたしの魔法じゃ引っ張りだせないかも」

 エルは水を吸い出すがモグラが出てくる気配はない。
 本当は手伝うつもりはなかったけど。このまま作物がやられるのは困るよね。

「わたしがやろうか?」
「ユナが?」
「出来るなら、お願いしても良い? わたしじゃ駄目みたいだから」
「土魔法が凄いのは知っているが、水魔法も使えるのか?」
「一応はね」

 わたしはエルがやったように水の魔法を使う。クマさんパペットの口から水が出てくる。水は大きな穴に吸い込まれれていく。

「凄い水の量だな」
「わたしの倍以上あるわね」

 水の魔力を通じて何となく中の様子が分かる。水が何かに触れた感触があった。

「なにか大きいのがいるね」
「分かるのか?」
「何となくね」

 わたしはエルがやったように水を吸い上げる。
 うん、デカイなにかが吸い上げられてくる感覚がある。

「マリナ、何か出てくるからお願いね」
「ああ、任せろ」

 剣を構えるマリナ。
 もうすぐ、出てくる。
 出てきたのは……モグラ!?

「ビッグモグラ!」

 マリナが叫ぶ。
 大きくない?
 ウルフぐらいあるよ。絶対にモグラの大きさじゃないよ。

「マリナ! 逃がしちゃ駄目よ!」
「分かっている」

 マリナは出てきたビッグモグラに剣を突き出す。マリナの剣がビッグモグラの胴体を貫く。一撃で終わったみたいだ。ビッグモグラは動かなくなる。

「大きい」
「こんなに大きなモグラいたんだ」

 フィナはともかく、モグラの死体を見てもミサもノアも平気なんだね。
 初めてこの世界に来たわたしなんて、ウルフの死体に驚いたのに。
 異世界の子供、強し。

「ユナ、ありがとう。助かった」
「わたしの魔法じゃ無理だったから、助かったわ」

 二人にお礼を言われる。

「作物が食べられると、農家さんが困るからね」

 一生懸命に農作業をして育てた作物だ。
 しかも、目の前で作業している人たちを見て、見捨てることはできない。
 元の世界でも一生懸命に農作業をして、台風などの被害を受けて大変なことはニュースで知っている。
 わたしもここの農作物を食べるかも知れないし、守れるものなら、守りたいからね。


お屋敷まで戻るところまで書くつもりだったけど、いけなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ