挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
杜坂東の事情 作者:おかつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/23

松伏銀河の事情 ~隠し事~

【作者より】
このお話は『杜坂東の事情』のサイドストーリー、小話的なものです。
読まなくても大体の話は分かりますが、読んでおくと物語がより楽しめる……かもしれません。

尚、今回は終始松伏銀河視点となります

本文は以下から始まります。

-----------------------

この学校には、いじめがある。それは、俺の友人である佐藤でも、支援クラスにいる丑満時でさえ、誰もが知っている事だ。
そして佐藤も丑満時も、いつ、何処で、いじめの標的にされるか分からない。そんな学校。
だが、佐藤でも丑満時でも知らない『現実』がある。
――それは。


「……またか」
俺は自分の机の中に入っていた手紙の文を読み、溜息を吐いた。
机には『死ね』『調子のんな』などの文字。
そう。これが、佐藤も丑満時も知らない事。俺は、所謂『いじめ』にあっているのだ。
佐藤にバレる前にと、俺は自分の机の落書きを丁寧に落とした。
落とし終えると、俺は再度手紙の文を読み返す。
『お前が本当は女である事を知っている。バラされたくなければ金持ってこい』
「……くだらん」
そう呟いて、俺は手紙をなるべく小さくちぎってゴミ箱に捨てた。

――俺が本当は女なんじゃないかという噂は、男子生徒の間では有名だ。
知らないのは、支援クラスにいる男子生徒陣と、佐藤くらいじゃないだろうか。
女子生徒からはそんな噂を耳にした事がない。知らないのか、関心がないのか――それとも。
ある男子生徒に理由を聞くと、「身長も低い方だし、声変わりもしていないからそんな噂が流れる」んだと。
……ただ、噂に対する否定はしなかった。否、出来なかった。

何せ、その噂は、『事実』だからだ。

これは佐藤にも丑満時にも、誰にも話していない事だが、俺は本当は女である。
しかし、うちの家系は『子供は男の子しか認めない』という、普通じゃ考えられない家系だった。
そんな中、女である俺が生まれてしまった事で、両親は恐らく物凄く焦ったのだろう。
女が生まれてしまった。どうする? 何処かに捨てるか? そんな事出来ない。じゃあどうするんだ。……と、こんな具合に。
結果、俺は『銀河』と男のような名前を付けられ、幼い頃から『男』として育てられてきた。俺も、幼い事は「自分は男なんだ」と信じて疑わなかった。
だが、俺はある日知ってしまったのだ。自分の本当の性別を。自分が『女』であると。
だが同時に事情も知ってしまった為、両親を責める事も出来ず、結局自分はこれまで『男』として生活してきたのだ。
勿論不便な事はある。着替えやトイレは特に不便だ。
だが、そうしなければならない。そうしなければ、どうなるか分からないのだ。

多分俺は、これからも『男』として生き続けるのだろう。
『いじめ』や、『噂話』に、耳と目を塞ぎながら。

そしてそれは、『佐藤光輝』も、『丑満時真梨恵』も、『坂杜様』も。
一生、知る事はないだろう。

【松伏銀河の事情 ~隠し事~ 完】
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ